So-net無料ブログ作成

「セブン・シスターズ」★★★☆ [映画日記]

WhatHappenedtoMonday.gif


「姉妹もの」ですけども。


意外にもオモローイ。


オモロイ姉妹なんですよ、阿佐ヶ谷姉妹みたいに!


劇場公開時に観逃していた2017年の作品なのですが。

ジャンルは近未来SFサスペンスだったんですね〜。


7つ子全員を、ノオミ・ラパスが1人で演じたことでも話題の作品ですけども。

1つの画面に7人7様。


合成されてんよ、合成女優!


ノオミ・ラパスも仕事量7倍ですよ、この働き方改革の時代に!!


ノオミ・ラパスといえばヤラレ芸。


たいていの出演作でヤラレてますけどコテンパンに!


今回の作品も然り。


SFでもヤラレ健在!


7人それぞれがヤラレるから、まさかの7倍ヤラレ芸!!


数珠つなぎで投入されるヤラレ芸は、バラエティにも富んでいて迫力満点。


どれも「さすがノオミ」と思わせる、珠玉のヤラレ芸でした!


7つ子は、顔が同ですけど持ち味は違いますよ。


ガリ勉、セクシー、肉体派!…などなど個性的。


物語が始まったばかりのときは、見た目が同じだから誰が誰やら区別ができませんでしたけども。

ラスト近くになると目も慣れて、ノオミが各キャラを演じ分けていることに気付きます。


中には短髪キャラもいるのですが、ノオミに似合ってる〜。


中原理恵風味がスゴーイ!(←人選が古いですか)


体当たりの演技も見せるノオミ。


ああアンタ、ボインまで出して!


もうノオミに向けてのホメ言葉しか見当たりませんでした。


ちなみに、ノオミの子供時代を演じた子役も、1人で7役を演じているんですよね〜。

スタッフはノオミと子役を使いたおしている状態。


しゃぶりつくしてるんですよ、骨まで!


ものすごいコストパフォーマンスでした。


劇中では、1人っ子しか許されない世界で生まれたため、政府の監視を欺き、隠れて生きている7つ子ちゃん。


祖父により付けられた名前は、月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜って…。


爺ちゃんの名付けが適当すぎている!


ああ爺ちゃん、もっとステキなお名前付けたげなよパピヨンとか!!(←ステキじゃありませんか)


あっという間に、30歳を過ぎた7つ子ちゃん。


もう三十路!


そんなある日、7つ子のうちの1人が失踪して展開する物語。

簡単に言えば逃走劇に発展するのですが、なかなかの危機感でハラハラいたします。


7人は、いつ誰が死んでもおかしくない状況になるところが、予定調和じゃなくて面白かったです。


あと、ノオミが主演だから、性も暴力も表現可能。

このジャンルとしては大人っぽい出来映えだったと思います。


「有名なSF小説の映画化かな」と思ったのですが、どうやらオリジナル脚本っぽい。


自力でネタをひねり出したんですよ!


脚本家はグッジョブでした。


ノオミの祖父役はウィレム・デフォーなんですね〜。

デフォーって、映画に出まくってますな〜。


結構貯まってそう〜。(←口座)


悪い政治家役は、最近再評価されているグレン・クローズでした。

典型的な悪役で、持ち前の眼力でノオミを威嚇。


震え上がるノオミ!


「ヘビ女に睨まれたカエル女」という感じでした。 



セブン・シスターズ [Blu-ray]

セブン・シスターズ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: Blu-ray

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。