So-net無料ブログ作成

「マーダー・ミステリー」★★★ [映画日記]

murdermistery.gif


Netflixオリジナルのコメディ映画です。


主人公は、アダム・サンドラーとジェニファー・アニストンが演じる庶民的な夫妻。

基本的な楽しみは、夫妻の押し問答ですよ。


アメリカの宮川大助・花子みたいなもん!


空気が読めない冴えぬ亭主役にアダム・サンドラーという人材がピッタンコでした。


言うこと、やること、全部が寒〜い!(←ホメ言葉)


アダム・サンドラーって、Netflixとの相性バツグンだわな。


向いてんよサブスクに!


アダム・サンドラーの主演作を映画館でカネを払ってまで観ようとは、なかなか思いませんけども。

Netflixなら、いくらでも見てやれますからな。


Netflix、サンドラー、視聴者…誰も損しない見事な方程式でした!


ジェニファー・アニストンは、実年齢は50歳を超えてますが、まだまだキレイです。


現役女ですよ!


リゾート地では、短めのスカートに生足〜。

腰回りは杉の大木ほどになりましたが、それを差し引いてもステキでした。


あまりに現実感のない美貌のジェニファー・アニストンですが、役柄は美容師ということで。

「なるほど、庶民の中でも美意識が高い系か」と納得。


「きっと店に置いてある高いローションを使ってるんだね。くすねてるんだね」と納得いたしました!


そんな夫妻がヨーロッパ旅行に行く途中、ひょんなことから億万長者と知り合いになる、という序盤。

「この先、どんなお話になるのやら」と思っていたら、億万長者の家族が殺されて、夫妻が犯人捜しをする、というミステリー作品の構図に展開。


「エッ、これってミステリー映画だったの?!」…とビックリしましたけども。


よく見りゃタイトルが「マーダー・ミステリー」だった、っていう…。


「ザ・ミステリー映画」と言ってるようなタイトルですよ!


にもかかわらず、タイトルが記憶に残りづらいところが不思議でした。


ミステリーとしては、物語が二転三転するし、まあまあ面白かったです。


Netflixがスゴイのは、今回の作品、多くの場面はヨーロッパでのロケ撮影。


旅費が下りてんの!


また、億万長者役がルーク・エヴァンスで、女優役がジェマ・アータートンなど出演者も豪華。

カネのかけ方がアメリカ企業っぽいです。


そんな作品の中で、忽那汐里ちゃんがルーク・エヴァンスの元・婚約者という、超・おいしい役で登場〜。


日本人女性でありながらルーク・エヴァンスに抱かれてた、っていう破格の役!


「忽那汐里ちゃん。アンタもスゴイね。上りつめたね。女優人生のピークかもよ!」と思いました。


プロデューサーの1人にシャーリーズ・セロンの名前を発見。

元々はシャーリーズ・セロン製作・主演作として企画されていた作品なんですね〜。


セロンは作品を降りましたけども、プロデューサーとして、爪痕を残しておりました。


あの子の残り香が、おトイレに残った臭いのようにプンときた作品でした。 



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画