So-net無料ブログ作成
映画写真日記 ブログトップ
前の10件 | -

「トイ・ストーリー4」他のピクサー作からの引用が多数。結構な量をスタッフが仕込んできた! [映画写真日記]

いや〜CGアニメ映画「トイ・ストーリー4」な〜。
楽しみましたけども。
 
Toy Story 4

Toy Story 4

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Disney
  • 発売日: 2019/06/21
  • メディア: CD
 
まずは、宣伝ポスターにご注目。
同じくピクサー製アニメ作品「カールじいさんの空飛ぶ家」のキャラクター、チャールズ・マンツが描かれた絵が引用されているそうです。↓
t1.jpg
 
この絵だそう。↓
t2.jpg
 
このように、「トイ・ストーリー4」本編にも、過去のピクサー製アニメ作品からの引用が多数。
遊園地では、射的の的に「リメンバー・ミー」のギターが。
いや〜、言われても気づきませんな〜。↓
t3.jpg
 
本編では、デューク・カブーンという名のおもちゃが新登場してましたけども。↓
t4.jpg
 
デューク・カブーンは、すでに「インクレディブル・ファミリー」劇中に登場していたのだそう。
こちらの写真が、「インクレディブル・ファミリー」での登場場面らしいのですが。
ホントでしょうか、よく見えませんが。↓
t5.jpg
 
そんな感じで、「トイ・ストーリー4」本編には、過去のピクサー作品からの引用ネタが大量に仕込まれています。
 
スタッフのお遊びですよ!
 
とくに舞台のひとつ、アンティークショップの中には、多く引用されているそう。
これから作品を観る方は、よ〜くチェックしてみてはいかがでしょうか。
 
スタッフのお遊びに、付き合っておやんなね!
 
 
さて、ここからは「トイ・ストーリー4」キャストのネタ。
 
まずは、陶器人形ボー・ピープが、なんとパンツルックの「アクティブ女」と化して、20年ぶりに再登場〜!
いまどきの味付けがされているのでした。
なんか、まるでディズニー・プリンセスみたいですな〜。↓
t6.jpg
 
ボー・ピープの声を担当しているのが女優アニー・ポッツなのですが。
彼女、今は60半ばですよ。
よくがんばりました!
 
こちらのお写真は、ドラマ「シカゴ・メッド」に出演しているときのアニー・ポッツ。↓
t7.jpg
 
新キャラの1人で、観客を泣かせる見せ場を担当したアンティーク人形がギャビー・ギャビーですけども。↓
t8.jpg
 
声を担当したのはクリスティーナ・ヘンドリックスですよ。
なるほど、確かにクリスティーナ・ヘンドリックスって、かわいい声をしているんですよね〜。
声優でやっていけそうなくらいのロリ声〜!
 
こちらのお写真は、プレミア会場に来たクリスティーナ・ヘンドリックス。
この服を着こなせるのはクリヘンくらい。
似合ってます〜。↓
t9.jpg
 
劇中で、射的の的になっていたぬいぐるみがダッキー&バニーですけども。
とってもかわいい2人組ですけどもね〜。↓
t10.jpg
 
声を担当していたのは、キーガン=マイケル・キーとジョーダン・ピールですよ。
ジョーダン・ピールといえば、2017年の「ゲット・アウト」で製作・監督・脚本を担当して大ブレイクしたお方。
 
キーガン=マイケル・キーとは名コンビで、最近では2016年のコメディ映画「キアヌ」でも共演済みでした。↓
t11.jpg
 
「キアヌ」といえば、新キャラのデューク・カブーンの声を担当したのがキアヌ・リーヴスなんですよね〜。
 
ついに、アヌ様がディズニー/ピクサー作品のプレミア会場に降臨じゃ〜っ!
しかし、なんとなく現場で浮いてるアヌ様。
背景とのギャップが激しすぎる〜。
ああ、アヌ様。
どうして、そんな辛気臭い服を選びなすった?!
t12.jpg
 
しかしアヌ様、あなたはそれでいい。
どこでも、あなたらしさを忘れずに。
 
ひととおり挨拶して回ったら帰んなね!↓

t13.jpg

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」ベテランも若手も女優がステキ。 [映画写真日記]

