So-net無料ブログ作成

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」★★★☆ [映画日記]

SpiderManFarFromHome.gif


新「スパイダーマン」シリーズの第2弾ですけども。


「スパイダーマン」が主人公のお話は、過去にもいろいろあったし〜、ネタも尽きてる、と思っていたのですが。


もう何をやっても「マンネリーマン」だよね〜と思っていたのですが!


観てみたら、なんと、まだまだオモロイです。


「アベンジャーズ/エンドゲーム」劇中で、アベンジャーズの1軍メンバーが解散(もしくは引退)してしまい、ちょうどワテら観客が寂しい思いをしていたところ。


「アベンジャーズ」ロス状態ですよ、アベ・ロス!


そんな観客の気持ちを分かっているかのように。


見透かしているかのように!


今回の作品では、「アベンジャーズ/エンドゲーム」関連のネタが多くぶち込まれています。


ワテらの心にポッカリと開いた穴を埋めてくるんですよ!


レンコンの穴練り辛子を詰め込むみたいに!!


アベンジャーズのファンを喜ばせてくれる内容なんですよね〜。

もはや「スパイダーマン」の名を借りた、「アベンジャーズ/エンドゲーム」の壮大な余韻みたいな作品なのでした。


見事に、ワテらの心の隙間に入り込んできたわい、振り込め詐欺師みたいに!


巧妙な手口ですよ!!


同時に「スパイダーマン」らしいキッズ感、青春感、ラブコメ感がバランスよく配合。


黄金比ですよ!


お肉お野菜のバランスが取れた、給食みたいなもんですよ!!


高校生の主人公ピーター・パーカーが、クラスメイトと共にヨーロッパに修学旅行に行く、というお話。


修学旅行が海外とは、なんとまあ豪勢なお子様たちであろう。


さてはアンタら富裕層の子だね!…と思いました。


嫉妬にかられながらの鑑賞ですよ!


生徒たちが旅の行く先々で災難に遭い、やがて新たな悪役との戦いになる…という展開になるのですが。


悪役の名はミステリオ。


レオナルド・ミステリオですよ!(←ただのミステリオです)


ミステリオ役を演じているのは、なんとジェイク・ギレンホールなんですね〜。


これまでアメコミ大作には出演していなかったジェイク。

予告編の時点で、変なマント付きのコスチュームを着て、手のひらから光線を出しているジェイクを見て愕然としてました。


「アンタも落ちたね。アメコミ落ちしたわい!」と悲しい気持ちになっていたのですが。


本編を観てみると、確かに変な衣装を着ている悪役ですが、キャラクターにヒネリがあって面白い役〜。

ジェイクも、なんだか楽しそうに、振り切った演技を披露しています。


きっと、割り切って演じているのでしょうね。


「割り切ったお付き合い」みたいなもんですよ!



Spider-Man: Far from Home

Spider-Man: Far from Home

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Classical
  • 発売日: 2019/07/05
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

「ハウス・ジャック・ビルト」★★★ [映画日記]

TheHouseThatJackBuilt.gif


世界的な鬼才ラース・フォン・トリアー監督の新作ですよ。


これまで手掛けた作品でも、ハードすぎる表現で世界中の観客を驚かせてきたラースさん。


世界をドン引きさせてきた人ですけども!


今回ラースさんが選んだ題材は「殺人鬼」ということで。

ただでさえ過激な表現をなさるお方が、よりによって、真正面から「人殺し」を描いてしまいました!


建築家志望の殺人鬼ジャックによる、数年に渡る連続殺人を描いた物語。


予想通り、倫理を無視した殺人描写が観客の心を折りました。


へし折られたんですよ!


あんまりへし折られすぎて「ああ、そこまでやるか。そんなことしちゃって大丈夫?!」と思って、少し笑ってしまいました。


近年、西洋におけるエンターテインメント界では性別や人種の多様化が求められ、「スケベでわがままな白人おじさん」は排除される傾向にありますが。

今回の作品はマ逆〜。


「スケベでわがままな白人おじさん」至上主義〜!


