So-net無料ブログ作成

「グリーンブック」★★★☆ [映画日記]

greenbook.gif


時代は1960年代。

コンサートをしながらアメリカ南部を回る黒人ピアニストと、イタリア人運転手との交流を描いた、実話ベースのお話ですけども。


黒人ピアニストの方はお堅い感じ。


お坊ちゃまですよ、スネオちゃま!


イタリア人運転手の方は荒っぽいガキ大将タイプ、ジャイアンですよ!!


持ち味の異なる男性2人が、ぶつかりながらも打ち解け合い、自分に足りないものを補い合っていく感じ・・・。


ちょっと「最強のふたり」っぽい構図。


どうもアレっぽい構図!


売れ筋ですよ!!


アカデミー賞の作品賞を受賞した割には、軽快な空気感。


油っぽくないヨ、キャノーラ油みたいに!


いくらでも食えるてんぷらみたいなもんですよ!!


黒人差別を描いてますけども、ライト層までもが気軽に楽しめる感動作、という感じに仕上がっておりました。


監督は「メリーに首ったけ」などのピーター・ファレリーさんですけども。

これまでも、偏見や蔑視という題材を楽しく表現してきたファレリーさん。


今回も「いい子ぶらない差別映画」というスタンスにお変わりございません。


いつものアンタですよ、そのまんまファレリー!


そんなファレリーさん、昨今の「黒人もの」ブームの波に乗り、さらに才能を昇華させた、という感じでしょうか。


ピアニスト役を演じて、アカデミー賞助演男優賞まで受賞したのがマハーシャラ・アリさんですけども。

今回のアリさんは、今まで見てきたアリさんとは全く違う〜。


こんなにハマるとは意外でした、インテリの高飛車演技!


高そうなお洋服が似合っているのも意外〜。(←失礼)


口がお達者なピアニストですが、その人格は繊細で、志は高く、孤独でもある、というところが個性的。


「キャラもの映画」という側面も。


差別社会の真っ只中の現地で「偏見には屈しない」という、ピアニストの態度がすんばらしい〜。


ホテルのレストランにて「トイレを使わせてもらえないなら、もう帰りますから。コンサートはキャンセルですね。もう知りませんからね!」みたいな態度がご立派。


「へ〜、こんな人が実在したんだ〜。すごい」と思いました。


どうしてもマハーシャラ・アリさんが目立ってしまいますが、イタリア人運転手役を演じたヴィゴ・モーテンセンも、これまでの彼のイメージからは想像しがたい「肉体派おやじ」役を演じきっていて最高〜。


あのヴィゴが、乗っけてきたわい、体脂肪!


所帯臭さを出しておりました、ビール腹から!!


そして、一見すると差別意識がないように見える運転手ですが。

物語の序盤では、黒人が使ったコップを捨ててしまうという場面があったり、心のどこかでは差別意識があった、と思わせる些細な場面が良かったです。


当時は、そういう人も多かったんじゃないかな〜、と思いました。

人間の複雑さを感じさせる場面でした。

 

イタリア人運転手は愛妻家。


顔はかわいいし、よく出来た嫁〜。

地味ながらラストシーンまで嫁が活躍。


アカデミー賞最優秀お嫁をあげたくなるお方でした。



グリーンブック~オリジナル・サウンドトラック

グリーンブック~オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: ジーン・オースティン,ナサニエル・シルクレット,ジェラルド・ヒューイ・ラムゼイ,ジョニー・メイ・マシューズ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2019/02/27
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 10

怪しい探麺隊

アカデミー賞最優秀お嫁賞、賛同します!

