So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「悪女/AKUJO」★★★☆ [映画日記]

akujo.gif


観ましたヨ、悪女だかオクジャだか、オコジョだかだか言う映画~!


ヒロインが壮絶な体験をするという筋書きの、韓国製「おんな映画」ですけども。

コレ、超・スタイリッシュ・アクション大作なんですよね~。


本編が始まって5秒で超絶アクション開始。


ツカミ早っ。


第一印象がバッチリですよ、面接に来た就職活動中の学生みたいに!


どうやって撮ったのか分からない、ハイテクと肉体を駆使したアクションシーンのクオリティがスゴイことになっている。


どうかしてんの!


こんなアクション・シーンは観たことナーイ!!


時代が進んだことを実感。

もう今は昭和じゃない。


アクション女優も志穂美悦子の時代じゃないんですよ!(←とっくにそうなってますか)


世界でもトップレベルのアクション・シーンを目の当たりにして、ボクちゃんお口あんぐり。


お口にあやうく、飛んできた虫が入るところでした!


ものすごいスピードで繰り広げられるアクション・シーンは、まるでワンカットで撮ったかのように場面を繋いでる。


お上手、切り貼り~!(←編集とも言う)


主人公スクヒを演じたキム・オクビンはめちゃめちゃ美人なのですが。

なんと、このハードなアクションを、ほとんど自分でこなしたというのが、またビックリ。


韓国にはすごいおなごがいるもんだわな!


日本の監督と女優では、ここまでやれませんよ。

ちょっぴり悔しい気持ちにもなりました。


主人公スクヒは、最初は冴えない姿で出てくるものの、途中で秘密組織の手により整形手術をされて美人化。

美人になってからは、表の姿は舞台女優、裏の姿は暗殺者という、素晴らしすぎる設定でお話は進行。


少~し「ニキータ」的な感じですよ、「ニキ子」的な感じ!


整形前に身ごもっていたスクヒ。生んだ女児がブサイク~!


整形後の母と全く似ていないところが皮肉でした。


ブサイク女児がかもしだす風刺ですよ!


あとブサイク女児が、飯をムシャムシャ食べながらセリフを言う場面。


お口の中の飯が丸見え!


なんべんも、なんべんも見せられたわな、お口の中で粥と化した飯を!


物語の序盤とクライマックスはアクション中心、中盤は、いかにも韓国っぽいラブ・ストーリーなのですが。


「冬ソナ」みたなやつですよ!(←古いですか)


ラブ・ストーリーも、なかなかいける。


意外とおいしいですよ、あんこを乗っけたトーストみたいに!


そんなところも、監督の実力を見せつけられましたけども。


スクヒの敵が、どんな目的を持っているのか等、話には謎が多いところも。

もういっぺん観て、そのあたりを再確認したいです。


女児のお口の中だけは、もう観たくはないけどさ~。



nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「グレイテスト・ショーマン」オモロかった。次は生で見れる!?舞台化の企画が進行中〜。 [映画写真日記]

いや〜見世物小屋が舞台のミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」な〜。
 
ショーマンですよ、ショーマン。
 
ショーケンじゃありませんから!
 
とっても楽しかったですけども。
 
グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)

グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2018/01/17
  • メディア: CD
 
曲中の演出がいちいち派手で盛り上がりました。↓
g1.jpg
 
若手キャストのザック・エフロンとゼンデイヤちゃんも、宙吊りになってグルングルン!
体育大の人じゃないと無理っぽいパフォーマンス。
スターって大変ですな〜。↓
g2.jpg
 
こちらは普段の2人。
きっと仲良しだと思う〜、ザックは有色人種が好物ですしね。↓
g3.jpg
 
そんな映画「グレイテスト・ショーマン」ですが。
世界的な大ヒット、そしてサントラの爆発的な売れ行きも手伝ってか、舞台化の企画が進行中〜!
確かに、舞台映えする内容だった気がする〜。
もしかしたら数年後、日本でも舞台版「グレイテスト・ショーマン」が見れるかもよ。
 
