So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
海外ドラマ日記 ブログトップ
前の10件 | -

「ジーニアス:ピカソ」観終わった~。アントニオ・バンデラスがピカソ役でセクシー・ハゲ路線に進出〜。 [海外ドラマ日記]

いや~、ピカソを主人公にしたドラマ「ジーニアス:ピカソ」な~。

 

誰もが知ってる芸術家のピカソですよ、「芸術は爆発だ」でおなじみの!(←それは岡本太郎さん)

 

ナショナル ジオグラフィック(TV)で全10話を観てみたのですが。

*番組情報はこちら。↓


 

まずはピカソ役がアントニオ・バンデラスなんですよね~。

ホントにものすご~くかんばってました、頭も丸めて!

こちらのお写真が劇中のバンデラスと、ピカソ本人。

なんとな~く似てる~。↓

p1.jpg

 

若かりし頃のピカソを演じた若手男優も、本人になんとな~く似てる~。

こちらのお写真が劇中の若手男優と、ピカソ本人。↓

p2.jpg

 

まずは、再現率を重視したキャスティングが大成功~。

 

今年のテレビ界の祭典「エミー賞」のリミテッド・シリーズ部門にも、いくつかノミネートされていた本作。

主演男優賞は、てっきりアントニオ・バンデラスが受賞するのかと思ったら・・・。↓

p3.jpg

 

リミテッド・シリーズ部門の主演男優賞は、かつてドラマ「Glee」に出ていたダレン・クリスが受賞してビックリ仰天。

ダレン・クリスですよ、ダレン・クリス。

ダレノガレ明美じゃありませんから!

 

ノミネートされていたのはバンデラス他、ベネディクト・カンバーバッチ、ジェフ・ダニエルズなど。

このメンバーの中から選ばれたなんてスゴイです。

こちらのお写真は受賞時のダレン・クリス。

まさかアンタの時代が来るとはねぇ。↓

p4.jpg

 

「ジーニアス:ピカソ」は、ピカソが生まれてから死ぬまでを描いているドラマなのですが。

ピカソの愛人関係がドロドロすぎて、逆に笑いました。

結構な愛人の数ですよ。

愛人量がスゴイです!

 

こちらの写真は、愛人と愛人が鉢合わせして大ゲンカする場面ですけども。

写真右の愛人マリー=テレーズ役を演じているのは、「キングスマン:ゴールデン・サークル」にも出ていたポピー・デルヴィーニュだったんですね。

意外にも演技が上手すぎて気づきませんでした〜。↓

p5.jpg

 

手がけた絵画の裏話も充実していて、楽しかったです。

バンデラスは「今後はセクシー・ハゲというジャンルで活躍か?競う相手はジェイソン・ステイサムやマーク・ストロングか?」と思ったのですが。↓

p6.jpg

p7.jpg

 

ドラマが終わったら、もうハゲはやめるみたいです。

「ハゲ、やめるってよ」ですよ!↓

p8.jpg

 

こちらのお写真は、愛人を演じた女優陣。

ドラマを離れてもバンデラスのことを愛してやっとくれね。↓

p9.jpg

 

*海外ドラマBOARDでも「ジーニアス:ピカソ」について書かせてもらいました。

ぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)

 



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「STAR 夢の代償」シーズン2、クイーン・ラティファのバストの「上向き加減」が気になって仕方ない。 [海外ドラマ日記]

いや〜、観終わってますよ。
音楽業界を描いた2大ドラマ「Empire 成功の代償」シーズン4と、「STAR 夢の代償」シーズン2。
 
まずは「Empire 成功の代償」シーズン4。
こちらのお写真は出演しているテレンス・ハワードとタラジ・P・ヘンソンのツーショット。
なんか、かわいい2人。↓
e1.jpg
 
