So-net無料ブログ作成
海外ドラマ日記 ブログトップ
前の10件 | -

ドラマ「殺人を無罪にする方法」シーズン4でビックリ。「スキャンダル」のオリヴィア・ポープが出てきた! [海外ドラマ日記]

いや〜、サスペンス・ドラマ「殺人を無罪にする方法」な〜。
Dlifeでの放送で、まだ観てますよ。
 
殺人を無罪にする方法 シーズン3 Part1 [DVD]

殺人を無罪にする方法 シーズン3 Part1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: DVD
 
ただいまシーズン4が放送中。
さすがに物語もマンネリ気味になり、今ではボクちゃん、このドラマは外出先や移動中にiPadで観るという、カジュアル視聴の体制に。
 
シーズン4の12話も、なんとなくボンヤリと観ていたのですが。
 
なんと12話のラストシーンに突然、他ドラマ「スキャンダル」の主人公オリヴィア・ポープが乱入してきてビックリ仰天。
「えっ!」と声が出たわい!
 
しかも、オリヴィア・ポープの登場の仕方が、「殺人を無罪にする方法」の主人公アナリーズ・キーティングがシーズン1の第1話に初登場したときと同じ演出だという。
 
粋な計らいですよ!
 
ついに、「最も上司にしたくないキャラクター」2人が夢の共演じゃ〜っ!!↓
s1.jpg
s2.jpg
 
続く13話は、カジュアル視聴を止めて、おうちの大きなテレビ画面で観賞。
 
正座して観たわい!
 
13話はオリヴィア・ポープの出番も多く、アナリーズ・キーティングとの交流場面が見れて幸せでした。↓
s4.jpg
 
が!
残念だったのは、オリヴィア・ポープの日本語を吹き替えた声優さんが、正規の声優さん(皆川純子さん)ではなかったこと。
別の声優さんによるオリヴィア・ポープでしたが、正規の声優さん風の発声で違和感なく、「さすがプロの声優」と思いました。
 
で。
「スキャンダル」シーズン7の12話の方には、「殺人を無罪にする方法」のアナリーズ・キーティングが出ているっぽいです。
最近Dlifeさんが「スキャンダル」を放送してくれなくなったので、肉眼で確認できないところが悔しいです。
おそらく、こちらのお写真が「スキャンダル」でのクロスオーバー場面。↓
s3.jpg
 
2番組のクリエイターは「グレイズ・アナトミー」なども手がけたションダ・ライムズですけども。
本国では、「グレイズ・アナトミー」のスピンオフで、消防士の活躍を描いたドラマ「ステーション19」がシーズン3まで製作中。↓
s5.jpg
 
「グレイズ・アナトミー」と「ステーション19」のキャラクターが入り乱れるクロスオーバー・エピソードもある、ということで。
おそらく、こちらのお写真がクロスオーバー場面。↓
s6.jpg
 
ワテら、多くの日本人が知らない間に、巨大なションダ・ライムズ・ユニバースが形成されていたのであった!
女の帝国ですよ!!↓
s7.jpg
 
海外エンターテインメント界には、スーパーヒーローもの、シカゴもの、など、数多くのユニバースがありますけども。
ションダ・ライムズ・ユニバースは、働く女性がメインというところが特徴。
 
「グレイズ・アナトミー」と「殺人を無罪にする方法」は世界観が違いすぎるから、クロスオーバーは難しそうだけど、いつか実現してほしいな。
こちらのお写真が、ションダ・ライムズ・ユニバースのみなさん。↓
s8.jpg
 
こちらのお写真は、交流を深める女たち。
エレン・ポンピオが、まだまだキレイですな〜。↓
s9.jpg
 
「スキャンダル」はシーズン7でフィナーレを迎えてますが、オリヴィア・ポープだけでも別ドラマにゲスト出演するとか、してほしい〜。
ションダ・ライムズ・ユニバースの、おしゃれ番長ですしね。↓

s10.jpg

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

旬の女優リンダ・カーデリーニが出てる。Netfkixドラマ「デッド・トゥ・ミー 〜さようならの裏に〜」シーズン1(全10話)。 [海外ドラマ日記]

女優クリスティーナ・アップルゲイトって最近見なくなったな〜、と思ったら。
 
2019年のドラマに主演してました。
それはNetfkixドラマ「デッド・トゥ・ミー 〜さようならの裏に〜」シーズン1(全10話)ですけども。↓
d1.jpg
 
ドラマ鑑賞のお目当ては、実はアップルゲイトではありません。
 
アップルちゃんじゃナーイ!
 