こちらのお写真は、プレミア会場でのゼンデイヤちゃん。
このドレス…。
この「ライオンキング」の舞台衣装みたいなドレス…。
ゼンデイヤちゃん、似合ってんよ!
これを着こなせる、ってスゴイです。↓
g4.jpg
 
こちらのお写真は別会場。
こちらのドレスも、かわいい〜。
ゼンデイヤちゃん、相当のオシャレさんだわな。↓
g5.jpg
 
こちらのお写真は、主演のヒュー・ジャックマンと年上の奥さん。
奥さん、大人がわいくキメてきたわい!
奥さんからは、夫婦生活の満足感が漂ってますな〜。↓
g6.jpg
 
こちらのお写真は、会場にて、ヒューと子役の再会場面。↓
g7.jpg
 
ハリウッド製のミュージカル映画といえば。
必ずジェームズ・コーデンにイジられるのがお約束。
今回は、メインキャストが、こんな感じにイジられてました。↓
 
3年くらい前、やけにヒュー・ジャックマンとザック・エフロンの仲良し写真を目にすると思ったら。
この映画で、一緒に仕事をしていたからなんですね〜。
2人の気が合うのも分かる気がします。
なんか優等生な感じが似てる〜。↓
g8.jpg
 
そんなザック・エフロンが出演する新作映画は「ザ・ビーチ・バム」。
「スプリング・ブレイカーズ」を手がけたハーモニー・コリン監督の新作ですよ。
「スプリング・ブレイカーズ」みたいな不良テイストあふれる映画になりそう、ザック・エフロンは、こんな感じですから。
似合ってますよ、こういう不良いそう〜。↓
g9.jpg
 
「ザ・ビーチ・バム」の主演はマシュー・マコノヒーなんですね〜。
こちらが作品中のマコノヒー。
原型が無くなってますよ、これは完成が楽しみです〜。↓

g10.jpg

nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

「グレイテスト・ショーマン」★★★☆ [映画日記]

thegreatestshowman.gif


人の個性や多様性の素晴らしさがテーマのミュージカルいうことで。


「あざとさ」あるけど泣いたわい!


何これ、挿入歌が全曲最高なんですけど~!!


テンション高くてドラマチックな曲ばかりで涙が出たわい。


思わず胸が熱くなりました胸ヤケ~!(←ホメ言葉)


音楽を担当したのは「ラ・ラ・ランド」のベンジ・パセックとジャスティン・ポールということで。

アンタら、またしても良い仕事をなすった。


これなら時給も上がるよ、次の仕事から!(←次からかい)


とくに冒頭の曲と、ラストシーンの曲がたまらん。


お通しシメがたまらん味でした!(←居酒屋かい)


19世紀の見世物小屋が舞台なのですが、どういうわけか、いかがわしさは皆無。


どういうわけか見世物小屋がロマンチック~!


軽すぎて、歴史映画としては短所が目立ちますけども。


歌と踊りが全てをカバー。


歌って踊ってチャラにした~!


主演はヒュー・ジャックマン。


ミシェル・ウィリアムズが演じている嫁がステキでした。


肝っ玉がすわってる嫁なんですよ、西川ヘレン並みに!


娘2人も、踊っている姿とかが、かわいすぎる~。


まーそりゃあかわいいわな、ヒューとミシェルの娘という設定だもんねぇ。


良い種もらってるもんねぇ!


ヒューが歌うのは分かりますけども、ミシェルまで上手に歌っているのが新鮮~。


何でも出きるんですね、スター様は~!


そんな2人の間に入ってくるのが、妖艶な歌姫役ファガ子!(←レベッカ・ファーガソン)


ファガ子が食い込んでくんの!!


ファガ子も、舞台上で壮大なバラード曲を歌い上げ。


その迫力は、まるで紅白の石川さゆり~!


お歌が終わったときは拍手したくなりました。

で、「ファガ子もお歌が上手かったのか~」なんて思っていたら。


お歌は別人が歌ってるみたい。


ただの口パク芸人だったのが、本当に残念~!


そんなファガ子はめちゃめちゃ美人。

ヒューに向かって「抱いてほしい」みたいな態度をとるファガ子。


「むしろ抱いときな。チャンスは今しかないよ」みたいな態度!


