So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
映画写真日記 ブログトップ
前の10件 | -

「フィフティ・シェイズ・フリード」のダコタ・ジョンソン、次回主演作は「サスペリア」だ! [映画写真日記]

いや〜「フィフティ・シェイズ・フリード」な〜。
楽しかったですけども。
 
ついに、劇中の変態カップルも入籍〜。
2人が帰宅する時は、こんな感じですよ。↓
f1.jpg
 
新婚旅行先ではキラキラしている2人。
西洋のセレブリティは、どういうわけかジェットスキーに乗りたがりますな〜。
ジェットスキーがステータスなのでしょうか。↓
f2.jpg
 
誰もがうらやむカップルですが、撮影現場ではこんな感じ。
みんな、2人の裸なんて見飽きてるのかな。↓
f3.jpg
 
「フィフティ・シェイズ」シリーズの1〜2作目は日本でR18でしたけども、今回の3作目はR15に。
高校生でも観れるSM映画になったんですよ!
 
物語は、なんとなく大人っぽく落ち着いた感じで完結しました。
「変態に幸あれ」という感じ〜。
オスカー女優のマーシャ・ゲイ・ハーデンとキム・ベイシンガーは、もはや居なくてもいい存在になっていたのは笑いました。
 
「フィフティ・シェイズ・フリード」劇中でテレビ男優を2名発見。
まずはヒロインのボディガード役を演じていたのがブラント・ドーハティ。
ドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」でミステリアスなイケメン、ノエル役を演じていた人だわな。
見せ場があったし、テレビ男優にしては、まずまずの役でした。↓
f4.jpg
 
ヒロインの職場に来訪していた男性役は、ドラマ「スーパーガール」でスーパーマン役を演じているタイラー・ホークリンだったわな。
こちらの出番は約30秒。
まるでエキストラですよ、テレビの世界ではスーパーマンなのに!
ちょっと気の毒でした。↓
f5.jpg
 
こちらのお写真はプレミア会場での、メインキャスト。
ジェイミー・ドーナンとダコタ・ジョンソンです。↓
f6.jpg
 
こんな性的な作品で3年間も一緒に仕事をしていたら、もはや戦友という感じになるでしょうな。↓
f7.jpg
 
こちらのお写真は、ジェイミー・ドーナンと実の嫁アメリア・ワーナー。
ジェイミー・ドーナン大ブレイクで「勝ち組」になった嫁ですよ、宝くじに当たったようなもん!↓
f8.jpg
 
ダコタ・ジョンソンは今、コールドプレイのクリス・マーティンと交際中〜!
クリス・マーティンって一体何?!
元妻グウィネス・パルトロウ他、ジェニファー・ローレンスも抱き終えてるし、旬な女優は抱かなきゃ気がすまないお方なのでしょうか。
女優陣にも聞いてみたいですよ「この男性の何が良くて抱かれんの?」と。
こちらのお写真はダコタとクリス。↓
f9.jpg
 
そんなダコタ・ジョンソン。
すっかりスター街道に乗ってます。
 
次回の主演作は、カルトホラー映画のリメイクで、2019年公開予定の「サスペリア」ですよ。
ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツ共演で、監督は、なんと「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノだという超・話題作。
本編時間は、ホラー作でありながら2時間30分超えということで、鑑賞中に寝てしまわないか、今から心配〜。
 
ダコタは若手ダンサー役で、ティルダ・スウィントンは先生役みたい。
ティルダ・スウィントンが先生って、「ガラスの仮面」の月影先生みたいな味になりそうで楽しみです。
 
こちらは、おそらく「サスペリア」の劇中写真。
ダコタは、たしかにセンターに居ますけども…。
まるで、下積み時代の写真みたいですな〜。↓
f10.jpg

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「クワイエット・プレイス」続編は2020年公開予定。エミリー・ブラントの義兄は「プラダを着た悪魔」男優〜! [映画写真日記]