このドラマ、一体どこまで出演者が豪華になるのでしょうか?!
敏腕プロデューサー役で、まさかのフォレスト・ウィテカーが準レギュラー入り〜。↓
e2.jpg
 
劇中ではお歌も披露。
へ〜、歌えるんだ〜。↓
 
主人公ルシウスを介護する役で、デミ・ムーアも準レギュラーに。
似合ってました、のび太みたいな丸メガネ!↓
e3.jpg
 
元々このドラマには、デミ・ムーアの実娘ルーマー・ウィリス脇役で出演、
これで母娘が同一画面で共演!…と思ったら。
パーティーの場面で一瞬だけ共演しただけで、絡むことはありませんでした。
 
こちらのお写真のルーマーは、実父ブルース・ウィリスにそっくり〜。
ブルース・ウィリスがロン毛のヅラをかぶってるみたいですな〜。↓
e4.jpg
 
そんなルーマー・ウィリスも、シーズン4を最後に番組を降板。(←多分)
ルーマーが出演する待機作は、なんとクエンティン・タランティーノの新作映画ですよ。
映画でのブレイクを狙って、テレビを卒業したのかも。
 
「Empire 成功の代償」のスピンオフ・ドラマが「STAR 夢の代償」ですよ。
女子3人組のボーカル・ユニットを、クイーン・ラティファが演じるカルロッタが本格的にマネージメントすることになったシーズン2。↓
e5.jpg
 
なんだか〜、ストーリーよりも、クイーン・ラティファのバストの「上向き加減」が鋭利すぎて、気になって仕方ありませんでした。↓
e6.jpg
 
こちらのお写真は、ベンジャミン・ブラットとの共演シーン。
他には、スティーブン・ドーフも準レギュラー入りして、こちらのドラマの出演者も豪華に膨れあがりました。↓
e7.jpg
 
しかしベンジャミン・ブラットもスティーブン・ドーフも、シーズン2を最後に降板。(←多分)
ベンジャミン・ブラットは、アニメ映画「リメンバー・ミー」では大物歌手役だったんですよね〜。
その劇中ではリード曲を歌うなどして、実は歌える人材。
それなのに、今回の音楽ドラマでは、ほとんど歌わせてもらえることなく退場しちゃうとは、もったいない。
吹き込みたかったでしょうに、歌声を!
 
こちらのお写真が、「リメンバー・ミー」でベンジャミン・ブラットが演じた役。↓
e8.jpg
 
スティーブン・ドーフは、2019年に放送予定の人気ドラマ「TRUE DETECTIVE」シーズン3にキャスティングされたから、「STAR 夢の代償」は降りたのかな〜、と、ふと思いました。
 
さて。
クイーン・ラティファのバストの話に戻ります。(←戻るんかい)
それ、どうやって上げてるんでしょうかね〜?!
下から割り箸で支えてんのかな?!↓
e9.jpg
 
今シーズンから「Empire 成功の代償」と「STAR 夢の代償」のクロスオーバー場面も、たまに入るようになりました。
こちらのお写真が、2大ドラマのキャラクターが顔を合わせる場面。↓
e10.jpg
 
きっとクイーン・ラティファ本人も、努力をしているのでしょうね。
鍛えているのかもしんない。

e11.jpg

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「アメリカン・ホラー・ストーリー:カルト」観終わった。社会派ホラーというテーマが新鮮すぎる〜。 [海外ドラマ日記]

いや〜FOXで放送された「アメリカン・ホラー・ストーリー:カルト」な〜。

先日、全11話を観終わりましたけども。

 

これまでの「映像インパクト重視」だった「アメリカン・ホラー・ストーリー」シリーズとは、ちょっと違う。

 

なんと社会派〜!

