So-net無料ブログ作成

「アガサ・クリスティー ねじれた家」★★★ [映画日記]

CrookedHouse.gif


*ネタバレはありません。


アガ子先生が原作の殺人ミステリーですけども。(←アガサ・クリスティー)


初めて聞いたタイトルですよ「ねじれた家」。


アガ子先生って、こんなお話も書いてたんですね〜。


手広くやってんネ!


舞台になった豪邸の床が歪んでいる話なのかと思いましたけども。


床にビー玉を置いたら、勝手に転がってしまう物件なのかと思ってましたけども違——う!


問題ございません、建て付けは!!


豪邸に住んでいる人々が対立し合い、ねじれた関係だから「ねじれた家」なのかもしれません。


大おばさま役はグレン・クローズですよ。


屋敷の真ん中に大物女優がドーーン!


その周辺人物を、二軍の女優が固めております。


殺された主人の後妻役は、クリスティナ・ヘンドリックスというお色気ムンムン要員。


舞台女優役はジリアン・アンダーソンで、化粧品会社に勤務する女性役が、実生活ではマーティン・フリーマンの元嫁アマンダ・アビントンでした。


中堅どころのテレビ女優が大集合〜!


名探偵ポアロは出てこないタイプのミステリー劇ですけども。

ポアロの代わりに、若いイケメン探偵チャールズが事件を捜査しておりました。


な〜んか、ちょっとモテとるしな。


邦題は「モテ探偵」でもいいくらい!


チャールズ役を演じているのは、映画「天才作家の妻 40年目の真実」ではグレン・クローズの息子役で、実生活ではジェレミー・アイアンズの次男だというマックス・アイアンズでした。


二世様ですよ血統書付き!


今回のマックス・アイアンズは、大きな役に抜擢されたもんだわな。


見事に出世しましたよ、アイアンズ家のご子息も!


果たして「ねじれた家」のご主人を殺した者は誰なのか、という物語なのですが。


アガ子先生が描く世界特有の、下世話な面白さや人情味があって、真犯人も意外な人物でしたけどもね〜。


事件の真相が判明したときは「あんれま、そうなんだ〜」と、驚きも冷静に。

軽い口当たりの娯楽作になりました。

アガ子先生のお話って、大抵そんな感じですけどもね〜。


グレン・クローズが、まさかのサッパリ味なんですよね〜。


ポン酢味ですよ!


できれば、鬼の形相のグレン・クローズが、ジリアン・アンダーソンを罵りながらビンタする、くらいのドロドロ場面を観てみたかったです。



Crooked House / [Blu-ray] [Import]

Crooked House / [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画