So-net無料ブログ作成

「フロントランナー」★★★ [映画日記]

TheFrontRunner.gif


1988年のアメリカ大統領選挙で有力候補だったゲイリー・ハートが、見事に失脚する実話です。


転落するんですよコロコロコロコロ!


お池にハマったどんぐりみたいに!!


選挙事務所での活動、ゲイリー・ハートを追い込む新聞記者たちの活気・・・。

どの場面にもピリッとしたリアリティがあって、いかにもアカデミー賞をとりそうな作風〜。


アカデミーの臭気がスゴイ!


監督は「マイレージ、マイライフ」のジェイソン・ライトマンで、脇役を演じる男優の中にはJ・K・シモンズもいて、アカデミー賞ノミネートの常連たちが集結。


主演のヒュー・ジャックマンも役作りも入念ですよ。


もう、アカデミー賞主演男優賞にロックオン状態ですよ、トンビお揚げを狙ってる時みたいに!


しかし、これだけの素材を揃えながらも、作品も演技も、さほど評価されていないのは、やっぱり主人公ゲイリー・ハートの好感度が薄いからだと思う〜。


なんじゃいゲイリーさん、アンタ結局〜、不倫がバレて人気が落ちたんじゃん。


嫁とは違う女抱いたんじゃん!


劇中では、「スキャンダルは政治活動とは無関係である。ワシは選挙活動は続ける」という感じで、すっとぼけるゲイリーさん。


知らぬ存ぜぬですよ、真顔で!


キョトンですよ!!


それもポリシーなのでしょうが、この人のことを好きになれぬ。


愛してやりたいとは思うけれども、愛せんわい!


ギリシャ時代なら、こういう人が王様になれるのかもしんないけど〜。


劇中では、不倫スキャンダルのことを「政治家のことを、まるで芸能人であるかのようにカメラマンが執拗に追い回す。過剰な取材はいかがなものか」という、メディア批判にすり替えてました。


すげ替えですよ!


そりゃまあ、過剰な取材はダメだと思うけど〜。

不倫もダメだよねぇ。


もしかしてゲイリー・ハートのことを「不倫疑惑が原因で破滅したバカな男」として、笑い飛ばすコメディ映画だったのかな?!

ちょっと意図が分かりにくかったです。


ヒュー・ジャックマンもな〜。

どうして、この人を演じたいと思ってしまったのか・・・。


確かに、人間味があるといえば、あるけども悪い意味で!


そのかわり、ゲイリー・ハートに振り回される女性たちが、耐え忍ぶ感じと、怒る感じが交錯して、見応えのある反応。

とくに、ヴェラ・ファーミガが演じたゲイリー・ハートの妻には、心の動きが激しくて良いキャラクターでした。


彼女を主役にしたほうが、今風に仕上がったかもしれません。


夫の裏切りを知っても「今は離婚しないわよ逆にね!みたいな、静かなキレ芸も光ってました。



The Front Runner (Original Motion Picture Soundtrack)

The Front Runner (Original Motion Picture Soundtrack)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Uk
  • 発売日: 2018/11/30
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画