So-net無料ブログ作成
映画写真日記 ブログトップ
前の10件 | -

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」気付かなかったけど、脇の脇までスターが出演。 [映画写真日記]

いや〜、クエンティン・タランティーノが1969年のハリウッドを描いた「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」な〜。
とっても楽しみました〜。
 
当時のロサンゼルスを再現した映像が圧巻。
フォントが昔っぽくて良いんですよね〜。↓
o1.jpg
 
頭のてっぺんからつま先まで、タランティーノ色に染められたブラッド・ピットもクールでした。↓
o2.jpg
 
ワンちゃんも活躍〜。
「妙にしつけが良い」ってところがミソでした。
ブラピとワンちゃんの取り合わせも新鮮〜。
こんなブラピ、見たことナーイ!↓
o3.jpg
 
音楽もノリノリで最高〜。
Spotifyでサントラを聴きながら家中の掃除をしたら、はかどった〜。
ぞうきんを絞る速度が倍になったわい!
 
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: CD
 
背景や人物、全ての細部にこだわりがあって、フンイキがカッコいい作品でした。
当時のロサンゼルスにどっぶりと浸って、もう日本に帰りたくナーイ!…そんな気分。
ありがとう、タランティーノ!
 
メインの登場人物は架空ですが、ほとんどのサブ・キャラクターにはモデルが存在。
知識が豊富なタランティーノらしいところですけども。
 
鑑賞中は気付きづらいですが、実はいろんなスターがサブ・キャラクターを演じていたんですね〜。
 
まずは、スティーブ・マックイーン役がダミアン・ルイスって、なるほど〜。
うっすら似てる〜。↓
o4.jpg
 
シャロン・テートの元婚約者で、ヘアスタイリストのジェイ・セブリング役はエミール・ハーシュだったんですね〜。
エミール・ハーシュって、消えそうでいて、長いことハリウッドで生き残ってますな〜。
今回も良い役をもらいました〜。
 
女優シャロン・テイトが殺される直前に彼女の家に遊びに来ていたという、同じく女優のジョアンナ・ペティット役を演じたのは、ブルース・ウィリスの実娘ルーマー・ウィリスでした。↓
o5.jpg
 
二世タレントといえば、イーサン・ホークとユマ・サーマンの実娘マヤ・ホークや、ケヴィン・スミス監督の実娘ハーレイ・クイン・スミスが出演していたらしいですが、一体どこに出ていたのか分かりませんでした。
 
ドリーマ・ウォーカー、レナ・ダナムも出演していたらしいですが、それも気づきませんでした。
 
今回、印象的なキャラクターだったのは、ブラピが運転する車に乗り込んできた少女プッシーキャット。
演じていたのはマーガレット・クアリーという若手女優ですけども。↓
o6.jpg
 
彼女の実のお母さんは、アンディ・マクダウェルだったんですね!↓
o7.jpg
 
悪役テックスを演じていたのは、実生活ではバネッサ・ハジェンズを抱いているオースティン・バトラーでしたけども。
あまりにも良い役でビックリ。
これは、出世を約束されたようなもん。
こちらのお写真はプレミア会場にやって来たバネッサ・ハジェンズとオースティン・バトラー。
結構長いこと交際してるよね〜。↓
o8.jpg
 
ちなみに、イタリア人女優ダフナ・ベン・コボ役を演じたダニエラ・ピックは、イスラエルの歌手で、タランティーノの実の嫁でした。
お子さんも生まれるそう。
タランティーノには幸せになってほしいです。
こちらのお写真は夫妻のツーショットですが、なんか〜、「女優と握手会に来た冴えないファン」みたい。
実際はアツアツのお二人です。↓
09.jpg
 
こちらのお写真は、プロモーション活動中の監督とメインキャストのみなさん。
疲れきっているのか、目が死んでます!
おつかれさまでした〜。↓
o10.jpg

nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

「ロケットマン」主演タロン・エガートンとエルトン・ジョン本人の交流名場面 [映画写真日記]

いや〜、エルトン・ジョンの半生を描いたミュージカル映画「ロケットマン」な〜。

楽しかったですけども。

 

