So-net無料ブログ作成

「グリーンブック」★★★☆ [映画日記]

greenbook.gif


時代は1960年代。

コンサートをしながらアメリカ南部を回る黒人ピアニストと、イタリア人運転手との交流を描いた、実話ベースのお話ですけども。


黒人ピアニストの方はお堅い感じ。


お坊ちゃまですよ、スネオちゃま!


イタリア人運転手の方は荒っぽいガキ大将タイプ、ジャイアンですよ!!


持ち味の異なる男性2人が、ぶつかりながらも打ち解け合い、自分に足りないものを補い合っていく感じ・・・。


ちょっと「最強のふたり」っぽい構図。


どうもアレっぽい構図!


売れ筋ですよ!!


アカデミー賞の作品賞を受賞した割には、軽快な空気感。


油っぽくないヨ、キャノーラ油みたいに!


いくらでも食えるてんぷらみたいなもんですよ!!


黒人差別を描いてますけども、ライト層までもが気軽に楽しめる感動作、という感じに仕上がっておりました。


監督は「メリーに首ったけ」などのピーター・ファレリーさんですけども。

これまでも、偏見や蔑視という題材を楽しく表現してきたファレリーさん。


今回も「いい子ぶらない差別映画」というスタンスにお変わりございません。


いつものアンタですよ、そのまんまファレリー!


そんなファレリーさん、昨今の「黒人もの」ブームの波に乗り、さらに才能を昇華させた、という感じでしょうか。


ピアニスト役を演じて、アカデミー賞助演男優賞まで受賞したのがマハーシャラ・アリさんですけども。

今回のアリさんは、今まで見てきたアリさんとは全く違う〜。


こんなにハマるとは意外でした、インテリの高飛車演技!


高そうなお洋服が似合っているのも意外〜。(←失礼)


口がお達者なピアニストですが、その人格は繊細で、志は高く、孤独でもある、というところが個性的。


「キャラもの映画」という側面も。


差別社会の真っ只中の現地で「偏見には屈しない」という、ピアニストの態度がすんばらしい〜。


ホテルのレストランにて「トイレを使わせてもらえないなら、もう帰りますから。コンサートはキャンセルですね。もう知りませんからね!」みたいな態度がご立派。


「へ〜、こんな人が実在したんだ〜。すごい」と思いました。


どうしてもマハーシャラ・アリさんが目立ってしまいますが、イタリア人運転手役を演じたヴィゴ・モーテンセンも、これまでの彼のイメージからは想像しがたい「肉体派おやじ」役を演じきっていて最高〜。


あのヴィゴが、乗っけてきたわい、体脂肪!


所帯臭さを出しておりました、ビール腹から!!


そして、一見すると差別意識がないように見える運転手ですが。

物語の序盤では、黒人が使ったコップを捨ててしまうという場面があったり、心のどこかでは差別意識があった、と思わせる些細な場面が良かったです。


当時は、そういう人も多かったんじゃないかな〜、と思いました。

人間の複雑さを感じさせる場面でした。

 

イタリア人運転手は愛妻家。


顔はかわいいし、よく出来た嫁〜。

地味ながらラストシーンまで嫁が活躍。


アカデミー賞最優秀お嫁をあげたくなるお方でした。



グリーンブック~オリジナル・サウンドトラック

グリーンブック~オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: ジーン・オースティン,ナサニエル・シルクレット,ジェラルド・ヒューイ・ラムゼイ,ジョニー・メイ・マシューズ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2019/02/27
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(10) 
共通テーマ:映画