So-net無料ブログ作成

「ビューティフル・ボーイ」★★★ [映画日記]

beautifulboy.gif


出てますヨ、あの子が。


シャラメだかザラメだかニャロメだか言う子!


「君の名前で僕を呼んで」での演技で、なんとアカデミー賞主演男優賞にまでノミネートされてしまったティモシー・シャラメが出ている作品ですけども。


今回のシャラメは、ドラッグの味を覚えてしまった少年ニック役。


薬にハマってんの、どハマリ!


演技力が必要な役でしたけども、とても上手にこなしているシャラメ。


ついでに、幼児時代のシャラメを演じた子役も、見た目をシャラメに寄せている役作りが良かったです。


「小シャラメ(しょうしゃらめ)」という感じでした!


そんな少年ニックと、彼を救済しようとする家族の交流を描いた、実話ベースの物語なのですが。


ああ、終わりなき薬物依存との戦い!


さすが実話は甘くない。


しょっぺぇ人生!


何年経ってもニックは立ち直れません。


依存のしつこさもスゴイもんだわな、フライパンの油汚れのしつこさ並みに!…と思いました。


薬物摂取時はキレやすくなるニック。

ニックの言葉が荒くなると、父親が言いますよ「それはお前自身の言葉じゃない。薬が言わせているんだ」と。


まるで、悪魔が憑いた子への言葉のよう。

薬物=悪魔というような構図が面白いです。


父子の談話シーンは「エクソシスト」みたいなノリで、観客を引き付けておりました。


ニックの父親役はスティーヴ・カレルでしたけども。

普通の父親役が似合ってますな〜。

後ろ姿とかの佇まいが、とくに普通の父親感。

スティーヴ・カレルって、黙って立ってれば、とても普通っぽいんだな、と思いました。


それにしても、スティーヴ・カレルの子種からティモシー・シャラメが出来るとは…。


アンタんちって、トンビが鷹を生んだお宅だわな!…と思いました。


子が美形であるがゆえに、薬物依存中の悲壮感が引き立っておりました。

またシャラメの体は細いし、薬物依存役が似合ってしまうタイプの美形だな、と思いました。


プロデュースはブラッド・ピットなのですが。


ヤリ手のお方ですよ、かつてはアンジェリーナ・ジョリーも抱いてたという!


もしもブラピが「依存症の子をティモシー・シャラメに。父親をスティーヴ・カレルに」と、キャスティングに口を出していたとしたら、たいしたセンスだと思いました。


スティーヴ・カレルの後妻役はテレビ女優のモー子でしたけども。(←モーラ・ティアニー)


この後妻がとっても良い役で、この人が実在しているなら、とても立派なお方だと思います。

旦那の連れ子を愛し、連れ子が依存症になった後も家族として付き合いますよ。


自分が生んだ実の子を、気持ちのよい態度で連れ子と触れ合わせてますし。


依存症になった連れ子への出費も惜しまない!


これは結構なガマン量!!


普通なら途中でキレて「連れ子とは縁を切りたい騒動」が始まると思う〜。


後妻界でもトップクラスの後妻でした。



Beautiful Boy

Beautiful Boy

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Euro Video
  • 発売日: 2019/06/06
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画