ああ、このファガ子のお誘いを、断れる殿方がいるのであろうか!?


そんな不倫疑惑エピソードも楽しかったのですが。


若者パートを担当したザック・エフロンの歌声を「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」(2008年)以来に聴けたのも良かったです。

やっぱりザックは歌っている方がオーラが出ると思う~。

とっても様になってました。


ザックの恋のお相手役は、サイゼリアモロヘイヤを足したようなお名前のゼンデイヤちゃん!


ゼンちゃんの足が長っ。


「アンタ、どこからが尻?」と、つい下半身をジロジロと眺めてしまいました。


ザックとゼンちゃんのデュエット曲も、演出がド派手でスゴかった~。

ザックが歌いながら壁を登って、天井から吊るされたヒモに飛び移ったりしてましたから。


まるで求婚ダンスでした、マントヒヒの〜!



グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)

グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2018/01/17
  • メディア: CD

nice!(11)  コメント(9) 
共通テーマ:映画

NHK「THIS IS US 36歳、これから」シーズン1を観終わった~。AXNでは5月から字幕版を放送~。 [海外ドラマ日記]

いや~、NHKで放送された家族ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」シーズン1な~。

先日、全18話を観終わりましたけども。

 

THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから DVDコレクターズBOX

THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから DVDコレクターズBOX

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

 

*番組情報はこちら。↓


 

「人生って苦労も多いけど良いものだ」思わせてくれて大満足~。

 

あと、アメリカってさ~。

 

やっぱり肥満大国だわな!・・・とも思わせてくれるドラマでした。

 

デブ・ネタが多かったですしね。

 

このドラマ、エミー賞やゴールデングローブ賞なども受賞して大成功~。

本国では、ただいまシーズン3まで製作中。

何年か前の「ダウントン・アビー」を思わせる成功感ですな〜。↓

t3.jpg

 

こちらは、出演者が軍の基地を訪問したときのお写真らしいです。↓

t6.jpg

 

ボクちゃんが観たシーズン1はNHKの吹き替え版でしたけど。

5月からは、なんとAXNで吹き替え版と字幕版が放送されるみたいですよ。

出演者の地声を聞きたい方はチェックしてみてくださいね。

 

シーズン1の小ネタとしては。

終盤に、大物監督のロン・ハワードが、まさかの本人役でサプライズ出演~。

元・俳優だから、妙に演技が上手い。

無駄に上手いわな!

シーズン2にもチラッと出るみたいです。

こうして改めてロン・ハワードの写真を見てみると、シャレコウベ感がスゴイわな。↓

t1.jpg

 

あと最終回にチラッと出てきた女子。

それはビル・パクストンの親戚サラパク!(←サラ・パクストン)

きっとボクちゃん以外は、誰も気付かない小ネタでした。↓

t2.jpg

 

メインキャラクターの1人、ジャック役を演じたのはマイロ・ヴィンティミリア。

テレビ界でがんばっている男優ですけども。

そして、ドラマで共演した女優は抱いておくタイプのお方ですけども!

こちらのお写真は、「HEROES/ヒーローズ」で共演し、交際に発展したヘイデン・パネッティーアと。↓

t4.jpg

 

2006年の「ロッキー・ザ・ファイナル」では、なんとロッキーの息子役に大抜擢されたマイロ・ヴィンティミリア。

すんごいプレッシャーだったでしょうな~。

 

スタローンとおしゃべりするだけでも気を使いますよ。

話が合わないでしょうしね~。↓

t5.jpg

 

*海外ドラマBOARDでも「THIS IS US 36歳、これから」シーズン1の最終回について書かせてもらいました。

ネタバレがありますが、ぜひご覧くださいませ。(タイトルをクリック↓)

 



nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

「クローバーフィールド・パラドックス」★★★ [映画日記]

TheCloverfieldParadox.gif


*ネタバレはありません。


「クローバーフィールド」シリーズの3作目が、ある日突然、Netflixで配信されましたよ何の前触れもなく。

製作のJ・J・エイブラムスが仕掛けたわな。


やらかしたわな、あの人!


