So-net無料ブログ作成

「チャイルド・プレイ」★★★ [映画日記]

ChildsPlay .gif


幼児体型のお人形が追っかけてくんよ、出刃包丁持って!


1988年の名作ホラーを、現代風にアレンジしたリブート作品です。


2019年版にリニューアルされた殺人人形チャッキーは、IT機能がスゴイです。


完全スマホ対応ですよ、設定するんですよアプリだかだかで!


さすが令和じゃーっ!!


目にはカメラが内臓されていて録画もOK。

WiFi経由で、いろんな電化製品まで操作してますよ。


もはやロボットですよ、スマート人形!


だから怨霊とか、そういう感じじゃなくて、人工知能の暴走とか、そっち方面の感覚。


あっち方面ですよ!


そんなメカ・チャッキーが、肉を裂き血を浴びるという、SFホラー的な味わいになっておりました。


2019年版チャッキーの顔は「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムみたい。

あえての生物感。


あえてのキモ・カワ路線ですよ!


頭部全体は、ゴラムにヅラをかぶせた感じの仕上がりに。


ゴラムにアデランスを乗っけた感じでした!


チャッキーの見た目は、オリジナル版の方がクールだわな。


オリジナル版の方がモテたと思う〜!


そんな2019年版チャッキーを引き取ることになったのは、幸薄い少年アンディ。


団地の子ですよ!


チャッキーが、アンディーの敵をどんどん殺す展開になる、ということで。

物語は超・普通でした。


大ヒットしたホラー作品「IT/イット “それ”が見えたら終わり。」の設定を意識してなのか何なのか、物語の中盤からはアンディに友達が出来てチームプレイに。


アンディ1人でも物語は成り立ったのにねぇ。

必要性を感じないお友達ばかりでした。


かさ増し要員でした、肉炒めかさ増しに、たまねぎを入れるようなもん!


さらに、脇役には男性の刑事と、その母親が出てくるのですが。

両者とも善人ですが、結末がお気の毒〜。

あれは不憫な母子でした。


人形チャッキーの声を担当しているのは、マーク・ハミルだったんですね!


おじさんですよ!!


「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」出演で、全世界的に再ブレイクを果たしたばかりのマーク・ハミルですが。


今回の「チャイルド・プレイ」出演で再カルト化。


再び地下に潜りなすったわい!


多くの名声を望まない姿勢がお見事でした。



nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:映画