So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「くるみ割り人形と秘密の王国」★★★ [映画日記]

THENUTCRACKERANDTHEFOURREALMS.gif


観ましたヨ、「くるみ割り人形」だか「ミルク飲み人形」だか、「キャベツ畑人形」だかだかを!


まずはビクトリア朝という時代設定で、雪が降るクリスマスのロンドンという舞台にうっとり。


酔いしれてフラついたわい、忘年会帰りおじさんみたいに!


セットやグッズも、いちいちデザイン性が高いです。


グッジョブですよ、大道具さんも小道具さんも!


そこに鳴りやまぬチャイコフスキーの楽曲ですよ。

絵に描いたようなクリスマス・ムードがたまらん。


やっぱりクリスマスにはチャイコフスキーだよね、


ワムの「ラスト・クリスマス」よりチャイコだよ!・・・と、そのクラシック音楽力に圧倒されました。


主人公は、裕福な家庭の次女クララ。


お嬢ですよ!


クララが不思議な世界に迷い込んで冒険する、というお話。

簡単に言えば「不思議の国のアリス」的な、よくあるタイプの「ガール・アドベンチャーもの」なのですが。


クララの趣味が骨太。


機械いじりですよ、メカ女!


壊れたからくり小物も、「う~ん。この歯車がおかしいわね」みたいな診断を下し、自分で修繕。


歯車女ですよ!


そんなメカ好きの設定は、やがて「テクノジーと平和の関係性を問う」という反戦メッセージに繋がるところがニクいです。

普通なら説教臭くなるテーマですが、クリスマス・ムードにマッチしていてグッときました。


お客さんはみんな、クリスマス・ムードで、頭ん中フワ~ッとしてっからね!


ダマされてしまうんですよ、結婚詐欺にでも遭ったみたに!!


クララが不思議な世界で出会うのは、キーラ・ナイトレイとかヘレ美とか。(←ヘレン・ミレン)


しわくちゃな顔に、白塗りメイクを施したヘレ美が不気味でカッコいい~。


シワの億まで、よ~く塗り込んできてんよ、おしろい!


ヘレ美の登場シーンもスゴイです。


「ヘレ美型の巨大ロボ」に乗ってきましたから!


後半も大ハッスルのヘレ美。

ムチを振るわ、キックするわで大暴れ。


股が裂けてないか心配です。


そんなヘレ美の役名はマザージンジャーですよ。


日本名を付けるとしたら、生姜ばばあですよ!


聞いただけで体がポカポカしてきそうな、冬にピッタリのお名前でした。


クララ役を演じたのはマッケンジー・フォイちゃんですよ。

アン・ハサウェイと佐藤健くんを足したような顔の美少女ですけども。


マッケンジー・フォイちゃんを、どこかで見たことがあると思ったら。


なんと「トワイライト」シリーズで、ベラとエドワードの娘レネズミ役を演じた子でした!


レネズミですよ、レネズミ。


決してドブネズミじゃありませんから〜!



くるみ割り人形と秘密の王国 オリジナル・サウンドトラック

くるみ割り人形と秘密の王国 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: マッテオ・ボチェッリ,イアン・アクセル,チャド・ヴァッカリノ,フォルトゥナ・ザンパリオーネ
  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・レコード
  • 発売日: 2018/11/21
  • メディア: CD

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ダーティ・グランパ」★★★ [映画日記]

DirtyGrandpa.gif


グランパですよ、グランパ。


ケロンパじゃありませんから!


2016年製作のコメディ作品です。

主人公のマジメでお堅い弁護士役がザック・エフロンですよ。


ありえない主人公だわな、腹筋割れたイケメンでありつつガリ勉っていう!


近年の主演作は、日本では公開されづらい傾向のザック。

うちのレコーダーにも、ザック主演の映画が何本か録画されてますけども。


どうも再生する気分にはならないという微妙な存在に。


難しいお方!


