So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「シェイプ・オブ・ウォーター」★★★☆ [映画日記]

TheShapeofWater.gif


冴えない毎日を送る独身女性の前に、理想の男性が現れましたけども


それは半魚人!・・・っていうお話。


怪物が王子様なんですよ、怪物くんみたいに!!


半漁人は悪い男に捕まっている状態で登場。

なんでも、南米のアマゾン川で捕獲されたらしいですよ。


仮面ライダーアマゾンみたいなキャラですよ!


そのうちに、独身女性が「抱かれてみたいわ~、あの半魚人に」みたいになる、すんごい展開になるのですが。


どういうわけか総合的にはステキな作品。


半魚人は気ぐるみなんですけども。


戦隊ものに出てくる悪役みたいな材質ですよ!


そういう安さが気にならない。


こんなにも半魚人がステキに見えるなんて奇跡じゃ~っ!


ギレルモ・デル・トロ監督が手がけた過去作品と同じように、ただ好きな怪物を扱った作品なのですが。

今回は、時代設定を1960年代にしたところが良かったのでしょうね。


風景がいちいちレトロで、ロマンチックに感じるんですよね~。

音楽も昔の曲ばかりで、ノスタルジックなムードがバッチリ。


フンイキに飲まれて、フワ〜〜ッとしたわい!


いつものデル・トロ監督作品よりも、格が上がった気になる。


錯覚ですよ!(←錯覚かい)


着ぐるみの半魚人を、うまいこと料理したな、と思いました。


料理しつくして・・・おいしいおかずになったわな、と思いました、お魚だけに!


半魚人も、怖い部分もあれば、優しい部分もあるという、魅力的なキャラクター。

デル・トロ監督が好きな怪物って、こういう感じなんですね。


好みが伝わってきましたよ、好物が!


脚本も担当したデル・トロ。

本格ラブストーリーが書けるところが意外でした。


他人と違う個性的な人格は、それに見合った相手に出会うため、みたいな筋書きは、観客に「運命のお相手はどこかにいて、あなたに出会うのを待っている」とでも思わせますよ。


意外と乙女チックでした、あんな顔して!


ビジュアルも内容もデル・トロ色が濃厚で、作家性を感じます。

下品なセリフなどを聞いても、純粋に感じてしまうという不思議。


スクリーンには登場しませんが、デル・トロの存在を感じます。


チラついて困るくらいですよ、あの顔が!


ブレなく個性を貫いているからでしょうね。

貴重な監督だと思いました。


デル・トロの体重だと長生きは難しい。

そろそろダイエットして、長いこと映画を撮り続けてほしいです。


死んだら悲しいヨ~!


ヒロイン役を演じているのはホキ子!!(←サリー・ホーキンス)


今回の演技を観ると、ホキ子がアカデミー賞にノミネートされたのも納得。


あんだけやりゃあ、賞の1つや2つもらえますよ、アメ玉みたいに!


ホキ子の親友役を演じていたのはオクタヴィア・スペンサーですけども。

相変わらず白人との相性バッチリ。


そして、相変わらず作業着の着こなしが世界一!


便所掃除シーンをまかせても、やっぱり世界一!!


オクタヴィアもアカデミー賞にノミネートされましたけども。


やっぱり便所と絡ませるとノミネートまで行くね。


これからもさ〜、ノミネートされたくなったら、便所掃除をする役を演じればいいんだよ〜。



Shape of Water/ [Blu-ray] [Import]

Shape of Water/ [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray

nice!(10)  コメント(14) 
共通テーマ:映画