So-net無料ブログ作成

「シンプル・フェイバー」★★★☆ [映画日記]

ASimpleFavor.gif
*ネタバレはありません。
 
テーマはママ友の闇ですよ、ママ友の欲!
 
若手役で活躍していたアナケンが、ついに子持ちの役〜。(←アナ・ケンドリック)
 
あの子も、ひと山越えたわな!
 
誰からも好かれて、家事も子育てもこなすという、かわいい主婦を演じているアナケン。
 
ちょっとイメージは森尾由美みたいな感じですよ!(←古いですか)
 
家庭より仕事優先、髪型もオシャレもバッチリで、アナケンの役と正反対の主婦役を演じているのがブレイク・ライヴリーですよ。
 
クール系主婦ですよ、萬田久子みたいな!(←もっと古いですか)
 
ブレイク・ライヴリーのファッションがキラキラしています。
 
「袖が手首にしかないシャツ」とか着てますよ!
 
「それ、普段着なんですか?自分で袖を切ったんですか?裁ちばさみで!」と思ってしまいました。
 
そんな水と油みたいな2人のママが出会い、交流を深めていくうちに、ブレイク・ライヴリーが演じるクール系ママが失踪してしまう、という展開。
 
ミスリードさせるストーリーも上手で、最後まで謎解きの楽しさが持続。
コメディ作品が得意な人が監督をしている、ということで、たまに笑えるミステリー作品に仕上がっておりました。
 
基本的に、アナケンが独自に失踪事件を解明しようとするお話。
 
子育てで疲れている様子もないし、潜入捜査も完璧。
状況に応じて、YouTubeみたいな動画サイトを巧みに使う、など、機転も利く子ですよ。
 
敏腕でビックリしました。
 
もう刑事になったほうがいいと思う〜「ママ友刑事(デカ)」ですよ!
 
ブレイク・ライヴリーも、彼女史上で最もキレた演技を披露。
 
シモネタもOK、事務所の許可が下りてんよ!
 
ステキなブレイクも、ヨゴレたブレイクも見れて満足〜。
 
このブレイクのハジけた感じ…。
もしや、ヨゴレ映画「デッドプール」での主演で大出世した実の夫ライアン・レイノルズが影響してるのでしょうか。
 
夫から「お前も少しヨゴレたほうがいい。そのほうが売れる」と囁かれたのかもよ、ベッドで!
 
ピロートークですよ、金儲けの!!
 
ボクちゃん、ブレイク・ライヴリーのことは大好きですけども、アナケンよりも。
 
こうしてスクリーン上で、改めてアナケンとブレイク・ライヴリーの共演場面を観ると、発声、振る舞い、迫力など、総合的に「映画映え」するのはアナケンの方なんですよね〜。
 
あんだけブレイクが着飾っても、アナケンの魅力の方が上回るという事実。
アナケンの実力を再確認できる作品でした。
 
底力あんね、あの子!
 
ブレイクの夫役が、まさかの「クレイジー・リッチ!」の王子様的な役で人気が出た、アジア系男優のヘンリー・ゴールディングでした。
 
これは大抜擢だと思います、ブレイクを抱いてる役ですから!
 
ブレイク本人は、アジア系は好みではない。(←そのはず)
 
2人がチュッチュ、チュッチュする場面は、両者とも、少しぎこちなかった気がします。
 
チュッチュ、チュッチュする場面では、ボクちゃん、瞬きせずに目を見開いてチェックしてましたから!
 
 
A Simple Favor - Un pequeño favor (Spanish Edition)

A Simple Favor - Un pequeño favor (Spanish Edition)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray


nice!(7)  コメント(11) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 11

ぽん♪

トレイラーをさっそく観ましたが、もう、萬田久子のゴシップガールにしか観えなくて大変でした。(笑)

ママ友のあれこれって、どんなにどぎつくても、結局、女同士のマウンティングでしかなくて、子どもなんてそっちのけなのは、どこでも一緒なんでしょうね。

ママのフリをしているうちは、まだまだ、というか、母親として、と言う割には、女としてじゃない?というのは、すでに見飽きるほど見ているので、結局、萬田久子のファッションに釘付けになりました。

あの、途中で放置してしまうほど長く観たゴシップガールが、ゴシップおばちゃんになった程度で、あいかわらずブレイク・ライブリーが出てくると、ストーリーよりも洋服を見てしまうのも、あの時と同じ気がします。

・・・女って、自分で思っているほど、成長なんてしないのかな、と思ったりしました。(笑)
by ぽん♪ (2019-03-17 05:51) 

のむら

ぽん♪さん。
僕もブレイクが出てくると、ついつい頭からつま先までファッションチェックをしてしまいます。ゴシップガール時代から変わらず、ブレイクはオシャレの着こなしが抜群でした。本編は、より一層、萬田久子っぽいファッションで活躍してますよ〜。
by のむら (2019-03-17 16:36) 

丸坊主のポメラニアン

アナケンは、まあいい人ではあるんだけどちょっとウザイみたいのが得意ですよね。みててイライラします(褒めています)。面白かったですけど、個人的にはもう片方の秘密も相当おぞましかったので、最後共倒れしてほしかったです
by 丸坊主のポメラニアン (2019-03-17 17:09) 

のむら

丸坊主のポメラニアンさん。
そうそう、アナケンは昔から「いい人だけどウザイ」というポジションを確立していましたよね!昔は高校生役、今はママ役で「いい人だけどウザイ」を演じてるということで、全くブレていないところが、売れてる理由なのかもしれません。もう片方の秘密・・あ、言われてみれば。思い返してみれば結構スゴイですね〜!
by のむら (2019-03-17 17:21) 

