So-net無料ブログ作成

「凪待ち」★★★☆ [映画日記]

nagimati.gif


「凶悪」などでおなじみの白石和彌監督の作品。


新作ですよ、KAZUYAの!(←YAZAWA調で)


相変わらず素晴らしいクオリティでした。


もはやKAZUYAブランドですよ!


ブレずに良作を送り出し続けて…。

尊敬に値する監督ですな〜。


川崎のだめんずが東北に行って、人生をやり直そうとするお話なのですが、良い話。


ええ話やわ〜!


良い話ですが、暴力団などの要素を盛り込み、極端ではありますが「田舎町の闇」みたいなものも描かれていて深みがたっぷり。


渋みもしっかりあるんですよ、急須で出したお番茶みたいに!


人間描写については、震災を体験済みの東北の人たちは、ちょっとやそっとのトラブルなんかにめげず、「カネより命の方が大事」と分かっている、たくましい愛情に満ちた存在に。


田舎町の怖さと包容力が伝わってくる設定になっていました。


白石和彌監督といえば、田舎町の風景や家屋など、「いかにも田舎の実家周り」という、既視感のあるディティール表現が特徴。

今回も、田舎表現の見事さにクラクラしました。


ホント、うちの実家とかを思い出す〜。


うちボロ家を思い出したわい!


街角のダサい看板、デスク上に無造作に置かれた、蚊取り線香の缶、居間に置かれた、謎の木彫りの置物など…ホント、田舎風景あるあるの連続〜!


スタイリッシュなアイテムは一切無い世界なんですよね〜、素晴らしいです。


そんなビジュアルの中で繰り広げられる、淡々とした人間ドラマですが。

映画的に盛り上がるし、映画的な情緒もある。

映画作品としての風格を感じました。


40代の主人公、郁男はギャンブル依存症。


虜なんですよ、競輪の!


チャリンコ命なんですよ!!


米国製の映画ですと、アルコールや薬物の依存症が描かれることが多いですけども。

それを日本映画で描くと、やや説得力が薄めになることでしょう、あんまり周りに、そういう人はいませんしね。


しかしギャンブル依存症なら、日本にも予備軍がゴロゴロ〜。

親近感のある良い題材だと思いました。


ギャンブルに大金をつぎ込み、やがて多額の借金に発展していく場面は、説得力があってコワーイ。


「バクチだけは止めておこう、ダメ、絶対!…と思いました。


郁男役を演じているのは、なんと香取慎吾くんなんですよね〜。

ものすごいヨゴレ役を相当がんばってました。


元ジャニーズだから〜、細かいところを見ると、人間の生々しさは出し尽くせていませんでしたけども。


ベッドシーンがひとつあれば良かったと思うのですがね〜、抱く場面ですよ!


髪型もキマりすぎてましたしね。


明らかにヘアメイクさんに仕上げてもらった感ですよ!


しかし劇中では、郁男の内縁の妻は美容師。


きっと髪は、妻に仕上げてもらっていた、ということなのでしょう。


妻に毛先を遊ばせてもらっていたのでしょうよ!


ジャニーズ系の良いところは、圧倒的な主役感を出せるところだと思います。

作品のアイコンとしては、適材だったと思います。




【Amazon.co.jp 限定】凪待ち(著者サイン本+香取慎吾さんポストカード付)※完全数量限定

【Amazon.co.jp 限定】凪待ち(著者サイン本+香取慎吾さんポストカード付)※完全数量限定

  • 作者: 加藤正人
  • 出版社/メーカー: キノブックス
  • 発売日: 2019/05/31
  • メディア: 単行本

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画