あえてなのでしょうか、「アンチ多様化」とも取れる殺人ばかりで、とくに女性への虐待がものすごいことに…。


今回の作品をハリウッドのトップ女優たちが観たら怒りそう〜。


観せない方がいいと思う〜、フランシス・マクドーマンドとかには〜。


もし観たら「お前か、ラース・フォン・トリアーとか言う奴は!こんな映画を作りやがって!!」と顔を真っ赤にして激怒するかもよ!


劇中、殺人心理として、なぜか建築アートを引用するところが独自で、頭のおかしさを増幅。

王道感すら漂う、なんとも堂々とした、壮大なサイコ・ホラー大作に仕上がっておりました。


「ラースさんも、少しは丸くなったのかも」と思う点は、物語のオチやエンディング曲に「全て創作だし〜。本気じゃないから許してね」みたいな、言い訳風のニュアンスが感じられたこと。


茶目っ気があるんですよ、不気味な!


昔は、何を表現するにも、観客を突き放したままバッサリ終わることが多かったラースさんの作品ですが。


前作「ニンフォマニアック」もそうですが、観客の後味を良くするためにか、ラストにギャグ(のような軽い要素)を付けるようになった気がします。


なぜか仕上げに砂糖を入れてくるんですよ、激辛料理なのに!


彼なりの調整なのでしょうか、よくわかりませんが。


そんな超・個性的なラース作品の上映館には、まあまあ人が入っているんですよね〜。


誰の指導も説教も聞かず、世界レベルの炎上さえ恐れることなく、ひたすら我が道を突き進む映像アーティストの彼。

情報に流されがちな現代では貴重で、誰もがなれる存在ではありません。


もはや「憧れの存在」になっているのかもしれません。



The House That Jack Built [Blu-ray]

The House That Jack Built [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

「海獣の子供」★★★☆ [映画日記]

kaijunokodomo.gif


アニメですよ、マンガ映画!


夏にピッタリの海洋ファンタジー作品でした。


主人公の女子中学生が出会ってしまったのは、ジュゴンに育てられたという少年。


体を湿らせていないと調子が悪い、という子。


おしめり君ですよ!


そんなティーンエイジャーの男女が、夏休みに体験する摩訶不思議な世界。


生娘&チェリーボーイによる、思い出の渚!…そんなお話なのですが。


後半の展開が、あまりにも神秘的すぎてア然。


ボクちゃん、神秘を浴びすぎた!


光を浴びすぎたわい!!


相当、物語に置いていかれてしまったのですが。


全編にわたる、圧倒的な美術力は素晴らしい〜。


いやいや、すんばらすぃ〜!


美的センスも実力も万全。


生活感あふれる家屋や街並、水族館の海洋生物など写実的な描写も見事ですが。

宇宙や深海など、非現実な表現も完璧。


パーペキですよ!


全ての絵づらに目が釘付けに。


制作のSTUDIO4°Cさん、グッジョブでした。


あと、米津玄師さんによるエンディング曲「海の幽霊」が作品イメージにピッタンコすぎる〜。

融合しすぎ〜。

思わず聴きほれてしまいました。


こういうハイクオリティなアニメ作品を観ると「世界中の人に見せつけてやりたい。日本の誇りだわい」と思ってしまうのもですね。


声優陣には、多くの芸能人が起用されているのですが、それも大成功〜。


まずは主人公、琉花役の芦田愛菜ちゃんが手慣れた仕事ぶり。


いい意味で、普通の少女声なんですよね〜平凡ボイス!


近年のアニメ映画は、吹き替え要員に芦田愛菜ちゃんを頼りすぎですな〜。


知名度がある割に、ギャラがお安いのかな?


お求めやすい子なのかもよ。(←失礼)


稲垣吾郎さんも声を担当しているらしいのですが、一体どこに出ていたのか分からないという馴染みっぷり。


浮いてないんですよ、芸能界では浮き気味ですが!


