So-net無料ブログ作成

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」気付かなかったけど、脇の脇までスターが出演。 [映画写真日記]

いや〜、クエンティン・タランティーノが1969年のハリウッドを描いた「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」な〜。
とっても楽しみました〜。
 
当時のロサンゼルスを再現した映像が圧巻。
フォントが昔っぽくて良いんですよね〜。↓
o1.jpg
 
頭のてっぺんからつま先まで、タランティーノ色に染められたブラッド・ピットもクールでした。↓
o2.jpg
 
ワンちゃんも活躍〜。
「妙にしつけが良い」ってところがミソでした。
ブラピとワンちゃんの取り合わせも新鮮〜。
こんなブラピ、見たことナーイ!↓
o3.jpg
 
音楽もノリノリで最高〜。
Spotifyでサントラを聴きながら家中の掃除をしたら、はかどった〜。
ぞうきんを絞る速度が倍になったわい!
 
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: CD
 
背景や人物、全ての細部にこだわりがあって、フンイキがカッコいい作品でした。
当時のロサンゼルスにどっぶりと浸って、もう日本に帰りたくナーイ!…そんな気分。
ありがとう、タランティーノ!
 
メインの登場人物は架空ですが、ほとんどのサブ・キャラクターにはモデルが存在。
知識が豊富なタランティーノらしいところですけども。
 
鑑賞中は気付きづらいですが、実はいろんなスターがサブ・キャラクターを演じていたんですね〜。
 
まずは、スティーブ・マックイーン役がダミアン・ルイスって、なるほど〜。
うっすら似てる〜。↓
o4.jpg
 
シャロン・テートの元婚約者で、ヘアスタイリストのジェイ・セブリング役はエミール・ハーシュだったんですね〜。
エミール・ハーシュって、消えそうでいて、長いことハリウッドで生き残ってますな〜。
今回も良い役をもらいました〜。
 
女優シャロン・テイトが殺される直前に彼女の家に遊びに来ていたという、同じく女優のジョアンナ・ペティット役を演じたのは、ブルース・ウィリスの実娘ルーマー・ウィリスでした。↓
o5.jpg
 
二世タレントといえば、イーサン・ホークとユマ・サーマンの実娘マヤ・ホークや、ケヴィン・スミス監督の実娘ハーレイ・クイン・スミスが出演していたらしいですが、一体どこに出ていたのか分かりませんでした。
 
ドリーマ・ウォーカー、レナ・ダナムも出演していたらしいですが、それも気づきませんでした。
 
今回、印象的なキャラクターだったのは、ブラピが運転する車に乗り込んできた少女プッシーキャット。
演じていたのはマーガレット・クアリーという若手女優ですけども。↓
o6.jpg
 
彼女の実のお母さんは、アンディ・マクダウェルだったんですね!↓
o7.jpg
 
悪役テックスを演じていたのは、実生活ではバネッサ・ハジェンズを抱いているオースティン・バトラーでしたけども。
あまりにも良い役でビックリ。
これは、出世を約束されたようなもん。
こちらのお写真はプレミア会場にやって来たバネッサ・ハジェンズとオースティン・バトラー。
結構長いこと交際してるよね〜。↓
o8.jpg
 
ちなみに、イタリア人女優ダフナ・ベン・コボ役を演じたダニエラ・ピックは、イスラエルの歌手で、タランティーノの実の嫁でした。
お子さんも生まれるそう。
タランティーノには幸せになってほしいです。
こちらのお写真は夫妻のツーショットですが、なんか〜、「女優と握手会に来た冴えないファン」みたい。
実際はアツアツのお二人です。↓
09.jpg
 
こちらのお写真は、プロモーション活動中の監督とメインキャストのみなさん。
疲れきっているのか、目が死んでます!
おつかれさまでした〜。↓
o10.jpg

nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」★★★★ [映画日記]

onceuponatimeinhollywood.gif

 

*ネタバレはありません。

 

1969年のロサンゼルスが舞台。

クエンティン・タランティーノ監督が、ハリウッドの影と夢を、スリラー要素を交えて描いておりますけども。

 

映画ヲタらしい妄想大作〜!

 

観終わった直後は「えっ…ここで終わんの?!」と思い、やがて心があたたかくなりました。

 

「胸ポケットにホッカイロでも入れたかな?」と思うくらい、あったまったんですよ!

 

ああ、タランティーノを抱きしめてやりたい。

 

ナデナデしてやりたいです、あのシャクレたアゴを!

