So-net無料ブログ作成

「女王陛下のお気に入り」★★★☆ [映画日記]

thefavourite.gif

ついにエマ・ストーンが出したわい、ボイン!


エマ・ストーンってたいした子。


たいした、たまげたですよ!


今回の作品は、エマの野心作だと思います。

2回目のアカデミー賞受賞を狙ってきたわな。


「アカデミーおかわり」って言って、空の茶碗を差し出してる状態ですよ!


今回、エマが演じたのはアビゲイルという名の召使い。


下働き!


18世紀初頭のイングランド宮廷で、アン女王の寵愛を得て出世をもくろむ役ですよ。


ねこなで声でアン女王を褒め称える、というごますり女さ!


先にアン女王の世話をしていた側近サラ役がレイチェル・ワイズなのですが。


お局様ですよ!


サラも毒舌で、平気で体罰を指示する女でコワーイ。


ときどきアビゲイルに脅しをかけてきてましたよ、チンピラみたいに!


アン女王を取り合って、アビゲイルとサラが心理的に戦うことになる展開。


アビゲイルはアン王女に「サラは、お国のお金をくすねてんで」みたいな告げ口を。

サラはアン女王に「アビゲイルは腹黒いで」みたいな告げ口をしたり。


お局様ぶりっ子による、ババア女王争奪戦という構図がオモローイ!


アン王女も、心と体に問題を抱えた複雑な女性。

ときどきキレたり、駄々をこねて大の字になったり大暴れ。


アン王女役を演じたのはオリヴィア・コールマンですが。

深みのある演技を披露していて、これはハマり役だと思いました。


アン王女が通風で「足が痛い。スネが辛い」と苦しむ場面がありましたけども。

当時の治療法が、生のお肉を足に巻く、というもの。


お肉って言っても豚じゃありませんよ、牛(ぎゅう)!


A4サイズくらいもある牛肉。


一体、一枚おいくら?


5000円くらい?


普通に焼いて食べたくなりました。


おかずにしたいんですよ、塩コショウで!


作品では、妙な三角関係に陥った女性を描いておりますけども。


財産の有る無し関係なく、3人とも見事に不幸。

同時にラブストーリーになっているところがスゴイです。


ラストでは、3人とも「愛とは何なのか」を理解して終わってましたしね。


劇中でサラが言った「私は女王相手にだってブスって言う。正直に何でも言い合える関係こそ愛」というセリフが好きです。

相手によって態度を変え、空々しい会話で世渡りをするアビゲイルは、人脈は作れても、真実の愛は得られやすまい。


だから、こんなブログを書くにあたっても、思ったことを正直に伝えるべきだと思いました。


年のいった女性のことは、ちゃんとババアって書くべきだと思いました!(←要らぬ配慮です)


監督は「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」などのヨルゴス・ランティモスなんですよね〜。


鹿殺し監督ですよ!


確かに、全編を通してヨルゴス・ワールドでした。


確かにアンタの変な世界!


この独創的な作風で「女王もの」って、相当珍しいです。


平成最後の年に、新時代の時代劇を観た気分です。



The Favourite

The Favourite

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Decca Records Classics
  • 発売日: 2019/05/17
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(12) 
共通テーマ:映画