意外に上手かったのが、ロングヘアーの美青年で海洋学者アングラード役の森崎ウィンくんですよ。


ハリウッド大作「レディ・プレイヤー1」ではガンダムに乗っていたウィンくん。


最近は、アニメ臭い子になってんね!


一番好きなキャラクターは、科学者のジムですよ。

痩せていてハゲている爺さんなのですが、体には大きなタトゥ、耳にはピアスという、どういうわけかカッコいいスタイル。


「この役、なんだか田中泯さんみたいだな〜」と思ってたら、声を担当しているのは田中泯さん本人でビックリ。


うれしかったです。


ちょっと下手だな、と思ったのは琉花の母親の声を担当した蒼井優ちゃんくらい。


琉花の母親は酒浸りで、ちょっと荒れた感じのセクシー美女。


お騒がせキャラという点ではピッタリでした。



海獣の子供 全5巻完結セット (IKKI COMIX)

海獣の子供 全5巻完結セット (IKKI COMIX)

  • 作者: 五十嵐 大介
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2012/08/13
  • メディア: コミック

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「X−MEN:ダーク・フェニックス」のソフィー・ターナーが結婚!しかもジョナス・ブラザーズと〜!! [映画写真日記]

いや〜「X−MEN:ダーク・フェニックス」な〜。
まあまあ楽しみましたけども。
 
X-Men: Dark Phoenix

X-Men: Dark Phoenix

  • 作者: John Byrne
  • 出版社/メーカー: 20th Century Fox
  • 発売日: 2019/10/31
  • メディア: Blu-ray
 
降ろされてしまったブライアン・シンガー監督って、腕前は確かだったんだな〜、と改めて思いました。
今回はブライアン・シンガーが離れたからか、なんとなくイマイチでした〜。
 
かつて実生活で交際していて別れてしまったジェニファー・ローレンスとニコラス・ホルトが、映画の中ではカップルのまま。
切ない気持ちなる共演場面でした。↓
d1.jpg
 
「ダーク・フェニックス」という言葉だけ聞くと、イメージはコレですけども。↓
不死鳥 美空ひばり in TOKYO DOME <完全盤> 翔ぶ!! 新しき空に向かって [DVD]

不死鳥 美空ひばり in TOKYO DOME <完全盤> 翔ぶ!! 新しき空に向かって [DVD]

  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • メディア: DVD
 
今回の作品では、ソフィー・ターナーが演じるジーン・グレイのことなんですね〜。↓
d3.jpg
 
ソフィー・ターナーは、2019年の時点で23歳ですが妖艶すぎる〜。
同じく妖艶な女優ジェシカ・チャステインと会話する場面は、お水の先輩後輩をほうふつ。↓
d4.jpg
 
こちらは、ソフィー・ターナーと、同僚ジェニファー・ローレンスの交流場面。↓
d5.jpg
d6.jpg
 
ところで。
ソフィー・ターナーって、2019年5月に結婚したんですね!
つい、こないだですよ。
自身が出演している人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の完結時期に合わせたのかもしれませんけども。
 
なんとお相手はジョナス・ブラザーズの次男ジョーなんですね!
うわ〜、すんごいプレイボーイに引っかかっちゃった〜。↓
d7.jpg
 
てことは。
ジョナス・ブラザーズの三男ニックといえば、嫁はインドが生んだ美人女優プリヤンカー・チョープラー。
ワテら日本人が知らないところで、とんでもない芸能一家が誕生していたのです!↓
d8.jpg
 
ワテら日本人が知らないところで、いろんな女性が、いろんな男性に抱かれていたんですよ!↓
d9.jpg
 
こちらのお写真は、バカンス中のジョナス・ファミリー。
ソフィー・ターナーの水着がチェスボードのよう。
一体どこにチェックメイトすればいいの?!↓
d10.jpg
 
そんな感じで。
プリヤンカー・チョープラーとソフィー・ターナーのビジュアル的な相性はバッチリ。
ファンタジーの世界から飛び出してきたかのような2人〜。
こういうお衣装がお似合いですな〜。
いやしかし「ジョナス・ブラザーズおそるべし」ですよ〜。↓

d11.jpg


nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:映画