So-net無料ブログ作成

「ハウス・ジャック・ビルト」★★★ [映画日記]

TheHouseThatJackBuilt.gif


世界的な鬼才ラース・フォン・トリアー監督の新作ですよ。


これまで手掛けた作品でも、ハードすぎる表現で世界中の観客を驚かせてきたラースさん。


世界をドン引きさせてきた人ですけども!


今回ラースさんが選んだ題材は「殺人鬼」ということで。

ただでさえ過激な表現をなさるお方が、よりによって、真正面から「人殺し」を描いてしまいました!


建築家志望の殺人鬼ジャックによる、数年に渡る連続殺人を描いた物語。


予想通り、倫理を無視した殺人描写が観客の心を折りました。


へし折られたんですよ!


あんまりへし折られすぎて「ああ、そこまでやるか。そんなことしちゃって大丈夫?!」と思って、少し笑ってしまいました。


近年、西洋におけるエンターテインメント界では性別や人種の多様化が求められ、「スケベでわがままな白人おじさん」は排除される傾向にありますが。

今回の作品はマ逆〜。


「スケベでわがままな白人おじさん」至上主義〜!


あえてなのでしょうか、「アンチ多様化」とも取れる殺人ばかりで、とくに女性への虐待がものすごいことに…。


今回の作品をハリウッドのトップ女優たちが観たら怒りそう〜。


観せない方がいいと思う〜、フランシス・マクドーマンドとかには〜。


もし観たら「お前か、ラース・フォン・トリアーとか言う奴は!こんな映画を作りやがって!!」と顔を真っ赤にして激怒するかもよ!


劇中、殺人心理として、なぜか建築アートを引用するところが独自で、頭のおかしさを増幅。

王道感すら漂う、なんとも堂々とした、壮大なサイコ・ホラー大作に仕上がっておりました。


「ラースさんも、少しは丸くなったのかも」と思う点は、物語のオチやエンディング曲に「全て創作だし〜。本気じゃないから許してね」みたいな、言い訳風のニュアンスが感じられたこと。


茶目っ気があるんですよ、不気味な!


昔は、何を表現するにも、観客を突き放したままバッサリ終わることが多かったラースさんの作品ですが。


前作「ニンフォマニアック」もそうですが、観客の後味を良くするためにか、ラストにギャグ(のような軽い要素)を付けるようになった気がします。


なぜか仕上げに砂糖を入れてくるんですよ、激辛料理なのに!


彼なりの調整なのでしょうか、よくわかりませんが。


そんな超・個性的なラース作品の上映館には、まあまあ人が入っているんですよね〜。


誰の指導も説教も聞かず、世界レベルの炎上さえ恐れることなく、ひたすら我が道を突き進む映像アーティストの彼。

情報に流されがちな現代では貴重で、誰もがなれる存在ではありません。


もはや「憧れの存在」になっているのかもしれません。



The House That Jack Built [Blu-ray]

The House That Jack Built [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:映画