【メーカー特典あり】 ロケットマン(オリジナル・サウンドトラック)【特典:ポストカード付】

【メーカー特典あり】 ロケットマン(オリジナル・サウンドトラック)【特典:ポストカード付】

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: CD
 

まずは、エルトン・ジョン役を演じたタロン・エガートンが大熱演。

振り切り感が気持ちいいです。↓

r1.jpg

 

奇抜な衣装も着こなしておりました。↓

r2.jpg

 

タロン・エガートンとエルトン・ジョン本人は、映画「キングスマン: ゴールデン・サークル」(2017年)で共演済みなんですよね〜。

こちらのお写真が「キングスマン: ゴールデン・サークル」でのエルトン・ジョン出演場面。

完全に色ものとしての出演でした。

「賑やかし要員」ですよ!↓

r7.jpg

 

「キングスマン: ゴールデン・サークル」での共演をきっかけに、タロン・エガートンとエルトン・ジョンの交流は始まったと言われてますけども。

 

ミュージカルアニメ映画「SING/シング」(2016)劇中でも、声優として出演したタロン・エガートンはエルトン・ジョンの楽曲「I'm Still Standing」を歌唱済みなんですよね〜。

ご縁がありますな〜。↓


 

ビックリしたのは、アカデミー賞鑑賞チャリティ・パーティー等、エルトン・ジョンのライブ・ステージに、度々タロン・エガートンが呼ばれてデュエットしていること。

タロンさん、これは相当気に入られてます!

アンタ、愛でられてんよ!!↓


 

こんな大きなステージにも呼ばれています。

すごすぎる〜。↓


 

各地のプレミア会場などでも、絆を感じる写真がチラホラ。

 

こちらのお写真は、「ロケットマン」でタロン・エガートンの恋人役を演じたリチャード・マッデンを含むスリーショット。

おじいちゃんが、イケメン2人に挟まれております。

イケメン・サンドイッチですよ!

「スマスマに出演したときの槇原敬之」をほうふつの絵づらです。↓

r3.jpg

 

スキンシップも忘れないタロン・エガートン。

いい人だと思う〜。↓

r4.jpg

 

もう養子になったほうがいいんじゃない?!↓

r5.jpg

 

「ロケットマン」でのタロン・エガートン起用は、エルトン・ジョン本人も大満足していると思う〜。

r6.jpg

nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」おじさん役の1人は懐かしのジャン=ユーグ・アングラードかい! [映画写真日記]

残暑お見舞い申し上げます〜。
 
フランス製、おじさんたちの水泳スポ根映画「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」な〜。
 
上映館の新宿ピカデリーでは、アニメ水泳映画「劇場版Free!」とポスターが横並び。
ものすごいコントラストを放っております。↓
s1.jpg
 
海外のポスターは、こんな感じ〜。
おじさんの足がオシャレな風味に。↓
s2.jpg
 
「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」は、冴えないおじさんたちが、アーティスティックスイミングの世界大会に挑戦するお話。
笑いも感動もあって、とってもオモロかったですけども。
 
おじさんチームの1人で、いい年ぶっこいて、まだロックスターへの夢をあきらめきれていないシモン役を演じたお方。
「なんか、ジャン=ユーグ・アングラードに似たおじさんだな〜」と思ったら、なんと本人!↓
s6.jpg
 
この人、久々に見た〜。
1980〜1990年代にセクシー男優として世界的にブレイクして、天下を取ったお方だよね。
「ベティ・ブルー」(1986年)で見せた裸体も強烈でした。↓
s7.jpg
 
こちらのお写真が「ベティ・ブルー」での、ジャン=ユーグ・アングラードとベアトリス・ダルですけども。↓
s8.jpg
 
2015年に2人は再会しておりました。
ああ、歳月よ!↓
s9.jpg
 
 
このように、「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」には、一見すると冴えないおじさんが集まっているように見えますが、演じているのは名優ばかり。
その何人かをご紹介したいと思います。
 
主人公で、ひきこもり中年のベルトラン役を演じたのはマチュー・アマルリックですよ。
日本で2019年11月公開の「永遠の門 ゴッホの見た未来」では、画家ゴッホの主治医を演じているそうで、そちらも楽しみです。
「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」では、見事な「バーコード・ヘア」を見せております。↓
s3.jpg
 