 

企画会議で「トランプ政権だなんて、それこそ本当のアメリカン・ホラー・ストーリーだよね」という発言でもあったのでしょうか。

なんと2016年の米大統領選など、政治観を大きく取り入れた物語。

 

「トランプなんて大っ嫌い!…という嫌悪」と「恐怖」の関係性と、「政治」と「カルト」の関係性を同時に描くという、野心的なドラマに仕上がってました。

最終回まで観終わったとき「あ〜おもしろかった」という感想にはなりませんでしたけども、試みはスゴイと思いました。

確かにアメリカを表現したホラー・ストーリーでした。


  

これまで「アメリカン・ホラー・ストーリー」シリーズを引っ張ってきたジェシカ・ラングやキャシー・ベイツが不在の今作。

 

ババアが不在なんですよ!

 

そのかわり、これまで若手要員だったエヴァン・ピーターズがメイン・キャラクターとして大活躍〜。

はりきってました。↓

c1.jpg

 

これまで名脇役だったサラ・ポールソンも、実質主役に昇格〜。↓

c2.jpg

 

サラ・ポールソンって売れたわな。

映画「オーシャンズ8」では、レギュラー・メンバー入りしてますよ。

こちらのお写真がその8人で、「緑の蛍光ペン」みたいに光っているのがポールソン。↓

c3.jpg

 

サラ・ポールソンが出演している映画で楽しみな作品は、本国で2019年に公開予定のM・ナイト・シャマラン監督作「グラス」(原題)ですよ。

なんと、ジェイムズ・マカヴォイが主演した2017年の映画「スプリット」の続編ですよ〜!

 

「アメリカン・ホラー・ストーリー:カルト」でサラ・ポールソンのパートナー役を演じたのがアリソン・ピルですけども。

なんとなく見た目がエレン・ペイジをほうふつ〜。

もしかして、最初にエレン・ペイジに役を発注したけど断られたとか?

その代役とか、かな?↓

c4.jpg

 

アリソン・ピルの実生活での夫は、映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」でデビューしたジョシュア・レナードなんですね!↓

c5.jpg

 

ちなみにジョシュア・レナードは、今、スーパー!ドラマTVで放送されているドラマ「スコーピオン」に出てますな。

地道に稼いでますな、ご夫婦で!

こちらのお写真が「スコーピオン」出演時の旦那。↓

c6.jpg

 

サラ・ポールソン宅に子守として入り込んでくる女性役を「どっかで見たことがある」と思ったら。

キャリー・フィッシャーの実娘ビリー・ラードなんですね!

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」などにも出演しているビリー・ラードですが。

テレビの方が個性と味が良く出ています。

アンタ絶対テレビ向き〜!↓

c7.jpg

 

物語の中では、時々、脈々と続いているアメリカのカルト史がフラッシュバック映像として挿入されるのですが。

 

アンディ・ウォーホルを狙撃したバレリー・ソラナス役を演じたのがレナ・ダナムってオツな味〜。

この役は1996年の映画「I SHOT ANDY WARHOL/アンディ・ウォーホルを撃った女」ではリリ・テイラーが演じてましたな。

こちらのお写真は今回のレナ・ダナム版。↓

c8.jpg

 

シャロン・テイト事件も超・過激に描かれておりました。

シャロン・テイト役を演じたのはレイチェル・ロバーツですよ。

2002年の映画「シモーヌ」のシモーヌ役のお方ですよ!

こちらのお写真はシャロン・テイトを演じている時。↓

c9.jpg

 

「シモーヌ」以降、「ガタカ」などのアンドリュー・ニコル監督作品に出演しているレイチェル・ロバーツ。

なんでかと思ったら、レイチェル・ロバーツってアンドリュー・ニコルの嫁だったんですね!

「シモーヌ」が縁で結婚したんですよ、シモ婚〜!!