いや〜、サバイバル・ホラー映画「クワイエット・プレイス」な〜。
楽しかったですけども。
 
メインキャラクターである4人家族が、それぞれの責任を果たす場面が胸熱すぎました。↓
q1.jpg
 
早くも続編製作が決定していて、本国では2020年5月15日に公開予定。
1作目が良すぎるから、続編は失敗しそうな気もしますけど、大丈夫かな。
やれるかな、スタッフ!
続編は前日譚になるのではないか、という予想もありますけども、それもどうなんでしょうねぇ。
 
こちらのお写真は、4人家族を演じたみなさん。↓
q2.jpg
 
息子役のノア・ジュープくん、表情の作り込みがすごいです。↓
q3.jpg
 
こちらのお写真は別カメラ。↓
q4.jpg
 
さすが名子役、隙がナーイ!↓
q5.jpg
 
娘役のミリセント・シモンズちゃんは、妙に大人っぽくなってしまいました。
昔のオバちゃんみたいな貫禄に。
もうちょっと、化粧を薄めにしてもいいかもよ。↓
q6.jpg
 
夫婦役を演じたエミリー・ブラントとジョン・クラシンスキーは、実生活でも夫婦。
こちらのお写真は、夫妻とメリル・ストリープのシリーショットですよ。
メリルはエミリーと「プラダを着た悪魔」で、クラシンスキーとは「恋するベーカリー」で共演済みなのでした。↓
q7.jpg
 
そんなエミリーが、自身の結婚式に「プラダを着た悪魔」で共演したスタンリー・トゥッチを招待。
それがきっかけで、なんとスタンリー・トゥッチとエミリーの姉フェリシティ・ブラントは結婚したんですね!
 
エミリーとスタンリー・トゥッチって、義理の兄妹だったんですよ、”プラダを着た”兄妹〜!!
知らなかった〜。
こちらのお写真がスタンリー・トゥッチ夫妻。↓
q8.jpg
 
「クワイエット・プレイス」のプレミア会場には、ブレイク・ライヴリーとライアン・レイノルズ夫妻も来たーっ。
ブレイクは、ボインの部分をずいぶんと開けてきましたな〜。↓
q9.jpg
 
なぜブレイク・ライヴリーとライアン・レイノルズ夫妻が来たかというと。
エミリー・ブラントとジョン・クラシンスキー夫妻とは仲良しなんですね〜。
こちらのお写真はダブルデートをしている場面。
 
今作で、エミリー・ブラントとジョン・クラシンスキー夫妻の共同ビジネスは大成功〜。
ブレイク・ライヴリーとライアン・レイノルズは、夫婦になってからの共同ビジネスはまだ無いから、あやかりたいところかも〜。↓
q10.jpg

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「アントマン&ワスプ」で、マーベル作とDC作の両方に出てる人を2名発見。 [映画写真日記]


いや~「アントマン&ワスプ」な~。

ヒーローが小っちゃくなる映画ですよ、虫並みに!

オケラ並みですよ!!

とっても楽しかったですけども。


マーベル原作映画には、ほとんどカメオ出演しているスタン・リー。

今回も出てましたな。

まだお元気そうで良かったです。

もはやカメオ出演で、健康状態を確認しているようなもんですけども。

お年寄りの「見守り」ですよ!

こちらのお写真は、主演のポール・ラッドとスタン・リーのツーショット。↓

a1.jpg


ポール・ラッドと相方ワスプ役を演じたエヴァンジェリン・リリーって、年の差は10年なんですよね~。

ポール・ラッドは若々しく、エヴァンジェリン・リリーは大人っぽいから、ちょうどいいカップルに見えますな。

「プラマイ0」なんですよ!

こちらのお写真は、プレミア会場でのエヴァンジェリン。↓

a2.jpg


マイケル・ダグラスの嫁役で、まさかのミシェル・ファイファーがご出演~。

かつてはキャットウーマン役だったミシェル・ファイファーが、セクシー系だったマイケル・ダグラスと共にヨボヨボな役を演じる時代ですよ。↓

a3.jpg


観光地での姿は、まるで「上原謙&高峰三枝子」ですよ!↓

a4.jpg


こちらのお写真は、プレミア会場での2人。

劇中でのヨボヨボ感は全くナーイ!

