So-net無料ブログ作成

「われらが背きし者」★★★ [映画日記]

OurKindofTraitor.gif


2016年の作品です。

お堅いタイトルが付いてますけども娯楽作でした。


正座して観ることはない、お膝をお崩しください!


美形夫妻が、旅先のモロッコでロシアのヤクザと知り合いに。

あれよあれよと言う間に、危険な諜報戦に巻き込まれてゆく、というお話のサスペンスでした。


原作はジョン・ル・カレですよ。


「裏切りのサーカス」などで知られているお方ですよ「裏サカ」の人〜!


諜報員が活躍する作品でおなじみの諜報作家のルさん。(←ルー大柴かい)


諜報活動の仕組みとかリアルすぎて、ちょっと小難しいイメージがあり、ボクちゃん、あんまり得意ではない作家さんなのですが。

今回は、キャラクターが華やかで楽しめました。


まずは、メイン・キャラクターの夫妻が、冷めた関係の状態で登場。


夫が抱こうとしても「ちょっと止めて」みたいな態度の嫁。


2人とも裸なのに「抱くの止めて」みたいな!


よっぽど嫌なんですよ、抱かれるのが!!


夫は若い女と浮気した後で、本妻と仲直りするために旅行している、みたいなシチュエーションだったんですね〜。


ジョン・ル・カレさん、「浮気された後の嫁」についての話も書けるんですね〜。


バッチリですよ、寝取られ描写!


その割に、夫妻は善人すぎて人を疑わない。


ヤクザがパーティーに誘ったら、ひょいひょいひょいひょいついていく!


夫の職業は大学教授で、嫁は弁護士なんですけどね〜。


ガード甘すぎ、インテリ夫妻!…と思ってしまいました。


やがて夫妻はヤクザの家族に感情移入。


「命をかけてでも、ヤクザを助けたい」みたいな気持ちになる夫妻。


とことんお人よしなのでした!


そんな感じで〜、本格的な諜報戦の中にも、ラブストーリーと浪花節を入れてくるあたりがジョン・ル・カレらしい、という感じなのでしょうか。


大学教授の夫役を演じているのはユアン・マクレガーですよ。

髪が長めのモテ系スタイルで登場〜。


ものすごいです、色んな意味での小室哲也感!


顔も髪もバッチリだけど、脱ぐと体はユルめ、というものリアルです。


嫁役はナオミ・ハリスなんですね。


一体いつからですか、ナオミ・ハリスの大物感。


いつの間にやら上りつめましたな、ユアン・マクレガーの抱かれ役にまで!


ロシアンマフィア役を演じているのはステラン・スカルスガルドですよ。

目つきの悪さが役にピッタンコでしたけども。


「ニンフォマニアック」シリーズに引き続き、パンツを下ろしたステラン!


またしてもボカシが入った〜!!


別名「フルチン・スカルスガルド」でもいいかもしんない。(←そんな名前にしたら、ご家族が泣きますか)


かつて、フルチン演技といえばユアン・マクレガーでしたからな。


新旧2大フルチン男優の共演が実現した、と言っていいでしょう!



われらが背きし者 スペシャル・プライス [Blu-ray]

われらが背きし者 スペシャル・プライス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: Blu-ray



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:映画