So-net無料ブログ作成

「シャザム!」★★★☆ [映画日記]

Shazam.gif


ああ、次々と製作されてゆくアメコミ・ヒーロー映画。


終わりがないんですよ、底なし沼!


しかし、さすがアメリカ。


あすこはアメコミの本場!


使い古されているヒーローという題材で、またしても独自性のある作品を見事に作りあげたわい。


そんで日本に送り込んできたわい!


近年のアメコミ・ヒーロー映画は続編が重なって、出演者の老朽化が深刻。


だいぶ、老け込んできたんですよ!


同時に、観ているワテら観客も、いい年になってますけども!!


「シャザム!」では、一気にキャストの若返りを図ってきております。


主人公は子どもですよ、お子様!


養子が変身してヒーローになるんですよ、養子マン!


脇役も、ほとんど子ども。


ガキンチョ軍団!


悪役も「元・虐げられてきた子ども」ということで。

小学生から楽しめる作品に仕上がっております。


主人公の少年ビリーは、幼少の頃に母親と生き別れになってしまうのですが。

その顛末も切なすぎて素晴らしい〜。


孤児となったビリーが世話になる家庭は、養子ばかりが集まったお宅。

養父も養母も良い人で感動〜。


映画の「養子ネタ」って、ちょっぴり寂しいテイストになりがちですが。

今回の「養子ネタ」はポジティブ志向で、幸せいっぱい。


ドリーム養子ですよ!


養子を育てる家庭の全てが、こんな楽しいお宅ならいいのにな〜、と思いました。


あらゆる「養子ネタ」でキュンキュンさせてくるところが新鮮でした。

さすが養子文化が根付いたアメリカ。


「養子ネタ」ならゴマンとあるんでしょうな!


そんな「養子ネタ」と、血は繋がらずとも結束は固い家族ドラマが盛り上げて、ラスト付近ではカタルシスを感じさせる、最高に楽しい展開が待ってました。


続編もあるみたいなので、これは早く作ってほしいな。

早くしないと子役たちが育ちすぎてしまう。


食えなくなっちまいますからな、熟れすぎて色が変わったピーマンみたいに!


ビリーが変身したスーパーヒーロー役は、テレビ男優ザッカリー・リーヴァイで、悪役はマーク・ストロングが演じているという。


低賃金でよく働く男たちですよ!


あとは子役が中心だからな〜。

コストパフォーマンス最高〜。


安くて旨いヒーロー映画でした。



Shazam! (Original Motion Picture Soundtrack)

Shazam! (Original Motion Picture Soundtrack)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Watertower Music
  • 発売日: 2019/05/10
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:映画