さすがのオーラだわな、さすがスター様ですよ!!↓

a5.jpg


こちらは、、出演者&スタッフが集合したお写真。

右の方にいるローレンス・フィッシュバーンって、普段着はいつも宗教家みたいなテイストなんだよね~。

今回は真っ赤な上下で登場〜。↓

a6.jpg


ローレンス・フィッシュバーンって「マン・オブ・スティール」にも出ているから、現在進行形のアメコミ映画2大系列「マーベル」と「DC」の、両方に関わっている珍しい人材ですけども。


もう1人いるよ!


「アントマン&ワスプ」でFBI捜査官を演じたアジア系男優は、新DC作品「アクアマン」に出演。

この人も2つの世界を掛け持ち〜!↓

a7.jpg


そんな感じで、出演者もカブりはじめたアメコミ映画界ですけども。

2019年公開予定の「アベンジャーズ4」(仮題)で、ブームはひと段落つくのかな?!

「アベンジャーズ4」(仮題)にはアントマンもワスプも出そうな気がするので、そちらでの活躍も楽しみです。


こちらのお写真は、若いお客にサービスするファイファー。

スマホで撮ったこの写真は、相当な自慢になるわな。

みんなに見せびらかすんでしょうな、居酒屋で飲むたびに!↓

a8.jpg

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」アマンダ・セイフライドが、実生活の元カレとイチャつく場面が切ない。 [映画写真日記]

いや~「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」な~。

楽しかったですけども。


マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ザ・ムーヴィー・サウンドトラック

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ザ・ムーヴィー・サウンドトラック

  • アーティスト: ベニー・アンダーソン,ビヨルン・ウルヴァース
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/08/22
  • メディア: CD


メリル・ストリープの出番が、ほぼ無かったのは寂しかった~。

懐かしいわな、この「メリルが男3人はべらす感」!↓

m1.jpg


男3人も出番は少なくなりましたが、踊る場面でハジけてました。

ステラン・スカルスガルドもハッスル!↓

m3.jpg


コリン・ファースも元気よくハッスルしてほしかったけれど・・・。↓

m2.jpg


若かりし頃のメリル・ストリープ役を演じたのがリリー・ジェームズですけども。

リアルなキャスティングをするならば、若かりし頃はメリルの長女メイミー・ガマー、娘役はメリルの次女グレース・ガマーだと思うのですが。

それだとお客が呼べないしねぇ。

こちらのお写真がメリル家の女性たち。↓

m4.jpg


結局、若かりし頃のメリル・ストリープ役はリリー・ジェームズで良かったと思う~。

「メリルの青春時代を演じてほしい」とオファーされて、堂々とやってのける人って、そういないし~。

劇中のリリーも気合十分でした。↓

m5.jpg


ときどき、メリル風の仕草を見せるリリー。

こちらのお写真は、メリルを意識しすぎて別物になるリリー。↓

m6.jpg


女性3人で歌う場面も、がんばっていたリリー。↓

m7.jpg


海の上でもモテているリリー。

ボートに2人しか乗っていないのに、この盛り上がり~。↓

m8.jpg


劇中での共演シーンは無かったリリー・ジェームズと娘役アマンダ・セイフライドですが。

プレミア会場ではご対面~。↓

m9.jpg


アマンダ・セイフライドって、シリーズ前作での共演がきっかけでドミニク・クーパーと交際が始まりましたけども。

やがて破局し、現在のアマンダは別人と結婚して子を出産。


それを経て今回、またしてもドミニク・クーパーとイチャつく役を演じたアマンダ。

元カレと相思相愛の演技をする、って・・・。

ああ、涙のハリウッドスター!