ちびまま

ここを覗いてチェックしたら明日までだったんで、一番近かった場末の劇場へ!案の定?観客約5名、これって本当に劇場公開する意味あんの?と思う位TVドラマでした(笑)やっぱりブレイク・ライブリーにはファム・ファタルは無理じゃあ、アナ・ケンドリックも軽すぎ。これがジェニファー・ローレンスとかだったら(ギャラ出ないけど)思いましたよ、アナ・ケンのちょっと乙女チックなファッションは結構良かった。しかしどうみてもより体格の良さげな親友?のドレス着て脱げないってあり?切ったら弁償じゃん?途中主役級が死ぬ所で、こりゃっ○○○だの早分かりだし(一人増やす意味わからん)自白場面もありがちの、全くどんでん返し感の無い映画でした。しかし悪女にしては子供をちゃんと世話してる、させてるのに感心。日本の悪女はほったらかしで男と出歩く様です。最後まで茶色いXLサイズのシャツを待ってるブルースオジサンが気にかかってなりませんでした(笑)
by ちびまま (2019-03-19 19:22) 

のむら

ちびままさん。
えっ、観たんですか?!コレ、監督も出演者も込みで察するに、コメディ映画という位置づけと思います。ちょっとオシャレな犯罪コメディという感じで、おっしゃるとおり、海外ドラマでよく見かけるタイプでした。確かに悪女にしては、子育てが成功していたかも〜。なるほど、普通なら男と出歩きますね。室内も片付いているし、何が不満なのか分からないところもミステリーでした。
by のむら (2019-03-19 23:47) 

ちびまま

ウザく再登場(笑) 元はと言えば400万ドルの保険金が目当てなんだろうけど、なんで500万ドルじゃない?(笑)日本円にしたら5億円弱で切りがいいけど(笑)あんな豪邸の頭金払えたのか、売れない作家の夫は何故ロンドンに帰るのか?突っ込み所満載。20秒後ノック場面も、普通おもらし寸前の乗客が並んでて大変、と思うけど(笑)ブレイクは「アデライン~」というTV映画のずっと歳を取らない美女役が結構好きで、こっちの方がいつバレるかとハラハラしました。朝番組でピカチュウ=ライアンを見て夫婦ともども趣向を凝らして楽しませてくれるなかなか良いコンビだと思いました(笑)
by ちびまま (2019-03-20 10:51) 

てむお

私も、アナケンの秘密の方が闇深いと思いました。そもそも、義兄と夫が死んじゃったのも、身から出た錆なのに、けなげにシングルマザーを明るくこなしてるとことか、ほんとーにイライラして(とても褒めています)アナケンのアナケンらしさ爆発!してて素晴らしかったです。他人の夫と寝たり他人のドレス勝手に着たり、ひとの会社に潜り込んだり、よく考えてみれば、平気ですぐ悪いことやっちゃう人なのに、なぜか「正しい人」イメージが強いのは、アナケンだからでしょうね。今度、心底悪い役をやってほしいです!
そこいくと、ブレイク姉さん、文句垂れながらもバキバキ働き、子供のお迎えに行き、浮気もせず離婚もせず、おしゃれにも手を抜かず、薬にも手を出さず、私にいわせれば全然エライですよ!当然華やかですしーーー。
最後、殺るか殺られるかみたいな修羅場でしたけど、殺し合いする理由なんかないのに、結局、ブレイク姉さん旦那のことが好きなんでしょうね。悲しいかな、彼女の演技からはそういうの伝わってこないわけですが。
というふうに、真剣に見てしまうので、もうちょと思い切りコメディに振り切ってほしかったです!

by てむお (2019-03-20 15:05) 

のむら

ちびままさん。
ブレイクはライアンと結婚して面白くなったと思います。夫婦で型にはまらない役を演じようとしていて、ホント、良いコンビになりました。「20秒後ノック」のプレイは、なかなか迷惑なプレイでしたね〜。きっと、そんなに時間はかからないタイプのプレイなのかもしれませんね。

てむおさん。
あなたも観ましたか!確かにアナケン、明るい感じでダークなことをやり尽くしてましたね!そしてブレイクは、派手ですが、非の打ち所がないママだったのですね。忙しそうですが、やるべきことはこなしてますしね。そしてブレイクと夫との愛、おっしゃるとおり、深みが全く出てませんでしたね〜。深みを出すためには、ミシェルウイリアムズとケイシーアフレックで撮り直すしかないかも〜。

by のむら (2019-03-20 21:46) 

まかれな

今日、日比谷のオシャレなTOHOシネマズで
観てきましたが、オモロかったです。
エミリーの例の絵が、喋ってるアナケンの
背景にあるだけで笑えました。

パンフに書いてありましたが、
エミリーの手首しかないシャツは、
男のストリッパーのイメージだそうです。
言われてみればマジックマイクにも、
あんな感じの「裸にベスト」みたいな衣装が
あった気がします。ギャグが細かいですね。
by まかれな (2019-03-26 19:18) 

のむら

まかれなさん。
上映していて良かったですね!あの裸の絵を見るて、ますますブレイク・ライヴリーのことが好きになりました。あんなイジられ方もあるんですね。「袖だけ」のシャツ(?)は男性ストリッパーのイメージだったんですね〜。
by のむら (2019-03-26 23:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。