So-net無料ブログ作成

「トールキン 旅のはじまり」★★★ [映画日記]

Tolkien.gif

 

トールキンですよ、トールキン。

 

ポチョムキンじゃありませんから!

 

「指輪物語」や「ホビットの冒険」でおなじみの作家J・R・R・トールキンの伝記映画ですよ。

まさか、あのお方を主人公にした映画が製作されるとは〜。

 

だったらボクちゃんの伝記映画も作ってほしい〜。(←格が違いすぎますか)

 

そういえば、トールキン個人について何も知らぬボクちゃん。

 

何一つ知らぬ無垢な赤子同然ですよ!

 

一体どんなお方だったのか、興味津々で本編がスタート。

 

冒頭から、第一次大戦の戦地で息も絶え絶えなトールキンさんにビックリしました。

ご苦労されたみたいです。

 

以降は回想シーンに入り、主に青春時代が描かれていて、瑞々しい愛と友情のエピソードが盛りだくさんでした。

 

トールキンさんは語学の天才で、いい学校に通っていた様子。

 

インテリ様でした、案の定!

 

書いている文字もキレイ。

まるでペン習字でも習っていたかのよう〜。

 

日ペンの美子ちゃんのやつですよ!

 

トールキンが通っている喫茶店も安いお店じゃありません。

 

あの子はドトールなんかに通わない!

 

高校生でありながら、行きつけは高級茶屋。

 

椿屋珈琲店みたいな店ですよ!

 

「ありゃあ、コーヒー1杯が700円はするね」と思いながら観ておりました。

 

そんな少年トールキンと、悪友3人がクラブを結成。

ときにイタズラ小僧っぽく、ときに熱く友情を育む様子は、まさにホビット風と言ったところでしょうか。

 

そんな感じで〜、戦地での経験が壮絶だったり、発音が美しい新言語を開発したり、少年時代はグループ行動をしたり、本編のいたるところに「指輪物語」や「ホビットの冒険」を匂わせる場面が、さりげなく仕込まれています。

 

まるで隠し味ですよ、カレーにおけるとんかつソースみたいな!

 

さりげなさすぎて、気付かないネタもあったかも。

元ネタをガツンと入れてこないんですよね〜。

 

ぶっ込まないんですよ、具を!

 

そのへんがお上品。

全体的に、文芸作風で高級感がありましたけども。

 

当たり前ですが、「指輪物語」や「ホビットの冒険」を知らないと、あまり楽しめない作品。

 

「指輪物語」と「ホビットの冒険」映画版(完全版)を全部観た後に、今回の作品を観ればいいと思います、約24時間かかりますが!

 

青年時代のトールキン役を演じているのはニコラス・ホルトなんですよね〜。

少年時代のトールキン役を演じた子役の方が、実物に似てるかな。

 

アラサーでありながら高校生時代から演じているニコラス・ホルトですけども。

 

童顔だからアリでした。

 

桃井かおり並みの卵肌ですから!

 


Tolkien

Tolkien

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Masterworks
  • 発売日: 2019/05/10
  • メディア: CD

nice!(5)  コメント(2) 

nice! 5

コメント 2

sakaya

あ…トールキン興味ある…こっちか私は。上映期間短いかな。
by sakaya (2019-09-12 05:42) 

のむら

sakayaさん。
この作品は、きっと上映期間が短いでしょうね。トールキンのファンならば楽しめると思いますよ〜。
by のむら (2019-09-12 21:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。