観ていると切なくなってくる名場面でした。↓

m10.jpg

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「オーシャンズ8」ケイト・ブランシェット素敵。続編に追加される女優は誰なんだろう?! [映画写真日記]

いや〜、キラキラした素敵な犯罪映画「オーシャンズ8」な〜。
楽しかったですけども。
 
「オーシャンズ8」オリジナル・サウンドトラック

「オーシャンズ8」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/07/25
  • メディア: CD
 
出演女優が大物ぞろいで豪華〜。
こんな日比谷線に乗り合わせたらビックリでしょうな〜。↓
o1.jpg
 
実はチョイ役でダコタ・ファニングも出てました。↓
o2.jpg
 
当然、続編計画も進行しているはず。(←未確認)
前シリーズ「オーシャンズ11」では、「12」「13」と続編が製作されるたびに豪華キャストが追加されてました。
「オーシャンズ8」の続編にも、オスカー女優レベルの人材が要求されるはず。
ジェニファー・ローレンスとか、アリシア・ヴィキャンデルとか、あの辺りが臭う…。
あの辺りが臭いわい!
 
こちらのお写真は、普段のオーシャンズ女優陣。
ケイト・ブランシェットとサラ・ポールソンは「キャロル」でも共演してましたな。↓
03.jpg
 
こちらは別会場でのアン・ハサウェイ。
目線が迷子になってしまいそう〜。↓
o4.jpg
 
こちらのお写真は劇中のハサウェイとヘレナ・ボナム=カーター。
2人は「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズや「レ・ミゼラブル」でも共演済み。
こうして見ると、豪華女優の一部は、すでに勝手知ったる仲〜。↓
o5.jpg
 
こちらのお写真は劇中のケイト・ブランシェットです。
スカジャンに革パン姿がカッコいい〜。↓
o6.jpg
 
この人、エルフとかエリザベス女王とか、どんな服も見事に着こなしますな〜。↓
o8.jpg
 
こちらのお写真では、「ピアノの上にしかれている布」みたいな素材のお洋服ですが、よく似合ってます。↓
o7.jpg
 
そんなケイト・ブランシェットと、主演のサンドラ・ブロックのツーショットが、また絵になるんですよね〜。
ちょっと「昔は六本木でブイブイ言わせてた」みたいな2人〜。↓
o9.jpg
 
来年55歳のサンドラ・ブロック。
あったかいものを飲んで、体を冷やさないようにネ!↓

o10.jpg

nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:映画

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」トムが骨折した場面をそのまま使ってる! [映画写真日記]

いや~「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」な~。

楽しかったですけども。


主演のトム・クルーズが、ほとんどのアクションを自分でこなしていてビックリ。

たいしたお方ですよ。

こんなことまで自分でやんの!↓

m1.jpg


予告編で格闘シーンをコマ送りで見ましたけども。

やっぱり全部、自分でやってるっぽい。↓

m2.jpg


ビルからビルに跳び移る場面も自分で。

何でも自分、自分、自分、ジブーーン!↓

m3.jpg


しかし跳び移るシーンの撮影中、トムは骨折してしまったそう。

その場面は、そのまま本編に使用されたのでした。

こちらのお写真が、その場面でしょうか。

確かに折れとるっぽいな~、痛そう~。↓

m4.jpg


気になった出演女優は、ホワイト・ウィドウ役のヴァネッサ・カービー。

次世代スターという感じで、若いのに貫禄がありました。↓

m5.jpg


「トムが採用した女優は出世する」というジンクス通り、ヴァネッサ・カービーも人気者になるかな。

彼女の出演待機作、ドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサム共演の「ワイルド・スピード」スピンオフ映画「ホブス&ショウ」も楽しみです。


今回輝いていたのは、CIAエージェント役で登場したヘンリー・カヴィルですよ。

テレビ等でプロモーション活動をするヘンリーを見ましたが、トムにもスタッフにもよく馴染んでいて、彼らへのリスペクト感もある。

簡単に言えば、いい子!

