So-net無料ブログ作成

「翔んで埼玉」★★★ [映画日記]

tondesaitama.gif


満喫しました、埼玉県人のヤラレ芸!


作品は、埼玉県人が東京都民に迫害されている世界観。


埼玉県人がさげすまられてるんですよ、徹底的に!


東京都民の高校生は、制服なんてフリフリの華麗なデザインなのに。


教師なんて、メイクや髪型までも宝塚スターなのに。


埼玉県人が勉強する場所は、専用の掘っ建て小屋。


着ている服はモンペて!


埼玉県の表現が、まるで戦後でした!!


体調不良の埼玉高校生がお薬をせがむも、東京都民で生徒会長の壇ノ浦百美が放った名セリフ「埼玉県人など、そのへんの草でも食わせておけ!」に玉砕。


埼玉県人の心は、折れるどころか木っ端微塵に粉砕!


学園内で繰り広げられる、埼玉県人イビリが、大げさすぎて逆に気持ちが良かったです。


前半は学園ドラマなのですが、後半は千葉県人や神奈川県人を巻き込んでの、ハチャメチャ戦国ものに。

埼玉県人の植民地を呼ばれるエリアが池袋、っていうのも楽しかったです。


関東にお住まいの方のみニヤニヤできる、関東に特化した、エリア限定コメディ作品に仕上がっておりました。


本編中は埼玉県人への風当たりが強く、また埼玉県人の自虐ネタも多いのですが。

結局は「やっぱり埼玉県が好き!」となる。


虐待が過ぎて、一周してしまうという!


コンプレックスからの脱却劇が鮮やか。

埼玉県への愛憎が、巧みに、楽しく表現されておりました。


魔夜峰央さんの漫画は実写化不可能と思ってましたけども。

壇ノ浦百美(男)役を演じた二階堂ふみちゃんがハマってる〜。


魔夜峰央っぽい髪型やお洋服が似合っています。


顔もよく見たら峰央っぽいかも〜丸いんで!


これは絶妙な配役だと思いました。


百美が恋する美形男子高校生役はGACKTさんですけども。

なるほど、長髪ヅラなどがお似合いで、まあまあハマっていると思いますが。


できれば、もうちょっと若い男優さんの方が良かったかな。(←禁句)


GACKTさんと二階堂ふみちゃんのコンビネーションが良い感じ。


やっぱりGACKTさん1人だと場が持たぬ。

ミュージシャンだし。


下手だもんね!(←禁句)


二階堂ふみちゃんの上手さがGACKTさんを支えていたと思います。


この作品が成功したら、魔夜峰央さん原作漫画の実写版が続々と作られるかも。


手つかずの金脈ですから、あすこは!


すでに製作中の「パタリロ」も楽しみです。


いや〜、それにしても。


本編中では、要所でGACKTさんがあえいだわな。


悶えたんですよ「ア〜ン、ア〜ン」と!


まるで盛りのニャンコみたいに!!


イメージ映像では、GACKTさんと伊勢谷友介さんがチュッチュ、チュッチュ、チュッチュ、チュッチュ、ペロペロペロペロ〜!


ベロを交えたわい!!


大衆映画で、ここまでの映像を出したのは快挙です。


コメディ映画での忘れられない場面が、「GACKTさんのあえぎ「伊勢谷友介さんのベロ」という結果になってしまいましたがね。




このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)

  • 作者: 魔夜 峰央
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/12/24
  • メディア: 単行本



nice!(10)  コメント(10)