プール販売会社の社長マルキュス役を演じているのはブノワ・ポールヴールドですよ。
近年の代表作は「神様メール」とか。↓
s5.jpg
 
コーチのデルフィーヌ役を演じたのはヴィルジニー・エフィラですよ。
近年の出演作は「おとなの恋の測り方」や「エル ELLE」という、上り調子のお方〜。↓
s4.jpg
 
スパルタ型のコーチ役を演じたのは、レイラ・ベクティという名の女優さんですけども。
彼女の私生活での夫は、マチュー・アマルリックも出演していた黒沢清さんの監督作「ダゲレオタイプの女」で主役だったタハール・ラヒムなんですね〜。
こちらのお写真は、普段のご夫妻。↓
s13.jpg
 
家族とうまくいっていないロラン役を演じたのはギヨーム・カネさん。
おカネさんですよ!↓
s10.jpg
 
おカネさんの元妻はダイアン・クルーガー。↓
s11.jpg
 
現在は、マリオン・コティヤールの実質・夫だという、すんごいお方〜。
2大女優を抱いたお方なんですよ!↓
s12.jpg
 
ねぇ、どんな気分?!
 
アンタ、どんな人生?!
 
おカネさんてモテるんですね〜。
生まれ変わったら誰になりたいかと聞かれたら、これからは「おカネさん」と答えたいと思います。


nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」ワイスピの呪縛がとれた?!ノビノビした名場面。 [映画写真日記]

いや〜、「ワイルド・スピード」シリーズのスピンオフ作品「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」な〜。

とっても楽しかったですけども。

 

男前のイドリス・エルバさんな〜。

今回の作品もそうですが、ハリウッドでは悪役が多いのが残念〜。

もっと良い役をあげてほしい〜。↓

s1.jpg

 

悪役を演じたイドリス・エルバさん、今回は主役のドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムを相手に大暴れ。

素だと2人に負けそうですが、今回はメカで武装しているから互角に戦っておりました。↓

s2.jpg

 

イドリス・エルバさんが乗っているバイクが、かっこよかったです。

自走するし、狭い場所には変形して走行可能。

こういう男子が好きそうな場面が多かったです。↓

s3.jpg

 

ドウェイン・ジョンソンのパートでは、なぜかサモアの民族衣装に身を包み、鈍器を持って戦う場面になってビックリ。↓

s4.jpg

 

とても「ワイルド・スピード」シリーズとは思えませんな〜。

オモロイです。↓

s5.jpg

 

ドウェイン・ジョンソンの兄役を演じた男優が、クリフ・カーティスという普通感のある人材だったところもグッときました。

奇抜な男性の兄弟は、意外と普通なものですからな。

こちらのお写真がクリフ・カーティスと、ドウェイン・ジョンソンの娘役を演じた子です。↓

s6.jpg

 

こちらのお写真は、プレミア会場やってきたドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサム。

2人で共同プロデュースした作品ですからな、テンション高めで上機嫌ですな〜。↓

s7.jpg

 

「ワイルド・スピード」本編の出演者とはゴタゴタしましたからな。

今回のスピンオフは楽しく仕事が出来たのではないでしょうか。↓

s8.jpg

s9.jpg

 

こちらは、レアなドウェイン・ジョンソンとイドリス・エルバさんのツーショット。↓

s10.jpg

 

こちらはイドリス・エルバさんと、共演のヘレン・ミレンのツーショット。

2人ともお若いよ〜。↓

s11.jpg

 

ヘレン・ミレンって大女優ですが、アクション男優とかとも、くだけた交流をするところがステキだわな〜。↓

s12.jpg



nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「トイ・ストーリー4」他のピクサー作からの引用が多数。結構な量をスタッフが仕込んできた! [映画写真日記]

いや〜CGアニメ映画「トイ・ストーリー4」な〜。
楽しみましたけども。
 
Toy Story 4

Toy Story 4

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Disney
  • 発売日: 2019/06/21
  • メディア: CD
 
まずは、宣伝ポスターにご注目。
同じくピクサー製アニメ作品「カールじいさんの空飛ぶ家」のキャラクター、チャールズ・マンツが描かれた絵が引用されているそうです。↓
t1.jpg
 
