So-net無料ブログ作成

「ルイスと不思議の時計」★★☆ [映画日記]

TheHousewithaClockinItsWalls.gif


ジャック・ブラックとケイト・ブランシェットが共演、監督は近年だと「ノック・ノック」が印象的だったイーライ・ロスだいうことで。


その名前だけ見ると豪華ですよ、スゴイ発注!


少年ルイスが叔父宅で暮らすことになるものの、その叔父は魔法使いだったというお話です。


ボクちゃん決して、このファンタジー作品をけなしたくはない。

鑑賞中も、作品の良いところをず~っと探しておりました。


この子の長所を見つけて伸ばしてやりたい。


仏心ですよ、金八先生みたいな!


しかし残念ながら・・・。


良いところがひとっつもナーーイ!


原作は児童文学だから、きっとお子さま向けの仕様にしたのでしょうけども。

その路線はイーライ・ロス監督に向いてない気がしました。


「ガキに食わせる料理なんて、砂糖をたんまり入れりゃあ良いんだろ?喜ぶんだろ?」的な、雑な味付けで、無難な演出と表現が続いてます。

お子さま客と、そのお母さま客にも気を使ってるのかも。


PTAに褒められたいのかもよ!


ストーリーも、さほど面白くならないままラストシーンまで。

物語自体にワクワクできないところも残念でした。


ジャック・ブラックとケイト・ブランシェットの顔合わせもケミストリー起こらず。


むしろ食い合ったわい、ハブマングースみたいに!


2人の掛け合いも軽妙さを狙ったはずがグダグダに。

こんなにも相性が悪いなんて、逆に驚きです。


個別に見たところで、こんなにも笑えないジャック・ブラックを見たのは初めてかも~。

ケイト・ブランシェットは姿勢がシャンとしていて、スタイルの良さが際立ってました。

ウエスト細いんだよね~。


あと、カイル・マクラクランも出ていて、昔のモノクロ写真でのお姿などは、顔に時代感があって味わい深かったですけども。


昔顔なんですよね~、古い顔!(←ホメ言葉)


しかし、実物が出てきたと思ったら、なんと顔には特殊メイクを施してました。


たっぷりと顔に貼り付けてきたわい、お肉!


せっかくの昔顔が殺された。


殺(や)られたわな!


主人公ルイス役を演じた子役のことを、「ルーム」や「ワンダー 君は太陽」でおなじみの名子役、ジェイコブ・トレンブレイくんだと思っていたのですが。

初めっから終わりまで、ず~っとそう思い込んでいたのですが。


鑑賞後に調べてみたら、なんと別人。


赤の他人!


見事にバカされたわい、あのガキンチョに!!


それはオーウェン・ヴァカーロという名の子役でした。


こんなにジェイコブくんに顔も演技も似てる子っていんの?!

見分けがつかないんですけど~?!


「不思議の時計」以上に不思議な存在でした。



ルイスと不思議の時計 (静山社ペガサス文庫)

ルイスと不思議の時計 (静山社ペガサス文庫)

  • 作者: ジョン ベレアーズ
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2018/09/12
  • メディア: 新書

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画