So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
映画写真日記 ブログトップ
前の10件 | -

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」トムが骨折した場面をそのまま使ってる! [映画写真日記]

いや~「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」な~。

楽しかったですけども。


主演のトム・クルーズが、ほとんどのアクションを自分でこなしていてビックリ。

たいしたお方ですよ。

こんなことまで自分でやんの!↓

m1.jpg


予告編で格闘シーンをコマ送りで見ましたけども。

やっぱり全部、自分でやってるっぽい。↓

m2.jpg


ビルからビルに跳び移る場面も自分で。

何でも自分、自分、自分、ジブーーン!↓

m3.jpg


しかし跳び移るシーンの撮影中、トムは骨折してしまったそう。

その場面は、そのまま本編に使用されたのでした。

こちらのお写真が、その場面でしょうか。

確かに折れとるっぽいな~、痛そう~。↓

m4.jpg


気になった出演女優は、ホワイト・ウィドウ役のヴァネッサ・カービー。

次世代スターという感じで、若いのに貫禄がありました。↓

m5.jpg


「トムが採用した女優は出世する」というジンクス通り、ヴァネッサ・カービーも人気者になるかな。

彼女の出演待機作、ドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサム共演の「ワイルド・スピード」スピンオフ映画「ホブス&ショウ」も楽しみです。


今回輝いていたのは、CIAエージェント役で登場したヘンリー・カヴィルですよ。

テレビ等でプロモーション活動をするヘンリーを見ましたが、トムにもスタッフにもよく馴染んでいて、彼らへのリスペクト感もある。

簡単に言えば、いい子!

私生活では、普通に女性が好きなドスケベ男子、というところも好感が持てます。

こちらのお写真はトムとヘンリーのツーショット。↓

m6.jpg


CIAの上司役で出てきたのはバセ子!(←アンジェラ・バセット)

これは「007」シリーズでいえば、ジュディ・デンチみたいなポジションでしょうか。

続編以降も当分出てきそう~。

こちらのお写真はプロモーション活動をするバセ子。

一杯ひっかけて来たんでしょうか?!↓

m7.jpg


共演のアレック・ボールドウィンを交えて、本編ではありえない笑顔の集合写真。↓

m8.jpg


こちらのお写真は、ロケ地にもなったパリでのプロモーション場面。

ヘンリー・カヴィルはサイモン・ペッグのことも好きみたい。

おもしろおかしくやってんよ!

そしてバセ子は、やっぱりハイテンションです。↓

m9.jpg


最後はクリストファー・マッカリー監督、トム、ヘンリーのスリーショットでお別れです。

パリの観光バラエティ番組みたいなノリですな~。↓

m10.jpg

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」続編も製作中。主演2人の「太りやすい体質」は心配〜。 [映画写真日記]

いや〜恐竜映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」な〜。
楽しかったですけども。
 
Ost: Jurassic World: Fallen Ki

Ost: Jurassic World: Fallen Ki

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Backlot Music
  • 発売日: 2018/06/15
  • メディア: CD
 
すでに、2021年に公開予定の続編が製作開始〜。
 
今回、出番がちょっとしかなかったジェフ・ゴールドブラムも、続編では活躍するかな?
こちらのお写真は今回のジェフ・ゴールドブラム出演場面。
なんだか胡散臭いおじさんになりましたな〜。↓
j1.jpg
 
お屋敷の家政婦役で出てきた女性はジェラルディン・チャップリン。
チャーリー・チャップリンの娘さんなんですね!
こちらのお写真、左がジェラルディン。
そう言われてみればお父さん似かも〜。
虫柄のシャツが似合ってんよ!
お写真の右はチャーリー・チャップリンのお孫さんで、女優のドロレス・チャップリンです。↓
j2.jpg
 
「ジュラシック・ワールド/炎の王国」での劇中では、ヴェロキラプトルのブルーがアイドル化。
まるでかわいいペットですよ!
個人的には、恐竜は恐怖の対象でいてほしいんだけどな〜。↓
j3.jpg
 