アップルゲイトとW主演という形で出演している、リンダ・カーデリーニが見たかったのです、カデ子ちゃんが!↓
d2.jpg
 
ドラマのジャンルは、ブラック・コメディ。
基本的に、アップルゲイトが演じる未亡人と、カーデリーニ演じる美女による友情物語。
話数を重ねるごとに、カーデリーニ演じる美女の秘密が明らかになってゆく…というミステリアスな展開に。
 
ドラマ「デスパレートな妻たち」は4人の妻を描いてましたけども。
その2人バージョンという感じで、まあまあ面白かったです。
 
なんと、このドラマの演技でクリスティーナ・アップルゲイトが、2019年のエミー賞コメディ部門・主演女優賞にノミネートされてビックリ。
いや〜、賞をやるほどの演技でもなかったような〜。
 
「デッド・トゥ・ミー 〜さようならの裏に〜」では、出番もセリフも多いリンダ・カーデリーニが、めちゃめちゃ新鮮〜。
日本語版の声優さんが、ドラマ「ゴースト〜天国からのささやき」のジェニファー・ラブ・ヒューイット役などでおなじみの、宮島依里さんというお姫様ボイスというのも面白いです。
リンダ・カーデリーニが、華のある、ふんわりした女性役を、大人がわいく演じておりました。
 
リンダ・カーデリーニの元・夫役を演じているのは、すっかりテレビ落ちしたジェームズ・マースデンなんですね〜。
今では、ジェームズ・マースデンよりもリンダ・カーデリーニの方が勢いがある人材、というのが皮肉です〜。↓
d3.jpg
 
というわけで、リンダ・カーデリーニ。
ジェームズ・マースデンもそうですが、いつも相手役が豪華ですな〜。
 
「抱かれ役」のスターなんですよ!
 
過去に出演した映画での「抱かれ役」を、ザッと調べてみますと。
 
2005年「ブロークバック・マウンテン」では、ヒース・レジャーに。
こんな古くから大物に抱かれていたんですよ!↓
d6.jpg
 
2015年「パパVS新しいパパ」では、ウィル・フェレルに。
アラフォーになり、本格的な「抱かれ女優」に開眼!↓
d7.jpg
 
2015年「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」では、ジェレミー・レナーに。
「アベンジャーズに抱かれる」という勲章を得て、一気にトップクラスの「抱かれ女優」に昇華!↓
d9.jpg
 
2016年「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」では、パトリック・ウィルソンとマイケル・キートンに。
大物による「2人抱かれ」ですよ!↓
d8.jpg
 
2018年「グリーンブック」では、ヴィゴ・モーテンセンに。
ついに、アカデミー作品で抱かれたわい!↓
d11.jpg
 
…と、コメディ男優からオスカー男優まで、なんとも幅広く抱かれます!
 
ここ3〜4年で急激に抱かれだした、ということが分かりますな〜。
 
そんなリンダ・カーデリーニ。
なんと映画の次回作で抱かれる相手は、またしても大物、トム・ハーディっていう!
 
トム・ハーディがアル・カポネ役を演じる「Fonzo(原題)」で、カポネの妻役に抜擢されたのがリンダ・カーデリーニなんですね〜。
快進撃が続きますな〜。
 
「スクービー・ドゥー」(2002年)では、こんな子だったのにねぇ。↓
d5.jpg
 
これからもリンダ・カーデリーニが、どんな大物に抱かれていくのか、注目したいと思います。


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

エイミー・アダムスもドラマで主演する時代に。「KIZU-傷-」はamazonプライムで観れる。 [海外ドラマ日記]

いや〜、殺人ミステリー・ドラマ「KIZU-傷-」(全8話)な〜。
 
amazonプライムで配信されていたので観てみましたよ。
とっても楽しみました。
*「シャープ・オブジェクツ」という原題で配信されているかもしれません。
 
シャープ・オブジェクト KIZU-傷-:連続少女猟奇殺人事件 ブルーレイ コンプリート・ボックス (2枚組) [Blu-ray]

シャープ・オブジェクト KIZU-傷-:連続少女猟奇殺人事件 ブルーレイ コンプリート・ボックス (2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray
 
 
実家に帰ってきた女性記者が、そりが合わぬ母にイライラしながら、殺人事件を解明していく、というお話。
 
ムズムズするんですよ、母にも事件にも!
 
