So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「MUTE ミュート」★★★ [映画日記]

mute.gif


「月に囚われた男」「ミッション:8ミニッツ」等を手がけたダンカン・ジョーンズ監督の新作で、主演はアレクサンダー・スカルスガルドですよ。


その名前だけで観たくなりますけども。


ウズウズしてしまいますけども、鼻先にニンジンをぶら下げられたお馬さんみたいに!


実はNetflixオリジナル映画。


会費を払わないと観れませんから!


残念!!


物語の舞台は、近未来のベルリン。

街並の風景とかが「ブレードランナー」風味で、「な~んだ、またブレードランナーの後追い系か~」とガックリきたのですが。


きっと、これは、あえてのブレードランナー風なのでしょう。


オマージュなんですよ、お饅頭じゃなくてオマージュ!


あえて1980年代のSF世界を表現しているのだと信じたいです。


センスのある監督だからね、ダン坊は!(←なれなれしいですか)


アレクサンダー・スカルスガルドは、声を無くしたバーテンダー役。

顔も体も超イケメンでありながら、性格までも子犬のように誠実ですよ。


「こんな完璧なイケメン、いるわけナーイ!まるでSFじゃねえか~!!とキレかかりましたが、実際にSFなので仕方ありません。


グーの音も出んかった!


そんなバーテンが行方不明になったガールフレンドを探すという展開。

ハードボイルドでミステリアスなラブストーリーですけども。


思った以上にダークな内容~。

コレは劇場で公開しても絶対ヒットしない、絶対大コケ!・・・と思いました。


だからこそ、ネット配信企画に落ち着いたのでしょうね。


共演者も、なかなか良いです。

なんと悪役がポール・ラッド、その友人役がジャスティン・セローですよ。


そして「月に囚われた男」では主役だったサム・ロックウェルもカメオ出演しているという豪華さ。


ネット配信企画おそるべし。


調子に乗ってんね、米国企業!


ポール・ラッドのワルっぷりも新鮮だったのですが。

「アントマン」出演時のポール・ラッドと同じく、彼には幼い娘がいるという設定。


ポール・ラッドと「かわいい娘」の抱き合わせが様になり、相性がバツグンだということを実感。


ハイボールから揚げ合うみたいなもんですよ!


「月に囚われた男」で起用したサム・ロックウェルもそうですが。

ダンカン・ジョーンズ監督って、どこかチャーミングな感じのする男優が好きなのかな。


好物なのかな、チャーミングおやじが!


割と硬派なSF空間を作り上げる監督ですが、チャーミング男優のおかげで、どこか当たりは柔らかくなってます。


バスクリンを入れて、肌への当たりが良くなったお湯みたいな感じですよ!


エンドクレジットには、ダンカン・ジョーンズ監督の実父デビッド・ボウイと自身の乳母への哀悼が。


それを見たとたんに、しんみり~。


気分を一気に秋モードにしてくれた作品でした。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画