So-net無料ブログ作成

「海獣の子供」★★★☆ [映画日記]

kaijunokodomo.gif


アニメですよ、マンガ映画!


夏にピッタリの海洋ファンタジー作品でした。


主人公の女子中学生が出会ってしまったのは、ジュゴンに育てられたという少年。


体を湿らせていないと調子が悪い、という子。


おしめり君ですよ!


そんなティーンエイジャーの男女が、夏休みに体験する摩訶不思議な世界。


生娘&チェリーボーイによる、思い出の渚!…そんなお話なのですが。


後半の展開が、あまりにも神秘的すぎてア然。


ボクちゃん、神秘を浴びすぎた!


光を浴びすぎたわい!!


相当、物語に置いていかれてしまったのですが。


全編にわたる、圧倒的な美術力は素晴らしい〜。


いやいや、すんばらすぃ〜!


美的センスも実力も万全。


生活感あふれる家屋や街並、水族館の海洋生物など写実的な描写も見事ですが。

宇宙や深海など、非現実な表現も完璧。


パーペキですよ!


全ての絵づらに目が釘付けに。


制作のSTUDIO4°Cさん、グッジョブでした。


あと、米津玄師さんによるエンディング曲「海の幽霊」が作品イメージにピッタンコすぎる〜。

融合しすぎ〜。

思わず聴きほれてしまいました。


こういうハイクオリティなアニメ作品を観ると「世界中の人に見せつけてやりたい。日本の誇りだわい」と思ってしまうのもですね。


声優陣には、多くの芸能人が起用されているのですが、それも大成功〜。


まずは主人公、琉花役の芦田愛菜ちゃんが手慣れた仕事ぶり。


いい意味で、普通の少女声なんですよね〜平凡ボイス!


近年のアニメ映画は、吹き替え要員に芦田愛菜ちゃんを頼りすぎですな〜。


知名度がある割に、ギャラがお安いのかな?


お求めやすい子なのかもよ。(←失礼)


稲垣吾郎さんも声を担当しているらしいのですが、一体どこに出ていたのか分からないという馴染みっぷり。


浮いてないんですよ、芸能界では浮き気味ですが!


意外に上手かったのが、ロングヘアーの美青年で海洋学者アングラード役の森崎ウィンくんですよ。


ハリウッド大作「レディ・プレイヤー1」ではガンダムに乗っていたウィンくん。


最近は、アニメ臭い子になってんね!


一番好きなキャラクターは、科学者のジムですよ。

痩せていてハゲている爺さんなのですが、体には大きなタトゥ、耳にはピアスという、どういうわけかカッコいいスタイル。


「この役、なんだか田中泯さんみたいだな〜」と思ってたら、声を担当しているのは田中泯さん本人でビックリ。


うれしかったです。


ちょっと下手だな、と思ったのは琉花の母親の声を担当した蒼井優ちゃんくらい。


琉花の母親は酒浸りで、ちょっと荒れた感じのセクシー美女。


お騒がせキャラという点ではピッタリでした。



海獣の子供 全5巻完結セット (IKKI COMIX)

海獣の子供 全5巻完結セット (IKKI COMIX)

  • 作者: 五十嵐 大介
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2012/08/13
  • メディア: コミック

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画