こちらが、娘2人と母のスリーショット。↓
k1.jpg
 
エイミー・アダムスが新聞記者役と聞いて「ハマるかな?かわいすぎないかな?」と思ってましたけども。
記者っぽいファッションで、なんとなくそれっぽく見える…。
 
「昔、長嶋茂雄の周りをウロウロしていたソバージュ・ヘアーの女性スポーツ記者」みたいな感じですよ!↓
k2.jpg
 
劇中では下着姿にもなったエイミー・アダムスですが。
そのときの腹回りは、結構太かった〜。
着やせするタイプだわな。
 
エイミー・アダムスの少女時代を演じたのが、「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のソフィア・リリスちゃんだというところもグッときました。
なんとなくエイミーに似てる〜。↓
k3.jpg
 
ドラマの原作は「ゴーン・ガール」などのギリアン・フリン。
監督は「ダラス・バイヤーズクラブ」などのジャン=マルク・ヴァレですけども。
ジャン=マルク・ヴァレは、近年ではドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」を手掛けて賞レースを賑わせたお方。
ドラマ向きの人だと思う〜。
 
母親役を演じたパトリシア・クラークソンが、今回の演技でゴールデングローブ賞を受賞したことも話題になりました。
こちらは劇中のお写真。
母が近くにいるとテンションが低くなる娘、の図。↓
k4.jpg
 
娘の具合が悪いときは、お手製の「謎薬」を与える、というのもコワーイ。↓
k5.jpg
 
主演とプロデュースを兼務したエイミー・アダムス。
パトリシア・クラークソンの受賞で、ひとまずドラマ企画は成功したと言っていいでしょう。
こちらのお写真が、ゴールデングローブ賞の受賞時。↓
k6.jpg
 
本当は、エイミー・アダムス自身が受賞したかったでしょうね。↓
k7.jpg
 
 
海外ドラマBOARDでも「KIZU-傷-」について書かせてもらいました。
ネタバレはありませんので、ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)
 


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「英国スキャンダル〜セックスと陰謀のソープ事件」新旧・英国男優×ボーイズラブ。映画ファンもドラマファンも楽しめる。 [海外ドラマ日記]


いや〜ドラマ「英国スキャンダル〜セックスと陰謀のソープ事件」な〜。

「セックスと嘘とビデオテープ」みたいなタイトルですけどもね〜。

 

英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件 [DVD]

英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD
 
1970年頃の英国を舞台に、政治家と青年のボーイズラブを描いた、実話ベースのドラマですよ。

 

全3話を観てみたら、スキャンダラスだし、ドラマチックだし、デンジャラスだし、ちょっと笑えるしオモローイ。

監督は映画「マダム・フローレンス!夢見るふたり」の人だから、全編が、あんな軽快なテンションですよ。

 

そして、政治家役はヒュー・グラントで、彼と関係を持ってしまう青年役はベン・ウィショーという豪華キャストですよ。

 

これは、腐女子だけに楽しませておくには、もったいナーイ!

 

映画ファンもドラマファンも楽しめる作品に仕上がっておりました。

 

一番の見どころは、ベン・ウィショーの演技ですよ。

質の悪い男役がハマりすぎ〜。

どうしてそんなにイキイキしている?!

 

これまで他作品で観てきたベン・ウィショーの中で、最も輝いておりました。

こちらのお写真が、ヒュー・グラントがベン・ウィショーのフェロモンにヤラれて、メロメロになる場面。↓

e1.jpg

e2.jpg

e3.jpg

 

相手役のヒュー・グラントも、よくやってます。

政治家活動をしている「隠れゲイ」という役で、こういう人が実在していたことにもビックリ〜。↓

e4.jpg

e5.jpg

e6.jpg

 

関係が終わった後も、しつこく元・交際相手につきまとうベン・ウィショー。

カネとか、せがむんです!

 

せびり屋ですよ!

