So-net無料ブログ作成

「スイス・アーミー・マン」★★★ [映画日記]

SwissArmyMan.gif


2016年の作品ですけども。


ダニエル・ラドクリフ扮する死体の背中にポール・ダノが乗っかって、勢いよく海上を疾走するビジュアルが強烈。


親亀の背中に子亀が乗ってるみたいな姿ですよ!


その絵づら重視の作品だと思ってました。


「映え重視」ですよ!


無人島で自殺しようとするポール・ダノが、ビーチで死んでいるラドクリフを発見るする、という物語の序盤から、ものっすごく「つまんない映画臭」が漂っています。


ツンときてますよ、刺激臭!


ラドクリフの尻からガスが噴出していることに気付くポール・ダノ。


漏れ出してんの、でん部から!


ラドクリフの背中に乗れば、海上をモーターボートのような感覚で進めるのではないか、と、ピンとくるポール・ダノ。


冒頭から炸裂するおバカ・テイストに、ボクちゃんも「これは絶対につまんない映画」と思っていたのですが。


その後の展開は驚きの連続で、持ち直しますよ。


どういうわけかラドクリフとポール・ダノが生について議論する、摩訶不思議なサバイバル劇に発展。


どういうわけか、死にまつわる2人が、生きる喜びを味わうことに。


ポール・ダノにとって、ラドクリフはもう1人の自分なのか、愛する対象なのか、生き方を指南する神なのか、それとも幻覚なのか…。


基本的に2人芝居ですが、なんか複雑〜。

ちょっと哲学的な感じ〜?


まるで偉人伝のような、大げさなクライマックスを迎えますけども。

最後まで観ても、何が何だか分かりませんでした。


正直チンプンカンプン!


しかし、「つまんない映画」という感じでもありませんでした。

とっても変わっていて、いい感じにクレイジーな、おバカ・コメディ作品に仕上がっておりました。


ポール・ダノは普通に上手いのですが。

ラドクリフは、イジられっぷりが激しいです。


世界的代表作ハリー・ポッター役での清純派を逆手にとった、おバカ・ネタのオンパレード。


観ながら苦笑いしてしまいました。


含み笑いですよ!


尻からはガス、口からは飲料水を出し、肉体は拳銃の代わりになったり、刃物の代わりになったり、体中が武器になるラドクリフ。

なんという優れたボディ。


ああ、便利グッズみたいな死体!


万能器具「スイス・アーミー・ナイフ」をもじったタイトルは、ラドクリフのことだったんですね〜。


ザック・エフロンもそうですが、清純派アイドルとして売れた男優は、大人になると、シモネタや変装で笑いを取り、イジられキャラのポジションに収まる傾向。


みんな手探りで生きてっから!


今回のラドクリフは、とくにヨゴレていました、悪い意味で!!


まるで「下積み時代」みたいなシモネタを披露していてビックリ。


本当のラドクリフは大富豪なのにねぇ!


とくに、下半身ネタの、やりすぎ感がスゴかったです。


ハリー・ポッター・ファンの夢をぶち壊す、なるほど確かに悪夢的な作品でした。



スイス・アーミー・マン Blu-ray

スイス・アーミー・マン Blu-ray

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray

nice!(5)  コメント(9) 
共通テーマ:映画