So-net無料ブログ作成

「サスペリア」★★★ [映画日記]

Suspiria.gif


観ましたヨ、「サスペリア」だか「サルスベリ」だか、何だか言う映画!


1977年の同名ホラー作品をリメイクしております。


監督はルカ・グァダニーノですよ。


一発当てた人ですよ「おっさんずラブ」で!(←正確には「君の名前で僕を呼んで」です)


上質な情緒を表現できるルカさん。

ボクちゃんも大ファンですけども。


あの独自の作風で「サスペリア」の世界を再構築したらどうなってしまうのか・・・というワクワク感。


興味津々で、ボクちゃんの目も皿!


鑑賞中は、ずっと目ん玉をおっぴろげてましたよ、西川きよし師匠みたいに!!


結果的に、舞台である1970年代のベルリン、ヒロインが所属する舞踏団の舞い、ダンサーが合宿する古い館・・・どの絵もムード満点で、相当クールです。

普段観るホラー映画とは全く違う、高級な質感が新鮮でした。


ダンスを取り入れた地獄絵のインパクトもスゴすぎて、夢に出てきそう〜。


本編時間は2時間30分以上あるし〜。


まさかの超・力作で、受け止めるのに体力が奪われました。


とっても素晴らしかったのですがね〜。


まーね。

面白いか、面白くないかと問われたら「さほど面白いものでもない」と答えるしかないという、困るタイプの秀作。

カンヌでは受けるタイプと思います。


ヒロイン役のダコタ・ジョンソンは優秀な新人ダンサーという設定。


出来る子設定ですよ!


激しいダンスもこなしていて、がんばっています。


アンタ、結構コーチにシゴかれてきたね!・・・と思いました。


ティルダ・スウィントンの役はカリスマ振付師。


南流石みたいな感じですよ!(←古いですか)


ティルダ・スウィントンの演技が、やっぱり最高〜。


ダンサーを指導する場面では「はいワンツー、ワンツー!そこでクルッと回って、足トーーン!!」みたいなセリフ回しが、本物の振付師みたい。


ティルダ・スウィントンは、心理療法士の博士役も演じてますけども。


博士は男ですよ、おじいさん!


裸になる場面まであってビックリ。


衝撃でしたティルダ・スウィントンの「付けチン」姿!


ティルダ・スウィントンって、他作品で見かけるたびに、全く違う姿で出てきますけども。

難しそうに演じている素振りが一切ない。


ホント、すごい人だな〜、すごい女だな〜、と思います。


物語は、舞踊団の演目「民族」の練習風景から始まり、客へのお披露目までが描かれてますけども。


まー、「民族」の内容が前衛過ぎてドン引き。


半裸の女性ダンサーたちが、暗いステージ上で、ひたすら躍動的に舞う「民族」。

とってもダークです。


ディズニーランドのダンサーとは全く違いますよ。


電飾の山車には乗らないタイプ!


逆に、「民族」のノーカット完全版があるなら観てみたいです。(←「ボヘミアン・ラプソディ」の完全版かい)


そしたら、本編時間は3時間を越えちゃうかな。



nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:映画