 

「関わりたくない、めんどくせぇ男」臭がプンプンでした。↓

e7.jpg

 

劇中で、見事な「抱かれ顔」も見せたベン・ウィショー。↓

e8.jpg

 

このドラマの、この顔で…。↓

e9.jpg

 

今年のゴールデングローブ賞を受賞〜。

ホント、実在のゲイ役って「賞取り」の近道だわな〜。↓

e10.jpg

 

 

*AXNミステリーでの放送情報はこちら。↓

4月20日(土)22時から全3話を一挙放送〜。


 


*海外ドラマBOARDでも「英国スキャンダル〜セックスと陰謀のソープ事件」について書かせてもらいました。

ネタバレはありませんので、ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)

 


 


nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

「バンブルビー」でバンブルビーの声を担当したのはディラン・オブライエンだった! [海外ドラマ日記]

いや〜、ロボットと少女が心を通わす映画「バンブルビー」な〜。

楽しかったですけども。


Bumblebee

Bumblebee

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Paramount
  • 発売日: 2019/05/02
  • メディア: Blu-ray

主演のヘイリー・スタインフェルドは、劇中ではキッズ感がありますけども。

生娘感ですよ!↓

b1.jpg


実物は大人びてますな〜。

こちらのお写真はプレミア会場。

生娘感どころか「男を手玉にとってる感」が出てますよ。↓

b2.jpg


こちらのお写真は別会場のヘイリー。

奇抜なお衣装が似合う子なんですね。

このままの姿で無人島に流されても、魚を捕獲してしばらくは生きていけそう〜。↓

b3.jpg


そんなヘイリー・スタインフェルドは、ここのところ絶好調〜。


過去1年に出演した作品は「ピッチ・パーフェクト ラストステージ」。

「スパイダーマン:スパイダーバース」。

そして「バンブルビー」ということで、打率良し。


2019年秋から開始される、定額映像配信サービス「Apple TV+」で配信されるオリジナルドラマ「Dickinson」で、実在の詩人エミリー・ディキンソンを演じるらしいので、そちらも楽しみです。

エミー賞の候補になれるかな?


こちらは、「バンブルビー」で少佐役を演じたジョン・シナ。↓

b5.jpg


彼の本職はプロレスラーなんですね。

ドウェイン・ジョンソンを筆頭に、ハリウッドで幅をきかせているポジション「レスラー上がり」の1人ですよ!

しかし、米国のプロレスラーって、みんな演技が上手いんですね〜。

こちらのお写真が普段のジョン・シナ。↓

b6.jpg


こちらのお写真はジョン・シナ、ヘイリー・スタインフェルド、そして映画「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」なども手掛けていた監督のトラヴィス・ナイトですよ。

トラヴィス・ナイトって、ライカのCEOも務めているし、ビジネスマンでもあるんですよね〜。

スゴイお方ですよ。↓

b7.jpg


ヘイリー・スタインフェルドの弟役を演じたのは、ジェイソン・ドラッカーという名の子役ですけども。

ティモシー・シャラメを小型にしたような感じの子でしたけども。

たしか劇中では小学生役だったと思いますが、実物は全く子どもっぽくありませんな〜。↓

b8.jpg


そして、ロボットのバンブルビーの声を担当した人って、ディラン・オブライエンだったんですね!

声はスターが担当していたのでした。↓

b4.jpg


そして、悪役の赤いロボットと、青いロボットの声を担当したのは、アンジェラ・バセットとジャスティン・セローだという。

ジャスティン・セロー、っていうところが、ちょっと安いですが、まあいいです。↓

b9.jpg


一見すると、レスラーと子役とロボットしか目立ちませんが。

実は「バンブルビー」って、まずまずのスターが集った作品だったのです。

(このお写真、やっぱり中央の子役が気になる〜)↓

b10.jpg

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「FAMOUS IN LOVE」シーズン1が楽しかった。普段のベラ・ソーンが過激。ドラマと違いすぎてア然〜。 [海外ドラマ日記]

いや〜、スーパー!ドラマTVで放送された「FAMOUS IN LOVE」シーズン1な〜。

先日、全10話を観終わりましたけども。


ドラマの舞台が芸能界、ってところが最高〜。


登場人物である若手女優やスター男優たちが入り乱れ、恋に仕事に、スキャンダルのもみ消しに大忙し。

もう、30時間くらいは観てられる!