ゲリラ商法だかゲリ商法だかだかですよ!!


極秘で制作を進めていたのでしょう。


なんとまあスタッフのみなさん、お口のお堅いことで!


みんなお口にチャックでも付いとんか~!!


シリーズ1作目の「クローバーフィールド HAKAISHA」はドキュメンタリー調、2作目の「10 クローバーフィールド・レーン」は密室スリラー調で、作品ごとに作風を変えてくるのが特徴のシリーズですけども。


今回の3作目はSFでした。

なんと、舞台は宇宙ステーションですよ。


ついに地球を飛び出したわい、星を!


宇宙で実験の仕事をしているメンバーは、ダニエル・ブリュールとか、チャン・ツィイーとか。

宇宙のイメージが全くない人たち。


宇宙臭くないんですよ!


世界各国から集められたメンバーですが。

チャン・ツィイーだけは中国語をしゃべって、他メンバーはそれを理解して、たまには中国語で返答する、という構図がオモローイ。

ハリウッド映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」で、北野武だけ日本語でしゃべっている、という構図に似てました。


簡単に出せますからな、国際感。


チャンポン感ですよ、長崎チャンポンみたいな!


そんな人材が、宇宙服を着てパニック状態になる姿が新鮮でした。


ビジュアルは、「エイリアン」とか、よくあるタイプなのですが。

敵がいないんですよね~。

対処すべき問題は「おかしな現象」。


ヘンな出来事!


宇宙ステーションの中で、摩訶不思議なことが起こりまくって楽しかったです。

かつてJ・J・エイブラムスが手がけたドラマ「フリンジ」みたいな味わい。


感じたわい、JJの息吹!


あの人の口臭を!!


最後まで観ると、なんとなく1作目と2作目に繋がりますよ。


2作目を観たときは、謎が多くて難解に見えましたけども。

ついていけるか不安でしたけども。


3作目を観た後だと、割と簡単な設定に感じました。

何でもアリの世界観。


割とバカな世界観で良かった〜。(←ホメ言葉)

 


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「マンハント」★★★ [映画日記]

manhunt.gif


いや~笑った。


最高ですよ、このコメディ映画~!(←シリアスな映画です)


現代の大阪が舞台のアクション・サスペンス・ムービーのはずですが。

冒頭から、日本人男性が歌う古臭いド演歌が流れてきて、軽くタイムトリップ。

昭和50年代の香りがプンプン。


スンゴイ臭気~!


ある40代の男性が、料亭に立ち寄って始まる物語。


のれんをくぐるんですよ、フラリと!


こぢんまりした店内で迎えるのは、日本語カタコトのブサイクなアジア人女性。

同じくアジア人の女将さんは、着物を着ているけども茶髪!


カタコトの日本語で「熱燗アルヨ」に大笑い~。


そんな感じで、ツッコミどころが15秒おきに訪れて・・・。


もう、ツッコミ疲れ!(←「SNS疲れ」調で)


結局~、本編内にツッコミどころは合計600個くらいあったと思います。


大手製薬会社のパーティ場面も、招かれた日本人客や社員が、狂ったように踊っていて笑ってしまいました。


企業イベントで、そこまで踊るか!?・・・と思いました。


ジョン・ウー監督の中国作品で、メインキャラクターを福山雅治さんが演じていることが話題ですけども。


まずは雅治さん、巨匠の作品に出演ということでしょうか、きれいに染めてきたわい白髪!


1本の染め残しもありませんよ、生え際も!!


パーマもよ~くあたってる。


よ~く巻き込んでる!


入念なヘアメイクに気合いを感じました。


演技も斬新すぎる~。

あのサラッと乾いた印象を持つ雅治さんが、今回は血まみれ汗まみれ!


床だろうが、地べただろうが、転がりまくりですよ、ゴロンゴロンゴロンゴロン!


日本のスタッフなら気を使い、絶対に発注できない泥仕事の多さにビックリ。


いや~、中国スタッフ、遠慮を知らんわな!


本格的なガンアクションにも挑戦する雅治さんもスゴかったですが。


桟橋から、水上のジェットスキーに飛び乗る雅治さんに衝撃。


声を上げたとしたら「キエェェェーーッ」ですよ!