 

こちらのお写真は、ちょっとお疲れ気味アンドリュー・ニコルです。

嫁がモデル系って、結構大変だと思う~。↓

c10.jpg

 

 

*FOXでの「アメリカン・ホラー・ストーリー:カルト」番組情報はこちら。↓
7月16日から再放送開始~。
 

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ナイト・マネジャー」シーズン1、美女エリザベス・デビッキがステキだった〜。シーズン2もある。 [海外ドラマ日記]

いや〜、ついにDlifeで、スパイ・ドラマ「ナイト・マネジャー」シーズン1(全8話)を観終わりましたよ。
 
Night Manager, the - Season 01 [Blu-ray]

Night Manager, the - Season 01 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Sony Pictures Home Entertainment
  • メディア: Blu-ray
 
分かりやすい娯楽サスペンスという感じで、割と気軽に観れました。
思ったよりも難易度は低めで助かった〜。
 
ラブストーリーが充実していて、リゾート感、ラグジュアリー感も満点。
大人女子も喜びそうなドラマでした。
現在製作中のシーズン2も楽しみです。
 
*Dlifeでの番組情報はこちら。↓
 
主役のイケメン・スパイを演じているのはトム・ヒドルストンですよ。↓
n1.jpg
 
トムヒドと禁じられた恋に落ちる美女役はデビ子〜!(←エリザベス・デビッキ)↓
n2.jpg
 
出演者は、今回の演技でいろんな賞を受賞して賞賛されておりますけども。
デビ子だけ無冠なんですよね〜。
今回のデビ子は、表情豊かだしエレガントだし、相当良かったと思います。
ショートヘアも似合っているし、むしろ一番良かったくらい。
いつか大出世する予感〜。
 
こちらのお写真が、出演者とスタッフの集合写真。
ちょっと、ちょっと、もしかしてセンターにいるおじさんは、原作者のジョン・ル・カレでは?!
えっ、まだ生きてたの?!(←失礼)
そして右端のデビ子がデカッ!!↓
n3.jpg
 
ドラマの劇中でトムヒドとデビ子が並ぶ場面は、2人は同じくらいの身長に見えましたけども。
あれはトムヒドがシークレット・ブーツを履いていたのかな、昔の野口五郎みたいに!
 
こちらのお写真は、デビ子がウサギ役で声の出演をした映画「ピーターラビット」のプレミア会場。
ウサギの姉妹役マーゴット・ロビーとデビ子のツーショットですけども。
遠近感がおかしくなるくらいの身長差〜。
デビ子は、身長190センチあるんだってさ〜。↓
n4.jpg
 
スパイ本部にいる女役は、映画「オリエント急行殺人事件」でオリエント急行にも乗っていたオリヴィア・コールマンですけども。
この人も、今回の演技でゴールデン・グローブ賞を受賞したんですよね〜。
今回は妊婦役でしたけども、高齢だから心配してしまいました。↓
n5.jpg
 
同じく今回の演技でゴールデン・グローブ賞を受賞、悪役を演じたのがヒュー・ローリーですけども。
悪人役がハマってる。
素の顔が悪いもん。(←ホメ言葉)
実物は、おもしろいおじさんみたいですな〜。
シーズン2にも出れるとイイネ!↓
n6.jpg
 
*海外ドラマBOARDでも「ナイト・マネジャー」について書かせてもらいました。
ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

アビー・コーニッシュの妹も女優〜。ドラマ「マーベル インヒューマンズ」に出てる。 [海外ドラマ日記]

いや〜、Dlifeで放送された、月の王国に住んでいる超人類が活躍するドラマ「マーベル インヒューマンズ」(全8話)な〜。
 
マーベルさんの冠がついている、アメコミ原作のドラマですけども。
まあまあオモロかったです。
m1.jpg
 
*こちらがDlifeでの番組情報。↓
 
元々、SF大作映画として製作が始まった「マーベル インヒューマンズ」。
そのうち熱が冷めて製作は保留に。
やがて連続ドラマに企画が変更されて製作再開、1〜2話は劇場で上映されたという、すったもんだがあった作品です。
 
ドラマの全8話を観た感じ、なるほど、映画にするほどの大きな話じゃナーイ!
シーズン2の製作もナーイ!!
 