とっても楽しかったです。


こちらのお写真がメインキャストのみなさん。↓

f1.jpg


こちらのお写真は、普段のお姿。

みんな、仲よさそう〜。↓

f2.jpg


スーパー!ドラマTVでは、シーズン1に続いてシーズン2も連続放送〜。

とってもうれしいのですが。

このドラマ、シーズン2で打ち切りらしいんですよね〜、もったいナーイ!


*スーパー!ドラマTVでの放送情報はこちら。↓



劇中でのスター男優の名はレイナー。

モテている王子様的な役ですけども。

見た目がこんな感じなんですけど、全米の女子は、こういうタイプがお好きなのでしょうか?!

顔からダークなオーラが全開なんですけど〜?!↓

f4.jpg


普通の女子大生ペイジが、大作映画「ロックト」のヒロインに抜擢されて始まる物語。

こちらが劇中映画「ロックト」のイメージ写真。

ジャングルで正装ですよ!

一体どんな内容の映画なのかは、いまだに謎です。↓

f14.jpg


左端の女性が、ちょっぴりお気の毒。↓

f15.jpg


劇中では、映画「ロックト」を中国で公開するにあたり、中国側から「中国女優をキャスティングしろ」と要望があったり。

業界っぽいネタも豊富でした。


セレブの世界も華麗に表現。

バースデーケーキのデザインも煌びやかですよ!↓

f5.jpg


ペイジは2人の友達とルームシェアして暮らしている、という設定。

友達の1人、キャシーは「たぬき顔」!

ここまでの「たぬき顔」を見たのは、ケイティ・ホームズ以来ですよ。


もう1人の友達は、映画監督志望の男子大学生ジェイク。

家の中を上半身裸でウロウロするジェイクに、ペイジが「ちょっと〜、そんないい体を私に見せてどうする気〜?もう〜。私のことを抱きたいの〜?」みたいな青春場面も。↓

f6.jpg


ジェイク役を演じている人は、映画「アメイジング・スパイダーマン」にも出ていたのだそう。

こちらのお写真は、映画で共演したエマ・ストーンとのツーショット。

こんな男子、出てたかな〜?↓

f7.jpg


ペイジは純粋な心を持った、優等生っぽいキャラクター。

清純派ヒロインと言って良いでしょう。

演じているベラ・ソーンは、高級ファッションからカジュアルまで完璧に着こなしていて「ドラマ映え」バッチリ。

ブレイク・ライヴリー以来の逸材と思う〜。↓

f8.jpg


普段のベラ・ソーンは、ドラマのキャラクターとは真逆。↓

f9.jpg


普段着が過激だと評判のベラ・ソーン。

ちょいとアンタ、その格好で外出すんのかい?!↓

f10.jpg


ときには「ほぼ裸」のお洋服を着ることも。

二十歳そこそこで、この攻撃性はたいしたもん。

*お子様への配慮のため、写真にはモザイク処理を施しています。↓

f11.jpg


2019年2月現在、男性1人と女性1人と同時交際しているというベラ・ソーン。

「お騒がせ女優」を超えた「最新型の女優」として理解してあげるべきなのかもしれません。


こちらのお写真は、ディズニー・チャンネル出演時代から交流のあったゼンデイヤちゃんとのツーショット。↓

f17.jpg


こちらのお写真は昔の2人。

まだ子供服ですよ!

お互いを引き立て合っている、良いコンビですな〜。↓

f13.jpg



*海外ドラマBOARDでも「FAMOUS IN LOVE」シーズン1について書かせてもらいました。

ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)




nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

元ハリポタ組のルパート・グリント。「スナッチ・ザ・シリーズ」出演以降もテレビドラマで稼ぐ! [海外ドラマ日記]

いや~、映画「スナッチ」な~。

2000年の作品ですよ、もう大昔!

 

スナッチ [Blu-ray]

スナッチ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

 

今は2019年だから、あれが公開されてから、約20年も経ったなんて恐ろしや~!!