あんまり恐竜が人に懐くと、だんだんこんなふうになってきそう〜。↓
j4.jpg
 
ヒロイン役のブライス・ダラス・ハワードは、近年、激太りしているらしいですね。
こちらのお写真では、よりによってドレスの色に「豚色」をチョイス。↓
j5.jpg
 
こちらのお写真は、最も太っていた頃。
原型がなくてショック〜。↓
j6.jpg
 
主演のクリス・プラットも離婚後に太ってきて心配〜。
女性絡みの話題では、なんとアーノルド・シュワルツェネッガーの娘、キャサリン・シュワルツェネッガーとピクニック・デートをしたという。
なんとも微笑ましいカップル〜。
クリス・プラットがアーノルド・シュワルツェネッガーの義理の息子になるとしたら…。
ネタとしては最高にオモローイ。↓
j7.jpg
 
ちなみに、こちらのお写真がアーノルド・シュワルツェネッガー一家。
みんなキレイ〜。
シルベスター・スタローンの家族も全員キレイなんだよね〜。
アクション・スターは美女を抱くから、できた子も美しいのかも。↓
j8.jpg
 
ブライス・ダラス・ハワードもクリス・プラットも、太りやすい体質だから、続編までには体重を整えてほしいところです。
こちらのお写真のブライス・ダラス・ハワードは、ドレスの柄を、よりによって「横しま<ワイド>」をチョイス。↓
j9.jpg
 
2人が太ったまま続編に出演することになったら、タイトルは「ジュラシック・ワールド/太りやすい王国」になっちゃうかもよ!
 
最後は、デブタレント時代のクリス・プラットのお写真です。
それでは〜!↓

j10.jpg

nice!(10)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」独特の銃の撃ち方「ハンソロ撃ち」にシビれた! [映画写真日記]

いや〜「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」な〜。
とっても楽しかったです。
 
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS
  • 発売日: 2018/06/27
  • メディア: CD
 
若かりし頃のハン・ソロが銃を構える姿勢にシビれたわい。
その独特の構え方、昔も今もお変わりないよ!↓
h2.jpg
 
ハン・ソロといえば、愛機はミレニアム・ファルコン号ですけども。
昔は新品同然だったんですね〜。
外装もシュッとしていてカッコいい〜。↓
h3.jpg
 
内装はこんな感じ。
その椅子、いっぺんでいいから座ってみたい。↓
h4.jpg
 
本家「スター・ウォーズ」シリーズでのコクピットは、こんな感じ。
役者さんたちが、みんなキレイ。↓
h5.jpg
 
「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」でのコクピットはこんな感じ。
部品の形とか、本家を再現していて感動〜。↓
h6.jpg
 
新キャラ、リオ・デュラントの声は、映画「アイアンマン」シリーズの監督などでおなじみの、ジョン・ファヴローだったんですね〜。↓
h7.jpg
 
ハン・ソロの悪友ランド・カルリジアン役はドナルド・グローヴァーが演じております。
 
ドナルド・グローヴァーは、ドラマ「アトランタ」の製作・主演で高評価を得たお方。
ハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクも独自に作品製作をしている、ということで。
キャスティングには、クリエイト力の強い人材が揃ったわな。
長引く撮影にも、文句を言わない人材ですよ!
こちらのお写真は、昔と今のランド&ハン。↓
h8.jpg
 
ヒロイン役は、エミリア・クラークが演じておりましたけども。
あらゆる「スター・ウォーズ」っぽいお衣装が、ことごとく似合っておりませんでした。(←これはホメ言葉)
「スター・ウォーズ」っぽいお衣装は、ダサい人の方が似合いますからな。↓
h9.jpg
 
実はタンディ・ニュートンも出てたんですね。
このB級感がたまりません。
まるで「女囚シリーズ」ですよ!↓
h10.jpg
 
こちらのお写真は、プレミア会場に現れたタンディ・ニュートン。
お連れの方は誰だか知らないのですが、まるで「スター・ウォーズ」の世界から出てきたような方ですな。↓
h11.jpg

nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

「万引き家族」★★★★ [映画写真日記]

manbikikaozku.gif


安藤サクラさん他、貧乏家族を演じる役者さんの演技に魅了されっぱなし。


酔いしれたわい貧乏芝居に!


鑑賞中は「サクラ最高。アンタ最高」と、ずっと心でつぶいやいておりました。


貧乏家には大黒柱的な存在のおじさんもいらっしゃいます。


大黒柱というか~、貧乏柱というか~!


それはリリー・フランキーさんが演じておりますけども。


本来は富豪のリリーさんですけども、今回は顔も体も貧乏クサッ!(←ホメ言葉)


リリー史上最高の存在感だと思いました。


リリーさんとサクラさんにはラブシーンもございます。


貧乏抱きですよ!


