So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

イベント「うっすら似 LIVE! 2」を2018年09月22日(土)に開催します。 [その他]

「ベネディクト・カンバーバッチ」と「鮎川誠」?・・・似てる~。


「サンドラ・ブロック」と「杉良太郎」?・・・似てる~。


・・・などなど、ハリウッドと日本のスターの顔を見比べて、ひたすら「似てる」「似てない」と言い続けてニヤニヤするトーク・イベントが「うっすら似 LIVE!」。


2015年に初めて都内で開催して、ボクちゃんも満足。

お客さんも、そこそこウケていたと思う。


そう信じてる!


Don't stop Believin'!!


*こちらが前回のレポート(過去記事)↓




「あ~終わった、終わった。もうやんない」と思っていたのですが。


いや~最近、みんなが~「やれ、やれ」って言うからさ〜・・・。


2018年9月22日(土)に、「うっすら似 LIVE! 2」と題した2回目のイベントを開催することになりました、すみません!


ussura3-s.jpg


出演するのは、わたくし野村と、「うっすら元老院」で「うっすら似スト」の称号を持つ小野里徹さんの2名です。

お酒を飲んだり、おつまみを食べたりしながら相当カジュアルに楽しめる、こぢんまりとしたイベントなので、お時間のある方は、ぜひぜひ気軽に遊びに来てくださいね。



イベント詳細と、予約先はこちら。↓


タイトル:うっすら似 LIVE! 2


日時:2018年09月22日(土)18:00~21:00 


出演:野村司(a.k.a.ハリウッド小僧from 「ラヴ・ハリウッド」)

   小野里徹(a.k.a.ポスターマンfrom 「POSTER-MAN」) 



 

アクセス:JR中央線高円寺駅北中通り商店街 徒歩5分

     ※JRでお越しになる方は、土日、祝日は「中央線快速」は停車しませんので

     総武線をご利用ください。

  

時間:OPEN18:00  START18:30 ~ END(予定)21:00


参加料金:前売り予約¥1500(飲食別)

     当日¥1800(飲食別)


     *前売り予約オフィシャル告知サイトの予約フォームまで。



新しいうっすらネタを多数盛り込み、2018年版にアップデートされた「うっすら似 LIVE! 2」にご期待くださいまし~!


nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

「インクレディブル・ファミリー」★★★ [映画日記]

Incredibles2.gif


深みはないけど楽しかったです。


家族客を満足させるファミレス的なもてなし感がありました。


デニーズ感ですよ!


スーパーヒーロー一家が活躍する2004年のCGアニメ作品「Mr.インクレディブル」の続編ですけども。

まさかの、14年経った後の続編。


掘り出してきたわい眠っていた金脈!


オワコンの再利用ですよ!!


14年も経つと社会も変わる。


一変すんよ!


今回は、一家の大黒柱だったボブが専業主夫、嫁のヘレンが生活費を稼ぐという設定に。

時代に合わせて、働くママの活躍を主軸にしたアレンジが素晴らしい~。


主夫の仕事をナメていたボブが「家事や育児って、こんなにキツイのか~」とヘトヘトになる場面がお約束。


「嫁の仕事は大変なんだよ」という場面は、まるで「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III」by山田洋次でも観ているかのよう!


ボブとヘレンが西村まさ彦夏川結衣に見えた瞬間でした!!


そういう「旦那がギャフン」と言うネタって、ベタだけど気持ちがいいもんだわな。


ヘレンの特異体質「体がゴムのように伸びる」っていう表現が相変わらずオモロすぎる~。


まるで「伸びるタイプのサロンパス」みたいなお母ちゃん!


お子さんが3人いるヘレンですが、あの体の伸び方なら安産だったことでしょう。


安産どころか、赤ちゃんは歩いて出てこれるわな!


ヘレンのヒーローネームはイラスティガールですけども。


日本版のヒーローネームは「ゴム女」でいいと思う~。


妖怪ゴム女ですよ!(←どさくさにまぎれて「妖怪」になってますが)


ヘレンの声を担当している女優ってホリ子だったんですね!(←ホリー・ハンター)


意識してホリ子の声を聴いていると、ちょっとハスキーで特徴のある声なんですよね〜。

いい声してる、と思いました。


ボブ役の声を担当したクレイグ・T・ネルソンって、今74歳なんですね。

シリーズ前作から14年も経ったから、すっかり年をとってしまったわい。


続編を作るなら早くしないと。


寿命が尽きちゃうヨ!(←コラーーッ!)


賑やかな作風は「怪盗グルー」シリーズ等と同じなのですが。


劇中では、いつも誰かが騒いでいてうるさいのですが、ガヤガヤガヤガヤ!


質の良い音楽とデザイン性で「粋」な世界観を打ち出し、作品レベルをワンランク上げてるところは流石です。

ディズニー/ピクサーのプライドを感じました。


他社のCGアニメには無い特別感があるんですよね〜。


プレミアム感ですよ、プレミアム・フライデーみたいな!(←ありがたみが、ありませんか)




インクレディブル・ファミリー オリジナル・サウンドトラック

インクレディブル・ファミリー オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/08/01
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ウインド・リバー」★★★ [映画日記]

windriver.gif


ロケ地は雪降る荒野と、小高いお山。


スゴイわな冬のみちのく感!