この絵だそう。↓
t2.jpg
 
このように、「トイ・ストーリー4」本編にも、過去のピクサー製アニメ作品からの引用が多数。
遊園地では、射的の的に「リメンバー・ミー」のギターが。
いや〜、言われても気づきませんな〜。↓
t3.jpg
 
本編では、デューク・カブーンという名のおもちゃが新登場してましたけども。↓
t4.jpg
 
デューク・カブーンは、すでに「インクレディブル・ファミリー」劇中に登場していたのだそう。
こちらの写真が、「インクレディブル・ファミリー」での登場場面らしいのですが。
ホントでしょうか、よく見えませんが。↓
t5.jpg
 
そんな感じで、「トイ・ストーリー4」本編には、過去のピクサー作品からの引用ネタが大量に仕込まれています。
 
スタッフのお遊びですよ!
 
とくに舞台のひとつ、アンティークショップの中には、多く引用されているそう。
これから作品を観る方は、よ〜くチェックしてみてはいかがでしょうか。
 
スタッフのお遊びに、付き合っておやんなね!
 
 
さて、ここからは「トイ・ストーリー4」キャストのネタ。
 
まずは、陶器人形ボー・ピープが、なんとパンツルックの「アクティブ女」と化して、20年ぶりに再登場〜!
いまどきの味付けがされているのでした。
なんか、まるでディズニー・プリンセスみたいですな〜。↓
t6.jpg
 
ボー・ピープの声を担当しているのが女優アニー・ポッツなのですが。
彼女、今は60半ばですよ。
よくがんばりました!
 
こちらのお写真は、ドラマ「シカゴ・メッド」に出演しているときのアニー・ポッツ。↓
t7.jpg
 
新キャラの1人で、観客を泣かせる見せ場を担当したアンティーク人形がギャビー・ギャビーですけども。↓
t8.jpg
 
声を担当したのはクリスティーナ・ヘンドリックスですよ。
なるほど、確かにクリスティーナ・ヘンドリックスって、かわいい声をしているんですよね〜。
声優でやっていけそうなくらいのロリ声〜!
 
こちらのお写真は、プレミア会場に来たクリスティーナ・ヘンドリックス。
この服を着こなせるのはクリヘンくらい。
似合ってます〜。↓
t9.jpg
 
劇中で、射的の的になっていたぬいぐるみがダッキー&バニーですけども。
とってもかわいい2人組ですけどもね〜。↓
t10.jpg
 
声を担当していたのは、キーガン=マイケル・キーとジョーダン・ピールですよ。
ジョーダン・ピールといえば、2017年の「ゲット・アウト」で製作・監督・脚本を担当して大ブレイクしたお方。
 
キーガン=マイケル・キーとは名コンビで、最近では2016年のコメディ映画「キアヌ」でも共演済みでした。↓
t11.jpg
 
「キアヌ」といえば、新キャラのデューク・カブーンの声を担当したのがキアヌ・リーヴスなんですよね〜。
 
ついに、アヌ様がディズニー/ピクサー作品のプレミア会場に降臨じゃ〜っ!
しかし、なんとなく現場で浮いてるアヌ様。
背景とのギャップが激しすぎる〜。
ああ、アヌ様。
どうして、そんな辛気臭い服を選びなすった?!
t12.jpg
 
しかしアヌ様、あなたはそれでいい。
どこでも、あなたらしさを忘れずに。
 
ひととおり挨拶して回ったら帰んなね!↓

t13.jpg

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」ベテランも若手も女優がステキ。 [映画写真日記]

いや〜「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」な〜。
とっても楽しかったですけども。
 
Spider-Man: Far from Home

Spider-Man: Far from Home

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Classical
  • 発売日: 2019/07/05
  • メディア: CD
 
まずは今作で、演技派男優ジェイク・ギレンホールが、ついに「スパイダーマン」シリーズというアメコミ映画に進出〜。
ついに手から光線を出したわい!↓
s1.jpg
 
こちらはプレミア会場でのお写真。
アメコミ・キャラとの交流は慣れていない様子のギレンホールが微笑ましいです。↓
s2.jpg
 
こちらはギレンホールと、スパイダーマン役トム・ホランドの対面シーン。
メガネをかけたトム・ホランドは、なんか勉強が出来そうに見えますな〜。↓
s3.jpg
s4.jpg
s5.jpg
 
