So-net無料ブログ作成

「女神の見えざる手」★★★ [映画日記]

MissSloane.gif


2016年の作品です。


主人公の職業はロビイストですよ。

何ですかな、ロビイストとは。


ネイリストと同じですかな、違います!


ロビイストとは、政治やマスコミを、知恵を使って裏で操作する方たち。


策士のことらしいです、諸葛孔明みたいな。


あるいは秋元康みたいな!


今回の主人公、ロビイストのスローンは美人です。


美しすぎる裏方ですよ!


仕事もスゴ腕のスローン。

対立する団体の他、味方であるはずの上司や部下の行動まで先読み。


毎日毎日、接してくる者の裏を読んで読んで読みすぎて、ちょっぴりサイコ化しているではないか!


プッツンしてるんですよ!!(←死語)


そんなところが大げさで面白かったです。


当然、スローンには友達も交際相手もおりません。


「なんか今晩、誰かに抱かれたいわ〜。人肌恋しいわ〜」と思ったときは、お金で男を買うという。


「ひと抱かれ」するんですよ!


そんな超・個性的な女性スローンが、ズルい白人のおじさんたちを相手に論破しまくる、というところが痛快です。


こういう設定とお話は、海外ドラマでよく見かけるスタイル。

ドラマ「殺人を無罪にする方法」や「スキャンダル」に似ているな〜、と思いました。


作品が公開された2016年頃の流行と言っても良いでしょう。


乗っかったのかもよ、トレンドに!


スローン役を演じたのはジェシカ・チャステインですよ。

彼女が好みそうな題材だし、デキる女役もハマりますから納得〜。


今回の役でゴールデングローブ賞にはノミネートされていたんですね。

もっと見た目をブサイクにしていたら、アカデミー賞にもノミネートされてたかもよ。


今回は、頭のてっぺんからつま先まで、スキなくキレイでしたからな。


中華料理も純白のお洋服で食べてましたからな、汁が飛ぶのに!


監督はジョン・マッデンなんですね。

代表作は「恋におちたシェイクスピア」の人。


もしくは「コレリ大尉のマンドリン」の人ですよ、マンドリン監督〜!


今年70歳のマッデンさん。

過去の代表作から今作まで、本編の尺は2時間越えが多いんですよね〜。


話が長いおじいちゃんなのでした。



女神の見えざる手 [Blu-ray]

女神の見えざる手 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: Blu-ray

nice!(7)  コメント(3)