So-net無料ブログ作成

「勝手にふるえてろ」★★★☆ [映画日記]

kattenifuruetero.gif


知らなんだ。


松岡茉優ちゃんが、こんなにも演技が上手いとは知らなんだ!


こんなに出来る子だったとは〜!!


茉優ちゃんて、中谷美紀さんの後釜になれるんじゃないの〜?


継承者ですよ、「北斗の拳」に例えたら、北斗神拳の継承者になったケンシロウみたいなもん!


2017年の作品ですけども。

経理部で働く20代OLの恋愛観を描いております。


大変ですよ経理の人は。


毎日毎日計算して、そろばんで!


毎日毎日「ねがいましては〜」ですよ!!(←劇中では電卓を叩いてました)


コメディ路線の作品だったんですね。


観ながら何度も笑いましたキャハハハハハッと!


てっきり重たいシリアスものかと思ってました。

結構前から配信サービスにラインナップされている作品ですが、もっと早く観れば良かったな〜。


笑いも深みもあるヒロインのヨシカ役を、松岡茉優ちゃんが好感度たっぷりに演じております。


ヨシカは、中学時代の初恋を約10年間も引きずっている引きずり女!


しかも初恋は片思いのままで、大人になった今でも男を思って悶々としている悶々女!!


だからヨシカは生娘のままだという。

その痛々しさ、うしろめたさ、恥ずかしさ、悔しさ、いらだち、妄想を楽しむ幸福感など、共感できるシチュエーションが多かったです。


ヨシカが友人に悪態をついたり、醜い行動もありますが、「その気持ちもわかる」と、納得できるのでした。


物語の中盤で急展開、「恋の病」の正体は「心の病」(?)だったという、明から暗への「切り替えし」が素晴らしい〜。


仕切りなおすんですよ!


自分本位の恋愛心理を突いた、スリラー風の描写に心を掴まれました。


人は誰でも過去に囚われるものですが、その固い殻を破って未来へ進んで行くことは、たやすいことではない。

しかし、そうすべきである、というメッセージが、何の気なしに、いつの間にやら伝わってくる見事なラブ・ストーリーでした。


アメリカ製に負けていない、日本らしいロマンチック・コメディだと思います。


原作は、2010年に発表された綿矢りささんの小説だったんですね〜。

そう言われてみれば若さがあり、若いなりの人生論を感じました。


その若さがうらやましい。


鑑賞後は、「若さの泉」に頭のてっぺんまでつかって、若返りたくなりましたわい!


勝手にふるえてろ [Blu-ray]

勝手にふるえてろ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Sony Music Marketing inc. (JDS) = DVD =
  • メディア: Blu-ray

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 2

ちゃこ

初めてコメント失礼いたします。いつも、ブログがupされるのを楽しみにして拝見しております。
この作品、私も大好きですで、ずーと野村さんに見てもらいたいな~そして書いて欲しいな~でも野村さんは邦画はたまーにしか煮られないからな~と思ってました。^^;
2度みたくなって、最後の玄関でのシーンがキュンキュンくるんですよね~私も若返りたくなりましたよ!!

by ちゃこ (2019-08-19 11:45) 

のむら

ちゃこさん。
いつもご覧いただき、ありがとうございます!ラストの玄関の場面、いいですよね!何度も観てしまう気持ちも分かります、奥が深いお話ですしね。おっしゃるように、たまにしか邦画は観ませんが、こういう素晴らしい邦画に出会うと、もっと観なきゃな、って思いますよ〜。またのコメントをお待ちしております〜!
by のむら (2019-08-19 19:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。