リリーさんの裸が目に焼きついて離れない。


まぶたの裏にこびりついたわい、枯れ枝みたいな体が!


貧乏愛の見せ場は、サクラさんの裸体に付いたネギを、リリーさんがお口で処理する、というもの。


バッチリでした、貧乏ネギの相性も!


貧乏一家が住んでいる屋敷内も古くて狭くて、これまた見事な散らかりっぷり。


玄関までもが物置状態!


うちの実家に何か通じるものがある・・・。


ゴミ屋敷寸前のリアリティ!


一見すると、普通の3世代家族に見える貧乏家ですが、実は犯罪で繋がった者同士。

全員の裏事情が、徐々に明かされていくという、ミステリーにも似た人物描写も面白いです。


彼らの事情が適度に重くて、秘密が明らかになるたびに「う~ん」と唸ってしまいました。


万引をしながら生活している貧乏家。

ある日リリーさんが、虐待されている女児を見つけ、その子を連れ帰って始まる物語。


一言で言えば、それは「誘拐事件」なのですが、そんな一言では片付けられないまま、いびつな幸福感にあふれた家族物語に発展。


確かに誘拐自体は犯罪だけど、法的には違法だけど、今回の場合、それを悪と呼べるのか?・・・と、いちいち考えさせられる筋書きでした。


ラストシーンに辿りついたときも、果たして登場人物はこれで幸せになったのか、それとも不幸になったのか。

ハッピーエンドとも、バッドエンドとも解釈できる、観客に答えをゆだねる幕切れも素晴らしいです。


最近は、なんでもネットのニュース記事で情報を得ますけども。

1行の見出しや、数行だけの内容では、事件や加害者の本質は見抜けるはずがない、そんなことも考えてしまいました。


今回の作品は是枝裕和さんが手がけた過去作「誰も知らない」「そして父になる」「三度目の殺人」「海よりもまだ深く」などの要素が少しずつ入っていて、まさに集大成~。


裕和のベスト盤~!


いつもの是枝風味に、風俗場面などの辛味が入ってる。


香辛料が振られてんよ!


カンヌ映画祭で最高賞に輝いたのも納得。


辛口じゃなきゃ賞をやりませんからな、あの祭!


激辛好きの祭ですから!



万引き家族【映画小説化作品】

万引き家族【映画小説化作品】

  • 作者: 是枝 裕和
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2018/05/28
  • メディア: 単行本

nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

「レディ・バード」シアーシャちゃん meets シャラメ君の構図がまぶしい〜!キラキラ写真集。 [映画写真日記]

いや〜、女子高生の日常を描いた青春映画「レディ・バード」な〜。
楽しかったですけども。
 
「レディ・バード」オリジナル・サウンドトラック

「レディ・バード」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/04/25
  • メディア: CD
 
主演は、この演技でアカデミー賞にまでノミネートされてしまったシアーシャ・ローナンちゃん。
ボーイフレンド役は「君の名前で僕を呼んで」でアカデミー賞にノミネートされたティモシー・シャラメ君という、強力すぎるキャスティングも魅力だと思います。
 
こちらのお写真は、シャラメ君とシアーシャちゃんに演技指導をするグレタ・ガーウィグ監督。
こんな監督なら現場も楽しいでしょうな〜。↓
l1.jpg
 
実年齢はシアーシャちゃんの方が、ちょっぴり年上なんですよね〜。↓
l2.jpg
 
いろんな賞にノミネートされていた2人。
授賞式会場で顔を合わせることも多かったみたいです。
シアーシャちゃんに手を引っ張られるなんて、男子なら誰でもニヤニヤしちゃうわな。↓
l3.jpg
 
こちらのお写真は、「君の名前で僕を呼んで」組のアーミー・ハマーとシャラメ君の間に割って入り込んでくるシアーちゃん。
レアな場面ですな。
シアーシャちゃんてスキンシップしてくる子だわな。
こんな素敵な子に触られたら、誰でも喜ぶわな!↓
l4.jpg
 
「レディ・バード」で、シアーシャちゃんの、もう1人のボーイフレンド役を演じたのがルーカス・ヘッジズですけども。
ヘッジズのお写真が、どういうわけか探してもナーイ!
シャラメ君と一緒に写っているお写真なんて、これくらいしか見つかりませんでした。
*中央に挟まれている女性は知らない人です。↓
l5.jpg
 
