So-net無料ブログ作成

「ガルヴェストン」★★★ [映画日記]

Galveston.gif


殺し屋と幸薄い少女が共に逃亡する、寂れたフンイキ漂う純愛ロードムービーですけども。


愛と怒りのデスロードですよ!


まずは、監督が女優のメラニー・ロランってところにビックリ。


演出もこなせるんですね、あの子!


なかなかの手腕で、暴力シーンも、アクションシーンの出来もバッチリ。


女性独自の視点というか〜、40歳の殺し屋のことを、ちょっぴりかわいく思える存在に仕立てあげている気がしました。

荒っぽいけれど、不潔な感じはしない男性像。

短髪をツンツンと立てている感じとか、身長は高くない感じとか。


母性本能をくすぐる40歳のおじさんなんですよ!


殺し屋を演じているのはフォスベン!!(←ベン・フォスター)


少女役を演じているのがエル・ファニングという、普通なら無いカップリングが新鮮〜。


フォスベンといえば、私生活ではロビン・ライトと交際していたことが記憶に新しいですけども。


オバコンで有名でしたけども、世界的に!


ロビン・ライトと別れてからの、今回の役。

今度は19歳の少女が相手ということで。


路線変更〜、オバコンからロリコンへ!


アンタ極端!!


そんなフォスベンとエル・ファニングが、時には言い争ったり、時には笑い合ったりするという、演技合戦が見どころになっていますけども。

エル・ファニングの方が感情的になる場面が多くて印象的。

着衣が乱れ、乳が見えそうで見えない場面ではハラハラいたしました。


エル・ファニングに胸元のはだけはまだ早い。


観ながら「着衣を整えな!具が見えちまうよ!!」と注意したくなりました。


フォスベンの演技は想定内のものでしたけども。

エル・ファニングの方は、またしても己の名演技を更新。


観るたびに良くなる子だわな。


まるで右肩上がりの企業ですよ!


もう完全に姉のダコタちゃんを超えている。

今回は、生きていくために体を売るような役で、チープ感、ブサかわいい感、瑞々しい少女感など、必要な要素を全て出していたと思います。


ラストとか雑だし〜、とくにたいした物語でもありませんでしたが、エル・ファニングの魅力が作品クオリティを底上げしていたように思います。


上げ底効果ですよ、「上げ底ブーツ」みたいな!



Galveston

Galveston

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 6

かつかつ☆

管理人さん、ご無沙汰してます(^-^)
メラニー・ロランさんはタラちゃんの「イングロ~(なんちゅー訳し方!)」の主演女優さんですよね♡

綺麗な女優さんだなぁ~って当時観てました(^-^)(顔の好みはコティさんとアメリちゃんですが。あ、レアちゃんや若い頃のシャルロットさんも捨て難い←おいっ!)

観ない内に監督してたのですね!

ぜひチェックしたいですがウチの地域ではやってない・・・。(T_T)
by かつかつ☆ (2019-05-21 17:53) 

のむら

かつかつ☆さん。
そうです、イングロ女優の、あの子です!知らない間に、何本も監督していました。腕前も良いですよ。イングロ撮影時、タラちゃんからいろいろと演出法を学んだのかな〜、と妄想しています。いつか、そちらでも公開されるといいな。
by のむら (2019-05-21 23:23) 

ちびまま

見てきやした。最後あまりに早い展開で、あの子が出てきた時やっぱり生きてたか、にしては顔が違いすぎと思いました。いい人に預けられて良かったですね(笑)死病の真相にちょっぴり笑ってしまった[がまん顔]結局ヤブ医者だったのね。
by ちびまま (2019-05-22 20:54) 

のむら

ちびままさん。
観たんですね!僕もラストが唐突すぎて「あれ?!」と思いました。ラストの、あの子も、ちょっと泣きすぎで、観ている方が冷めてしまいそう〜。死病の件、ホント、ヤブ医者でしたね〜。そして、殺し屋も病院に行くんだな、と思いました。健康保険証とか持ってるのかな〜。
by のむら (2019-05-22 23:30) 

ちびまま

アメリカはほとんど保険は個人で掛けるもんだから、まず保険証は無いでしょう(笑)しかもあいつのお陰で足がついちゃってるし~それにしてもオペチュアだったかピー音が入るボスの名前最後まで覚えられなかった(笑)原作通りなんだろうけど、出演者も言いにくかっただろうな、と思いました。プロフェルド(古い)とか覚えやすい名前にして欲しかった。(そこかい!)
 でもやっぱり、戦死した息子の最後の様子を母親が戦友から聞きだす様に(シチュエーションは違いますが)あの子の最後がどうだったか、知りたかったですね。もしかしたら、あの毛布の下は最初の出てきてたソファの女性かと、一瞬思ってしまった。ラストの純愛再現シーンはさすがに泣きましたけれども。
by ちびまま (2019-05-23 10:20) 

のむら

ちびままさん。
ラストがソファの女性だったら・・それも良いラストになった気がします!今回の作品は、そういう凝った構造じゃなかったですね。シンプルに攻めていたと思います。アメリカ人って、個人で保険に入ってるんですね!殺し屋も体が大事ですしね、健康診断もしていると思いたいです〜。
by のむら (2019-05-23 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。