ありゃあ相当寒いはず。

キャストもスタッフも防寒対策が大変だったんじゃないかな。


3個も4個もホッカイロを貼り付けていたと思う~モモヒキに!


そんな風景の中、猛獣狩りをする男性コリーが登場。

全身白いお洋服のコリー。


謎の白装束ですよ!


それは雪景色の保護色だったんですね~。


制服なんですよ、狩人の!


「猛獣ハンターが主人公?一体どんなお話なのやら。クライマックスでは人食い熊でも狩るんかいなヒグマでも!」と、思っていたら殺人事件が発生。


事件を捜査するために、ちょと頼りなさげなFBIの若い女性捜査官ジェーンが到着~。

2人は即席で事件捜査ユニットを組みました。


ユニット名は「狩人&姉ちゃん」でいいかもよ!


冬景色を舞台にした殺人ミステリー・ドラマの構図が完成。

まるでAXNミステリーで見かけるドラマみたいな感じです。


「なるほど、これはミステリー映画なんだね」と思って観てましたけども。


ミステリーの難易度は低っ!


誰が犯人なのかは、出てきた瞬間分かりました。


最後まで観終わると、この作品は、実際にあった殺人事件をモチーフにして、アメリカ先住民族が悲劇に見舞われているという問題を観客に投げかけていることが分かるのでした。


ワテらにぶつけてくるんですよ、パイ投げみたいに!


娯楽作品だと思わせて、実は社会派作品だったんですね~。

誠実さを感じる仕上がりになってました。


狩人コリー役はジェレミー・レナー、FBIの姉ちゃん役はエリザベス・オルセンだというメジャー感のあるキャスティング。


そして2人とも「アベンジャーズ」でアメコミ・ヒーローを演じているお方。


マンガ役者ですよ!


この作品に、そんな2人が出演していることに意味を感じました。

ヒーローを演じている2人だから、どこか行動イメージが正義っぽいですよ。

逆に、犯人が純粋な悪に見えますよ。


「アベンジャーズ」シリーズが生んだ刷り込み現象だわな!


クライマックスでのジェレミー・レナーがカッコよくてビックリ。


まさに「大人のアベンジャーズ」ですよ!(←「大人のきのこの山」調で)


これは良い役をもらいました。

コリーの過去も、狩人という設定も保護色も全てが伏線で、最終的に回収される脚本も良かったです。


エリザベス・オルセンは、FBI捜査官役にしては美人すぎる気が。


ギャルじゃんか!


足を引っ張ったと思います、あのセレブ面!!



Wind River / [Blu-ray] [Import]

Wind River / [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ジュラシック・パークⅢ」★★★ [映画日記]

JurassicPark.gif


恐竜見たい。


ザウルス見たい!


こないだ観た「ジュラシック・ワールド/炎の王国」に脳が刺激されてしまいました。


脳がやられたんですよ!


2001年の旧作を再生してみたところ。

やっぱり、恐竜映画にサム・ニールが出てくると落ち着きますな~。


恐竜ジジイ万歳ですよ!


サム・ニール演じるグラント博士は、眼力がものっすごく鋭いですファッションはダッサダサだけども!!


シリーズ1作目を手がけたスティーヴン・スピルバーグ監督らしいキャラクター・デザインだな~、と改めて思いました。

スピルバーグって、ダサいキャラを生み出すのが上手ですからな。


ダサさの天才ですから!(←ホメ言葉)


今回のシリーズ3作目は、マイケル・クライトンの原作からも、スティーヴン・スピルバーグ監督の演出からも、初めて離れたジュラシック・シリーズ。

だから、恐竜に食われるのは悪人じゃないし、恐竜再生を通しての社会風刺も薄いです。


「ジュラシック・パークⅠ」の中から、甘めな娯楽要素だけを抽出した感じでしょうか。


甘い蜜だけ吸ったんですよ!


怖いけれど、どこか、のどかで楽しい、コワ・楽しい恐竜映画に仕上がりました。


上映時間も94分と短いし~、公開当時は物足りなく感じた作品ですけも。

今、改めて観ると、名場面は多いし、コレはコレで気軽でいいかも~。


サクッと観れる恐竜映画なんですよね~。


忙しい朝に便利な恐竜映画なんですよ!


恐竜の怖さを熟知している役のサム・ニールとは対象的に、恐竜をナメた人間役としてウィリアム・H・メイシーが登場~。

正反対のキャラクター2名が作品にコントラストを与えてます。


クラクラすんよ、オッサン・コントラストで!



ウィリアム・H・メイシーの元妻で、恐竜に襲われてキャーキャー言う役は、ショートヘアが似合っているティア・レオーニですけども。

このように、基本的にワイワイガヤガヤ騒ぎながら恐竜から逃げまわる中心人物はオッサン&オバハン。


こんなんじゃ、恐竜に嗅ぎつけられちゃうかもよ加齢臭!


後に「ジュラシック・ワールド」シリーズとしてリブートされる際、映画会社の人が「キャスティングを若返らせたい」と思う気持ちが少し分かりました。


いろんな旧作を観直すと、出演者の中に売れてない頃のスターを見つけることがあり、お宝映像を発見したかのような楽しみもありますけども。

今回、売れてない頃のスターは見当たらず。


脇役で若手俳優も出演してましたけども、彼らはブレイクしないまま現在にいたる!


生き残るのは大変だと思いました、恐竜が住む島芸能界も~。



ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー [Blu-ray]

ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:映画