So-net無料ブログ作成

「オーヴァーロード」★★★☆ [映画日記]

overloard.gif


オモローイ。

掘り出した感のあるB級エンターテインメントでした。


道端で10円玉を見つけた気分ですよ!


製作はJ・J・エイブラムスということで。


ブランドものですよ、「JJ印」が付いてますから!


足袋に例えたら「福助」みたいな印ですよ!!


本編を観てみたら、確かにJJが好きそうな感じ〜。

いかにもJJが企画書に制作許可のハンコを押しそう〜。


時代設定は第2次世界大戦中。

ナチスが占領しているフランスに降り立ったアメリカ小隊が、未知の恐怖を体験する、という、アクション・ホラー作品です。



中盤以降は激しいバイオレンス・シーンの連続〜。

そういうのが苦手な人にオススメできないのが残念です。


特殊映像のクオリティもバッチリで、アトラクション感覚で楽しめる恐怖映画でした。


要所で、観客を「ワッ!」とビックリさせる、脅かし場面があるのですが、ベタなやつ!


「そろそろ、脅かし場面が来るな」と感じたら、いちいち目をつむっていたボクちゃん。

その対応が効いて、ほぼ脅かされることはありませんでした。


作品を満喫したい場合は、お目目はパッチリ開けて、存分に驚いたほうがいいでしょう。


その方が元は取れるでしょう!


B級作品らしく、スタッフも出演者も無名がそろっています。


全員がポッと出なのですが。


今後はブレイクしそうな人材ばかり。


みんなダイヤの原石ですよ!


監督はジュリアス・エイヴァリーという人で、長編制作の経験は浅いですが、アメコミ原作の新作「フラッシュ・ゴードン」の監督に既に抜擢されていますよ。


金の卵なんですよ、金卵!


主人公で気の弱い兵士ボイス役を演じていたのは、ジョヴァン・アデポという若手男優なのですが。

新「スター・ウォーズ」シリーズに出演しているジョン・ボイエガを、ちっちゃくした感じ。


ボイエガの後釜を狙えそうな子。


そのうち稼げそうな子!


しばらく寝かせておくと味が出そうな子でした!!(←雪の中で寝かせた大根かい)


兵士ボイスの上官フォード役を演じたのがワイアット・ラッセルですよ。


カート・ラッセルとゴールディ・ホーンの息子さんですよ、あそこんちの子!


見せ場のある役で、父カート・ラッセル系の演技を見せておりました。


写真撮影が好きな兵士チェイス役を演じていたのが、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」のフィッツ役でおなじみ、イアン・デ・カーステッカーでした。


5年間くらいドラマを観てきましたけども、初めて知りましたよ男優名!


ドラマではクールな役のイアン・デ・カーステッカーですが、今回の映画では見事にヨゴレたわな。

メチャクチャな感じになる場面では、思わず笑ってしまいました。


いろんな場面で写真を撮っていた兵士チェイス。

てっきりカメラも写真も、物語の伏線かと思ったのですが、手付かずのまま終わりました。


ご放置ですよ!


そういう緻密さはないんですよね〜。


頭を空っぽにして楽しめるタイプの作品でした。




nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画