いや〜「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」な〜。
とっても楽しかったですけども。
 
Spider-Man: Far from Home

Spider-Man: Far from Home

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Classical
  • 発売日: 2019/07/05
  • メディア: CD
 
まずは今作で、演技派男優ジェイク・ギレンホールが、ついに「スパイダーマン」シリーズというアメコミ映画に進出〜。
ついに手から光線を出したわい!↓
s1.jpg
 
こちらはプレミア会場でのお写真。
アメコミ・キャラとの交流は慣れていない様子のギレンホールが微笑ましいです。↓
s2.jpg
 
こちらはギレンホールと、スパイダーマン役トム・ホランドの対面シーン。
メガネをかけたトム・ホランドは、なんか勉強が出来そうに見えますな〜。↓
s3.jpg
s4.jpg
s5.jpg
 
トム・ホランドのおばさん役を演じたのはマリサ・トメイですけども。
ただいま54歳でありながら、劇中では、まだまだセクシーなオーラを出していてビックリしました。
なかなか54歳でこのお色は着れませんよ、お若いですな〜。↓
s6.jpg
 
いつもレッドカーペット上でのドレス姿がイマイチのコビ子も来ています!(←コビー・スマルダーズ)
今回も、何かが残念なドレス姿でした。↓
s7.jpg
 
トム・ホランドのクラスメイト役を演じた、アンガーリー・ライスちゃんも来ています。
ただいま18歳のアンガーリーちゃんですが、すでに40〜50代の貫禄が!
なんとも渋い苺柄のドレスですが、これはこれで良いと思う〜。
この路線で突き進んでほしいです。
そのうちティム・バートン作に出してもらえるかもよ。↓
s8.jpg
 
美貌を隠して出演していたのはゼンデイヤちゃんですけども。
こちらは劇中のお写真。↓
s9.jpg
 
ゼンデイヤちゃんは、いつもレッドカーペット上でのドレス姿がステキなんですよね〜。
この「劇中とは別人感」がたまりません。
なんか〜、このまま大人になれば「キャサリンゼタ=ジョーンズの後釜」みたいな存在になれるかもよ。↓
s10.jpg

nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

「X−MEN:ダーク・フェニックス」のソフィー・ターナーが結婚!しかもジョナス・ブラザーズと〜!! [映画写真日記]

いや〜「X−MEN:ダーク・フェニックス」な〜。
まあまあ楽しみましたけども。
 
X-Men: Dark Phoenix

X-Men: Dark Phoenix

  • 作者: John Byrne
  • 出版社/メーカー: 20th Century Fox
  • 発売日: 2019/10/31
  • メディア: Blu-ray
 
降ろされてしまったブライアン・シンガー監督って、腕前は確かだったんだな〜、と改めて思いました。
今回はブライアン・シンガーが離れたからか、なんとなくイマイチでした〜。
 
かつて実生活で交際していて別れてしまったジェニファー・ローレンスとニコラス・ホルトが、映画の中ではカップルのまま。
切ない気持ちなる共演場面でした。↓
d1.jpg
 
「ダーク・フェニックス」という言葉だけ聞くと、イメージはコレですけども。↓
不死鳥 美空ひばり in TOKYO DOME <完全盤> 翔ぶ!! 新しき空に向かって [DVD]

不死鳥 美空ひばり in TOKYO DOME <完全盤> 翔ぶ!! 新しき空に向かって [DVD]

  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • メディア: DVD
 
今回の作品では、ソフィー・ターナーが演じるジーン・グレイのことなんですね〜。↓
d3.jpg
 
ソフィー・ターナーは、2019年の時点で23歳ですが妖艶すぎる〜。
同じく妖艶な女優ジェシカ・チャステインと会話する場面は、お水の先輩後輩をほうふつ。↓
d4.jpg
 
こちらは、ソフィー・ターナーと、同僚ジェニファー・ローレンスの交流場面。↓
d5.jpg
d6.jpg
 
ところで。
ソフィー・ターナーって、2019年5月に結婚したんですね!
つい、こないだですよ。
自身が出演している人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の完結時期に合わせたのかもしれませんけども。
 