 

最近は、映画「スナッチ」もテレビドラマ化されてますよ。

「スナッチ・ザ・シリーズ」というタイトルで、AXNでシーズン1(全10話)が放送中ですけども。

 

s1.jpg

 

*AXNでの番組・放送情報はこちら。↓


 

「スナッチ・ザ・シリーズ」は、とくに映画版のリメイク、っていうわけでもなく。

映画を監督したガイ・リッチーが、スタッフとして絡んでいるわけでもなく。

 

映画版のフンイキとノリだけ拝借してきた感じの、スタイリッシュ・クライム・ドラマになっております。

まあまあ面白いドラマですけども、当然ながら映画版のクオリティは越えてないかな。

 

ドラマ版に出演しているのは、映画「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみのルパート・グリントなんですよね~。

製作も兼ねていて、どうやらドラマ界で稼いで行く方向に。

 

ルパート・グリントが出演していて、今すぐ観れるドラマがもう1本。

それはNetflixで配信中で、ニック・フロスト共演のコメディ「SICK NOTE~診断書で人生復活?!~」。

こちらのドラマも、いかにもイギリス臭そうな作品で面白そう~。↓

s2.jpg

 

この先も、ルパート・グリントはドラマで稼ぎますよ。

まず、日本での放送・配信は未定の2018年のドラマが、アガサ・クリスティ原作の「ABC殺人事件」ですよ。

どうやらルパートは警視役みたいです。

探偵ポアロ役は、なんとマルコちゃんですよ!(←ジョン・マルコビッチ)↓

s3.jpg

 

2019年には、なんとM・ナイト・シャマランが手がけるドラマ(タイトル未定)に出演予定〜。

 

ルパート・グリントが出演するドラマは、見事にジャンルがバラバラ。

しかし共通点は「イギリス臭さ」。

しっかりしてんの、「臭み」だけは!

 

ルパート・グリント自体が、イギリス臭いフンイキがありますからね~。

これで良いと思う~。

 

さて。

「スナッチ・ザ・シリーズ」の話に戻りますと。

実質的な主人公役はルーク・パスカリーノなんですよね~。

ときどき映画でも見かけるルークですが、映画では輝きづらい人材。

「テレビ映え」する殿方だと思う~。↓

s5.jpg

 

ルークとは、ドラマ「マスケティアーズ/パリの四銃士」でも共演していたマーク・ウォーレンもチラッと出ているのですが。↓

s6.jpg

 

マーク・ウォーレンといえば、ドラマ「グッドワイフ」で、調査員カリンダの元・夫役が有名ですけども。(←有名じゃありませんか)

こちらが「グッドワイフ」での出演シーン。↓

s7.jpg

 

金髪で怖さを出せるマーク・ウォーレンですけども。

この人も2019年に、もう52歳になるんですね~!

こちらのお写真は、休憩中のルパート・グリントとマーク・ウォーレン。

52歳だと、スマホの使い方も難しいよねぇ。(←失礼)↓

s8.jpg

 

そういえば。

「スナッチ・ザ・シリーズ」シーズン1には、ドラマ「ゴシップガール」のチャック・バス役でおなじみのエド・ウェストウィックもゲスト出演してるんですよね〜。

 

劇中では、絵に描いたようなチンピラ部屋で、絵に描いたようなチンピラ服を着て、絵に描いたようなチンピラ演技をするエド様が見れますよ。↓

s9.jpg

 

*「海外ドラマBOARD」でも「スナッチ・ザ・シリーズ」について書かせてもらいました。

ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)

 



nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

映画「ゲティ家の身代金」と同ネタのドラマ「TRUST」全10話を観終わった〜。映画の方が退屈しない。 [海外ドラマ日記]

いや〜、FOXで放送されたドラマ「TRUST」な〜。
 
実際に起きた誘拐事件を描いたドラマですけども。
元ネタは、2018年の映画「ゲティ家の身代金」と全く同じですよ、丸カブリ!
 
西洋人は、このネタが好きだねぇ。
大好物だねぇ!
 
ゲティ家の身代金 [Blu-ray]

ゲティ家の身代金 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray
 
こちらのお写真は映画「ゲティ家の身代金」の名場面。
誘拐された息子を助けようとする母親役はミシェル・ウィリアムズ、交渉人役はマーク・ウォールバーグが演じておりました。↓
t1.jpg
 
こちらのお写真はドラマ「TRUST」の名場面。
映画と同じ役を、ヒラリー・スワンクとブレンダン・フレイザーが演じております。
お写真だけ見ると、昼ドラみたいですな〜。↓
t2.jpg
 