こちらのお写真は、何かの授賞式会場でのシアーシャちゃんとマーゴット・ロビー。
美の競演ですよ!↓
l6.jpg
 
シアーシャちゃんとマーゴットは、公開日未定の歴史映画「メアリー・クイーン・オブ・スコッツ」(原題)で共演しているのでした。
マーゴットは、なんとエリザベス女王1世役なんですね!
ついにこの子も、こんな大役を演じるようになりましたよ。↓
l7.jpg
 
シアーシャちゃんは、スコットランドの女王メアリー1世役を演じるようです。
「一体いつまでシアーシャちゃんは女学生役を演じるのやら。いつまで生娘なのやら!」と思ってましたが、ついに大人の役を得ましたな。
こちらのお写真がメアリー役のシアーシャちゃん。
ご飯がたくさんよそえそうな髪型ですな。↓

l8.jpg


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「デッドプール2」キャストにマット・デイモンとブラピの名前がある!出てんの?! [映画写真日記]

いや〜「デッドプール2」な〜。
ふざけた内容で楽しかったですけども。
 
デッドプール2 オリジナル・サウンドトラック

デッドプール2 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/06/06
  • メディア: CD
 
チョイ役で「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のピエロ役でおなじみ、ビル・スカルスガルドを発見〜。
「デッドプール2」監督の前作「アトミック・ブロンド」に引き続いての出演でした。↓
d1.jpg
 
「デッドプール2」は「X−MEN」シリーズの流れを汲んだ作品ということで。
劇中で、若かりし頃のプロフェッサーXやX−MENがチラッと見える場面があったのですが。
 
あれはオリジナル・キャストのジェイムズ・マカヴォイやニコラス・ホルト等が演じているという!
ご本人だという!!
「デッドプール」シリーズも、大物ゲストを呼べる作品になったんですね〜。
 
さらに。
キャストの中にマット・デイモンの名前も発見。
劇中で、デッドプールの敵ケーブルが出会う、「トイレの後に体をキレイにする方法」について話している男性役らしいですよ。
どうやら、こちらのお写真が劇中のマット・デイモンらしいのですが。
しっかりと変装していて、気付きませんな〜。↓
d2.jpg
 
さらにキャストの中に、ブラッド・ピットの名前も発見〜!
劇中でデッドプールの仲間になるバニッシャー役らしいのですが。
それは透明人間!
終始、姿を見せることはナーイ!!
果たして、ホントにその正体はブラッド・ピットなのか…。
もしかしたら、ブラッド・ピットの名前だけ買ったのかな、2〜3万円で。(←安いですか)
 
そんな「デッドプール2」。
主人公デッドプール役を演じたライアン・レイノルズに風格〜。
劇中では、ライアン・レイノルズ本人をネタにして笑わせる場面もありました。
アンタもスターになったもんだわな!
 
こちらはプレミア会場でのお写真。
ライアンと、実生活の妻ブレイク・ライヴリーのツーショットですけども。
嫁の衣装が、ちゃんとデッドプール色〜。
出来た嫁ですよ!↓
d3.jpg
 
こちらのお写真は、デッドプールの恋人役を演じたモリーナ・バッカリンですけども。
イマイチ、垢抜けとらんわな。↓
d4.jpg
 
こちらのお写真は、プレミア会場ではありません。
別な場所でのレイノルズ夫妻。
ブレイクのお衣装が、かわいすぎる〜。↓
d5.jpg
 
こちらのお写真は、普段着のレイノルズ夫妻。
カラーコーディネイトがバッチリ〜。↓
d6.jpg
 
こちらのお写真は、別の場所。
ブレイクは常にオシャレですな〜。↓
d7.jpg
 
こちらのお写真は、夫妻と子どもたち。
レイノルズはデッドプール役が当たって良かったじゃん。
続編「デッドプール3」も製作中だし、これで教育費は万全ですよ!↓
d8.jpg
 
そんで、2人の子。
上の子はママ似、下の子はパパ似だわな。
見事に生み分けたわい!↓

d9.jpg


nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

ドケチ大作「ゲティ家の身代金」同ネタのテレビドラマもある。広がるね、ドケチ・ワールド! [映画写真日記]

いや〜、実在したケチな爺さんジャン・ポール・ゲティが、孫の身代金を出ししぶる映画「ゲティ家の身代金」な〜。
おもろかったですけども。
 
ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS)

ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS)

  • 作者: ジョン ピアースン
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 発売日: 2018/05/17
  • メディア: 文庫
 
ゲティの秘書というチョイ役でティモシー・ハットンが出演していたことにもハッとしましたけども。
 
誘拐犯役のチンクアンタ役の男優をどこかで見たことがあると思ったら。
それは「タイピスト!」「ムード・インディゴ うたかたの日々」などに出ているフランスの有名男優ロマン・デュリスでビックリ。
こちらのお写真、左が「ゲティ家の身代金」、右が「彼は秘密の女ともだち」のデュリス。
この振り幅、役者さんって大変な仕事だわな。↓
g1.jpg
 
「ゲティ家の身代金」といえば、公開の数週間前にゲティ役を演じたケビン・スペイシーが不祥事を起こして降板。
かわりにゲティ役を演じたのがクリストファー・プラマーですけども。
こちらのお写真上がスペイシー、下がプラマーですけども。
スペイシーって顔の原型がないくらいの特殊メイクで演じていたんですね!
入魂の一作だったのか〜。↓
g2.jpg
 
こちらの場面では、スペイシーが演じた映像の上から、後撮りのプラマーをかぶせたっぽい。
爺さんの上に爺さんを乗っけたんですよ!↓
g3.jpg
 
こちらの動画はスペイシー出演版の予告編。
なんだか別の映画にすら見える〜。↓
 
そんな「ゲティ家の身代金」。
同じネタのテレビドラマもあるんだってさ〜!
タイトルは「トラスト」(原題)で、プロデュースと一部の監督は、なんとダニー・ボイルだという!!
ドラマ版が日本で観れるかどうかは不明ですが、この題材をダニー・ボイルが演出するとどんな感じになるのか、ちょっと気になりますね。
 
こちらのお写真、左が映画版のゲティ役クリストファー・プラマー、右がドラマ版で同役のドナルド・サザーランドです。↓
g4.jpg
 
ゲイル役は映画版ではミシェル・ウィリアムズ、ドラマ版は、なんとオスカー女優のスワン子〜!(←ヒラリー・スワンク)↓
g5.jpg
 
チェイス役は映画版ではマーク・ウォールバーグ、ドラマ版はブレンダン・フレイザーなのでした。↓
g6.jpg
 
こちらのお写真は映画版とドラマ版の、家族3世代のご対面場面。(だと思う)↓
g7.jpg
 
こちらがドラマ版の宣伝ポスターですけども。
ドケチの爺さんが悪っぽくて、なんとも怖い感じに仕上げてきましたよ。
ジャンルは「ドケチ・スリラー」でしょうか?!↓
g8.jpg
 
というわけで。
どういうわけか、西洋のエンターテインメント界ではドケチ爺さんが大人気〜。
映画にドラマに、どんどん広がるドケチ・ワールド。
もはやドケチ・ユニバースですよ!
ドケチ・クロスオーバー企画も期待したいです。
 
こちらのお写真はドラマ版出演者とダニー・ボイル。↓
g9.jpg
 
こちらはドナルド・サザラーンドの名場面。
爺さんの日課ですな。↓

g10.jpg

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「犬ヶ島」★★★☆ [映画写真日記]

IsleofDogs.gif


ウェス・アンダーソン監督のストップモーションアニメ作品ですけども。


題材は、まさかの「日本」ですよ。


ネタにされたわい!


物語が始まって3秒で、監督の日本文化に対する愛を感じました。


ちょいとウェス、アンタそんなに日本がお好きだったんか!?


アンタ、結構な日本マニア。


ヲタ!


相撲やら歌舞伎やらの表現も、いちいちディティールが細かーい。


生タコをさばく場面なんて、日本人ならわざわざストップモーションアニメになんてしませんけども。


さすが白人、アニメ化したわい!


なるほど、その包丁さばきは、白人から見たらスゴイ芸なのかも。

板前さんの鮮やかな手つきを、客観的に見ることが出来ました。



日本人として、ウェスに感謝したいです。

もはやアンタ、日本の親善大使。


ユニセフにおける徹子みたいな存在ですよ!


いつか実写でも日本を表現してほしいな~。


監督名、俳優名などのクレジットまで日本語表記付き。


なんたる洋画!