あの「抱かれたい男ランキング」で1位だった雅治さんが、ただの野猿に見えた瞬間でした!


チンピラ役でチラッと出てきた斎藤工さんと吉沢悠さんを、一瞬でボッコボコにする雅治さん。


ああ、まるで「HiGH&LOW THE MOVIE」でも観ているかのよう!


そして斎藤工さんと吉沢悠さん、こんな仕事をなぜ受けた!?


後輩に嫌味を言ったり、キツい性格づけがされている雅治さんですが。

性格が悪そうな役はハマるんですよね~。

顔がクールですしね。


アクションもキャラクターもワイルドすぎる雅治さん。

日本の女性ファンはそっぽを向くかもしれないけれど。


嫁の一恵は惚れ直すかもしんない。


抱かれ直すかもよ!



nice!(12)  コメント(9) 
共通テーマ:映画

ニコール・キッドマンの演技がAXNミステリーで観れる〜!ドラマ「トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール」に出演。 [海外ドラマ日記]

いや〜、最近のキッ子はテレビドラマでも攻めてんよ!(←ニコール・キッドマン)
 
昨年のヒットドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」に続いて、ミステリードラマ「トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール」にも脇役で出てますよ。
 
Top of the Lake : China Girl

Top of the Lake : China Girl

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray
 
「トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール」は、アジア人女性が殺された事件を捜査する、犯罪ミステリードラマ。
AXNミステリーで、レギュラー放送に先駆けて全6話が一挙放送されていたので、観てみましたよ。
 
詩的にみえて、舞台のひとつが売春宿だったり、結構ハードな内容。
なかなか楽しかったです。
 
キッ子は、ある少女の母親役として出てくるのですが、さすが存在感バッチリ。
ああ、いっぺんキッ子に、おかずをよそってほしいもんだわな、小皿に!
こちらが劇中のお写真。↓
t1.jpg
 
役作りで白髪にしているキッ子。
なんと、女性も愛せるという小粋な設定〜。↓
t2.jpg
 
キッ子は脱いではいませんが。
かわりに主人公の刑事役を演じたエリザベス・モスが脱いどった。
ボインは、そっちが出したわい!
こちらのお写真、左がエリザベス・モス、右が相棒役のグェンドリン・クリスティー。↓
t3.jpg
 
ストーリーの途中で、キッ子とエリザベス・モスが火花を散らす、みたいな、ちょっとした対立場面があるのですが。
ドラマ界でブイブイ言わせているエリザベス・モスも、キッ子が相手だと迫力負け〜。
テレビ女優相手に、手加減しないキッ子がステキでした。
 
ちなみにグェンドリン・クリスティーは、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」などで知られる女優ですけども。
身長は190センチ超え、っていう。
小柄なエリザベス・モスと並ぶと、身長差がスゴイことに〜。↓
t4.jpg
 
「トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール」は、AXNミステリーで2月23日(金)よりレギュラー放送開始〜。
*こちらが番組・放送情報。↓
 
「トップ・オブ・ザ・レイク」のクリエイターは、「ピアノ・レッスン」などを手がけた映画監督ジェーン・カンピオンなんですよね〜。
こちらのお写真がジェーン・カンピオン。
メリル・ストリープじゃありませんから〜!↓
t6.jpg
 
「トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール」はシリーズ2作目。
1作目の「トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女」には、映画「ピアノ・レッスン」のホリー・ハンターが出演。
そういえば、そのときのホリー・ハンターも白髪でした。
 
もしかしたらキッ子もホリー・ハンターも、ジェーン・カンピオン自身の白髪をイメージして役作りをしたんじゃ?!
今後も「トップ・オブ・ザ・レイク」シリーズに出演する大物女優は、白髪にしないといけないのかも。
ババアの路線ですよ!
t5.jpg
 
 
海外ドラマBOARDでも「トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール」について書かせてもらいました。
ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ローズの秘密の頁(ぺージ)」★★★ [映画日記]

TheSecretScripture.gif


*ネタバレはありません。


時代は1930年代頃、舞台は戦時中のアイルランドということで、文芸歴史ロマンの風味を漂わせて始まりましたけども。


「ちょっと賞でも取りそうな」香りですよ、銀熊賞だかヒグマ賞だかの香り~!