月に住んでる超人類の王国内で起こるお家騒動が描かれていて、アメコミ作によくあるタイプの筋書きでした。
月に住んでる超人類のみなさんの、食べてる食事などはデニーズと変わりない様子〜。
1000円ランチっぽいメニューですな。↓
m2.jpg
 
もしかして、同じマーベルさんのドラマ「エージェント・オブ・シールド」とのクロスオーバーも考えていたのかな。
実現しなくて残念〜。
 
超人類の住居も、地球と変わらん。
月だけど、地球の普通のマンションの間取り〜!
飼ってるペットは、ちょっと違うけど。↓
m3.jpgm4.jpg
 
犬キャラのロックジョーが、めちゃめちゃかわいかったです。
テレポーテーション能力で、どこにでも連れていってくれるワンコなのでした。↓
m5.jpg
 
こちらのお写真は、ロックジョーの相棒で、王女の妹クリスタル。
ちょっとヘアカラーに失敗した感じのクリスタル。
染めムラがあんよ!↓
m6.jpg
 
クリスタル役を演じているのはイザベル・コーニッシュ。
昔のバネッサ・パラディみたいな雰囲気の子ですけども。
 
イザベルの実のお姉ちゃんは、映画「スリー・ビルボード」にも出てたアビー・コーニッシュなんですね〜。
コーニッシュ姉妹ですよ!
美人姉妹ですな〜。↓
m7.jpg
 
アビー・コーニッシュに妹がいて、テレビ女優で活躍していたとは知りませんでした。
今後もコーニッシュ姉妹には注目したいと思います。
こちらのお写真のアビーはヤンママ・テイスト。
貫禄は、まるで母ですよ!↓
m8.jpg
 
海外ドラマBOARDでも「マーベル インヒューマンズ」について書かせてもらいました。
ネタバレはありませんので、ぜひぜひご覧ください。↓


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ハンドメイズ・テイル」シーズン1で「ウォーキング・デッド」とは違う絶望を味わう。 [海外ドラマ日記]

Huluで。
エミー賞やゴールデン・グローブ賞を受賞して高評価のドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」シーズン1(全10話)を観終わりましたよ〜。
 
こちらがエミー賞受賞時の出演者のみなさん。
まー、笑顔いっぱいですけどもね〜。
ドラマ本編は、笑顔なんて一切ない地獄ですから!↓
h1.jpg
 
物語は、子供を生める女性「侍女」が、権力者の元で、性の奴隷として虐げられているという架空の社会を描いております。
ひたすら侍女がひどい目に遭うという、すんごいドラマです。
ああ、どうしてそんな社会になった?!
 
今からですね〜、おもしろおかしく記事を書きますけども。
シーズン1を観終わったときは真っ暗な気持ちになりました。
結構パンチの効いたドラマでした。
 
「ウォーキング・デッド」を観ているときも絶望感は味わいますけども。
あれとは、ちょっと違う絶望。
愛も自由も未来もない、という絶望というか〜。
絶望にも、いろいろあるもんだわな!
 
こちらのお写真は、鬼軍曹みたいなおばさんから、抱かれ方の手ほどきを受ける侍女たち。
すでに異常な世界です。↓
h3.jpg
 
鬼軍曹みたいなおばさんが怖い〜。
反抗的な態度をとった侍女は、目ん玉をくり抜かれんの、本当に!↓
h2.jpg
 
時には電気がビリッとくる棒で、おしおき。↓
h4.jpg
 
主人公オブフレッド役を演じているのはエリザベス・モス。
怖いおばさんを演じているのはアン・ダウド。
2人はそれぞれ、今回の演技でエミー賞の主演女優賞、助演女優賞を獲得〜。
普段の2人は、こんな感じなんですね〜。↓
h5.jpg
 
権力者の元では、買い出しもする侍女たち。↓
h6.jpg
 
こちらのお写真が、権力者に侍女が抱かれる場面。
なんかもう、ひどいんですよ〜。↓
h7.jpg
 
権力者の嫁が、侍女の妊娠を待つのですが。
侍女が出産したら自分の子にする、という、ひとでなしな仕組み。
劇中では、ものすごいマタニティ・ハラスメントの嵐〜。↓
h8.jpg
 
