So-net無料ブログ作成

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」★★★☆ [映画日記]

SpiderManFarFromHome.gif


新「スパイダーマン」シリーズの第2弾ですけども。


「スパイダーマン」が主人公のお話は、過去にもいろいろあったし〜、ネタも尽きてる、と思っていたのですが。


もう何をやっても「マンネリーマン」だよね〜と思っていたのですが!


観てみたら、なんと、まだまだオモロイです。


「アベンジャーズ/エンドゲーム」劇中で、アベンジャーズの1軍メンバーが解散(もしくは引退)してしまい、ちょうどワテら観客が寂しい思いをしていたところ。


「アベンジャーズ」ロス状態ですよ、アベ・ロス!


そんな観客の気持ちを分かっているかのように。


見透かしているかのように!


今回の作品では、「アベンジャーズ/エンドゲーム」関連のネタが多くぶち込まれています。


ワテらの心にポッカリと開いた穴を埋めてくるんですよ!


レンコンの穴練り辛子を詰め込むみたいに!!


アベンジャーズのファンを喜ばせてくれる内容なんですよね〜。

もはや「スパイダーマン」の名を借りた、「アベンジャーズ/エンドゲーム」の壮大な余韻みたいな作品なのでした。


見事に、ワテらの心の隙間に入り込んできたわい、振り込め詐欺師みたいに!


巧妙な手口ですよ!!


同時に「スパイダーマン」らしいキッズ感、青春感、ラブコメ感がバランスよく配合。


黄金比ですよ!


お肉お野菜のバランスが取れた、給食みたいなもんですよ!!


高校生の主人公ピーター・パーカーが、クラスメイトと共にヨーロッパに修学旅行に行く、というお話。


修学旅行が海外とは、なんとまあ豪勢なお子様たちであろう。


さてはアンタら富裕層の子だね!…と思いました。


嫉妬にかられながらの鑑賞ですよ!


生徒たちが旅の行く先々で災難に遭い、やがて新たな悪役との戦いになる…という展開になるのですが。


悪役の名はミステリオ。


レオナルド・ミステリオですよ!(←ただのミステリオです)


ミステリオ役を演じているのは、なんとジェイク・ギレンホールなんですね〜。


これまでアメコミ大作には出演していなかったジェイク。

予告編の時点で、変なマント付きのコスチュームを着て、手のひらから光線を出しているジェイクを見て愕然としてました。


「アンタも落ちたね。アメコミ落ちしたわい!」と悲しい気持ちになっていたのですが。


本編を観てみると、確かに変な衣装を着ている悪役ですが、キャラクターにヒネリがあって面白い役〜。

ジェイクも、なんだか楽しそうに、振り切った演技を披露しています。


きっと、割り切って演じているのでしょうね。


「割り切ったお付き合い」みたいなもんですよ!



Spider-Man: Far from Home

Spider-Man: Far from Home

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Classical
  • 発売日: 2019/07/05
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:映画