So-net無料ブログ作成

「メリー・ポピンズ リターンズ」★★★☆ [映画日記]

MaryPoppinsReturns.gif


エミリー・ブラントもお偉くなったもんですよ。


ディズニーのミュージカル映画でヒロイン役を演じてますよ。


クラスの隅っこに座っていた、あの子がねぇ!(←幼なじみかい)


しかも役はメリー・ポピンズですよ。

ボクちゃん目を疑った。


エミリー・ブラントが演じる役はホントに世界的な有名キャラ、メリー・ポピンズなのか・・・。


ホントはスポンジ・ボブなんじゃないのかと?!(←間違いなくメリポピです)


そんなエミリー・ブラントが、相当がんばっています。

彼女が歌えることは知ってましたけども、まさかダンスまでこなせるとは。


華麗に舞っとったわい、クルクルクルクル〜!


ある家族と、その子どもたちに寄り添い、時には優しく、時には厳しく指導するという女性柄は、確かにエミリー・ブラントに合っている。

あの子、笑うと母性が出ますけども。


無表情になると氷のように冷たい印象になりますし!


頭がキーンとするくらいですよ、かき氷ピノでも食べた時みたいに!!


メリー・ポピンズのことを全く知らなかったのですが。

この人、お空を飛べるんですね。


あと、子どもたちには幻想を見せることができる・・・。


妖術ですよ!


ものすごい魔女!!


この人、美人で良かったわな。

美人だからチヤホヤされる。


ブサイクだったら「口裂け女」と扱いは変わらない!


子どもたちを、恐怖のどん底に突き落す存在になるところ!!


メリー・ポピンズが住み込む家庭には、旦那さまのマイケルがいるのですが。

マイケル役はベン・ウィショーなんですね。


ベン・ウィショーも一家の主役をするお年頃なんですね〜。


今回のベンは、わずかに老けていて、ちょっとウィリアム・H・メイシーぽくなったかな。


ベン・ウィショーが歌う姿を初めて見ましたけども。

ちゃんとビブラートを効かせておりました。


ときどきメリー・ポピンズと行動を共にする「ガス灯の火付け男ジャック」の存在がフシギ〜。


ジャックはメリー・ポピンズのことを抱きたいのかな、と思っていたのですが。

どうやらお目当てはマイケルの姉のよう。


どっちにしろ、大人の女性がお好み!


できれば、マイケルの姉とメリー・ポピンズで、「ガス灯の火付け男ジャック」を取り合って見せ場を作ってほしかったです。


歌う修羅場ですよ!


あとメリー・ポピンズの従姉役でメリル・ストリープが出たーっ。

メリルも、他作品で見るメリルとは全く違う。


今回のメリルは場末感!


ケバいメイクで踊ってハッスル!!


歌う途中では海老反りですよイナバウアー!!(←死語)


お腰を痛めていないか心配です。


作品は、全体的にものすごく濃厚。

そして、どこか辛口でした、


大人が借金を返済するお話ですし!


無くした株券を、タンスの引き出しをひっくり返して探すお話ですし、血眼で!!


ロブ・マーシャル監督らしく、体を張ったダンスと歌唱場面が素晴らしい〜。


意外だったのは、アニメと実写との合成場面。

ロブ・マーシャルも、こんなハイテクな演出が出来るんですね〜。


アニメが、いかにもCGっぽい立体的なものではなく、2Dアニメ風だったところが粋。


あえての古臭さ!


あえてのタンス臭さが良かったです。



メリー・ポピンズ リターンズ(オリジナル・サウンドトラック)(英語盤)

メリー・ポピンズ リターンズ(オリジナル・サウンドトラック)(英語盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/01/30
  • メディア: CD
 

nice!(7)  コメント(10) 
共通テーマ:映画