私生活では、普通に女性が好きなドスケベ男子、というところも好感が持てます。

こちらのお写真はトムとヘンリーのツーショット。↓

m6.jpg


CIAの上司役で出てきたのはバセ子!(←アンジェラ・バセット)

これは「007」シリーズでいえば、ジュディ・デンチみたいなポジションでしょうか。

続編以降も当分出てきそう~。

こちらのお写真はプロモーション活動をするバセ子。

一杯ひっかけて来たんでしょうか?!↓

m7.jpg


共演のアレック・ボールドウィンを交えて、本編ではありえない笑顔の集合写真。↓

m8.jpg


こちらのお写真は、ロケ地にもなったパリでのプロモーション場面。

ヘンリー・カヴィルはサイモン・ペッグのことも好きみたい。

おもしろおかしくやってんよ!

そしてバセ子は、やっぱりハイテンションです。↓

m9.jpg


最後はクリストファー・マッカリー監督、トム、ヘンリーのスリーショットでお別れです。

パリの観光バラエティ番組みたいなノリですな~。↓

m10.jpg

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」続編も製作中。主演2人の「太りやすい体質」は心配〜。 [映画写真日記]

いや〜恐竜映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」な〜。
楽しかったですけども。
 
Ost: Jurassic World: Fallen Ki

Ost: Jurassic World: Fallen Ki

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Backlot Music
  • 発売日: 2018/06/15
  • メディア: CD
 
すでに、2021年に公開予定の続編が製作開始〜。
 
今回、出番がちょっとしかなかったジェフ・ゴールドブラムも、続編では活躍するかな?
こちらのお写真は今回のジェフ・ゴールドブラム出演場面。
なんだか胡散臭いおじさんになりましたな〜。↓
j1.jpg
 
お屋敷の家政婦役で出てきた女性はジェラルディン・チャップリン。
チャーリー・チャップリンの娘さんなんですね!
こちらのお写真、左がジェラルディン。
そう言われてみればお父さん似かも〜。
虫柄のシャツが似合ってんよ!
お写真の右はチャーリー・チャップリンのお孫さんで、女優のドロレス・チャップリンです。↓
j2.jpg
 
「ジュラシック・ワールド/炎の王国」での劇中では、ヴェロキラプトルのブルーがアイドル化。
まるでかわいいペットですよ!
個人的には、恐竜は恐怖の対象でいてほしいんだけどな〜。↓
j3.jpg
 
あんまり恐竜が人に懐くと、だんだんこんなふうになってきそう〜。↓
j4.jpg
 
ヒロイン役のブライス・ダラス・ハワードは、近年、激太りしているらしいですね。
こちらのお写真では、よりによってドレスの色に「豚色」をチョイス。↓
j5.jpg
 
こちらのお写真は、最も太っていた頃。
原型がなくてショック〜。↓
j6.jpg
 
主演のクリス・プラットも離婚後に太ってきて心配〜。
女性絡みの話題では、なんとアーノルド・シュワルツェネッガーの娘、キャサリン・シュワルツェネッガーとピクニック・デートをしたという。
なんとも微笑ましいカップル〜。
クリス・プラットがアーノルド・シュワルツェネッガーの義理の息子になるとしたら…。
ネタとしては最高にオモローイ。↓
j7.jpg
 
ちなみに、こちらのお写真がアーノルド・シュワルツェネッガー一家。
みんなキレイ〜。
シルベスター・スタローンの家族も全員キレイなんだよね〜。
アクション・スターは美女を抱くから、できた子も美しいのかも。↓
j8.jpg
 
ブライス・ダラス・ハワードもクリス・プラットも、太りやすい体質だから、続編までには体重を整えてほしいところです。
こちらのお写真のブライス・ダラス・ハワードは、ドレスの柄を、よりによって「横しま<ワイド>」をチョイス。↓
j9.jpg
 
2人が太ったまま続編に出演することになったら、タイトルは「ジュラシック・ワールド/太りやすい王国」になっちゃうかもよ!
 
