So-net無料ブログ作成

「フィフティ・シェイズ・フリード」★★★ [映画日記]

FiftyShadesFreed.gif


美男美女カップルが繰り広げるSMシリーズも最終章。


ついに完結、変態3部作~!


鳴り物入りで3年前に日本上陸したシリーズですが、今回の3作目は、東京での上映館が2館にまで縮小。


尻がすぼんだわな!


それでも観てやらねばならぬ。

このボクちゃんが「フィフティ」シリーズを観てやらねば、他に誰が観る?


だ~れも観ちゃくれん!


このボクちゃんが、最後の最後まで変態カップルを応援させていただきマンモス!


勝手に就任したるから、変態応援団長に~!!


物語のメインキャラクターは、企業のイケメンCEOでありながら、自宅には真っ赤なSM部屋を完備しているという、ドS街道まっしぐらの富豪クリスチャン。


物語の冒頭から、クリスチャンとドM美人アナがご結婚。


籍を入れたわい!


新婚旅行先はフランスの方。


なんかよく分からないけど、あっちの方!


新郎が新婦を抱いた部屋がゴージャスでビックリ。


まるでベルサイユ宮殿!


何?それは「フランス革命抱き」ってこと?!


海ではジェットスキーに2人乗りして、はしゃぐ夫妻。


キャッキャキャッキャ、キャッキャキャッキャ!


そんなラブラブで甘い光景を、ボクちゃん氷のような無表情で眺めたわい!!


プールサイドでは開放的になってしまうアナ。


ボインを丸出しにして昼寝!


爆睡ですよ!!


たまらず、アナのボインにタオルをかけるクリスチャン。


ボクちゃんも「みっともない。お外で乳はしまっときな。ブラに収めときな!」と思いました。


結婚しても出版社で働きたいと申し出るアナ。

「アタイは専業主婦で収まるタマじゃない」的な自己主張。


職場では旧姓で通すアナ。

結婚しても女友達との友情は大切にするアナ。

旦那にちょっかいを出してくる尻軽女には、ピシャリと注意するアナ。


絵に描いたような女子ウケ設定のオンパレード。


女子に応援されたがり屋さん!


ときには、やんちゃな一面を見せるアナ。

「ウフフ、アタイは大人しくみえてもオテンバやから」と言わんばかりに、公道で高級車を爆走運転。


まるでレーサー時代の三原じゅん子~!


運転後のアナは気分が高揚したのか、車内で旦那に抱かれたわい!!


・・・そんな感じで~、陳腐なドラマの数珠繋ぎ。

合間の抱かれ場面で盛り上げるという、AV仕立ての構成に。


SMテイストは、一層ソフトになった気がします。


もはや無痛SMですよ!


変態っぽさを薄くして、観客の間口を広げているのでしょうか。


刺激は強くなくて、「ちょいとお前さんたち、この程度で変態ぶってんの?通ぶってんの?と思ってしまいました。


クリスチャンは、今回はダークな側面よりは、子どもっぽい性格があらわになって、イラッとすることもありましたけども。

ピアノを弾き語る場面などもあり、王子様テイストは健在。


歌うSM王ですよ、何なのコレ〜!


改めて、ものすごいキャラクターだと思いました。


ジェイミー・ドーナンも、この役を演じるにはギリギリの年齢。


もう2年も経つとオッサン臭が出てきますから!


鼻にツンとくるからね!!


アナ役のダコタ・ジョンソンと共に、キレイな姿のまま完結して良かったと思う~。


ラストあたりでは、アナとクリスチャンが出会ってから結ばれるまでの名場面が、走馬灯のように流れて感無量~。


できれば変態名場面を流してほしかったな~「お尻ペンペン」「玩具抱き」「ノーパン・ディナー」とかの~。




nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:映画