フォントも色もオシャレで、ウェスによる、国境を越えたグラフィック・センスにノックアウトされました。


舞台のメガ崎市や、犬が住んでる犬ヶ島の世界観もデザイン性がバッチリ。

レトロフューチャーぽく味付けされた日本が、かっこいい〜。


なんかもう、瞬きするのも、もったいない。


美を堪能~!


監督の過去作「グランド・ブダペスト・ホテル」などと同様、美の中にもアクセントとしての暴力性があって、ウェスの作風にもブレはありませんでしたけども。


メインキャラクターの犬たちは、あんまりかわいくナーイ!


ほとんどの犬が、犬ヶ島で生ゴミを食べている、汚いワンコだから仕方ありません。


野良だもの!


毛の湿った感がなんとも・・・。


レゲエ風味ですよ!


石鹸でゴシゴシ洗いたくなるワンコでした。


ワンコが出会うメス・ワンコの美女っぷりがおかしい~。


明らかにいい女路線のメス・ワンコなのですが、小林麻美みたいな!(←古いですか)


気取ったセリフを言いながら、バカみたいな曲芸をする姿を見て笑ってしまいました。


コケティッシュな美人なんですよ、メグ・ライアンみたいな!(←古いですか)


日本語吹き替え版を観たのですが。

どうやら、英語版は超豪華キャストが集まっているみたいですね。


一番おいしい役だった犬、スポッツ役の声はリーヴ・シュレイバーだったのか~。

いい声してるから合ってると思いますけども。



なんか、もったいなかったです。(←リーヴ・シュレイバーに失礼)



犬ヶ島

犬ヶ島

  • アーティスト: Seiichi Ida,Tasuku Sano,ビル・フィネガン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/05/23
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

「君の名前で僕を呼んで」続編も製作中〜!シャラメ君の次回作は「レディ・バード」だ! [映画写真日記]

いや〜、恋愛映画「君の名前で僕を呼んで」な〜。
 
Call Me By Your Name / [Blu-ray] [Import]

Call Me By Your Name / [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray
 
出来が良すぎました、イタリアのロケ地も「なんだこれ?!そこどこ?!」って言うくらい最高〜。
ロケ地巡礼の旅をしてみたくなりました。↓
k1.jpg
 
監督によると、今回の作品は「恋人までの距離」シリーズみたいな構成にしたいそうで、すでに続編の製作の進行中〜。
「恋人までの距離」って、現在はパート3までありますけども、そんなにたくさん作るのかな?
 
主人公を演じたのはティモシー・シャラメ君ですよ。
シャラメですよ、シャラメ。
ニャロメじゃありませんから〜!
 
シャラメ君が恋する相手役はアーミー・ハマー。
2人の普段着はこんな感じなんですね〜。↓
k2.jpg
 
こちらのお写真は、今年のアカデミー賞のレッドカーペット。
シャラメ君は小柄に見えますが、これで182センチあるという。
目の錯覚だわな!↓
k3.jpg
 
こちらのお写真は、2人のお戯れ。
じゃれ合いですよ!↓
k4.jpg
 
今回の作品でシャラメ君の個性が爆発。
100%ブレイクする子!
来日したときは、成田空港に女子1000人がお出迎えするね、間違いナーイ!!
 
シャラメ君が出演している待機作は、日本で2018年6月公開の「レディ・バード」ですよ。
こちらも楽しみですな〜。
 
Lady Bird/ [Blu-ray] [Import]

Lady Bird/ [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray
 
そんなシャラメ君は、「君の名前で僕を呼んで」に出る前は映画「インターステラー」でマシュー・マコノヒーの息子役などを演じていたようですけども。
その前はドラマ「ホームランド」シーズン2に出ていたという。
こちらが「ホームランド」劇中写真ですけども、確かにいたわな、こんな子が!↓
k5.jpg
 
「君の名前で僕を呼んで」では、シャラメ君のお父さん役を演じたマイケル・スタールバーグも良い味を出しておりましたけども。↓
k6.jpg
 
マイケル・スタールバーグについて、最近の出演作を挙げてみたらヒット作ばかり。
「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」「シェイプ・オブ・ウォーター」「ドクター・ストレンジ」「メッセージ」など。
出演するたびに、姿をガラッと変えてくるから気付かない…。
カメレオン父ちゃんですよ!
こちらのお写真、上が「ドクター・ストレンジ」、下が「シェイプ・オブ・ウォーター」。↓
k7.jpg
 
