So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「MUTE ミュート」★★★ [映画日記]

mute.gif


「月に囚われた男」「ミッション:8ミニッツ」等を手がけたダンカン・ジョーンズ監督の新作で、主演はアレクサンダー・スカルスガルドですよ。


その名前だけで観たくなりますけども。


ウズウズしてしまいますけども、鼻先にニンジンをぶら下げられたお馬さんみたいに!


実はNetflixオリジナル映画。


会費を払わないと観れませんから!


残念!!


物語の舞台は、近未来のベルリン。

街並の風景とかが「ブレードランナー」風味で、「な~んだ、またブレードランナーの後追い系か~」とガックリきたのですが。


きっと、これは、あえてのブレードランナー風なのでしょう。


オマージュなんですよ、お饅頭じゃなくてオマージュ!


あえて1980年代のSF世界を表現しているのだと信じたいです。


センスのある監督だからね、ダン坊は!(←なれなれしいですか)


アレクサンダー・スカルスガルドは、声を無くしたバーテンダー役。

顔も体も超イケメンでありながら、性格までも子犬のように誠実ですよ。


「こんな完璧なイケメン、いるわけナーイ!まるでSFじゃねえか~!!とキレかかりましたが、実際にSFなので仕方ありません。


グーの音も出んかった!


そんなバーテンが行方不明になったガールフレンドを探すという展開。

ハードボイルドでミステリアスなラブストーリーですけども。


思った以上にダークな内容~。

コレは劇場で公開しても絶対ヒットしない、絶対大コケ!・・・と思いました。


だからこそ、ネット配信企画に落ち着いたのでしょうね。


共演者も、なかなか良いです。

なんと悪役がポール・ラッド、その友人役がジャスティン・セローですよ。


そして「月に囚われた男」では主役だったサム・ロックウェルもカメオ出演しているという豪華さ。


ネット配信企画おそるべし。


調子に乗ってんね、米国企業!


ポール・ラッドのワルっぷりも新鮮だったのですが。

「アントマン」出演時のポール・ラッドと同じく、彼には幼い娘がいるという設定。


ポール・ラッドと「かわいい娘」の抱き合わせが様になり、相性がバツグンだということを実感。


ハイボールから揚げ合うみたいなもんですよ!


「月に囚われた男」で起用したサム・ロックウェルもそうですが。

ダンカン・ジョーンズ監督って、どこかチャーミングな感じのする男優が好きなのかな。


好物なのかな、チャーミングおやじが!


割と硬派なSF空間を作り上げる監督ですが、チャーミング男優のおかげで、どこか当たりは柔らかくなってます。


バスクリンを入れて、肌への当たりが良くなったお湯みたいな感じですよ!


エンドクレジットには、ダンカン・ジョーンズ監督の実父デビッド・ボウイと自身の乳母への哀悼が。


それを見たとたんに、しんみり~。


気分を一気に秋モードにしてくれた作品でした。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「クワイエット・プレイス」続編は2020年公開予定。エミリー・ブラントの義兄は「プラダを着た悪魔」男優〜! [映画写真日記]

いや〜、サバイバル・ホラー映画「クワイエット・プレイス」な〜。
楽しかったですけども。
 
メインキャラクターである4人家族が、それぞれの責任を果たす場面が胸熱すぎました。↓
q1.jpg
 
早くも続編製作が決定していて、本国では2020年5月15日に公開予定。
1作目が良すぎるから、続編は失敗しそうな気もしますけど、大丈夫かな。
やれるかな、スタッフ!
続編は前日譚になるのではないか、という予想もありますけども、それもどうなんでしょうねぇ。
 
こちらのお写真は、4人家族を演じたみなさん。↓
q2.jpg
 
息子役のノア・ジュープくん、表情の作り込みがすごいです。↓
q3.jpg
 
こちらのお写真は別カメラ。↓
q4.jpg
 
さすが名子役、隙がナーイ!↓
q5.jpg
 
娘役のミリセント・シモンズちゃんは、妙に大人っぽくなってしまいました。
昔のオバちゃんみたいな貫禄に。
もうちょっと、化粧を薄めにしてもいいかもよ。↓
q6.jpg
 
