So-net無料ブログ作成

「ライオン・キング」★★★ [映画日記]

thelionking.gif

 

観ましたヨ、「ライオン・キング」だか「おいらん・キング」だか何だか言う映画!

 

1994年の同名ディズニーアニメを、高密度なCGで完全リメイクしております。

 

コンピューターで復活させたんですよ、令和らしく!

 

ジョン・ファヴロー監督の前作「ジャングル・ブック」に似た作風で、動物王国を表現したリアルなCG映像が圧巻。

風に吹かれるライオンの毛並みもフッサ〜と自然。

 

まるで浅野温子さんのワンレンみたいにフッサ〜ですよ!

 

メインで活躍する動物は当然ですが、チラッとしか出てこない虫とかカメレオンまで超リアルなCGで再現。

手間ヒマかけてます。

 

夜なべしてます、スタッフ!

 

鑑賞中は、まるで本物みたいな映像に釘付け状態。

これは、おカネを払って観る価値のある映像ですよ。

 

「スゴイな、最近のメカは」と思いました。

 

そんな、本物みたいな動物たちが繰り広げるドラマの随所で、ミュージカル・シーンが挿入されますよ。

 

お歌のコーナーですよ!

 

本物みたいに無表情な動物たちが突然、陽気に歌い出す…これはオリジナルのアニメ版には無かったシュールな世界観。

変な気分になりました、夢でも見てるみたいな!

 

まるでアニマル・ナイトメアでした!!


幼いライオン、シンバが悲劇を乗り越えて成長する物語。

まずは、子供時代のシンバが、姿も動きもかわいいです。

 

普通にネコ科ですから!

 

普通にネコ動画なんですよ!!

 

字幕版で観たのですが、シンバを演じた子役の歌唱力も高かったです。

 

お歌を聴きながら、「うまいねアンタ。稼げるねと思いました。

 

割と子供時代の比重が大きかったと思います。

大人になったシンバは、かわいくなくなりますからな〜。

 

動物王国でライオンの種族は、メスが多いんですね〜。

 

まるで「女だらけの水泳大会」ですよ!

 

リアルなCGは素晴らしいのですが、あんまりリアルだから、キャラの描き分けは難しそう。

ライオンのメス集団を見て、どれが女王サラビで、どれが生娘ナラなのかサッパリ…。

 

女性の年齢を感じさせない世界なんですよ!

 

額に「女王」「生娘」と書いといてほしかったです!!

 

悪役ライオンのスカーはダークで、アラン・リックマンみたいな感じ。

 

ライオン・リックマンですよ!

 

スカーの姿は、ちょっと汚れた感じで、一目で「不良」と判別がつきました。

毛ヅヤもよくありませんでしたしね。

 

「洗い流さないタイプのトリートメント剤を使ってみたら?お試しあれ!」…と思いました。

 

昔、オリジナル版のアニメを観たのですが、話はすっかり忘れておりました。

今回、改めて「ライオン・キング」の物語を楽しんだのですがね〜。

 

キャラクターも少ないし、なんかシンプル。

 

簡単な話!

 

だからこそ、お子様客にも受け入れられるのでしょうね。

 

「話は、こんなもんか〜」と思って帰宅後、YouTubeで歌唱部分の動画を再生しているうちに、心がジワジワと盛り上がってきましたよ。

 

映像、物語、歌唱、なんか全てのバランスがおかしいけれど、独自の魅力がある作品に仕上がりました。

 


ライオン・キング  オリジナル・サウンドトラック デラックス版

ライオン・キング オリジナル・サウンドトラック デラックス版

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: CD

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画