マハーシャラ・アリは、このちょい前に観た「アリータ/バトル・エンジェル」で、初めて「あ、このヒトが最近話題のマハーシャラさんね...」と意識した(私はムーンライトを観ていないので)んですが、アリータでは金はあってハイソな悪い奴、こちらでは金持ちでハイソだけど志と信念もあって良い人を演じ分けているところは続けて観たので、しっかり印象付けられました。
by 怪しい探麺隊 (2019-03-10 11:26) 

のむら

怪しい探麺隊さん。
お嫁、ステキでしたよね!アリさんは、アカデミー賞をとる前は、だいたい「アリータ」で演じたような悪い役が多かったと思います。アカデミー賞をとってからは、「グリーンブック」みたいな善人役が増えていくのでしょうね。なるほど、アリさんを知らない方は「アリータ」と「グリーンブック」を連続で観ると、アリさんのことが印象づけらますね。良いプレゼンになる2作でした〜。
by のむら (2019-03-10 16:18) 

M

助演男優賞は、高そうなお洋服のお陰と思います。服で威嚇してましたよね!
私この映画まったく響きませんでした。
嫁はERで看護士をしていた人です。元夫が最悪で息子は病気の上にワガママというお気の毒な美人でした。この後も出演作が続々ですよ♪
by M (2019-03-10 20:22) 

のむら

Mさん。
全く響かなかったんですね!笑 美談すぎたのかな〜。嫁はテレビで有名な人でしたか〜。今回はオスカー作品で、ヴィゴモーテンセンに抱かれている役ということで、一気に出世しましたね〜。この女優さんのこと、すごく良いと思ったのですが、全然顔が覚えられない〜。
by のむら (2019-03-10 20:43) 

内幸町

のむらさん。
わたし、今日やっと’グリーンブック’を観てきました。
家に帰って本物の人が見たくて検索しちゃいました。
https://www.youtube.com/watch?v=b7lG21cIr9s
ヴィゴさんのピザの食べ方すごい。ワイルド!
運転しながら素手でチキンを食べるし。
チキンが食べたくなって映画が終わったあと
ケンタッキーに行ってしまった。
めちゃ食べたくなった!
トニーの家にいた人たちは、役者じゃなくてリアルトニーの親戚なんですって!トニーさんって映画に出たりしていた人なんですね。役者さんってすごい太ったり痩せたり。マハーシャラさんハンガーゲームに出ていたんですね。知らなかった。
by 内幸町 (2019-03-10 22:39) 

のむら

内幸町さん。
トニーの家にいた人って、リアルなトニーの親戚なんですか?!これはビックリ。みなさん、演技がお上手ですね〜。運転しながら素手でチキンを食べる場面は、僕も「ウエットテッシュあんの?」と思って観てました。あれは手がベトつきますよね〜。そして、ケンタッキーの名物は、昔からフライドチキンだったんだな〜、と思いました。僕もフライドチキンが食べたくなりましたよ〜。
by のむら (2019-03-11 00:05) 

怪しい探麺隊

再び怪しい探麺隊です。
アカデミー賞最優秀お嫁賞のリンダ・カーデリーニさん、
「シンプル・フェイバー」では、謎多き女ブレイク・ライヴリーの過去を知るクセの強そうな女としてチョビっと出演していました。
この「続け観」もなかなか印象深かったです。
by 怪しい探麺隊 (2019-03-12 07:48) 

のむら

怪しい探麺隊さん。
「シンプル・フェイバー」も観てるんですか!?さすがですね〜。僕も近日中に観て、お嫁賞のリンダ・カーデリーニさんの強いクセを確認してまいります!
by のむら (2019-03-12 23:45) 

ちびまま

アカデミー賞作品賞を取る程のもんかい?と疑問点はあるものの、お気軽に楽しめた映画でした。実際の差別はあんなもんじゃ無かったかと思うし。だいたい、シャーリーさんが、なんで最初からボコられるのが分かっていながら、ディープサウスの演奏旅行に行こうとしたかの動機が最後まではっきりしませんでしたね?
一番笑えた場面は、最後にシャーリーさんが表れた時、トニー一家の全員が一瞬固まる所でした(笑)
by ちびまま (2019-03-13 06:37) 

のむら

ちびままさん。
言われてみれば、どうして南部演奏旅行をしたがったのか、はっきりとは述べられてませんでしたね。何なんでしょうね〜、演奏の上手さを武器に白人との関係を良くしたかった、とか〜?!僕も「アカデミー賞をあげるほどでもない内容」と思いますが、役者も魅力的だし、こういう軽い差別映画があっても良い気がしています。
by のむら (2019-03-13 21:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。