さんざん抱かれていながら妊娠していないと大変。
権力者の嫁が逆上しますから。↓
h9.jpg
h10.jpg
 
あらゆる出来事がひどいのですが。
しかしながら、ドラマとしては面白いです。
ボロボロになりながらも知恵を使い、愛を抱き、生き方を探る侍女たちの姿がイイ感じ。
「絶望エンターテインメント」の傑作だと思います。
 
シーズン1を観ただけでは、侍女に幸せが訪れるのか、より良い社会に変わるのかはサッパリ。
暗中模索ですよ!
シーズン2に期待したいです。
 
海外ドラマBOARDでも「ハンドメイズ・テイル」について書かせてもらいました。
ネタバレはありませんので、ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)
 


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ウォーキング・デッド」シーズン8を観終わった〜。やっぱり辛かった〜。脇役の演技は素晴らしい。 [海外ドラマ日記]

*ネタバレはありません。


FOXで放送された「ウォーキング・デッド」シーズン8(全16話)を観終わりました。

シーズン8の劇中にも悲しい出来事があり、観ていて辛かったです。


w1.jpg


今は海外ドラマもスマートフォンで観れる時代。

「ウォーキング・デッド」シーズン8の後半は、外出時の電車の中とかで観て気をそらしていたので、観ながら泣いたりすることはありませんでした。


気を散らしたんですよ、盲腸を散らすみたいに!


お家のテレビで観ると、話に没頭しすぎてヘコむんですよね〜。

お家で観ていたら泣いていたでしょう。



*FOXでの番組・再放送情報はこちら。↓




良い海外ドラマは、名も知らぬ俳優たちが素晴らしい味をかもし出すもの。

「ウォーキング・デッド」シーズン8では、こちらの3人を演じた役者さんが良かったです。

写真:左がドワイト、中がサイモン、右がジェイディスです。(全部役名)↓

w2.jpg


ドワイト役の人が、映画「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」に出ていたと知ってビックリ。

全く気付きませんでした。

違う人すぎる〜。↓

w5.jpg


ジェイディス役の人は、化粧をすると別人化。

お目目キラキラ、お肌ツヤツヤで違う人すぎる〜。↓

w3.jpg


そしてジェイディス役の人は、ドラマ「デビアスなメイドたち」のスペンス役の男優の元妻だと知ってビックリ。

ドラマ界って狭いです。

旦那は、嫁の化粧を落とした顔を見て離婚したんでしょうか?!↓

w4.jpg


シーズン8では出番が減ったダリルとミショーンですが。

この2人、「ウォーキング・デッド」以外での場所では充実してますよ。↓

w6.jpg


ミショーン役の人は、まさかの「アベンジャーズ」入り。

4月27日公開の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では、なんとこの位置で走ってますよ!

まさかキャップの隣で走ることになるとは。

これは大出世〜。↓

w7.jpg


ダリル役のノーマン・リーダスはダイアン・クルーガーを抱いてます!

なんだか大人の青春って感じますな〜、BGMはユーミンがピッタンコ〜!!↓

w8.jpg


こちらは海辺でのデート現場。

もの忘れが増えるお年頃です。↓

w9.jpg


ノーマン・リーダスってアラフィフだけど、お若いですな〜。

この大人の恋、長続きするといいネ!↓

w10.jpg



nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察」シーズン1を観終わった〜。ジェニファー・ロペスもテレビドラマで主演する時代。 [海外ドラマ日記]

いや〜、Dlifeで放送された刑事ドラマ「シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察」シーズン1な〜。
ジェニファー・ロペスって、テレビドラマで主演していたんですね!
 
シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察 DVD-BOX

シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: DVD
 
いきなり関係ないけれど、Dlifeでは4月21日(土)から、トム・ヒドルストン主演のドラマ「ナイト・マネジャー」が放送されるんですね。
さすがDlife〜。
絶対観ます。
 
*「ナイト・マネジャー」番組・放送情報はこちら。↓
 
こちらのお写真が「シェイズ・オブ・ブルー 」劇中のジェニファー。
オシャレなシングルマザーの刑事役でした。↓
s1.jpg
 
なんと、「レインマン」等を監督したバリー・レビンソンが製作・監督。
共演はレイ・リオッタという、なかなか本気を感じる人材。
作風はめちゃめちゃ渋くて、エミー賞でも取りそうなフンイキ。
あやうく取るところでしたよ、取らなかったけど!
 
ジェニファーとリオッタのツーショットは、まるで映画でも観ているような気分にさせてくれました。↓
s2.jpg
 
ジェニファーとリオッタは信頼し合っている仲ですが、お互いに秘密を持っているという設定。
演技合戦も見ものでした。↓
s3.jpg
s4.jpg
 
結局〜。
シングルマザーは大変すぎて汚職せざるを得なくなる、という、巻き込まれ型のクライム・サスペンスというジャンルに着地。
シングルマザーの狂気も描かれていて、ときどきダークで、とっても楽しめました。
シーズン2もあるらしいから、楽しみです。↓
s5.jpg
 
ジェニファーはプロデュースも兼任している、ということで。
自分のセクシーな魅力も忘れず投入〜。↓
s6.jpg
 
セクシー路線もギリギリの年代なんですよね〜、アラフィフだから。↓
s7.jpg
 
デカッ尻で一世を風靡したジェニファー。
かつては、ベン・アフレックもこの尻に落ちましたけども。↓
s8.jpg
 
そろそろジーパンが似合わなくなるお年頃。↓
s9.jpg
 
体型をカバーするパンツを穿いたら、あらまステキ。
これからは、無理せずゴムパンを穿きなね!↓
s10.jpg
 
*海外ドラマBOARDでも「シェイズ・オブ・ブルー 」について書かせてもらいました。
ストーリーのネタバレはないので、ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)
 

nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

NHK「THIS IS US 36歳、これから」シーズン1を観終わった~。AXNでは5月から字幕版を放送~。 [海外ドラマ日記]

いや~、NHKで放送された家族ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」シーズン1な~。

先日、全18話を観終わりましたけども。

 

THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから DVDコレクターズBOX

THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから DVDコレクターズBOX

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

 

*番組情報はこちら。↓


 

「人生って苦労も多いけど良いものだ」思わせてくれて大満足~。

 

あと、アメリカってさ~。

 

やっぱり肥満大国だわな!・・・とも思わせてくれるドラマでした。

 

デブ・ネタが多かったですしね。

 

このドラマ、エミー賞やゴールデングローブ賞なども受賞して大成功~。

本国では、ただいまシーズン3まで製作中。

何年か前の「ダウントン・アビー」を思わせる成功感ですな〜。↓

t3.jpg

 

こちらは、出演者が軍の基地を訪問したときのお写真らしいです。↓

t6.jpg

 

ボクちゃんが観たシーズン1はNHKの吹き替え版でしたけど。

5月からは、なんとAXNで吹き替え版と字幕版が放送されるみたいですよ。

出演者の地声を聞きたい方はチェックしてみてくださいね。

 

シーズン1の小ネタとしては。

終盤に、大物監督のロン・ハワードが、まさかの本人役でサプライズ出演~。

元・俳優だから、妙に演技が上手い。

無駄に上手いわな!

シーズン2にもチラッと出るみたいです。

こうして改めてロン・ハワードの写真を見てみると、シャレコウベ感がスゴイわな。↓

t1.jpg

 

あと最終回にチラッと出てきた女子。

それはビル・パクストンの親戚サラパク!(←サラ・パクストン)

きっとボクちゃん以外は、誰も気付かない小ネタでした。↓

t2.jpg

 

メインキャラクターの1人、ジャック役を演じたのはマイロ・ヴィンティミリア。

テレビ界でがんばっている男優ですけども。

そして、ドラマで共演した女優は抱いておくタイプのお方ですけども!

