So-net無料ブログ作成

「運び屋」★★★ [映画日記]

TheMule.gif


スゴ腕だと噂されていた「麻薬運び屋」の正体は、なんと90歳のお爺ちゃん。


あと10年で100歳超え!


高齢化社会ここまで来たわい!!


実話を元にしたお話ですよ。


珍しいジャンルの作品だと思います、「ダークな老人もの」っていう。


お爺ちゃんは、手に入れた大金で娼婦を買ってましたよ。


しかも2人同時に!


おトクなまとめ買いみたいに!!


そんな「抱き場面」が、ときどきあるんですよね〜。


90歳のお爺ちゃんでも女性を抱けるのです!


この事実には衝撃を受けました。


まーね、相手をする女性たちも大変だとは思いますけども。


誰が好き好んで90歳のお爺ちゃんに抱かれたがろうか!


前職は、お花を育てるお仕事をしていたお爺ちゃん。


粉を扱う前は土をいじっていたんですよ、庭いじり!


素朴感と、ヨボヨボ感が満点のお爺ちゃんが、ふとしたきっかけで悪の組織と関わってしまうあたり、「老後生活のすぐそばに犯罪がある」みたいな感じで怖いですね〜。


麻薬運びの初回は、お爺ちゃんも旅行気分。


鼻歌うたって、のんきなもん!


だんだん悪の組織が威圧的になり、おじいちゃんは運び屋を辞めたくなっても辞められなくてってしまうという展開に。


お爺ちゃんの犯罪ドラマが本筋なのですが、サイドストーリーにはお爺ちゃんの家族ドラマも用意されております。


お爺ちゃんは、仕事を熱心にやりすぎて、家族のことは二の次。


放置したまま数十年!


孫が結婚するっていうのに、家族との関係は冷めきっている、ということで。

どうやらテーマは「仕事ばっかりしてないで、家族のことを思いやれ」っていうことみたいですけども。


90歳で、それに気づくって遅いんじゃない?!


片足は棺桶の中に入っている、っていう年で!!


劇中、観客に向けて、「仕事ばっかりしてないで、家族のことを思いやれ」っていう意味あいのお説教が始まったときは、「ワテらみんな、そんなことは言われなくても分かってる」と思ってしまいました。


監督・主演はクリント・イーストウッドということで。

「クリントさん、よっぽど家族のことをほったらかしにしていたのかな〜」と思いました。


「さすが芸能人様ですね」と思いました。


半袖からのぞく、イーストウッドの腕が枯れ枝!


満点でした、しゃれこうべ感も!


イーストウッドのジジ臭さを、肺いっぱいに吸い込んだわい!!


共演者も豪華なんですよね〜。


警察側のキャラクターも何人かいて、イーストウッドを追う捜査官役がブラッドリー・クーパーとマイケル・ペーニャというコンビでしたけども。

2人とも、単に「イーストウッドを追いつめるだけ」の存在。


2人の上司はローレンス・フィッシュバーンでしたけども。

単に「指示を出すだけ」の存在。


なんか事務的でキャラ感ナーイ!


とくにコレといった見せ場もありませんでした。


みんな顔だけ貸しただけ!


なんとも豪華な捨て駒たちでした。



nice!(8)  コメント(7) 

nice! 8

コメント 7

M

確かに捜査官たち、思ったより活躍しませんでしたね。なんかフツーというか地道というか。その分イーストウッドが出づっぱりでハラハラしました(体力がもつのかと…)。
ご本人も家族をないがしろにしたのでしょうか…娘役が実の娘でしたね。公私混同も許されるあたりが、さすがです。
by M (2019-03-12 07:12) 

sakaya

これ観たいんですよね。でも今なんか風邪っぽくて扁桃腺が。いつまでやってるかなー。
ところでクリント・イーストウッド作品、家族が冷え切ってる話多くないですか?
by sakaya (2019-03-12 19:54) 

のむら

Mさん。
そうそう、娘役が実の娘でしたね!娘の演技が、心なしか真に迫っていたような・・。イーストウッドが出づっぱりで、いつもよりヨボヨボしているから、僕もハラハラしました。作品を送りだしてくるたびに「この先も体力もつのかな」と心配してますが、結構しぶといですよね。

sakayaさん。
季節はずれの風邪でしょうか。おだいじに〜。家族の関係が冷え切っているという設定のほうが、何かと話が盛り上がりますからね〜。
by のむら (2019-03-12 23:43) 

ちびまま

事情通の友人によると、60年代にヨーロッパ経由でハリウッドにヘロインを持ち込んだのがイーストウッドで、短期間に引退してそのルートをピーター・フォンダにゆずった、との噂で、この映画はその贖罪の為じゃないかともささやかれているそうですがー 見る限り、いわゆる麻薬撲滅キャンペーン的なものは一切感じられない。むしろ家族を犠牲にした罪滅ぼしの面が強いし、ある意味ダメダメ爺さんを主人公にしたホームドラマみたいのだから、アメリカで1億ドルを超える大ヒットとなったのでしょう。

日本じゃあんまり話題になってないみたいだけど、イーストウッドの大傑作のひとつとするむきもありますよね。私からするとあの妻も娘も百合栽培親父にもっとつきあってやっても良かったのではと思いますけど。他にも許せないことがあったんだろうね。それにしても鼻歌まじりで大量のブツを運ぶ、怖いもん無し、の爺いの格好いいこと(笑)実生活でも50歳以上も年下の新恋人を抱いてるらしいし、本人そのものって感じで。それでも息子たちや娘たちが、結構尊敬してつきあってる風で、これからも丈夫な身体で頑張って欲しいです。
しかし、イーストウッドと女と言えば一時長ぁーい事付き合っていたソンドラ・ロック(確かガンで亡くなったんでしたっけ?)何度も中絶させて後に訴えられもしてたけど、彼女の後は何人も正式に結婚、離婚してるのに、なぜ結婚しなかったんだろ? 昔の共演作を見る度に一寸気の毒になっちゃうのですが。
by ちびまま (2019-03-13 10:17) 

のむら

ちびままさん。
この映画が米国で1億ドル突破でビックリです。地味といえば、地味なのにねぇ。もしかして、元ネタが有名なのかな。日本ではあんまり話題になっていない作品ですが、ヒットしてほしいですね。
by のむら (2019-03-13 21:52) 

ちびまま

似たような設定のトム・クルーズ「バリー・シール」でも思ったんですが、なんで、あの泣く子も黙る米国国税庁IRSに目をつけられなかったんでしょうか?突然羽振りが良くなったら当然目をつけられそうだけど? あのアル・カポネも数々の悪事で捕まえられなくて、結局脱税で別件逮捕されたんですよね?最もバリーさんの方はCIAがわざとに泳がせていたらしいけど。
by ちびまま (2019-03-19 07:09) 

のむら

ちびままさん。
結局は捕まりましたけど、けっこう長期間、野放しでしたよね。劇中では、大金が入っても、家族や友人たちに寄付(?)していたようだし、本人の生活自体は地味だったのかな〜車は買ってましたが。他に、目をつけられなかった理由で思いつくのは、「いくらなんでも爺さんすぎた」くらいですね〜。
by のむら (2019-03-19 23:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。