最後は、デブタレント時代のクリス・プラットのお写真です。
それでは〜!↓

j10.jpg

nice!(11)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」独特の銃の撃ち方「ハンソロ撃ち」にシビれた! [映画写真日記]

いや〜「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」な〜。
とっても楽しかったです。
 
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS
  • 発売日: 2018/06/27
  • メディア: CD
 
若かりし頃のハン・ソロが銃を構える姿勢にシビれたわい。
その独特の構え方、昔も今もお変わりないよ!↓
h2.jpg
 
ハン・ソロといえば、愛機はミレニアム・ファルコン号ですけども。
昔は新品同然だったんですね〜。
外装もシュッとしていてカッコいい〜。↓
h3.jpg
 
内装はこんな感じ。
その椅子、いっぺんでいいから座ってみたい。↓
h4.jpg
 
本家「スター・ウォーズ」シリーズでのコクピットは、こんな感じ。
役者さんたちが、みんなキレイ。↓
h5.jpg
 
「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」でのコクピットはこんな感じ。
部品の形とか、本家を再現していて感動〜。↓
h6.jpg
 
新キャラ、リオ・デュラントの声は、映画「アイアンマン」シリーズの監督などでおなじみの、ジョン・ファヴローだったんですね〜。↓
h7.jpg
 
ハン・ソロの悪友ランド・カルリジアン役はドナルド・グローヴァーが演じております。
 
ドナルド・グローヴァーは、ドラマ「アトランタ」の製作・主演で高評価を得たお方。
ハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクも独自に作品製作をしている、ということで。
キャスティングには、クリエイト力の強い人材が揃ったわな。
長引く撮影にも、文句を言わない人材ですよ!
こちらのお写真は、昔と今のランド&ハン。↓
h8.jpg
 
ヒロイン役は、エミリア・クラークが演じておりましたけども。
あらゆる「スター・ウォーズ」っぽいお衣装が、ことごとく似合っておりませんでした。(←これはホメ言葉)
「スター・ウォーズ」っぽいお衣装は、ダサい人の方が似合いますからな。↓
h9.jpg
 
実はタンディ・ニュートンも出てたんですね。
このB級感がたまりません。
まるで「女囚シリーズ」ですよ!↓
h10.jpg
 
こちらのお写真は、プレミア会場に現れたタンディ・ニュートン。
お連れの方は誰だか知らないのですが、まるで「スター・ウォーズ」の世界から出てきたような方ですな。↓
h11.jpg

nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

「万引き家族」★★★★ [映画写真日記]

manbikikaozku.gif


安藤サクラさん他、貧乏家族を演じる役者さんの演技に魅了されっぱなし。


酔いしれたわい貧乏芝居に!


鑑賞中は「サクラ最高。アンタ最高」と、ずっと心でつぶいやいておりました。


貧乏家には大黒柱的な存在のおじさんもいらっしゃいます。


大黒柱というか~、貧乏柱というか~!


それはリリー・フランキーさんが演じておりますけども。


本来は富豪のリリーさんですけども、今回は顔も体も貧乏クサッ!(←ホメ言葉)


リリー史上最高の存在感だと思いました。


リリーさんとサクラさんにはラブシーンもございます。


貧乏抱きですよ!


リリーさんの裸が目に焼きついて離れない。


まぶたの裏にこびりついたわい、枯れ枝みたいな体が!


貧乏愛の見せ場は、サクラさんの裸体に付いたネギを、リリーさんがお口で処理する、というもの。


バッチリでした、貧乏ネギの相性も!


貧乏一家が住んでいる屋敷内も古くて狭くて、これまた見事な散らかりっぷり。


玄関までもが物置状態!


うちの実家に何か通じるものがある・・・。


ゴミ屋敷寸前のリアリティ!


