So-net無料ブログ作成

「魂のゆくえ」★★★ [映画日記]

FirstReformed.gif


なぜか邦題が覚えづらいです。


「魂」と聞けば、どうしても先に「魂のルフラン」が頭をよぎってしまうんですよね〜。


アニソンですよ!


監督は「タクシードライバー」で脚本を担当したポール・シュレイダーさん。


タクシーで一発当てたお方ですよ、車映画で!


主人公の悩める神父役を演じたのはイーサン・ホークで、教会に通う美しい妊婦役はアマンダ・セイフライドでした。


前評判は上々の作品で、アカデミー賞の脚本部門でノミネートされたらしいという噂。(←事実です)


観てみたら、とってもマジメな心理ドラマでした。

あまりにもマジメすぎて…途中で寝そうになりましたけども。


後半は、やや激しい表現もあって目も覚めました。


テーマは「信仰」と「環境破壊」ということで。


アメリカ人が興味がありそうな2つの題材をミックス。


ビフテキの上にバターを乗っけたようなもんですよ!(←アメリカ人の好物イメージ)


登場人物は、2つの題材の板挟みになって心をすり減らす、という展開。


ある人物はエコロジーのことで頭ん中が一杯になってました。


エコ人間になってしまったんですよ!


環境破壊の前に、己の精神が破壊されてしまうという皮肉がスゴかったです。


主人公の神父さまも繊細で、社会の闇に気付いからはテンション低っ!


自分の信仰心は何だったのか、と思い悩んで、とった行動がヤケクソ!!


なんという痛々しい子。


痛子ですよ!


神父役にイーサン・ホークは似合わないのでは?…と思ってましたけど。

ハードなラストシーンまでたどり着くと、イーサン・ホークにふさわしい役であることを実感できました。


神父さまのお住まいはインテリアがシンプルで、生活もミニマムでステキなんですよね〜。

洗面台も小ちゃくて、かわいいですけども。


小さすぎるあまり、水滴が周りに飛び散って掃除が大変そう〜。


ありゃあ、歯を磨くときに歯みがき粉が飛び散るね「便器周りの尿の飛び散り」みたいな感じで!…と思いました。


アマンダ・セイフライドの役も地味すぎて、「この役は別の女優に任せたほうがいいのではないか」と思いましたけども。

ラストシーンまでたどり着くと「なるほど、この役は華のあるアマンダで良かったんだな」と思えました。


というわけで、イーサン・ホークとアマンダ・セイフライドの顔合わせは新鮮〜。

2人ともセクシーな素材なのに、恋愛関係に至らなそうなところが良いのでしょうね。


薄いんですよ、性の香りが!


安全パイの魅力でした。



El Reverendo: First Reformed

El Reverendo: First Reformed

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray



nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画