そういえば。
ヒラリー・スワンクの元・旦那って、ガールズ・ドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」でお父さん役を演じていたチャド・ロウなんですよね〜。
こちらのお写真が幸せの絶頂期、そして夫婦格差の始まりの瞬間。
ヒラリー・スワンクがアカデミー賞を受賞した時ですな。↓
t3.jpg
 
ドラマ「TRUST」の全10話を、一挙放送で観たところ。
正直イマイチだった〜。
 
1〜3話は、なんとダニー・ボイルが監督。
ダニー・ボイルは製作も担当していて、鳴り物入りで放送されたドラマでしたけどもね〜。
 
確かに、1970年代のフンイキは最高。
流石スタイリッシュで、世界観にはドップリ浸れますけども。
 
まー話は退屈だわな。
映画「ゲティ家の身代金」の方が、チャチャッと話が進んでオモロかったな。
 
*FOXでの番組情報はこちら。↓
 
 
こちらのお写真は、ドラマで、誘拐された孫を演じたハリス・ディキンソンと、祖父役のドナルド・サザーランド。↓
t4.jpg
 
ハリス・ディキンソンといえば、2020年に本国で公開予定の映画「マレフィセント2」に出演しているみたいです。
 
こちらのお写真は「マレフィセント2」の撮影現場。
主演のアンジェリーナ・ジョリーと、共演のエル・ファニングですよ。
アンジーがお元気そう〜。
外人もVサインをするんですね。↓
t5.jpg
 
ドラマで、ゲティ家の執事役を演じていたのがサイラス・カーソンという男優。↓
t6.jpg
 
サイラス・カーソンは「スター・ウォーズ」シリーズの出演者として有名なんですよ。(←さっきまで知らんかったけど)
 
「エピソード1/ファントム・メナス」では、冒頭で死んでしまうパイロット役を演じたそう。
こちらが劇中のお写真。↓
t7.jpg
 
その後は、複数の「かぶり物」キャラを演じてるのだそう。
これらの中身が、み〜んなサイラス・カーソンさん。↓
t8.jpg
 
もはやスーツアクターですよ。
こんな人もいるんですね〜。
 
この地道な感じ、「5000回の斬られ役」みたい。
 
 
*海外ドラマBOARDにも「TRUST」について書かせてもらいました。
ぜひぜひご覧くださいませ。(タイトルをクリック↓)
 


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ゲーム・オブ・スローンズ」出演者。本編では決して見せない、笑顔だらけの写真集。 [海外ドラマ日記]

*ネタバレはありません。

 

ついに、ファンタジー・ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を観はじめましたよ〜。

 

やっとシーズン5の最終回まで観終わりました。

 

 

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章: 竜との舞踏 ブルーレイセット(5枚組) [Blu-ray]

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章: 竜との舞踏 ブルーレイセット(5枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray
 

 

今、いろいろ海外ドラマを観てますけども。

面白さは「ゲーム・オブ・スローンズ」がトップと思う。

 

頂きですよ!

 

壮大&壮絶で最高でした。

 

王妃役を演じているのはヘデ子ですけども。(←レナ・ヘディ)

このドラマに、女優生命をかけたわな!

 

シーズン5の一番の見どころは、ヘデ子が持っていきました。

こちらはヘデ子のオフショット。↓

g1.jpg

 

ヘデ子と腹をさぐり合う仲のお姫様役は、ナタリー・ドーマーが演じてますけども。

知能派だけど、さわやかで感じが良い〜。

好きになってしまいそう〜。↓

g2.jpg

 

ある国の王様に助言する女占い師も、迫力満点〜。

王様だろうが、若い殿方だろうが色仕掛け!

ボインを出して迫り来る〜!!↓

g3.jpg

 

女占い師役を演じているのは、なんと映画「ブラックブック」の主演女優カリス・ファン・ハウテンだったんですね!

その事実に、さっき気づきました。

こうして見ると、配役が絶妙ですな。

 

そしてカリス・ファン・ハウテンはガイ・ピアースと交際中。

彼の子を生んでたんですね!

