So-net無料ブログ作成

「ライオン・キング」子供時代のシンバ役、熊谷俊輝くんの歌が上手〜い。ディズニー向き。 [映画日記]

いや〜、最近のディズニー映画な〜。
昔のアニメ作品を、最新技術で完全リメイクする時代に入ってますけども。
 
旧作を完コピするんですよ!
 
リブートを繰り返して収益を上げ続ける「ガンダム」みたいな商売になってますけどもね〜。
 
2019年の夏は、「ライオン・キング」がクオリティの高いリアルCG映像と化して大公開〜。
CG映像のはずですが、あんまりリアルだから、もはや普通の風景ですよ。↓
l1.jpg
 
ポスターもこんな感じ。
普通の動物園のポスターみたいになってます。↓
l2.jpg
 
字幕版で観たとき、子供時代のシンバ役を演じた子のお歌がお上手でした。
帰宅後に、YouTubeで日本語版のお歌も聴いてみたところ。
日本語版を担当した熊谷俊輝くん(現在:11歳)のお歌も、相当上手くてビックリ。
 
熊谷俊輝くんは、今後もディズニー映画で使えそう〜!
シンバの声にピッタリの配役でした。↓
 
こちらのお写真は、イノシシのプンバァ。
香りまで漂ってきそうな、リアルCG映像で再現されております。↓
l4.jpg
 
英語版のプンバァ役はセス・ローゲンですが。
日本語版は 佐藤二朗さんが演じているんですね!
なるほど〜、という感じの、センスを感じる配役です。↓
 
こんな感じで、YouTubeで「ライオン・キング」の楽曲を続けて聴いていると中毒化。
今では、口ずさんでますよ!
とくに、お気楽ソング「ハクナ・マタタ」は楽しいですな〜。
 
「ライオン・キング」でおなじみ、シンバを掲げる「持ち上げ役」のお猿さん。
あのお猿さんて何者なんでしょうかね〜。
謎の存在でした。
王室の顧問かな?!↓
l3.jpg
 
ヒロイン的存在のメス・ライオン、ナラ役を演じたのはビヨンセでした。
全体的に地味めのキャスティングなので、アイコン役としても最適の存在に。
今回の「ライオン・キング」の顔といっても良いでしょう。
 
こちらのお写真は、プレミア会場にやってきたビヨンセ。
ライオン色のドレスですよ!
しかも、もしやノーパンか?!
 
野生味を演出したドレスでした。↓

l5.jpg

 

 


【メーカー特典あり】 ライオン・キング オリジナル・サウンドトラック 日本語版【特典:ポストカード付】

【メーカー特典あり】 ライオン・キング オリジナル・サウンドトラック 日本語版【特典:ポストカード付】

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画