So-net無料ブログ作成

「ブラック・クランズマン」★★★ [映画日記]

BlacKkKlansman.gif


時代は1970年代。

アメリカで本当にあった事件の裏側を描いております。


刑事が白人至上主義団体KKKに潜入して、黒人への暴力事件を防ごうとするお話。


KKKって聞くだけで怖くて、イヤな気分になりますけども。


作風は、あらまビックリ、明るいヨ。


KKKが出てくるのに、ちょっと笑えますよ、KKKだけにケケケケケケと!


軽快な調子の作品なのですが、根底には「差別は無意味で、バカのやること。」という、怒りのメッセージがしっかりと込められております。


これは「笑いながら怒る」という、竹中直人の芸みたいな作品ですよ!


劇中では「差別主義の白人なんて、肌の色にばかり目がいって、物事の真実は一切見えていない」みたいな、明らかに差別主義者をバカにしている場面が目立ちます。


黒人客が大爆笑する場面なのでしょう。


きっと黒人宅の茶の間はドッカン、ドッカンですよ!


また劇中では、あらゆる場面で黒人が冷静沈着。


大人の対応〜!


差別撲滅の訴え方がケンカ腰じゃないんですよね〜。

暑苦しくない。


汗臭くないんですよ、「レノア本格消臭」で仕上げた洗濯物みたいに!


差別主義者からの弾圧を受け流しつつ、ひょうひょうと抵抗するあたりがスマートでした。


1970年代の「差別実録もの」でありながら、しかもKKKを扱った物語でありながら、ドロつきを抑えた、軽やかさのある深みを実現。

スパイク・リー監督の手腕が久々に爆発した、という感じでしょうか。


作品に取り上げられた事件の顛末が皮肉〜、

まるで脚本家が想像して書いたかのような、海外ドラマ「24」みたいな筋書きにビックリしました。


こんな事件が本当にあったなんてねぇ。


エピローグで流れた映像は、最近の事件。

これまたショッキングな映像でした。


こういう映像を見るたびに、アメリカには行きたくなくなりますな〜。


やっぱり海外旅行なんてしない方がよい。


自宅の茶の間でお膝を抱え、うずくまっていた方がいいわな暗くなるまで!(←それもどうかと)


劇中、コロラドスプリングス署で初の黒人警察官ロン・ストールワース役を演じたのは、ボクちゃんの知らない男優ジョン・デヴィッド・ワシントンなのですが。


なんとこの人、デンゼル・ワシントンの息子さんなんですね。


あそこん家の子ですよ、ボンボン様〜!


ついにハリウッドで活発に動きだしたわい、ワシントン家も!!


ジョン・デヴィッド・ワシントンの顔から、人柄の良さがあふれている。


なんだか、笑わせてくれそうなオーラが出ています。(←芸人かい)


演技もまあまあだし。(←まあまあかい)


今回の愉快な役にピッタリだと思いました。


相棒フリップ役を演じたのがアダム・ドライヴァーですけども。

他作品に出ている時と、さほど変わらぬドライヴァー。


昔の刑事役ということで、長髪と古着は似合っています。


刑事ドラマ「太陽にほえろ」の新人刑事役もいけそう〜。


もう、ニックネームは「古着」でOK〜!



BlackKklansman

BlackKklansman

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:映画