So-net無料ブログ作成

「ドント・ウォーリー」★★★ [映画日記]

DontWorryHeWontGetFaronFoot.gif


ホアキン・フェニックスが、実在した風刺漫画家ジョン・キャラハンさんを演じておりますけども。


ジョン・キャラハンさんというお方を全く知りませんでしたが、元・アル中で、交通事故で四肢が麻痺しているという苦労人だったんですね。


今回の作品は、彼の「人生ボロボロ時代」から、風刺漫画家として世に認められて成功するまでの心理変化を描いていて、簡単に言えば感動風味なのですが。

風刺漫画の内容が、人種や性をテーマにしたものが多くて、さわやかさは薄め。


連発するんですよ、おやじギャグみたいなやつ!


主な舞台は1970年代頃ということで、昔だから許されるネタだな〜、と思いました。


今こんなネタを書いたら炎上するわな、剛力彩芽ちゃんのインスタですら炎上する時代ですから!


そして、ホアキン・フェニックスに1970年代頃のファッションが似合ってなかった〜。


古着殺しですよ!


ジャック・ブラックとか、共演者はファッションが似合っていたから不思議でした。


ジョン・キャラハンさんについて驚いたことは、座っている自動車いすのスピードが速すぎること。


ビュンビュン飛ばして、ちょっとした原付!


まるでパッソルですよ!!


ものすごく危なかったです。

劇中では横転してましたしね。


もう一つ驚いたことは、ジョン・キャラハンさんのガールフレンドが美人すぎること。

ときどきセクシーだし、性格も良くて100点満点のガールフレンド。


彼女はジョン・キャラハンさんに会うたび言いますよ「うふふ。イケメンね」と。


ホメ上手!


これ、ホントに実話なの?

ボクちゃん、ア然としたわい!


鑑賞後も「あの美女は、ジョン・キャラハンさんが見た幻覚なのでは?」と思っています。


疑いのまなざしですよ!


ガールフレンド役を演じているのはルーニー・マーラで、堂々とした美女っぷり。

これはピッタリの役でした。


ホアキン・フェニックスとルーニー・マーラは、実生活でも交際していますが。

今回のルーニー・マーラのことは誰でも好きになる。


状態が良い!(←中古車かい)


ホアキン・フェニックスが抱きたがるのも仕方ない、と思いました。


ジョン・キャラハンさんは、自分の弱さや甘さを認め、精神的に成長。

その過程に関わり、彼を手助けした人物が若き大富豪で、同性愛者のドニーなのですが。


ガス・ヴァン・サント監督らしく重要な役に仕上げられているドニーは、長いブロンドをなびかせるイケメンなのですがね〜。


観ている間「なんか、ジョナ・ヒルに似ているイケメンだね。誰だろう」と思っていたら。


なんと、そのイケメンはジョナ・ヒル本人。


どっちかって言えばブサイク路線だったあの子が化けて出たーっ!


髪型、ひげ、ファッションを駆使して「ふんいきイケメン」への変身に成功。

スタイリストの力量にうなったわい。


ジョン・キャラハンさんの再起よりも、インパクトのある転身になってました。




nice!(6)  コメント(2) 

「名探偵ピカチュウ」★★★ [映画日記]

detectivepikachu.gif


ボクちゃんは立派な大人ですが、今でもポケモンで遊んでるんですよ。


こんな大人もいるんです、世界は広いんですよ!


そんなポケモン・ファンのボクちゃん、今回のハリウッド実写版ポケモン映画「名探偵ピカチュウ」を観て感無量〜。


熱くなったわい、目頭!


まさか外国で、外人のスタッフさんがポケモンという素材に向き合い、ポケモンへの愛、日本への愛を盛り込んだ、キュートな実写映画を作ってくださるとは…。

エンドクレジットの映像まで、日本への愛がいっぱい。


これはたまらん!


ありがとう外人!!…と言いたくなる作品でした。


ゲームで遊んでいるときは「ゲーム内のポケモン・ワールドが実際にあるといいな。人間とポケモンが手に手を取り、キャッキャ、キャッキャと、はしゃいでいる世界に行ってみたい。そこで死ぬまで暮らしたい」と思っておりましたけども。(←もっと恥じて)


今回の実写映画では、そんなポケモン・ファンの夢が現実に。


本物の街や野原で、本物のポケモンが暮らしてますから!(←厳密に言えば全て作り物ですが)


そんな光景を見て、自然と笑みがこぼれたボクちゃん。


ニヤッとしたんですよ!