トム・ホランドのおばさん役を演じたのはマリサ・トメイですけども。
ただいま54歳でありながら、劇中では、まだまだセクシーなオーラを出していてビックリしました。
なかなか54歳でこのお色は着れませんよ、お若いですな〜。↓
s6.jpg
 
いつもレッドカーペット上でのドレス姿がイマイチのコビ子も来ています!(←コビー・スマルダーズ)
今回も、何かが残念なドレス姿でした。↓
s7.jpg
 
トム・ホランドのクラスメイト役を演じた、アンガーリー・ライスちゃんも来ています。
ただいま18歳のアンガーリーちゃんですが、すでに40〜50代の貫禄が!
なんとも渋い苺柄のドレスですが、これはこれで良いと思う〜。
この路線で突き進んでほしいです。
そのうちティム・バートン作に出してもらえるかもよ。↓
s8.jpg
 
美貌を隠して出演していたのはゼンデイヤちゃんですけども。
こちらは劇中のお写真。↓
s9.jpg
 
ゼンデイヤちゃんは、いつもレッドカーペット上でのドレス姿がステキなんですよね〜。
この「劇中とは別人感」がたまりません。
なんか〜、このまま大人になれば「キャサリンゼタ=ジョーンズの後釜」みたいな存在になれるかもよ。↓
s10.jpg

nice!(9)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

「X−MEN:ダーク・フェニックス」のソフィー・ターナーが結婚!しかもジョナス・ブラザーズと〜!! [映画写真日記]

いや〜「X−MEN:ダーク・フェニックス」な〜。
まあまあ楽しみましたけども。
 
X-Men: Dark Phoenix

X-Men: Dark Phoenix

  • 作者: John Byrne
  • 出版社/メーカー: 20th Century Fox
  • 発売日: 2019/10/31
  • メディア: Blu-ray
 
降ろされてしまったブライアン・シンガー監督って、腕前は確かだったんだな〜、と改めて思いました。
今回はブライアン・シンガーが離れたからか、なんとなくイマイチでした〜。
 
かつて実生活で交際していて別れてしまったジェニファー・ローレンスとニコラス・ホルトが、映画の中ではカップルのまま。
切ない気持ちなる共演場面でした。↓
d1.jpg
 
「ダーク・フェニックス」という言葉だけ聞くと、イメージはコレですけども。↓
不死鳥 美空ひばり in TOKYO DOME <完全盤> 翔ぶ!! 新しき空に向かって [DVD]

不死鳥 美空ひばり in TOKYO DOME <完全盤> 翔ぶ!! 新しき空に向かって [DVD]

  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • メディア: DVD
 
今回の作品では、ソフィー・ターナーが演じるジーン・グレイのことなんですね〜。↓
d3.jpg
 
ソフィー・ターナーは、2019年の時点で23歳ですが妖艶すぎる〜。
同じく妖艶な女優ジェシカ・チャステインと会話する場面は、お水の先輩後輩をほうふつ。↓
d4.jpg
 
こちらは、ソフィー・ターナーと、同僚ジェニファー・ローレンスの交流場面。↓
d5.jpg
d6.jpg
 
ところで。
ソフィー・ターナーって、2019年5月に結婚したんですね!
つい、こないだですよ。
自身が出演している人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の完結時期に合わせたのかもしれませんけども。
 
なんとお相手はジョナス・ブラザーズの次男ジョーなんですね!
うわ〜、すんごいプレイボーイに引っかかっちゃった〜。↓
d7.jpg
 
てことは。
ジョナス・ブラザーズの三男ニックといえば、嫁はインドが生んだ美人女優プリヤンカー・チョープラー。
ワテら日本人が知らないところで、とんでもない芸能一家が誕生していたのです!↓
d8.jpg
 