夫婦役を演じたエミリー・ブラントとジョン・クラシンスキーは、実生活でも夫婦。
こちらのお写真は、夫妻とメリル・ストリープのシリーショットですよ。
メリルはエミリーと「プラダを着た悪魔」で、クラシンスキーとは「恋するベーカリー」で共演済みなのでした。↓
q7.jpg
 
そんなエミリーが、自身の結婚式に「プラダを着た悪魔」で共演したスタンリー・トゥッチを招待。
それがきっかけで、なんとスタンリー・トゥッチとエミリーの姉フェリシティ・ブラントは結婚したんですね!
 
エミリーとスタンリー・トゥッチって、義理の兄妹だったんですよ、”プラダを着た”兄妹〜!!
知らなかった〜。
こちらのお写真がスタンリー・トゥッチ夫妻。↓
q8.jpg
 
「クワイエット・プレイス」のプレミア会場には、ブレイク・ライヴリーとライアン・レイノルズ夫妻も来たーっ。
ブレイクは、ボインの部分をずいぶんと開けてきましたな〜。↓
q9.jpg
 
なぜブレイク・ライヴリーとライアン・レイノルズ夫妻が来たかというと。
エミリー・ブラントとジョン・クラシンスキー夫妻とは仲良しなんですね〜。
こちらのお写真はダブルデートをしている場面。
 
今作で、エミリー・ブラントとジョン・クラシンスキー夫妻の共同ビジネスは大成功〜。
ブレイク・ライヴリーとライアン・レイノルズは、夫婦になってからの共同ビジネスはまだ無いから、あやかりたいところかも〜。↓
q10.jpg

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「クワイエット・プレイス」★★★★ [映画日記]

AQuietPlace.gif


新種のエイリアンが地球に攻め込んできたわい。


今度のエイリアンは耳が良い。


地獄耳ですよ!


人が物音をたてたら襲ってくるのです、ソッコーで!!


だから人間は静か~にして、手話で意志を伝え合ったりして、地味〜に生活しているという設定です。


生きていけませんな、おしゃべり好きは!


まーね。

そんな生活、無理がありますけども。


だって人間、咳やくしゃみ等で音を出しちゃうものですし。


屁も然り!


毎回音を立てない「すかしっ屁」というわけにはいきますまいに!!


ふとした拍子に「ブッ」と出ちゃうものですしね。


ああ、死にたくないわな自分の放屁が原因で!


・・・そんなツッコミどころがあるものの、今回の作品、とっても良かったです~。

世間の評価が「並」なのが不思議~。


ボクちゃんがアカデミー会員なら、アカデミー賞の全部門を受賞させてやってももいいくらいですよ、宇宙人映画ですけども!


メインキャラクターのファミリーが繰り広げる、家族ドラマが最高なんですよね~。


ボクちゃん感動して泣いたわい!


一家の構成は、父、母、小学生の娘と息子ですけども。


エイリアンに怯えて暮らしながらも、親は親として、父として、母として、夫として、妻として、子は子として姉として、弟として、それぞれやるべき役割と責任を果たすんですよね~。


彼らの行動が、全て家族愛に基づいているところがたまらん。


逆に言えば、家族が思い合っているだけで、物語になってるんですよね〜。


母が言う「親が子を守れなくて、それで親だと言える?子を守れない親なんて何者でもない」というセリフにも胸が熱くなりました。


クライマックスの急展開でさえ、元をたどれば家族愛でした。


家族全員に愛があるから、心の調和を感じます。


美ですよ!


そんな愛の設定が素晴らしかったです。


母が妊娠しているところが、また危機感を最大限にあおりますよ。


物音たてちゃいけないのに、お産なんて無理だよね?!


だってボクちゃん、便秘の時ですら「ウゥゥーン」って声が出ますけど?!


子を生んだとしても大変ですよ。


どうする夜泣き!