出演者も有名人ですよ、スター様!!


ライアン・レイノルズに渡辺謙さん、そしてビル・ナイが出てますよ。

知っている人材は、これだけでしたが、もう十分。


贅沢言わん!


ビル・ナイで十分ですよ!!(←「ごはんのおかずは漬物で十分」調で)


アイドル的存在のポケモンといえば、ピカチュウですよ。


もはやポケモンの代名詞ですよ、ユニクロでいえば、フリースみたいもん!


CGでリアルに表現されたピカチュウが、かわいすぎる〜。

質感が毛布みたいで、触りたくなるクオリティ。


他のポケモンも、たくさん出ているのですが。

ミステリー仕立ての物語だし、ちょっぴりダークな雰囲気を醸し出しているポケモンたちが新鮮でした。


両生類とかのポケモンの表面が結構ヌメってるね、排水溝のヌメリみたいに!


日本人が手掛けると、もうちょっと甘味が多い、サンリオ感のある、ぬいぐるみ的な表現になるだろうな、と思いながら観てました。

米国人はリアル志向で、ポケモンの目玉や口の中まで入念に仕上げているから、いきもの感が出ていたと思います。


そんな「名探偵ピカチュウ」ですけども。


難を言えば、一言さんお断り。


まるで、初めての人は入店不可の高いお店ですよ!


ポケモンの知識がないと十分に楽しめないと思います。


ポケモンのゲームで遊んだことのないお客さんは、まずはゲーム機とソフトを買い込んでいただく。


数万ほど振り込んでいただく!


そしてゲームをクリアしてから映画を観たほうがよい。


カネも時間もかかるけど、がんばっていだきたいです。



Pokémon Detective Pikachu

Pokémon Detective Pikachu

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Masterworks
  • 発売日: 2019/05/14
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(13) 

「レジェンダリー」★★ [映画日記]

Pilgrimage.gif


トム・ホランドが主演した、2017年の地味作です。


2017年といえば、トム・ホランドが新スパイダーマン役に大抜擢された頃。


ブレイク時点ですよ、稼ぎ始めた頃!


それまで、トム・ホランドが出演した作品といえば、「インポッシブル」 (2012年)とか、「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」(2013年)とか、渋めのジャンルが中心でした。


派手な作品でも「白鯨との闘い」(2015年)とかですよ、せいぜい鯨映画!


相当の地味っ子でしたけども!!


そんな地味時代に出演した作品が「レジェンダリー」。


時代設定は13世紀、舞台はアイルランドで、トム・ホランドが演じる、地味な服を着た修道士ダーマッドと、数人の地味な仲間たちが、聖遺物と呼ばれる「マティアの石」を、ローマまで、えっちらおっちらと運ぶお話ですよ。


地味な台車を押して運ぶんですよ、リヤカーみたいなやつで!


そんなシチュエーションだけでも十分地味なのですが。


「マティアの石」とかいう、神がかった重要なアイテムがな〜。

普通ならば、その石は半透明な緑色をしていて、制作スタッフが石の中に電球を仕込み、時々光が点滅する、みたいな神秘性を強調する演出がされそうなものですが。


それが今回は、まー見事なねずみ色の普通の石…。


単なる岩石!


その大きさといい、重量感といい…。


むしろ漬物石にピッタンコ〜!


小道具までもが地味〜!!


共演者も、地味素材が終結〜。


まずは女子が皆無です。


トム・ホランド以外は全品オッサン!


花がナーイ!!


主に活躍する2人の脇役男優が、リチャード・アーミティッジとジョン・バーンサルだという。


そんな2人で脇を固められんの?!…と心配になってしまう人材なのですが。


最大の見せ場がリチャード・アーミティッジとジョン・バーンサルのガチンコ対決だという…。


クライマックスまで地味路線にブレなし!