アーミー・ハマーについては、もはや説明不要。
出演映画は数多く、しょっちゅう顔を見ている気がしますけども。
アーミー・ハマー出演作の中では、「君の名前で僕を呼んで」が一番、持ち味が出ていると思います。
現在31歳のアーミー・ハマー。
まだ31だったんですね!
こちらのお写真はインタビュー中のアーミー・ハマー。↓
k8.jpg
 
実際のアーミー・ハマーは、きっと楽しい普通のアメリカンだと思う〜。↓
k9.jpg
 
こちらのお写真は、アーミー・ハマーの代表作で、ジュリア・ロバーツ共演の「白雪姫と鏡の女王」ですよ。↓
k10.jpg
 
「君の名前で僕を呼んで」でアーミー・ハマーを知ったお客さんは、「白雪姫と鏡の女王」を観たらギャップにビックリするでしょうな。↓
k11.jpg
 
こちらのお写真は、今年のゴールデン・グローブ賞、受賞式会場。
お寿司か何かを召し上がるアーミー・ハマーと、カイル・マクラクラン先輩、クリスチャン・スレーター先輩です。
楽しそうですな〜。↓

k12.jpg


nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」セバスチャン・スタンとか、脇役たちも売れっ子〜。 [映画写真日記]

いや〜、トーニャ・ハーディングのスキャンダルを描いた映画「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」な〜。
とっても楽しかったです。
 
I Tonya/ [Blu-ray] [Import]

I Tonya/ [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray
 
トーニャ役を演じたマーゴット・ロビーがよくやった。
意外にもハマリ役でした。↓
i1.jpg
 
トーニャの母親役アリソン・ジャニーの演技も素晴らしすぎて、見比べちゃあ悪いけど、トーニャの元夫役を演じたセバスチャン・スタンには見劣り感が。
こちらの写真が、劇中のセバスチャン・スタン。↓
i2.jpg
 
セバスチャン・スタンといえば。
実生活での元カノがテレビ女優だらけで有名〜。
このお方は、おモテになるんですよ!
 
ドラマ「ゴシップガール」のレイトン・ミースターとか。↓
i10.jpg
 
ドラマ「リベンジ」のマルガリータ・レヴィエヴァ。↓
i3.jpg
 
そしてドラマ「glee/グリー」ディアナ・アグロン。
アグロンですよ、アグロン。
毛糸洗いのアクロンじゃありませんから!↓
i4.jpg
 
ドラマ「Dr.HOUSE」などのジェニファー・モリソンとか。↓
i5.jpg
 
テレビ界のキレイどころを抱き続け、現在は「アベンジャーズ」のバッキー役でレギュラー入りをしている、というのが、ちゃっかりしています。
こちらの写真が「アベンジャーズ」でのポジション。
このポジションだと隣のスカーレット・ヨハンソンも抱きそうに見えますが、それは無いと思う。
スカーレット・ヨハンソンは、セバスチャン・スタンが抱くには高すぎる。
もう少し、安い女が抱きやすい!↓
i6.jpg
 
そんなセバスチャン・スタンを、映画「シンデレラ」の王子様役などを演じたリチャード・マッデンと、いつも間違えてしまう〜。
なんか似てるんですよね〜、顔が。
 
あと、ドラマ「ウォーキング・デッド」でアーロン役を演じているロス・マーカンドも、なんか似てる気が。
しかも最近まで、ロス・マーカンドのことを、映画「スパイダーマン3」に出ていたトファー・グレイスだと思っていたという。
みんな顔面、同系統〜。
 
元をたどっていくと、ジャスティン・ティンバーレイクになりました。
こちらが参考写真、上からセバスチャン・スタン、リチャード・マッデン、ロス・マーカンド、トファー・グレイス、ジャスティン・ティンバーレイク。
ややこしいから、誰かまぶたを整形しなよ〜、一重に!↓
i7.jpg
 
「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」に話を戻しますと。
トーニャの小学生時代を演じたのは、映画「gifted/ギフテッド」に出ていた マッケナ・グレイスちゃんでしたな。↓
i8.jpg
 
映画「レディ・プレイヤー1」にも一瞬だけ出演していたマッケナちゃん。
この子、売れてんよ!
かわいいもんねぇ。
 
こちらのお写真はマーゴット・ロビーとマッケナちゃんの対面シーン。
かわいいうちに稼いどきなね!↓
i9.jpg


nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画写真日記 ブログトップ