ワテら日本人が知らないところで、いろんな女性が、いろんな男性に抱かれていたんですよ!↓
d9.jpg
 
こちらのお写真は、バカンス中のジョナス・ファミリー。
ソフィー・ターナーの水着がチェスボードのよう。
一体どこにチェックメイトすればいいの?!↓
d10.jpg
 
そんな感じで。
プリヤンカー・チョープラーとソフィー・ターナーのビジュアル的な相性はバッチリ。
ファンタジーの世界から飛び出してきたかのような2人〜。
こういうお衣装がお似合いですな〜。
いやしかし「ジョナス・ブラザーズおそるべし」ですよ〜。↓

d11.jpg


nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

エッ、「メン・イン・ブラック:インターナショナル」テッサ・トンプソンって35歳だったのか!若く見える。 [映画写真日記]

いや〜、SFアクション・コメディ「メン・イン・ブラック:インターナショナル」な〜。
楽しかったですけども。
 
Men in Black: Internation

Men in Black: Internation

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Classical
  • 発売日: 2019/06/14
  • メディア: CD
 
「マイティ・ソー」シリーズでも共演していたクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンが再共演しておりました。
こちらが「マイティ・ソー」シリーズで出演していたときのお写真。(*中央2名)↓
m1.jpg
 
「メン・イン・ブラック:インターナショナル」でも息の合った掛け合いを見せていた2人。
もうツーカーの仲なんですよ!↓
m2.jpg
 
そんなクリス・ヘムズワースと、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のトム・ホランドが、お互いの主演作を宣伝し合う映像(?)がオモローイ。
トム・ホランドの方が一枚上手っていう。↓
 
こちらは、「メン・イン・ブラック:インターナショナル」プレミア会場でのお写真。
テッサ・トンプソンが派手でありながらも、クールにキマってますな〜。↓
m3.jpg
m4.jpg
 
テッサ・トンプソンって、今35歳なんですね!
実は、ただいまクリス・ヘムズワースと同い年だったんですね〜。
てっきり25歳くらいかと思ってました、若く見える〜。
こちらは、別のプレミア会場での2人。↓
m5.jpg
 
クリス・ヘムズワースとは「ホース・ソルジャー」でも共演していた、実の妻エルサ・パタキーも来てますよ。↓
m6.jpg
 
エルサは、クリス・ヘムズワースより7つ上の姉さん女房なのでした。↓
m7.jpg
 
最近は株が暴落し、「オーシャンズ8」に出演していながらも全カットされてしまったというマット・デイモンも、美人妻を連れて来ましたよ。↓
m8.jpg
 
マット・デイモンは今後も話題作に出演しているし、またそのうち人気が出ると思う〜。
がんばんなね。↓

m9.jpg

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「アラジン」ジャスミン役女優。次回作は「チャーリーズ・エンジェル」。しかもエンジェルの1人〜! [映画写真日記]

いや〜、ディズニーの実写映画「アラジン」な〜。
楽しかったですけども。
 
アラジン オリジナル・サウンドトラック 日本語盤

アラジン オリジナル・サウンドトラック 日本語盤

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/06/05
  • メディア: CD
 
こちらの写真は、メイン・キャストの普段の姿。↓
a1.jpg
 
劇中では、ランプの魔人ジーニー役を演じたウィル・スミスのインパクトにヤラレましたけども。
大人しめファッションだった人間モードのジーニーも、よく見れば変〜。↓
a2.jpg
 
こちらのお写真は、プレミア会場にやってきたウィル・スミス一家。
みんな、さすが着ている服が高そうですよ。↓
a3.jpg
 
レッドカーペット上であるにもかかわらず、盛り上がってしまったウィル・スミス夫妻。↓
a4.jpg
 
アラジン役のメナ・マスードも、ジャスミン役のナオミ・スコットもハマってた〜。
アニメ版から出てきたような2人でした。↓
a5.jpg
a6.jpg
 
そんなジャスミン役のナオミ・スコット。
現在26歳で、とっくに結婚済み!
もう何年も前から抱かれ済んでるんですよ!!
夫はサッカー選手のジョーダン・スペンスだそうです。↓
a7.jpg
 
ナオミ・スコットは、映画「パワーレンジャー」(2017年)でピンクレンジャー役を演じて人気が出たのだそう。
なんとなく、ドラマ「美少女戦士セーラームーン」のセーラーマーズ役がブレイクのきっかけになった、北川景子さんをほうふつ〜!
 