その事実にも、さっき気づきました。

こちらのお写真が、ガイとカリスのツーショット。

お似合いだよ〜。

なんか〜「雀荘で知り合った」みたいな、スター感の無さがステキです。↓

g4.jpg

 

劇中では、中世ヨーロッパ調の衣装がバッチリとキマっている出演者たちですが。

普段着になると、なんだかイマイチ冴えない風に。

どういうわけかパンピー風に!↓

g5.jpg

 

ちなみに上のお写真。↑

たしか左端の女子と、中央の男子は、実生活で結婚しましたな。

このお写真の2人は、少〜し距離を取ってる感じ〜。

交際に気付かれたくなかったのかな。

 

ここから先のお写真は、本編を観た人にしか分からない「ありえなさ」。

 

本編では真顔しか見せない出演者が、くだけた感じでビックリ〜。

こちらのお写真、右端のエミリア・クラークのお口が、まるで深海魚。

アンコウ女ですよ!↓

g6.jpg

 

こちらのお写真では、右端のお母さまが超ミニだよ〜。

本編ではありえないショッキング写真〜。↓

g7.jpg

 

こちらのお写真、なんと出演者同士で海に遊びに行ったんか〜?!

「ビキニのヘデ子の上に、のしかかるペドロ・パスカル」っていう図が、本編ではありえない〜。↓

g8.jpg

 

こちらのお写真は、衣装を着た出演者ですけども。

この人選、この構図が本編ではありえない〜。

たまらん!

ホント、観た人にしか分からなくて、すんません!!↓

g9.jpg

 

本編では愛憎うずまく3兄弟も、こんなにデレデレな姿に〜!

ありえない〜。

劇中でのヘデ子は相当クールですが、普段はサッパリした美人っぽいわな〜。↓

g10.jpg

 

*海外ドラマBOARDでも「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン5について書かせてもらいました。

2ページまではネタバレはありませんので、ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)

 



nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ウエストワールド」シーズン1を見終わった。シーズン2では真田広之さんと菊地凛子さんが丸裸にされるのか?! [海外ドラマ日記]

いや~、遅ればせながら、SFスリラー・ドラマ「ウエストワールド」シーズン1(全10話)を、amazonプライム・ビデオで観終わりましたよ。

 


 

舞台の「西部劇テーマパーク」は人間型ロボットだらけ。

ロボットと、それらを製作・制御する人間との、いざこざを描いたドラマですけども。

とってもクールで怖くて楽しかったです~。

 

まずは、ロボット役を演じた2大女優が最高~。

可憐なロボット役を演じたのはエヴァン・レイチェル・ウッドですよ。

ステキでビックリ。↓

w1.jpg

 

いつものエヴァン・レイチェル・ウッドとは、まるで別人~。

いつもはこんな感じなのにねぇ。

明らかに素人じゃない感じですよ!↓

w2.jpg

 

今回のエヴァン・レイチェル・ウッドは、可憐な中にも、秘密めいたものを抱えているキャラクターでした。

*写真はイメージです。↓

w3.jpg

w4.jpg

 

もう1人の大女優は、娼婦ロボット役を演じたタンディ・ニュートンですよ。

脱ぎっぷりが良くて、もう最高~。↓

w5.jpg

 

このように、ロボット役の人材はもれなく丸裸に!

演じる方は大変~。

全裸で施設内をウロウロすることも。

お湯にでもつからないと、体が冷えちまうよ!↓

w6.jpg

 

こちらのお写真は、2大女優のツーショット。

タンディ・ニュートンって、スタイル抜群だったんですね~。↓

w7.jpg

 

劇中では、主にテレビで活躍している男優、ジミ・シンプソンが大活躍。

悪友役はベン・バーンズでした。

こちらのお写真は、エヴァン・レイチェル・ウッドを含むスリーショット。

うわ〜、ステキな3人組じゃんか~。

何、この、仕事も恋も充実してる感!↓

w8.jpg

 

「こんな豪華キャストのドラマは見たことない」っていうくらい、スターが集結しているのですが。

科学者役のアンソニー・ホプキンスが、豪華さにトドメをさしてます。↓

w9.jpg

 

このドラマを、特別なものにしているお方でした。↓

w10.jpg

 

「ウエストワールド」のシーズン1は2016年、シーズン2は2018年、シーズン3は2020年に製作されるということで。

2年にいっぺんのお楽しみ企画に。

 

シーズン2には、真田広之さんや菊地凛子さんがロボット役で出るそうなので楽しみです。

 

期待しています、広之さんと凛子さんの丸裸を〜!

 

 


その他、脇役キャストについては「海外ドラマBOARD」で入念に書かせてもらいましたので、ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)

 



nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 海外ドラマ日記 ブログトップ