So-net無料ブログ作成

「パピヨン」★★★☆ [映画日記]

Papillon.gif


名作のリメイクらしいですね。


オリジナル版を観たことがないので知らなかったのですが、お話は「脱獄もの」だったんですね〜。


監獄で暮らすお話ですよ、監獄暮らしのアリエッティ!


しかし、並の「脱獄もの」じゃありませんでした。

実話に基づく、ズッシリと重たいエンターテインメントでした。


主人公は、冤罪で投獄された男パピヨン。


パピ夫さんですよ!


パピ夫が体験する、壮絶エピソードの数々にビックリ仰天。


アンタ、こりゃあ「脱獄・超大作」ですよ!


南米の孤島にあるという監獄で毎日、重労働を強いられるパピ夫さん。

もしも受刑者がイライラして、看守に手を出し殺してしまったらギロチンの刑!


生首落とされんの、うなぎみたいに!!


さらに、刑務所長を怒らせてしまった場合は、四方八方が断崖絶壁という「地獄島」に送られてしまうという…。


こんな制度が本当にあったなんてコワーイ。…と思ったのですが。

地獄島での規制は意外とユル〜イ。


施設は崩壊していて野ざらし同然なのですが、食事は自炊だし〜。

ちょっとしたキャンプ感覚〜。


のびのびスローライフ〜!…という感じでした。


しかし、そんな生活を何年もやっていると、人間性や文化を忘れてしまいそう。


きっと野人に戻ってしまうんでしょうな、原人に!


そんな制度の元、パピ夫と相棒ドガが、脱獄計画を立ては失敗を繰り返す…という展開。

無力な受刑者たちを見て、相当むなしさを感じます。


虚無ですよ!


こんな無駄な人生、耐えられない…と思いました。


パピ夫とドガの友情は厚いのですが、その友情が原因で計画が失敗したりするんですよね〜。


おジャンになんの!


しかし、たとえ友情が人生を邪魔しようとも、友情は揺るがない。


バカな男ほと友情を大事にする、っていう事実。


男の友情を「やっかいなもの」としても描いているところが面白かったです。


パピ夫さん役を演じているのは、いまだに顔が覚えられないスター、チャーリー・ハナムですけども。


今回のチャーリーはとっても良かったです。

難役でしたけども、役作りも入念でよくがんばっておりました。


相方ドガ役は「ボヘミアン・ラプソディ」で、まさかのアカデミー賞受賞を遂げたラミ・マレックでしたけども。

「ボヘミアン・ラプソディ」の時より、ドガ役の方がラミ・マレック本来の味を出せていると思いました。


本来のお味ですよ、農薬を使わずに育った芋みたいな!


細身で優等生な役どころがピッタンコのラミ。

そして、チャーリーとラミのツーショットが絵になるんですよね〜。

ゲイのカップルに見えなくもない、という色気バランスが絶妙〜。


そんな2人が全裸のまま悪漢と戦う場面もございます。


パピ夫さんの陰部が見えそで見えないという巧妙編集。


パピヨンポロリン場面はございませんでした。



nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:映画