一見すると、普通の3世代家族に見える貧乏家ですが、実は犯罪で繋がった者同士。

全員の裏事情が、徐々に明かされていくという、ミステリーにも似た人物描写も面白いです。


彼らの事情が適度に重くて、秘密が明らかになるたびに「う~ん」と唸ってしまいました。


万引をしながら生活している貧乏家。

ある日リリーさんが、虐待されている女児を見つけ、その子を連れ帰って始まる物語。


一言で言えば、それは「誘拐事件」なのですが、そんな一言では片付けられないまま、いびつな幸福感にあふれた家族物語に発展。


確かに誘拐自体は犯罪だけど、法的には違法だけど、今回の場合、それを悪と呼べるのか?・・・と、いちいち考えさせられる筋書きでした。


ラストシーンに辿りついたときも、果たして登場人物はこれで幸せになったのか、それとも不幸になったのか。

ハッピーエンドとも、バッドエンドとも解釈できる、観客に答えをゆだねる幕切れも素晴らしいです。


最近は、なんでもネットのニュース記事で情報を得ますけども。

1行の見出しや、数行だけの内容では、事件や加害者の本質は見抜けるはずがない、そんなことも考えてしまいました。


今回の作品は是枝裕和さんが手がけた過去作「誰も知らない」「そして父になる」「三度目の殺人」「海よりもまだ深く」などの要素が少しずつ入っていて、まさに集大成~。


裕和のベスト盤~!


いつもの是枝風味に、風俗場面などの辛味が入ってる。


香辛料が振られてんよ!


カンヌ映画祭で最高賞に輝いたのも納得。


辛口じゃなきゃ賞をやりませんからな、あの祭!


激辛好きの祭ですから!



万引き家族【映画小説化作品】

万引き家族【映画小説化作品】

  • 作者: 是枝 裕和
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2018/05/28
  • メディア: 単行本

nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

「レディ・バード」シアーシャちゃん meets シャラメ君の構図がまぶしい〜!キラキラ写真集。 [映画写真日記]

いや〜、女子高生の日常を描いた青春映画「レディ・バード」な〜。
楽しかったですけども。
 
「レディ・バード」オリジナル・サウンドトラック

「レディ・バード」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/04/25
  • メディア: CD
 
主演は、この演技でアカデミー賞にまでノミネートされてしまったシアーシャ・ローナンちゃん。
ボーイフレンド役は「君の名前で僕を呼んで」でアカデミー賞にノミネートされたティモシー・シャラメ君という、強力すぎるキャスティングも魅力だと思います。
 
こちらのお写真は、シャラメ君とシアーシャちゃんに演技指導をするグレタ・ガーウィグ監督。
こんな監督なら現場も楽しいでしょうな〜。↓
l1.jpg
 
実年齢はシアーシャちゃんの方が、ちょっぴり年上なんですよね〜。↓
l2.jpg
 
いろんな賞にノミネートされていた2人。
授賞式会場で顔を合わせることも多かったみたいです。
シアーシャちゃんに手を引っ張られるなんて、男子なら誰でもニヤニヤしちゃうわな。↓
l3.jpg
 
こちらのお写真は、「君の名前で僕を呼んで」組のアーミー・ハマーとシャラメ君の間に割って入り込んでくるシアーちゃん。
レアな場面ですな。
シアーシャちゃんてスキンシップしてくる子だわな。
こんな素敵な子に触られたら、誰でも喜ぶわな!↓
l4.jpg
 
「レディ・バード」で、シアーシャちゃんの、もう1人のボーイフレンド役を演じたのがルーカス・ヘッジズですけども。
ヘッジズのお写真が、どういうわけか探してもナーイ!
シャラメ君と一緒に写っているお写真なんて、これくらいしか見つかりませんでした。
*中央に挟まれている女性は知らない人です。↓
l5.jpg
 
こちらのお写真は、何かの授賞式会場でのシアーシャちゃんとマーゴット・ロビー。
美の競演ですよ!↓
l6.jpg
 
シアーシャちゃんとマーゴットは、公開日未定の歴史映画「メアリー・クイーン・オブ・スコッツ」(原題)で共演しているのでした。
マーゴットは、なんとエリザベス女王1世役なんですね!
ついにこの子も、こんな大役を演じるようになりましたよ。↓
l7.jpg
 
シアーシャちゃんは、スコットランドの女王メアリー1世役を演じるようです。
「一体いつまでシアーシャちゃんは女学生役を演じるのやら。いつまで生娘なのやら!」と思ってましたが、ついに大人の役を得ましたな。
こちらのお写真がメアリー役のシアーシャちゃん。
ご飯がたくさんよそえそうな髪型ですな。↓

l8.jpg


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画写真日記 ブログトップ