なんとお相手はジョナス・ブラザーズの次男ジョーなんですね!
うわ〜、すんごいプレイボーイに引っかかっちゃった〜。↓
d7.jpg
 
てことは。
ジョナス・ブラザーズの三男ニックといえば、嫁はインドが生んだ美人女優プリヤンカー・チョープラー。
ワテら日本人が知らないところで、とんでもない芸能一家が誕生していたのです!↓
d8.jpg
 
ワテら日本人が知らないところで、いろんな女性が、いろんな男性に抱かれていたんですよ!↓
d9.jpg
 
こちらのお写真は、バカンス中のジョナス・ファミリー。
ソフィー・ターナーの水着がチェスボードのよう。
一体どこにチェックメイトすればいいの?!↓
d10.jpg
 
そんな感じで。
プリヤンカー・チョープラーとソフィー・ターナーのビジュアル的な相性はバッチリ。
ファンタジーの世界から飛び出してきたかのような2人〜。
こういうお衣装がお似合いですな〜。
いやしかし「ジョナス・ブラザーズおそるべし」ですよ〜。↓

d11.jpg


nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

エッ、「メン・イン・ブラック:インターナショナル」テッサ・トンプソンって35歳だったのか!若く見える。 [映画写真日記]

いや〜、SFアクション・コメディ「メン・イン・ブラック:インターナショナル」な〜。
楽しかったですけども。
 
Men in Black: Internation

Men in Black: Internation

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Classical
  • 発売日: 2019/06/14
  • メディア: CD
 
「マイティ・ソー」シリーズでも共演していたクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンが再共演しておりました。
こちらが「マイティ・ソー」シリーズで出演していたときのお写真。(*中央2名)↓
m1.jpg
 
「メン・イン・ブラック:インターナショナル」でも息の合った掛け合いを見せていた2人。
もうツーカーの仲なんですよ!↓
m2.jpg
 
そんなクリス・ヘムズワースと、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のトム・ホランドが、お互いの主演作を宣伝し合う映像(?)がオモローイ。
トム・ホランドの方が一枚上手っていう。↓
 
こちらは、「メン・イン・ブラック:インターナショナル」プレミア会場でのお写真。
テッサ・トンプソンが派手でありながらも、クールにキマってますな〜。↓
m3.jpg
m4.jpg
 
テッサ・トンプソンって、今35歳なんですね!
実は、ただいまクリス・ヘムズワースと同い年だったんですね〜。
てっきり25歳くらいかと思ってました、若く見える〜。
こちらは、別のプレミア会場での2人。↓
m5.jpg
 
クリス・ヘムズワースとは「ホース・ソルジャー」でも共演していた、実の妻エルサ・パタキーも来てますよ。↓
m6.jpg
 
エルサは、クリス・ヘムズワースより7つ上の姉さん女房なのでした。↓
m7.jpg
 
最近は株が暴落し、「オーシャンズ8」に出演していながらも全カットされてしまったというマット・デイモンも、美人妻を連れて来ましたよ。↓
m8.jpg
 
マット・デイモンは今後も話題作に出演しているし、またそのうち人気が出ると思う〜。
がんばんなね。↓

m9.jpg

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「アラジン」ジャスミン役女優。次回作は「チャーリーズ・エンジェル」。しかもエンジェルの1人〜! [映画写真日記]

いや〜、ディズニーの実写映画「アラジン」な〜。
楽しかったですけども。
 
アラジン オリジナル・サウンドトラック 日本語盤

アラジン オリジナル・サウンドトラック 日本語盤

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/06/05
  • メディア: CD
 
こちらの写真は、メイン・キャストの普段の姿。↓
a1.jpg
 
劇中では、ランプの魔人ジーニー役を演じたウィル・スミスのインパクトにヤラレましたけども。
大人しめファッションだった人間モードのジーニーも、よく見れば変〜。↓
a2.jpg
 
