So-net無料ブログ作成

「ビール・ストリートの恋人たち」★★★ [映画日記]

IfBealeStreetCouldTalk.gif


おビールを飲みたくなるタイトルですけども。


「麦とホップ」をいただきたくなりますけども!(←ビールじゃなくて発泡酒だわな)


どんなロマンチックな作品かと思って観てみれば・・・。

1970年代の黒人街で、若いカップルが白人警官からの嫌がらせにより、人生を変えられてしまう・・・みたいなお話。


人種差別を扱った社会派ドラマでした。


劇中には「白人は悪魔の化身」というセリフがありましたけども。


ホワイト・デビルですよ!


「全く同感」と思うような差別エピソードが胸にきました。


「ビール・ストリートの恋人たち」という邦題のように、そう重い気持ちで観なくても、ラブストーリーとして気軽に観るのもアリだと思います。


確かにジャンルは「差別もの」なのですが、全体に漂う空気はフワ〜ッとドリーミン。


どこか夢うつつ!


ファッション性や音楽性も十分で、そこはかとなくオシャレです。

「差別映画」は、いろいろあれど、ここまで情緒的に描いたものは珍しいと思います。


「ムーンライト」で出世したバリー・ジェンキンスの監督作で、「ムーンライト」に引き続きプロデューサーもブラッド・ピットということで。

またしてもブラピの手腕を見せつけられる結果に。


スゴ腕のイケメン様ですよ!


あの人も、すっかり黒人もので稼ぐ方法を見つけたようだわな、いい意味で!!


この調子で、ラブストーリーと偏見をミックスした、誰もが見やすく、理解しやすい「差別もの」を作っていってほしいな〜、と思います


ブラッド・ピットがプロデュースしたからか、何なのか。

主人公カップルの男性の方は、ちょっぴりブラッド・ピットっぽい顔をしていたわな。


黒人版ブラッド・ピットですよ、ブラック・ピット!


なぜかチョイ役で、ディエゴ・ルナ、ペドロ・パスカル、ジェームズ・フランコの弟デイブ・フランコが出演。


デイブ・フランコ、略してデブンコですよ「燃えよデブンコ」!


飽き始めると彼らが顔を出してくるので、良い箸休めになりました。


らっきょう福神漬けみたいなもんですよ!


主人公カップルの女性の方には家族がいて、母親役を演じていたのがレジーナ・キングですけども。


レジキンですよ!


今回の演技で、なんとアカデミー賞助演女優賞を受賞したレジキンですけども。

それほどの見せ場もなかったかな。

よく、この程度で受賞できたと思う〜。


レジキンは海外ドラマによく出ているから、彼女のことは数年前から認知していたのですが。

海外ドラマの方が熱演していると思います。


そして、海外ドラマ出演時から、今回の「ビール・ストリートの恋人たち」に至るまで、レジキンの演じる役には「人情」という共通点があると思います。


「浪花節」がオハコなんですよ!


演歌面!!


「本人の人柄も良さそう」と感じさせるところも魅力だと思います。

得意な芸を、「ビール・ストリートの恋人たち」で開花させたと言っていいでしょう。


これまでレジキン出演映画のほとんどは、ろくなもんじゃありませんでした。


聞いたこともない映画ばっかりですよ「ラブ・ザ・ドッグ 犬依存症の女」とか!


経歴をアップデートできて良かったです。


「ビール・ストリートの恋人たち」で上書き保存できましたから〜!



オリジナル・サウンドトラック『ビール・ストリートの恋人たち』

オリジナル・サウンドトラック『ビール・ストリートの恋人たち』

  • アーティスト: Nicholas Britell
  • 出版社/メーカー: ランブリング・レコーズ
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: CD



nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:映画