そんな世界に、あろうことかテオ・ジェームズが登場〜。


イマドキ感のあるイケメン男優ですよ、ソース顔の(←死語)


さらに、あろうことか、そのテオが神父役だという。

神父服が全く似合っておらず・・・。


まるで出張男性ストリッパーみたいな~!


そんなチャラくてギラギラした神父様は、現実にはおらん~!!


テオが出てくるたびに、時空が歪んで困りました。


そんなテオが惚れる女性。

それが主人公ローズなのですが。

演じているルーニー・マーラがステキだわな。


ローズはフェロモンがプンプン。


何もしなくても、2~3人の男が寄ってきますよ、小バエみたいにブンブンブンブン!


ときにはローズを巡って、男2人が殴りあい。


モテてモテて困ってる!


モテ地獄ですよ!!


ローズの気持ちは「私を取り合いって男2人が大ケンカ。私は罪な女」ですよ。


昭和にモテていた加賀まりこみたいな状態〜!


そんなところに面白み。


お戯れですよ、昭和の!


そのうちにローズは、壮絶な人生を送ることになる展開。

あまりにも壮絶すぎて、我々一般人には共感しづらいシチュエーションが続きましたけども。


ストーリーはオチのあるタイプで、最後まで、娯楽として楽しむことができました。


老後のローズも出てくるのですが。


略して「老―ズ」ですよ!


若い頃のローズと、老後のローズが、同一人物に見えづらかったです、仕方ないけど。


原作は有名な小説らしいですけども。

この話は活字で読んだ方が面白いかも、と思いました。


お医者さん役がエリック・バナというのが、なんか良いわな。

エリック・バナになら診てもらいたい、みたいな気分になりますよ、マジメそうだし。


同時に「バナ先生、ナースと不倫でもしてるんとちがうか?」みたいな気分にもなるでしょうね、イケメンすぎて!


そんな先生が、ローズが抱える謎に興味を持つのですが。

話し相手になっている脇役ナースの察しが良い。


カンの良いおなご!


カンが冴えた場面では、まんざらでもない表情を浮かべる脇役ナース。


結局、脇役ナースが謎を解明したようなもんでした、金田一耕助みたいに!


お手柄ナースでした。



The Secret Scripture

The Secret Scripture

  • 作者: Sebastian Barry
  • 出版社/メーカー: Faber & Faber
  • 発売日: 2015/03/01
  • メディア: ペーパーバック



nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

「スリー・ビルボード」★★★☆ [映画日記]

ThreeBillboardsOutsideEbbing.gif


主演のマクドが最高~。(←フランシス・マクドーマンド)

マクドは、世に怒りを抱えている母親役。


炸裂すんの、キレ芸!


まるでカンニング竹山さんみたいなお母ちゃん!!


キレる理由も理解できるし、キレ方も突き抜けているから観ていて気持ちがいい~。

これはハマリ役でした。


そんなマクドが演じるミルドレッドが、犯罪者を逮捕できていない警察と署長に対して、3枚の屋外看板に批判文を掲載。


名指しですよ「ちょっとアンタ」と!


確かにそれは法的には問題ないこと。

そして確かに正義であろう。


しかしミルドレッドは、逆にバッシングされて、良いことなんてひとつも無い生活に突入するという展開に。


SNS社会の昨今。


そして、書いた者勝ちの時代ですよ文春さんみたいに!


正義を振りかざした文を発信するのは簡単だし、気持ちがスッキリものですけども。


ほんの少しの心の余裕か、わずかな愛を持って正義を発信すると、社会はより良く回るものなのではないか。

・・・そんな気持ちにさせてくれるお話。


表現の自由を履き違えなさんんな。


サンダル便所スリッパも履き違えなさんなよ!