こちらのお写真は、「HEROES/ヒーローズ」で共演し、交際に発展したヘイデン・パネッティーアと。↓

t4.jpg

 

2006年の「ロッキー・ザ・ファイナル」では、なんとロッキーの息子役に大抜擢されたマイロ・ヴィンティミリア。

すんごいプレッシャーだったでしょうな~。

 

スタローンとおしゃべりするだけでも気を使いますよ。

話が合わないでしょうしね~。↓

t5.jpg

 

*海外ドラマBOARDでも「THIS IS US 36歳、これから」シーズン1の最終回について書かせてもらいました。

ネタバレがありますが、ぜひご覧くださいませ。(タイトルをクリック↓)

 



nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

ニコール・キッドマンの演技がAXNミステリーで観れる〜!ドラマ「トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール」に出演。 [海外ドラマ日記]

いや〜、最近のキッ子はテレビドラマでも攻めてんよ!(←ニコール・キッドマン)
 
昨年のヒットドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」に続いて、ミステリードラマ「トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール」にも脇役で出てますよ。
 
Top of the Lake : China Girl

Top of the Lake : China Girl

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray
 
「トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール」は、アジア人女性が殺された事件を捜査する、犯罪ミステリードラマ。
AXNミステリーで、レギュラー放送に先駆けて全6話が一挙放送されていたので、観てみましたよ。
 
詩的にみえて、舞台のひとつが売春宿だったり、結構ハードな内容。
なかなか楽しかったです。
 
キッ子は、ある少女の母親役として出てくるのですが、さすが存在感バッチリ。
ああ、いっぺんキッ子に、おかずをよそってほしいもんだわな、小皿に!
こちらが劇中のお写真。↓
t1.jpg
 
役作りで白髪にしているキッ子。
なんと、女性も愛せるという小粋な設定〜。↓
t2.jpg
 
キッ子は脱いではいませんが。
かわりに主人公の刑事役を演じたエリザベス・モスが脱いどった。
ボインは、そっちが出したわい!
こちらのお写真、左がエリザベス・モス、右が相棒役のグェンドリン・クリスティー。↓
t3.jpg
 
ストーリーの途中で、キッ子とエリザベス・モスが火花を散らす、みたいな、ちょっとした対立場面があるのですが。
ドラマ界でブイブイ言わせているエリザベス・モスも、キッ子が相手だと迫力負け〜。
テレビ女優相手に、手加減しないキッ子がステキでした。
 
ちなみにグェンドリン・クリスティーは、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」などで知られる女優ですけども。
身長は190センチ超え、っていう。
小柄なエリザベス・モスと並ぶと、身長差がスゴイことに〜。↓
t4.jpg
 
「トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール」は、AXNミステリーで2月23日(金)よりレギュラー放送開始〜。
*こちらが番組・放送情報。↓
 
「トップ・オブ・ザ・レイク」のクリエイターは、「ピアノ・レッスン」などを手がけた映画監督ジェーン・カンピオンなんですよね〜。
こちらのお写真がジェーン・カンピオン。
メリル・ストリープじゃありませんから〜!↓
t6.jpg
 
「トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール」はシリーズ2作目。
1作目の「トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女」には、映画「ピアノ・レッスン」のホリー・ハンターが出演。
そういえば、そのときのホリー・ハンターも白髪でした。
 
もしかしたらキッ子もホリー・ハンターも、ジェーン・カンピオン自身の白髪をイメージして役作りをしたんじゃ?!
今後も「トップ・オブ・ザ・レイク」シリーズに出演する大物女優は、白髪にしないといけないのかも。
ババアの路線ですよ!
t5.jpg
 
 
海外ドラマBOARDでも「トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール」について書かせてもらいました。
ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 海外ドラマ日記 ブログトップ