 

落ち目のドラマ男優役がレオナルド・ディカプリオで、そのスタントマン役がブラッド・ピットというキャスティングもたまりません。

 

ディカプリオの役は善人ですが、劇中劇では見事な悪役に扮しています。

過去の監督作でも悪役として起用していたし、タランティーノはディカプリオの悪役が好きなんだな〜、と思いました。

 

ディカプリオの演技は当然のように良かったのですが。

今回はブラッド・ピットの魅力が、その上を行ってました。

 

超えてきなすったわい!

 

ブラピ史上、最高の香りを放ってんよ!!(←ドリアンかい)

 

1969年という時代とファッションがブラピにハマりすぎ〜。

かねてから、ブラピはロバート・レッドフォードっぽい顔でしたけども。

 

古いメリケン顔ですよ!

 

今回は、その古い顔が活かされています。

 

下半身は、見事なジーパン姿ですよ。

 

ブラピが第1位ですよ、ジーパンが似合うアメリカ人男性(50代)は!

 

ブラピ本人が車を運転して、ひたすらロサンゼルスの公道を走る、という場面があるのですが。

 

ただただ流しているんですよ!

 

それが「なんだコレ」と、つぶやいてしまうくらいカッコいいです。

 

今まで、ありそうで無かったですよ、ブラピに車を合わせる、というコーディネート。

ブラピと車がこんなに合うとは〜。

 

ブラピさん、アンタいけるんじゃないの中古車販売ビッグモーターのCMも〜!

 

天下を取れますよ、中古車販売業界でも!!

 

車中のBGMは、カーラジオから流れる懐メロですけども。

 

ちょいちょい、ラジオ番組ナビゲーターのMCやら天気予報やら、CM等が入ってきて、昔の臨場感があって良い感じ。

 

かつてタランティーノが、昔の味わいを追求した映像企画「グラインドハウス」っぽいことを、車とカーラジオでやってみせた、という感じでしょうか。

 

そんなブラピは、観客を作品の世界観に連れていってくれる案内人。

あの車に本当に乗っけてもらいたかったです。

今回のブラピは、男がかっこいいと思うブラピ像だったと思います。

 

その他、当時の風景のディティールが細かくて、ネオンサインのフォントだけで、昔のフンイキを出したり、絵的にも抜群のセンスを感じました。

 

当時の美人女優シャロン・テートにまつわるエピソードがフィーチャーされているのも特徴ですが。

シャロン・テートが、普通っぽくて、めちゃめちゃかわいいです。

 

あの美貌で、男性の好みのタイプは「才能のある小男」っていう。

 

男は顔じゃないっていう、素晴らしい子!

 

「国際監督連盟のアイドル」みたいな扱いだったのも面白かったです。

 


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(9) 
共通テーマ:映画

「スノーマン 雪闇の殺人鬼」★★★ [映画日記]

iceman.gif


監督は「裏切りのサーカス」などのトーマス・アルフレッドソン。

 

裏サカ監督ですよ!

 

主演はマイケル・ファスベンダーで、共演はレベッカ・ファーガソンやJ・K・シモンズという豪華な面子。

 

数年前の製作発表から「早く公開されるといいな」と楽しみに待っていた作品なのですが、待ち続けていたら令和になった!

 

待ちぼうけを食らったわい、忠犬ハチ公みたいに!!

 

実は、作品は2016年に仕上がっていたという。

完成した作品は日本未公開のまま、いつのまにかamazonプラオムビデオに配信されていたのでした。

 

原作はノルウェーのベストセラー小説「ハリー・ホーレ刑事」シリーズ。

 

ハリー・ホーレですよ、ハリー・ホーレ。

 

ハラホロヒレハレじゃありませんから!

 

雪景色のオスロを舞台に、ハリー・ホーレ警部が殺人鬼を追うという本格殺人ミステリー作品です。

 

殺人鬼が現場に残すアイテムが「雪だるま」ということで、「スノーマン」というタイトルが付いているようです。

 

北欧のクールなフンイキとミステリーの相性は相変わらず抜群ですが、ロケ地は相当寒そう〜。

明らかに気温はマイナスという感じですけども。

どういうわけか、登場人物はあんまり寒そうじゃありません。

 

マイケル・ファスベンダーが演じるハリー・ホーレなんて、思いっきり雪が積もっている公園でゴロ寝してましたから、毛布1枚かけることなく!

 

「死ぬよね、普通」と思いました。

 

あと、あんなに寒そうな景色の中、バスの中では立ち食いしてましたからよりによってアイスクリームを!