便所スリッパには便が付いてるかもしんないから!!・・・そんなメッセージを受け取った気分です。


ワテらみたいに、ネットでバンバン文を掲載している者にはチクッとする内容。


ボクちゃん、お灸をすえられたわい、かわいいお尻に!


マクド以外、脇役も充実~。

脇役の、さらに脇役まで充実~。


ミルドレッドの元・夫や、彼の今カノ、ミルドレッドの新・恋人候補など、メインストーリーにはあまり絡んでこない隅っこの人材までオモローイ。


なにげなく弁当を買ったてみたら、隅っこのたくわんまで美味しかった、そんな状態~!


物語の鍵を握る警察署長役はウディ・ハレルソンでしたけども。

劇中では、えっらい若くてセクシーな姉ちゃんを嫁にしていてビックリしました。


「とんだセクシー警察だわな」と思いました。


ミルドレッドと対立する悪徳警官ディクソン役サム・ロックウェルの演技も素晴らしい~。

人の心の複雑さを持っている役柄で、それを見事に表現する名演技を観て唸りました。


うめいたんですよ、便がもれそうで仕方ないときみたいに!


ミルドレッドの正義が闇に変わったとき、ディクソンの心の闇が正義に変わるところがたまらん。

ミルドレッドとディクソンは対照的に見えて、実は同じだというね。


2人はひとつなんですよ、抱いたり抱かれたりしなくてもさ~!



スリー・ビルボード

スリー・ビルボード

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rambling RECORDS
  • 発売日: 2018/01/24
  • メディア: CD

nice!(13)  コメント(15) 
共通テーマ:映画

「ブラックリスト リデンプション」打ち切り残念〜!トム役の元カノは、最近売れてる女優〜。 [海外ドラマ日記]

先日、スーパー!ドラマTVで。
 
サスペンス・ドラマ「ブラックリスト」のスピンオフ作品「ブラックリスト リデンプション」(全8話)を観終わりましたよ〜。
同じくサスペンス調のドラマでしたが、諜報チームによる「ミッション遂行もの」で、より軽快な仕上がりで、まあまあ楽しかったです。
 
「ブラックリスト」の脇役トムが、なんと今回はメインキャラに大出世。
しかも、諜報チームを仕切る女役、ファムケ・ヤンセンとのダブル主演ですよ。
これは、トム役のライアン・エッゴールドも、テンションが上がったことでしょう。↓
b1.jpg
 
しかしシーズン1での打ち切り決定で残念〜!↓
b2.jpg
 
*番組・再放送情報はこちら。↓
 
 
ライアン・エッゴールドといえば。
元カノは、売れてない頃のヘイリー・ベネットだったんですね〜!
こちらのお写真は交際していた頃でしょうか。
2人ともお若いよ〜。
なんかおカネも持ってなさそうで、胸がキュンとする〜。↓
b3.jpg
 
ドラマのファムケ・ヤンセンは、クール系のファッションでキメてましたけども。
普段のファムケも、オシャレさんとして有名。
普段着は、かわいいものが多いんですよね〜。
50過ぎて、この超ミニを着こなせるなんてスゴイです。↓
b4.jpg
 
こちらのお写真では、傘で突かれそう〜。
基本スタイルは「日傘、ミニスカ、スマートフォン」という感じでしょうか。↓
b5.jpg
 
こちらのお写真でも、コンパスが長ーい。(←死語)↓
b6.jpg
 
こちらのお写真は、何かのバラエティ番組でしょうか。
ファムケに料理上手のイメージは全くありませんな。↓
b7.jpg
 
知らなかったのですが。
ファムケ・ヤンセンて、2011年の映画「リセット」で、監督・脚本家デビューをしていたんですね〜。
いろいろやってみようとする心意気って良いと思う〜。
完成させただけでも偉いよねぇ。↓
 
リセット [DVD]

リセット [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2012/04/17
  • メディア: DVD
 
今回のドラマも打ち切りになっちゃったけども。
しぶとく生き残れる人だと思うから、これからもがんばってほしい〜。↓
b8.jpg
 
 
海外ドラマBOARDでも「ブラックリスト リデンプション」について書かせもらいました。
2ページ目からネタバレがありますが、ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)
 


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:映画