「信仰は大変。つらい」という内容だったし、派手さは必要ない作品だから、コレはコレで良いのかもしれません。


また、トム・ホランドの扮装が「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのキャラクター、フロドっぽい。


だから、楽しむ要素があるとしたらフロド感!


トム・ホランドが1人で「ロード・オブ・ザ・リング」っぽいことをしている風情ですよ。


トム・ホランドの「ひとり・オブ・ザ・リング」だと思えば良いんですよ!



レジェンダリー ブルーレイ&DVDセット(2枚組/ブックレット付) [Blu-ray]

レジェンダリー ブルーレイ&DVDセット(2枚組/ブックレット付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

nice!(7)  コメント(0) 

「アベンジャーズ/エンドゲーム」調べて判明した、一瞬しか出ていないチョイ役スターを紹介。 [映画写真日記]

*本編のネタバレはありません。
 
いや〜、アメコミ・ヒーロー・シリーズの完結編「アベンジャーズ/エンドゲーム」な〜。
とっても楽しんで、とっても泣きましたけども。
 
Avengers: Endgame

Avengers: Endgame

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hollywood Records
  • 発売日: 2019/05/24
  • メディア: CD
 
ものすごい量の、豪華なゲスト出演者たちも魅力。
鑑賞中は「あっ、あの人も出てる。この人も」と、驚きの連続でしたけども。
 
そんな超・有名なゲストスターたちは、今回は置いといて。
だ〜れも気にも止めていない、鑑賞後に調べてやっと判明したチョイ役たちを紹介したいと思います。
 
拾い上げてやるんですよ!
 
まずは、弓矢ヒーローのホークアイの嫁役女優を「どこかで見たことがある」と思ったら。
それは、アカデミー受賞作「グリーンブック」(2018年)でヴィゴ・モーテンセンの嫁役を演じていたリンダ・カーデリーニだったんですね!↓
a1.jpg
 
リンダ・カーデリーニは、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年)から、同じ役で出演していたんですね〜。
「グリーンブック」で話題になった後の、超大作「アベンジャーズ/エンドゲーム」への出演。
追い風が吹いてますな!
 
スターク家の運転手ジャービスさんが、チラッと出てきたときは「おお〜」と思いました。
ジャービスさんは、「アベンジャーズ」のスピンオフドラマ「エージェント・カーター」に出ていたキャラクター。
ドラマから映画に進出した、初のキャラクターなのでした。
こちらのお写真、左端がジャービス役を演じたジェームズ・ダーシー。↓
a2.jpg
 
倉庫の見張り役(多分)で、チラッと出てきたのはケン・チョンさんですよ。
鑑賞中は「あの人、ケン・チョンさんに似ているな」と思っていたのですが、後に調べてみたら本人でした。↓
a3.jpg
 
本編の、ある場面で知らない子が出てきて「あんな子、今までのシリーズに出てたっけ?」と思っていたのですが。
こちらのお写真の、右がその子。↓
a4.jpg
 
鑑賞後に調べてみたら、なんとその子は「アイアンマン3」に出ていた少年ハーレー・キーナーでした。
演じているのはタイ・シンプキンスという名の子。
こちらのお写真が「アイアンマン3」出演時。
懐かしのキャラクターなのでした。↓
a5.jpg
 
というわけで、以上がチョイ役たちでした。
 
こちらのお写真はプレミア会場に現れた、キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソン。
劇中の衣装ではなく、オシャレ着ですよ。
アメコミとかの作品イメージにピッタンコのお洋服ですな。↓
a6.jpg
 
こちらのお写真は、アイアンマン役ロバート・ダウニー・Jrと、ロケット役ブラッドリー・クーパーの、珍しいツーショット。↓
a7.jpg
 
こちらのお写真は、主要メンバーの、お戯れ場面。
キャプテン・アメリカ役クリス・エヴァンスのスタジャンが派手ですな〜。↓
a8.jpg
 
そしてクリス・エヴァンスは、相変わらずスナップ写真の写りが悪いです。↓
a9.jpg
 
こちらのお写真は、本編で活躍した2人、アントマン役ポール・ラッドと、ホークアイ役ジェレミー・レナー。
こういうテイストのスピンオフドラマを製作してもいいかもよ。
テレ東の深夜に放送してほしい〜。↓

a10.jpg

nice!(9)  コメント(7)