So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ドケチ大作「ゲティ家の身代金」同ネタのテレビドラマもある。広がるね、ドケチ・ワールド! [映画写真日記]

いや〜、実在したケチな爺さんジャン・ポール・ゲティが、孫の身代金を出ししぶる映画「ゲティ家の身代金」な〜。
おもろかったですけども。
 
ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS)

ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS)

  • 作者: ジョン ピアースン
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 発売日: 2018/05/17
  • メディア: 文庫
 
ゲティの秘書というチョイ役でティモシー・ハットンが出演していたことにもハッとしましたけども。
 
誘拐犯役のチンクアンタ役の男優をどこかで見たことがあると思ったら。
それは「タイピスト!」「ムード・インディゴ うたかたの日々」などに出ているフランスの有名男優ロマン・デュリスでビックリ。
こちらのお写真、左が「ゲティ家の身代金」、右が「彼は秘密の女ともだち」のデュリス。
この振り幅、役者さんって大変な仕事だわな。↓
g1.jpg
 
「ゲティ家の身代金」といえば、公開の数週間前にゲティ役を演じたケビン・スペイシーが不祥事を起こして降板。
かわりにゲティ役を演じたのがクリストファー・プラマーですけども。
こちらのお写真上がスペイシー、下がプラマーですけども。
スペイシーって顔の原型がないくらいの特殊メイクで演じていたんですね!
入魂の一作だったのか〜。↓
g2.jpg
 
こちらの場面では、スペイシーが演じた映像の上から、後撮りのプラマーをかぶせたっぽい。
爺さんの上に爺さんを乗っけたんですよ!↓
g3.jpg
 
こちらの動画はスペイシー出演版の予告編。
なんだか別の映画にすら見える〜。↓
 
そんな「ゲティ家の身代金」。
同じネタのテレビドラマもあるんだってさ〜!
タイトルは「トラスト」(原題)で、プロデュースと一部の監督は、なんとダニー・ボイルだという!!
ドラマ版が日本で観れるかどうかは不明ですが、この題材をダニー・ボイルが演出するとどんな感じになるのか、ちょっと気になりますね。
 
こちらのお写真、左が映画版のゲティ役クリストファー・プラマー、右がドラマ版で同役のドナルド・サザーランドです。↓
g4.jpg
 
ゲイル役は映画版ではミシェル・ウィリアムズ、ドラマ版は、なんとオスカー女優のスワン子〜!(←ヒラリー・スワンク)↓
g5.jpg
 
チェイス役は映画版ではマーク・ウォールバーグ、ドラマ版はブレンダン・フレイザーなのでした。↓
g6.jpg
 
こちらのお写真は映画版とドラマ版の、家族3世代のご対面場面。(だと思う)↓
g7.jpg
 
こちらがドラマ版の宣伝ポスターですけども。
ドケチの爺さんが悪っぽくて、なんとも怖い感じに仕上げてきましたよ。
ジャンルは「ドケチ・スリラー」でしょうか?!↓
g8.jpg
 
というわけで。
どういうわけか、西洋のエンターテインメント界ではドケチ爺さんが大人気〜。
映画にドラマに、どんどん広がるドケチ・ワールド。
もはやドケチ・ユニバースですよ!
ドケチ・クロスオーバー企画も期待したいです。
 
こちらのお写真はドラマ版出演者とダニー・ボイル。↓
g9.jpg
 
こちらはドナルド・サザラーンドの名場面。
爺さんの日課ですな。↓

g10.jpg

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画