 

僕なら、あの雪景色の中で立ち食いするなら豚汁だわな、アツアツの!!…と思いました。

 

マイケル・ファスベンダーの元・妻役がシャルロット・ゲンズブールというのも、ありそうで無かった組み合わせ。

 

両者ともセクシーで絵になってますけどもね〜。

 

シャルロット・ゲンズブールが、これがまた、雪景色の中でミニスカート姿ですよ!

 

「アンタ、足腰が冷えちまうよ。ちゃんと毛糸のパンツを穿いて来たんだろうね?と思いました。

 

刑事役のレベッカ・ファーガソンは、地味髪で地味服でしたが、それでも美人でステキでした。

 

北欧にも合いますしね、妖精面ですし!

 

バル・キルマーも出てますけども、久々に見たバル・キルマーがヨボヨボすぎて、なんかショック〜。

初めて出てきたときは、誰なのか分かりませんでした。

とくに必要性を感じる役でもなかったので残念〜。

 

あとは、人気の北欧ミステリードラマ「The Bridge/ブリッジ」から、主人公サーガ・ノレーン役のソフィア・ヘリーンも出てきて、ボクちゃんも応援モードだったのですがチョイ役!

 

せめて、マイケル・ファスベンダーと絡ませてやりたかった〜。

 

小指と小指だけでも絡ませてやりたかったです!

 

そんな感じで、魅力的な大人の役者が揃ってましたけども。

だからと言って面白い作品になるわけじゃないんですね〜。

 

ストーリーは良かったですが、素晴らしいロケーションを持ちながらも、不穏なムードが不足していた気がします。

ノリが良すぎ、というか〜。

 

スター様の量が多すぎたのかな〜。

 


スノーマン 雪闇の殺人鬼 [Blu-ray]

スノーマン 雪闇の殺人鬼 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ロケットマン」主演タロン・エガートンとエルトン・ジョン本人の交流名場面 [映画写真日記]

いや〜、エルトン・ジョンの半生を描いたミュージカル映画「ロケットマン」な〜。

楽しかったですけども。

 

【メーカー特典あり】 ロケットマン(オリジナル・サウンドトラック)【特典:ポストカード付】

【メーカー特典あり】 ロケットマン(オリジナル・サウンドトラック)【特典:ポストカード付】

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: CD
 

まずは、エルトン・ジョン役を演じたタロン・エガートンが大熱演。

振り切り感が気持ちいいです。↓

r1.jpg

 

奇抜な衣装も着こなしておりました。↓

r2.jpg

 

タロン・エガートンとエルトン・ジョン本人は、映画「キングスマン: ゴールデン・サークル」(2017年)で共演済みなんですよね〜。

こちらのお写真が「キングスマン: ゴールデン・サークル」でのエルトン・ジョン出演場面。

完全に色ものとしての出演でした。

「賑やかし要員」ですよ!↓

r7.jpg

 

「キングスマン: ゴールデン・サークル」での共演をきっかけに、タロン・エガートンとエルトン・ジョンの交流は始まったと言われてますけども。

 

ミュージカルアニメ映画「SING/シング」(2016)劇中でも、声優として出演したタロン・エガートンはエルトン・ジョンの楽曲「I'm Still Standing」を歌唱済みなんですよね〜。

ご縁がありますな〜。↓


 

ビックリしたのは、アカデミー賞鑑賞チャリティ・パーティー等、エルトン・ジョンのライブ・ステージに、度々タロン・エガートンが呼ばれてデュエットしていること。

タロンさん、これは相当気に入られてます!

アンタ、愛でられてんよ!!↓


 

こんな大きなステージにも呼ばれています。

すごすぎる〜。↓


 

各地のプレミア会場などでも、絆を感じる写真がチラホラ。

 

こちらのお写真は、「ロケットマン」でタロン・エガートンの恋人役を演じたリチャード・マッデンを含むスリーショット。

おじいちゃんが、イケメン2人に挟まれております。

イケメン・サンドイッチですよ!

「スマスマに出演したときの槇原敬之」をほうふつの絵づらです。↓

r3.jpg

 

スキンシップも忘れないタロン・エガートン。

いい人だと思う〜。↓

r4.jpg

 

もう養子になったほうがいいんじゃない?!↓

r5.jpg

 

「ロケットマン」でのタロン・エガートン起用は、エルトン・ジョン本人も大満足していると思う〜。

r6.jpg

nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:映画