現実感が無さ過ぎて、シリアス作品には合わぬザック。


存在がファンタジーなんですよ、妖精!(←ホメ言葉)


結局コメディ作品への出演が多くなったことが、日本での定着が鈍い理由なのかもしれません。


そんなザック演じる孫が、ロバート・デ・ニーロ演じる不良の祖父から悪い遊びを教わったりして、振り回されるという物語。

デ・ニーロが中心の映画に見えて、ザック・エフロンのファンに向けた、大人のアイドル映画に仕上がっておりました。


全編を通して相当な量のシモネタ~。

劇中では、ザックが、ありとあらゆるセクハラをされますよ。


ものっすごくヨゴされてんよ、下半身の後ろもツツかれて!


キツツキが木をツツくみたいに、ツツかれまくるんですよ!!


裸になって尻まで見せて、卑猥な動作をするザックにもビックリ。


かつては、「ハイスクール・ミュージカル」シリーズで、学園の王子様的存在だったアンタがねぇ・・・。


すっかり大人の動きを覚えなすって!


たいてい出演作では、ヨゴされ気味のザック。


清純派に見えるから、ヨゴし甲斐があるのでしょう。


確かに、ザックのヨゴレシーンは笑えて楽しかったです。


しかし、いくら脱がされ、ヨゴれようとも、どういうわけか清潔感は保っているザック。


全く、いやらしさを感じないところは才能だわな、胸毛から腹毛までボーボーなのに!


下手すりゃ裸芸人になりそうなのにねぇ、江頭さんみたいな!!


ザックがビーチにて「裸になってステージに上がれ」、と言われる場面では「え?俺?ダメだよステージに上がるなんて。恥ずかしいじゃん」みたいな渋る態度を取りながらも、結局はステージ上がるザック。


ザックが、カラオケ・スナックにて「ステージに上がって歌え」と言われる場面では「え?俺?ダメだよステージに上がるなんて。恥ずかしいじゃん」みたいな渋る態度を取りながらも、結局はステージ上がるザック。


どのステージでも、プロ並みのパフォーマンスを見せて喝采を浴びる、というシチュエーションも、ザック映画のお約束という感じで面白かったです。


ザックの父親役がダーモット・マローニーというのも「なるほど」と思いました。


イケメンの家系ってことですよ!


堅物役のマローニーも、最終的には顔面にどえらいスケベ画を描かれていて、笑ってしまいました。


この人、こんなこともしてくれるんですね、意外~。


何でも頼んでみるもんですな〜、イケメンにも。



ダーティ・グランパ [Blu-ray]

ダーティ・グランパ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティック・ビースト2」にも「ハリー・ポッター7」にも出演している人がいた~。 [映画写真日記]

いや~「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」な~。


「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」オリジナル・サウンドトラック

「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/11/21
  • メディア: CD

「ハリー・ポッター」シリーズの、魔法学校のダンブルドア校長が出たわな、若い姿で。


「みずみずしいお姿で」ですよ!


演じているジュード・ロウが、どことなくダンブルドア風味を出しておりました。


ジジ臭さを出したんですよ!


こちらのお写真がジュード・ロウのキメ顔。↓

f1.jpg


主人公ニュートとダンブルドアは、えらい場所で待ち合わせをしておりました。↓

f2.jpg


シリーズ1作目の名物キャラクターも、チラッと登場~。↓

f3.jpg


お水の中にも、巨大な動物がいて迫力満点でした。↓

f4.jpg


出演者の中で気になったのは、ジェイコブ役のダン・フォグラーですよ。

この人、今「ウォーキング・デッド」のシーズン9に、音楽好きの男役で出てますね!

ブレイクしてんよ、「不思議の世界」のみで!!