こちらのお写真は、プレミア会場にやってきたウィル・スミス一家。
みんな、さすが着ている服が高そうですよ。↓
a3.jpg
 
レッドカーペット上であるにもかかわらず、盛り上がってしまったウィル・スミス夫妻。↓
a4.jpg
 
アラジン役のメナ・マスードも、ジャスミン役のナオミ・スコットもハマってた〜。
アニメ版から出てきたような2人でした。↓
a5.jpg
a6.jpg
 
そんなジャスミン役のナオミ・スコット。
現在26歳で、とっくに結婚済み!
もう何年も前から抱かれ済んでるんですよ!!
夫はサッカー選手のジョーダン・スペンスだそうです。↓
a7.jpg
 
ナオミ・スコットは、映画「パワーレンジャー」(2017年)でピンクレンジャー役を演じて人気が出たのだそう。
なんとなく、ドラマ「美少女戦士セーラームーン」のセーラーマーズ役がブレイクのきっかけになった、北川景子さんをほうふつ〜!
 
ナオミ・スコットが出演する次回作もスゴイです。
エリザベス・バンクス監督・脚本・出演のリブート版「チャーリーズ・エンジェル」ですよ!
おそらく、エンジェルの1人役です。
完全に出世コースに乗った状態〜。
作品も楽しみですな〜。↓
a8.jpg
 
キャメロン・ディアス主演の「チャーリーズ・エンジェル」は、明らかに男子ウケする内容でしたけど。
今回のリブート版は、写真だけ見た感じだと女子ウケしそうなフンイキ。
男なんてボコボコにヤラれそうで、コワーイ!↓
a9.jpg

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「アベンジャーズ/エンドゲーム」調べて判明した、一瞬しか出ていないチョイ役スターを紹介。 [映画写真日記]

*本編のネタバレはありません。
 
いや〜、アメコミ・ヒーロー・シリーズの完結編「アベンジャーズ/エンドゲーム」な〜。
とっても楽しんで、とっても泣きましたけども。
 
Avengers: Endgame

Avengers: Endgame

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hollywood Records
  • 発売日: 2019/05/24
  • メディア: CD
 
ものすごい量の、豪華なゲスト出演者たちも魅力。
鑑賞中は「あっ、あの人も出てる。この人も」と、驚きの連続でしたけども。
 
そんな超・有名なゲストスターたちは、今回は置いといて。
だ〜れも気にも止めていない、鑑賞後に調べてやっと判明したチョイ役たちを紹介したいと思います。
 
拾い上げてやるんですよ!
 
まずは、弓矢ヒーローのホークアイの嫁役女優を「どこかで見たことがある」と思ったら。
それは、アカデミー受賞作「グリーンブック」(2018年)でヴィゴ・モーテンセンの嫁役を演じていたリンダ・カーデリーニだったんですね!↓
a1.jpg
 
リンダ・カーデリーニは、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年)から、同じ役で出演していたんですね〜。
「グリーンブック」で話題になった後の、超大作「アベンジャーズ/エンドゲーム」への出演。
追い風が吹いてますな!
 
スターク家の運転手ジャービスさんが、チラッと出てきたときは「おお〜」と思いました。
ジャービスさんは、「アベンジャーズ」のスピンオフドラマ「エージェント・カーター」に出ていたキャラクター。
ドラマから映画に進出した、初のキャラクターなのでした。
こちらのお写真、左端がジャービス役を演じたジェームズ・ダーシー。↓
a2.jpg
 
倉庫の見張り役(多分)で、チラッと出てきたのはケン・チョンさんですよ。
鑑賞中は「あの人、ケン・チョンさんに似ているな」と思っていたのですが、後に調べてみたら本人でした。↓
a3.jpg
 
本編の、ある場面で知らない子が出てきて「あんな子、今までのシリーズに出てたっけ?」と思っていたのですが。
こちらのお写真の、右がその子。↓
a4.jpg
 
鑑賞後に調べてみたら、なんとその子は「アイアンマン3」に出ていた少年ハーレー・キーナーでした。
演じているのはタイ・シンプキンスという名の子。
こちらのお写真が「アイアンマン3」出演時。
懐かしのキャラクターなのでした。↓
a5.jpg
 
というわけで、以上がチョイ役たちでした。
 
こちらのお写真はプレミア会場に現れた、キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソン。
劇中の衣装ではなく、オシャレ着ですよ。
アメコミとかの作品イメージにピッタンコのお洋服ですな。↓
a6.jpg
 
