So-net無料ブログ作成

「スパイダーマン:スパイダーバース」★★★★ [映画日記]

spidermanspiderverse3.gif


何このアニメ。


表現が斬新で若——い!


ボクちゃん、タイムマシンに乗って未来に来てしまったのけ?


未来の映画館で、未来人が作ったアニメを観ているのけ?


ああ、自分はもう年寄り。


玉手箱を開けてしまい、瞬時にハゲてしまった昭和のジジイだわさ!


…そんな、置いてきぼりにされたような気分になる、イマドキの技術とセンスがギュウギュウに詰まっているエンターテインメント作品でした。


アメコミ雑誌のページが、そのまんま動いているような映像に目が釘付け〜。

CGだけど、手描き感覚が生きている。


これまでの米国製CGアニメは、「いかに髪の毛1本1本を再現するか。いかに眼球をツヤツヤに仕上げるか。いかに立体感を再現するか」など、写実的な技術を追い求めてましたけども。


そういう路線とは正反対。


「2Dっていいよね」っていう、二次元路線が逆に新鮮。


雑誌売り上げ低迷の時代に、「印刷物バンザイ」みたいな路線ですよ、「チラシバンザイ」みたいな!


音楽の選び方や使い方も若々しくて、なんかまぶしかった〜。


その若さのエキス、数滴でいいから分けてほしいくらい!


分けてもらえたら、すぐさま顔にハタき込みますから!!


「アベンジャーズ」チームに所属しているはずのスパイダーマンが主人公なのですが。

「アベンジャーズ」を製作している会社とは別のライン。


別会社ですよ!


だから、「アベンジャーズ」チーム内のスパイダーマンとは、全く違うものを作らなくてはならない。

しかし、スパイダーマンらしさは残さなくてはならない…。


そんなハードルの高いオーダーに、見事に対応している制作陣。

クリエイティブ魂を保ちながら、そんな大人の仕事をやりきったところも素晴らしいです。


「アベンジャーズ」との差別化を図るためか、そもそものスパイダーマンである主人公ピーター・パーカーが死んだ世界が舞台ですよ。


大胆に原作をおイジリだよ!


「ピーター・パーカーなんて、もう古い」みたいな、「アベンジャーズ」への対抗心もありながら、しっかりとピーター・パーカーに対してのリスペクトもある。

うまいこと作り上げているお話。


練り上げてんよ!


そして、今回の主人公は黒人の男子中学生、っていうところが小憎らしい。

空前の「黒人もの」ブームに、ちゃっかり便乗〜。


しかも、男子中学生の叔父役声優がマハーシャラ・アリさんだという。


ただいまハリウッドで無敵の助演男優様が、こんなところにまで出たーーっ!


そして、男子中学生がヒーローぶる様子は「中学生円山」をほうふつでした。


キャラクターデザインも自由すぎる〜。


間違いなく、制作スタジオの職場は服装自由〜!


物語の中盤で男子中学生と行動を共にする日系美少女ペニー・パーカーが、日本のアニメ風2次元デザイン。

ペニー・パーカー1人だけセル画風で、浮きっぷりがスゴイです。


ついつい目がいってしまう子。


何か光るものがある子!


彼女の見た目は「じゃりン子チエ」をほうふつでした。(←古いですか)



「スパイダーマン:スパイダーバース」オリジナル・スコア

「スパイダーマン:スパイダーバース」オリジナル・スコア

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2019/02/27
  • メディア: CD


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:映画