So-net無料ブログ作成

「アナと世界の終わり」★★☆ [映画日記]

AnnaandtheApocalypse.gif


組み合わせの妙ですよ、食い合わせの!


高校を舞台にしたゾンビ・ホラー作品ですけども。

なんと、本格ミュージカル映画に仕立て上げているところが特徴です。


B級映画でありながら、クライマックスでは女子高校生と仲間たちが、壮大なバラードを熱唱〜。


歌い上げたわい!


まるでセリーヌ・ディオンか石川さゆりですよ!!


これまで観てきた映画の中で、「学園×ゾンビ」「学園×ミュージカル」という組み合わせは観たことがありましたけども。

「学園×ゾンビ×ミュージカル」という、三つ巴の組み合わせは初めてかも〜。


なんともアメリカ風味の組み合わせ。


ハンバーグの上にスライスチーズを乗っけて、食パンで挟んで食べる的な組み合わせですよ、太るやつ!


だから、てっきりアメリカ製の作品かと思っていたのですが、実はイギリス製の作品だったんですね〜。


だからなのか、何なのか、カラッと明るい感じはいたしません。

メイン・キャラクターはティーンエイジャーであるにもかかわらず、どこか空気がモヤッとしてる。


ネクラですよ!(←死語)


冷静に思い返してみれば、救いようのないお話でしたし。


何もかもお先真っ暗なんですよ、日本の国民年金制度みたいに!

 

挿入歌の曲数は多くて、音楽自体は楽しいのですがね〜。

全曲いい曲で、サントラを聴きたいと思いましたし。


コメディ寄りの作品と思わせておいて、「ゾンビもの」としては割とマジでなアプローチをしていたと思います。


ミュージカル部分で、出演者の歌唱力は並〜。

主人公アナも、顔はかわいいですけども、歌唱力は可もなく不可もなく。


毒にも薬にもならず!


脇役のいじめっ子の歌が一番上手だった、というのが皮肉〜。


もっとバキバキ歌えて踊れる子を主役にした方が良かったかもよ。


メジャーコードとマイナーコードがコロコロと入れ替わるという、校長先生のソロ曲が大好きなのですが。

校長先生もあんまりお歌が上手じゃないのが残念でした。


ちなみに憎まれ役の校長先生の見た目は、スティーブン・スピルバーグにそっくり。


むしろスピルバーグ本人に演じてほしかったです、この際!


結局〜、「学園×ゾンビ×ミュージカル」という組み合わせの発想は斬新でしたけども、要素が多すぎて、どれも中途半端に終わった感。


盛り過ぎたんですよ、一皿に!


鶏肉、豚肉、牛肉を一緒に煮込んでも美味しくならない、というか〜、うまくいかないものですね。



ANNA & THE APOCALYPSE

ANNA & THE APOCALYPSE

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: INTES
  • 発売日: 2018/11/23
  • メディア: CD



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。