今回、ジュード・ロウとジョニー・デップが、まさかの共演を果たしました。

2人とも、自身の人気「持ち上げ」には、ちょうどいい作品だったんじゃないかな。

とっても珍しいツーショット。↓

f6.jpg


ジュード・ロウとジョニー・デップの、若かりし頃を演じたのは、トビー・レグボと、ジェイミー・キャンベル・バウアーという名の若手男優。


2人は「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」でも、同じ役でチラッと出てるのだそう。

2大シリーズを股にかけて出演しているという、珍しい人材なんですね~。

こちらは「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」劇中の2人。↓

f7.jpg


こちらは関係者たちが集合したお写真。

ジュード・ロウとジョニー・デップまでいるという、レア写真です。↓

f8.jpg


↑のお写真で、割と中央に立ち、割と目立った服装をしているのが、重要な役で出演しているエズラ・ミラーですけども。

テーマは「鳩の精」でしょうか?!↓

f9.jpg


別の会場では、こんな感じ。

え~っ、エズラって、こういう感じの子なんですね?!

個性派なんですよ!↓

f10.jpg


ジュード・ロウが、どうしてもエズラに目が行ってしまうようです。↓

f11.jpg


こちらのお写真でも、えっらいカブリ物をしているエズラ。

ジュード・ロウのまなざしが冷ややかですな~。↓

f12.jpg


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」★★☆ [映画日記]

FantasticBeastsTheCrimesofGrindelwald.gif


本編が始まって15分くらい経って思いました「あれ?なんだかおかしい」と。


なんだか退屈なんですけど~!?


映画の鑑賞中でありながら、スマホをいじりたくなってしまいました。


ネットショッピングでもしていたいんですよ、アマゾンだか楽天だかで!


しかしスマホをいじるわけにもいかず・・・。

今回ばかりは、鑑賞中に本格的にウトウトしてしまったのでした。


もうろうとしてたんですよ、映画館の客席で!


ファンタジー大作のシリーズ第2弾ですけども。

ワクワク感のあるアドベンチャー色は薄めで、思いっきり影のある、大人っぽい作品に仕上げてきました。


その大胆な試みは挑戦的で良いと思いましたけども。

とくにお話は盛り上がるわけでもなく・・・。


多くのキャラクターの、誰が活躍したかと聞かれても「誰も活躍しなかった」としか答えるしかなく・・・。


主人公すら、とくに活躍しないまま終わった~!


大物男優ジョニー・デップとジュード・ロウの共演も話題でしたけども、同一画面にいる場面はちょびっとでした。


なんだ、アンタら対決しないの?!


だったら、せめてボーイズラブにでも発展しなよ~!


抱いて盛り上げなよ~!!・・・と、悔しい気持ちになる大物共演でした。


ジョニー・デップには、わずかに見せ場がありましたけど、それほど魅力を感じる場面もなく・・・。

一体ジョニー・デップの演じる悪役って、何なのでしょうか。

性格の悪い宗教家みたいな感じなのかな。


ただ、ジョニー・デップのファッションだけはカッコよくキマッてました。


もはや洋服頼りですよ、頼り!


あと、白塗りメイクもハマってる。


慣れたもんです、厚化粧!


「ハリー・ポッター」シリーズのダンブルドア校長が、若き日の姿で出てきますけども、その役がジュード・ロウというのも良い感じ〜。


ジュード・ロウの姿を見て、「その若ハゲが、年をとって全ハゲになるんだね。なるほど」と、お膝を叩きましたけども。



高齢のダンブルドアは、ハゲてないはず。

 

この先どうするのか気になります、そのハゲ矛盾!


需要な女性キャラ、リタ役でゾーイ・クラヴィッツが出演してましたけども。

イマイチ演技力が追いついてなかったな。


この実力派キャストの中だと、冴えない女に見える・・・。


大根女優に見えたのも魔法でしょうか?!


結局~、一番目立っていたのが、魔法動物ズーウーだったと思う~。


巨大猫ですよ、デカ猫!


怖いんだけど、なんかかわいい~。

巨大ネコが出てきたときは、完全に目が覚めました。


今回は、ネコ動画の威力を感じる作品になってました。


さらなる続編は盛り上がりそうなので、そちらを楽しみにしています。



「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」オリジナル・サウンドトラック

「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/11/21
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(11) 
共通テーマ:映画