こちらのお写真は、アイアンマン役ロバート・ダウニー・Jrと、ロケット役ブラッドリー・クーパーの、珍しいツーショット。↓
a7.jpg
 
こちらのお写真は、主要メンバーの、お戯れ場面。
キャプテン・アメリカ役クリス・エヴァンスのスタジャンが派手ですな〜。↓
a8.jpg
 
そしてクリス・エヴァンスは、相変わらずスナップ写真の写りが悪いです。↓
a9.jpg
 
こちらのお写真は、本編で活躍した2人、アントマン役ポール・ラッドと、ホークアイ役ジェレミー・レナー。
こういうテイストのスピンオフドラマを製作してもいいかもよ。
テレ東の深夜に放送してほしい〜。↓

a10.jpg

nice!(9)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

「バイス」副大統領の娘役が、2人そろってドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」女優。 [映画写真日記]

いや〜、映画「バイス」な〜。
 
ジョージ・W・ブッシュ大統領の下で働いていた副大統領ディック・チェイニーに焦点を当てた作品ですけども。
とても良かったです。
 
まずはディック・チェイニー役を演じたクリスチャン・ベールの役作りが尋常じゃありませんよ。
ハゲて、太って、恋をして!
原型がございません。↓
v1.jpg
 
2014年の主演映画「マシニスト」では54キロまで減量していたクリスチャン・ベール。
いや〜、スゴイお方ですな〜。↓
v3.jpg
 
ディック・チェイニーの奥さん役はエイミー・アダムスでしたけども。
こちらのお写真が、モデルになったディック・チェイニーご本人と奥さん。
なるほど〜、演じた役者に、どことなく似ているような。
絶妙なキャスティングだったんですね。↓
v2.jpg
 
チェイニー夫妻の娘2人を演じていたのは、最近だとドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」でおなじみのアリソン・ピルとリリー・レーブでした。
アメリカン・ホラー女ですよ!
今回の作品では、まずまずの大役に抜擢されていて、うれしかったです。
2人とも「出来る子」ですしね。
こちらのお写真はプレミア会場。
エイミー・アダムスを挟んだアリソン・ピルとリリー・レーブのスリーショットですけども。
母親役のエイミー・アダムスが一番セクシーだという。↓
v5.jpg
 
こちらのお写真は、ジョージ・W・ブッシュ役のサム・ロックウェルとエイミー・アダムスのツーショット。
男性としては目のやり場に困りますな。
ものっすごい色気を至近距離で浴びております〜!↓
v6.jpg
 
こちらはアダム・マッケイ監督をセンターにした、出演者の集合写真。
男性陣は、意識して目をそらしているのかも。
遠くの電柱でも見てるしかないんですよ!↓
v7.jpg
 
今の時代、とくに業界の白人男性は、態度に気をつけなければなりませんしね。↓

v8.jpg

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ダンボ」の子役はタンディ・ニュートンの娘だったのか〜! [映画写真日記]

いや〜、子象がお空を飛んでしまう映画「ダンボ」な〜。

楽しかったですけども。

 

ダンボ オリジナル・サウンドトラック

ダンボ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS
  • 発売日: 2019/04/05
  • メディア: CD
 

サーカスでの晴れ舞台で、飛行に未熟なダンボが飛べるのか、落っこちるのか…。

とってもハラハラする場面でした。

この場面のBGMは、梅沢富美男の「夢芝居」でいいと思う〜!↓

d1.jpg

 

ダンボを指導する少女ミリー役を演じたのは、ニコ・パーカーという名の子役ですけども。↓

d2.jpg

 

ニコ・パーカーは、タンディ・ニュートンの実の娘さんだったんですね!

そして、タンディ・ニュートンの夫って「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」の監督・脚本を担当していたオル・パーカーだったんですね。

芸能一家ですよ!