問題が山積みで、ハラハラしました。


B級感があるはずの作品ですが、どこか品良く見せているのは役者の演技のおかげだと思います。


出演しているのはエミリー・ブラントに、実の夫のジョン・クラシンスキー。


子役は「ワンダーストラック」のミリセント・シモンズちゃんに、「サバービコン 仮面を被った街」のノア・ジュープくんと粒ぞろい。


とくにジョン・クラシンスキーは、製作・監督・脚本も務めている事実にビックリ仰天。


たしかアンタ、この間までただのB級男優だったよね?!


ついに才能が開花したわな、エミリー・ブラントを抱いてから!


演出面では、エミリー・ブラントから優しさという一面を引き出していたクラシンスキー。


エミリー・ブラントの魅力を理解してますよ、さすが抱いてることはある!


夫婦共同ビジネスで、ここまで成功している例も珍しいです。


本日より「エミリー・ブラントあげまん説」を唱えることにいたします。




nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

「胸騒ぎのシチリア」★★★ [映画日記]

ABiggerSplash.gif


2015年の作品です。


浮世離れした役がハマる女ティルダ・スウィントン。


シシ神さまみたいな女優ですけども、「もののけ姫」の!


今回ティルダが演じる役はロックスターのマリアン。


SHOW-YAの寺田恵子ねえさんみたいなもんですよ!


作品は、声帯を痛めたマリアンが、シチリアの島でのんびりと過ごす日々を描いております。


冒頭から、若いツバメに抱かれるマリアン。


ボカシの入ったティルダの全裸が網膜を直撃~!


早速裸芸ですよ!!


撮影当時は50半ばのスウィントン。

その年で、スラッとした体は立派~。


そんなマリアンがボーイフレンドと宿泊する家に、マリアンの元・恋人と、彼の娘が泊まりこむことになる、という展開。


愛の巣に上がり込んでくるんですよ、おジャマ虫が!


シチリアの太陽の下、ちょっと危険でアダルトな四角関係の始まり~。


マリアンの元・恋人役を演じているレイフ・ファインズがスゴイです。


こんなアンタは見たことナーイ!


騒ぐわ、歌うわ、踊るわ、抱くわ、全裸で泳ぐわで、ハジけてます。


バカ・ファインズですよ!


「ハリー・ポッター」シリーズで悪役ヴォルデモートを演じた人と同一人物だとは思えぬありさま。


とくに真っ裸になる場面が多くて、レイフ・ファインズの体にもボカシが入りまくり。


裸の演技を意識してなのか、元からそうなのか、50過ぎてるのにレイフ・ファインズの体は低脂肪。

全く腹も出ていませんよ。

コレにはビックリ。


さては毎日、伊右衛門 「特茶」を飲んで脂肪を分解しているね!


プールで過ごす場面も多いレイフ・ファインズ。

けっこうお水につかってます。


「この人、泳ぎが得意だわな。上手だわなアマガエルみたいに!」と思いました。


ただ、いっぺん脳天までプールにつかってからお水から上がったときが大変。


お水に濡れた前髪が薄くてハゲ強調!


とんだ副作用でした!!


そんなレイフ・ファインズの娘役を演じたのが、「フィフティ・シェイズ」シリーズで出世したダコタ・ジョンソンというのが豪華です。


ダコタのお洋服が基本的に「透け乳」仕様。


ざっくりニットの網目の隙間から、チラチラ見えてるんですよ右の具も、左の具も!


「はしたない。乳と服の間にちり紙でも挟んどきな!・・・と叱りたくなりました。


ダコタの年齢設定は22歳なのですが、その若さで「誘う女」キャラなんですよね~。

ということで、当然ダコタにもボカシ入りの全裸場面が。


主要キャスト全員にボカシが入る、という、しっとりとした高年齢の役者さんが出ている割には裸映画でした。


監督は「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノさんなんですよね~。


ただでさえイタリアの風景を情緒たっぷりに描けるルカさんですけども。

今回は自身の出身地でもあるシチリアが舞台ということで、ロケ映像からは素晴らしい田舎風味が出ています。


ワケ知ったる田舎の味なんでしょうな!


センスを感じましたよ、田舎センスを!!



胸騒ぎのシチリア [Blu-ray]

胸騒ぎのシチリア [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: Blu-ray

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画