ナオミ・スコットが出演する次回作もスゴイです。
エリザベス・バンクス監督・脚本・出演のリブート版「チャーリーズ・エンジェル」ですよ!
おそらく、エンジェルの1人役です。
完全に出世コースに乗った状態〜。
作品も楽しみですな〜。↓
a8.jpg
 
キャメロン・ディアス主演の「チャーリーズ・エンジェル」は、明らかに男子ウケする内容でしたけど。
今回のリブート版は、写真だけ見た感じだと女子ウケしそうなフンイキ。
男なんてボコボコにヤラれそうで、コワーイ!↓
a9.jpg

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「アベンジャーズ/エンドゲーム」調べて判明した、一瞬しか出ていないチョイ役スターを紹介。 [映画写真日記]

*本編のネタバレはありません。
 
いや〜、アメコミ・ヒーロー・シリーズの完結編「アベンジャーズ/エンドゲーム」な〜。
とっても楽しんで、とっても泣きましたけども。
 
Avengers: Endgame

Avengers: Endgame

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hollywood Records
  • 発売日: 2019/05/24
  • メディア: CD
 
ものすごい量の、豪華なゲスト出演者たちも魅力。
鑑賞中は「あっ、あの人も出てる。この人も」と、驚きの連続でしたけども。
 
そんな超・有名なゲストスターたちは、今回は置いといて。
だ〜れも気にも止めていない、鑑賞後に調べてやっと判明したチョイ役たちを紹介したいと思います。
 
拾い上げてやるんですよ!
 
まずは、弓矢ヒーローのホークアイの嫁役女優を「どこかで見たことがある」と思ったら。
それは、アカデミー受賞作「グリーンブック」(2018年)でヴィゴ・モーテンセンの嫁役を演じていたリンダ・カーデリーニだったんですね!↓
a1.jpg
 
リンダ・カーデリーニは、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年)から、同じ役で出演していたんですね〜。
「グリーンブック」で話題になった後の、超大作「アベンジャーズ/エンドゲーム」への出演。
追い風が吹いてますな!
 
スターク家の運転手ジャービスさんが、チラッと出てきたときは「おお〜」と思いました。
ジャービスさんは、「アベンジャーズ」のスピンオフドラマ「エージェント・カーター」に出ていたキャラクター。
ドラマから映画に進出した、初のキャラクターなのでした。
こちらのお写真、左端がジャービス役を演じたジェームズ・ダーシー。↓
a2.jpg
 
倉庫の見張り役(多分)で、チラッと出てきたのはケン・チョンさんですよ。
鑑賞中は「あの人、ケン・チョンさんに似ているな」と思っていたのですが、後に調べてみたら本人でした。↓
a3.jpg
 
本編の、ある場面で知らない子が出てきて「あんな子、今までのシリーズに出てたっけ?」と思っていたのですが。
こちらのお写真の、右がその子。↓
a4.jpg
 
鑑賞後に調べてみたら、なんとその子は「アイアンマン3」に出ていた少年ハーレー・キーナーでした。
演じているのはタイ・シンプキンスという名の子。
こちらのお写真が「アイアンマン3」出演時。
懐かしのキャラクターなのでした。↓
a5.jpg
 
というわけで、以上がチョイ役たちでした。
 
こちらのお写真はプレミア会場に現れた、キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソン。
劇中の衣装ではなく、オシャレ着ですよ。
アメコミとかの作品イメージにピッタンコのお洋服ですな。↓
a6.jpg
 
こちらのお写真は、アイアンマン役ロバート・ダウニー・Jrと、ロケット役ブラッドリー・クーパーの、珍しいツーショット。↓
a7.jpg
 
こちらのお写真は、主要メンバーの、お戯れ場面。
キャプテン・アメリカ役クリス・エヴァンスのスタジャンが派手ですな〜。↓
a8.jpg
 
そしてクリス・エヴァンスは、相変わらずスナップ写真の写りが悪いです。↓
a9.jpg
 
こちらのお写真は、本編で活躍した2人、アントマン役ポール・ラッドと、ホークアイ役ジェレミー・レナー。
こういうテイストのスピンオフドラマを製作してもいいかもよ。
テレ東の深夜に放送してほしい〜。↓

a10.jpg

nice!(9)  コメント(7) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画写真日記 ブログトップ