知らなかった〜。

こちらのお写真がパーカー一家。

ニコ・パーカーはタンディ・ニュートンに似てますな〜。

キレイな足まで似てますよ。↓

d3.jpg

 

こちらのお写真は、普段のタンディ・ニュートンとニコ・パーカー。

タンディ・ニュートンは、ドラマや映画で観る姿と全く違いますな〜。

なんか、マツキヨのレシートを落としてるみたいですが?!↓

d4.jpg

 

こちらは「ダンボ」プレミア会場でのお写真。

空中ブランコの花形芸人役を演じたエヴァ・グリーンですけども。

見事に着こなしてますよ、天気図みたいなドレスを!↓

d5.jpg

 

サーカスの団長役を演じていたのはダニー・デヴィートですけども。

彼の実の娘ルーシー・デヴィートも女優で、「ダンボ」にもチラッと出ていたそう。

こちらのお写真がデヴィート父娘。↓

d7.jpg

 

こちらは、「ダンボ」関係者の集合写真ですけども。

ダニー・デヴィートの背丈が子役と同じ〜。

小柄な人だったんですね〜。↓

d6.jpg

 

アンジェりーナ・ジョリーも、子どもたちを引き連れてプレミア会場にやってきましたよ。

子どもは、みんな大きくなったわな、こないだ赤ちゃんだったのにねぇ。

そんでお母さんに似てきたわな。↓

d8.jpg

 

アンジェりーナ・ジョリーがお母さん、ってどんな感じなんでしょうね〜。

仲よくやってるみたいだし、意外といいお母さんなのかもよ。↓

d9.jpg

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ブラック・クランズマン」でドラマ「ブラックリスト」のトム役が、まさかのすごい出番量〜! [映画写真日記]

いや〜「ブラック・クランズマン」な〜。
ガツンとくる実話映画でしたけども。
 
BlackKklansman

BlackKklansman

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD
 
なんと、ドラマ「ブラックリスト」のトム役でおなじみのライアン・エッゴールドが、KKK支部のボス役で出ているではないか〜!
しかも出番が多い〜。
ドラマ役者としては、破格の扱いに感無量〜。
「差別主義の白人」という役柄が、あらま、その顔にピッタンコ〜!(←ホメ言葉)↓
b1.jpg
 
ライアン・エッゴールドといえば。
ドラマ「ブラックリスト」のスピンオフ「ブラックリスト リデンプション」で、ファムケ・ヤンセンとW主演したのが2017年。
それが「打ち切り」になったもの同年!
あの時の活躍が、ライアン・エッゴールドの最盛期と思ってましたけども。↓
b2.jpg
 
「ブラック・クランズマン」でのダークな演技を観て、「ライアン・エッゴールドは、もしかしたら映画でもやれるのかも」と思いました。
2019年現在のライアン・エッゴールドは、無難な医療ドラマ「ニュー・アムステルダム」に主演中〜。
なんか残念〜。↓
b3.jpg
 
もう1人、白人主義の政治家役を演じていたトファー・グレイスも良いお味。↓
b4.jpg
 
トファー・グレイスといえば、「インターステラー」や「エージェント・ウルトラ」など、メジャー作品に多く出演しているにもかかわらず、イマイチ印象を残しきれていない、惜しい素材でしたけども。
今回の「差別主義の白人」役は、変なオーラが出ていて良かったと思います。
 
もうね〜、冴えない白人男優は、みんな差別主義者を演じればいいんですよ!
 
こちらは、トファー・グレイスの代表作「スパイダーマン3」(2007年)のお写真。
ヴェノム役という、人気キャラ役だったんですね〜。↓
b5.jpg
 
その他、「ブラック・クランズマン」に出演していたのは、ドラマ「24」のリブート「24:レガシー」に主演していたコーリー・ホーキンスとか。↓
b6.jpg
 
「24:レガシー」は、すぐに打ち切りになりましたけどもね〜。
 
つまり、業界で伸び悩んでいる男優を集めて見事に調理し、最高の味を引き出している作品が「ブラック・クランズマン」。
大根の葉っぱを使って、美味しい焼き飯を作ったようなもんですよ!
 
