So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「クワイエット・プレイス」★★★★ [映画日記]

AQuietPlace.gif


新種のエイリアンが地球に攻め込んできたわい。


今度のエイリアンは耳が良い。


地獄耳ですよ!


人が物音をたてたら襲ってくるのです、ソッコーで!!


だから人間は静か~にして、手話で意志を伝え合ったりして、地味〜に生活しているという設定です。


生きていけませんな、おしゃべり好きは!


まーね。

そんな生活、無理がありますけども。


だって人間、咳やくしゃみ等で音を出しちゃうものですし。


屁も然り!


毎回音を立てない「すかしっ屁」というわけにはいきますまいに!!


ふとした拍子に「ブッ」と出ちゃうものですしね。


ああ、死にたくないわな自分の放屁が原因で!


・・・そんなツッコミどころがあるものの、今回の作品、とっても良かったです~。

世間の評価が「並」なのが不思議~。


ボクちゃんがアカデミー会員なら、アカデミー賞の全部門を受賞させてやってももいいくらいですよ、宇宙人映画ですけども!


メインキャラクターのファミリーが繰り広げる、家族ドラマが最高なんですよね~。


ボクちゃん感動して泣いたわい!


一家の構成は、父、母、小学生の娘と息子ですけども。


エイリアンに怯えて暮らしながらも、親は親として、父として、母として、夫として、妻として、子は子として姉として、弟として、それぞれやるべき役割と責任を果たすんですよね~。


彼らの行動が、全て家族愛に基づいているところがたまらん。


逆に言えば、家族が思い合っているだけで、物語になってるんですよね〜。


母が言う「親が子を守れなくて、それで親だと言える?子を守れない親なんて何者でもない」というセリフにも胸が熱くなりました。


クライマックスの急展開でさえ、元をたどれば家族愛でした。


家族全員に愛があるから、心の調和を感じます。


美ですよ!


そんな愛の設定が素晴らしかったです。


母が妊娠しているところが、また危機感を最大限にあおりますよ。


物音たてちゃいけないのに、お産なんて無理だよね?!


だってボクちゃん、便秘の時ですら「ウゥゥーン」って声が出ますけど?!


子を生んだとしても大変ですよ。


どうする夜泣き!


問題が山積みで、ハラハラしました。


B級感があるはずの作品ですが、どこか品良く見せているのは役者の演技のおかげだと思います。


出演しているのはエミリー・ブラントに、実の夫のジョン・クラシンスキー。


子役は「ワンダーストラック」のミリセント・シモンズちゃんに、「サバービコン 仮面を被った街」のノア・ジュープくんと粒ぞろい。


とくにジョン・クラシンスキーは、製作・監督・脚本も務めている事実にビックリ仰天。


たしかアンタ、この間までただのB級男優だったよね?!


ついに才能が開花したわな、エミリー・ブラントを抱いてから!


演出面では、エミリー・ブラントから優しさという一面を引き出していたクラシンスキー。


エミリー・ブラントの魅力を理解してますよ、さすが抱いてることはある!


夫婦共同ビジネスで、ここまで成功している例も珍しいです。


本日より「エミリー・ブラントあげまん説」を唱えることにいたします。




nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:映画