こちらのお写真は、「ブラック・クランズマン」のスパイク・リー監督。
よく、このポーズをしてるよね。↓
b7.jpg
 
こちらのお写真は、「ブラック・クランズマン」のメイン男優アダム・ドライバーとジョン・デヴィッド・ワシントン、そして監督のスリーショット。
監督が、ちっちゃ!↓
b8.jpg
 
ジョン・デヴィッド・ワシントンといえば、デンゼル・ワシントンの息子さん。
すでにデンゼルとは、スパイク・リー監督作「マルコムX」(1992年)で共演済みだそう。
 
こちらのお写真は、父母とジョン・デヴィッドのスリーショットですけども。
息子の顔は、お父さんとお母さんの要素を、半々でもらった感じだわな。
遺伝子、五分五分!
息子よ、アンタ間違いなく父母の子だよ!!↓
b9.jpg
 
ジョン・デヴィッド・ワシントンが出演する次回作は、なんとクリストファー・ノーラン監督の新作(タイトル未定)〜。
共演はロバート・パティンソンとエリザベス・デビッキというんだから、楽しみです。
 
そんなブレイク間違いなしのジョン・デヴィッド・ワシントンに、そ〜っと近づく男が1人…。
ハリウッドナンバーワンの商売上手、ドウェイン・ジョンソンが甘い言葉で囁いてんよ!↓

b10.jpg

nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

「キャプテン・マーベル」女子っぽさは排除。まるで少年のように暴れるヒロイン名場面。 [映画写真日記]

いや〜、女性が主人公のヒーロー映画「キャプテン・マーベル」な〜。
楽しかったですけども。
 
Captain Marvel The Official Movie Special

Captain Marvel The Official Movie Special

  • 作者: Titan
  • 出版社/メーカー: Titan Comics
  • 発売日: 2019/03/12
  • メディア: ハードカバー
 
同系作品の「ワンダーウーマン」と比べると、「女子っぽさ」は意識的に排除されておりました、
性的アピールが一切ないという、時代に合った「女性ヒーロー映画」だったと思います。
こちらのお写真が主人公のキャプテン・マーベルさん。↓
c1.jpg
 
というわけで。
本編は、美女が主人公を演じているというのに、冴えぬ姿が山盛り状態〜。↓
c2.jpg
 
オシャレ感も一切ございません、一切です!↓
c3.jpg
 
こちらのお写真は、主人公のバトルモード。↓
c4.jpg
 
こちらのお写真は、主人公の水中モード。↓
c5.jpg
 
怒らせたら大変〜。
女性なのに「北斗の拳」みたいな絵づらになってます!↓
c6.jpg
 
ここからは、チョイ役の出演者情報。
 
13歳の頃の主人公を演じたのは、映画「gifted/ギフテッド」などでおなじみのマッケナ・グレイスちゃんでしたな。
マッケナちゃんは、映画「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」ではマーゴット・ロビーの子供時代を演じていた、ということで。
「金髪美女の子供時代ならおまかせ状態」になっておりますな。
こちらのお写真が「キャプテン・マーベル」出演時のマッケナちゃん。↓
c7.jpg
 
映画「ホビット」シリーズなどでおなじみのリー・ペイスさんは、映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で演じていた役で登場〜。
こちらのお写真、左が「ホビット」シリーズ、右が「キャプテン・マーベル」。
左のお写真、まるで「翔んで埼玉」に出てきそうな人ですな〜。↓
c8.jpg
 
ドラマ「アンダー・ザ・ドーム」等でおなじみのコリン・フォードと、ドラマ「CHUCK/チャック」などでおなじみのヴィク・サヘイも出ていたそうですが、全く気付きませんでした。
 
コリン・フォードは、主人公の兄役らしいから、回想シーンに出ていたのかな。
ヴィク・サヘイは「Hero Torfan」という役ですが、一体どこに出てたのやら。
調べても分からない、って出た意味あんの?!
こちらのお写真、左がコリン、右がヴィク。↓
c9.jpg
 
そして、ドラマ「セカンド・チャンス」(シーズン1で打ち切り)では主役だったロバート・カジンスキーも出ていたという。
こちらのお方ですよ、豚面のイケメン!↓
c10.jpg
 
調べてみたら、バイク乗りの役でした。
そういえば、こんな場面がありましたよ、10秒くらい!↓
c11.jpg
 
せっかく大作映画の撮影に呼ばれたのに、ものっすごい端役で残念でした。
ドラマでは主役を張っていたのにねぇ、打ち切りになったけど〜。↓

c12.jpg


nice!(7)  コメント(8) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画写真日記 ブログトップ