So-net無料ブログ作成

「移動都市/モータル・エンジン」★★★☆ [映画日記]

MortalEngines.gif


何これ、楽しい〜。


滅亡して1700年経った後の世界が舞台ですよ。


ロンドンが街ごと、でっかい戦車と化して走ってる〜。


街に車が付いてるんですよ。


歌舞伎町が丸ごと山車になっているようなもん!


ちっちゃい町にもキャタピラーが付いていて走ってる〜。


冒頭から、ロンドン戦車と、町戦車が追っかけっこ。


国取り物語みたいな感じなんですよね〜「埼玉vs.千葉」みたいな!(←「翔んで埼玉」かい)


いろんな形の「移動都市」や飛行艇が戦ったりして・・・。

見た目が相当ジブリっぽい。


宮崎っぽいです、駿っぽい!


メカがハイテクっぽくありません。

どこか痛んでいるというレトロ感。


SFというよりファンタジーっぽい世界観でした。


数ヶ月前から観ていた予告編では「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズなどのピーター・ジャクソンの名前が目立っておりました。


鑑賞中も「さすがピーター・ジャクソンだな〜、デザインセンスも演出も最高じゃんか〜。さすがロード・オブ・ザ・リングのお方だよ〜」と思い、満足感もバッチリだったのですが。


物語が終わって、スクリーンに表示された監督名を見て愕然・・・。


別人じゃん!


ピーター・ジャクソン、アンタじゃナーイ!!


見事にバカされたわい、タヌキに!!


ピーター・ジャクソンが担当しているのは製作と脚本だけだったのでした。


その事実に気付いた瞬間「やっぱりな〜。ピーター・ジャクソンほどのセンスは無かったわい。満足度も、まあまあじゃな」と、低めのテンションになるところがフシギ〜。


手のひらを返したんですよ!


結局ボクちゃん、肩書きに弱いんでしょうか!?


出演者で見たことのある人は、悪役のヒューゴ・ウィーヴィングだけ。

彼以外は、見知らぬ若者ばかり。


無名ばかりが集まった無名都市!


しかし、若者はみんな目ヂカラがございます。

とくに主人公の青年トム役を演じたロバート・シーハンがアニメ面。


セル画面ですよ!


目がでっかくて、まるで「アリータ:バトル・エンジェル」ですよ、生まれついての!!


それほど長身でもないし、ちょっとホビットっぽいお方。

なるほど、確かにピーター・ジャクソンが選びそうな顔でした。


あの人の手が、ついつい出てしまう顔ですよ!


ついついつまんでしまうんですよ、じゃがりこみたいに!!


主人公トムと行動を共にするのが、悲しい過去を持ち、暗い表情をした少女ヘスター・ショウですけども。

人生真っ暗な子ですよ。


あの子の主題歌は、藤圭子でいいと思う〜!


ヘスター・ショウの育ての親は、ターミネーター風のロボットなんですね〜。


飯をついでもらってたんですよ、メカに!


骨と皮っぽい素材感で、枯れたガイコツ風のロボット。


「運び屋」で主演しているお爺さんにそっくりでした。



Mortal Engines

Mortal Engines

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Backlot Music
  • 発売日: 2019/01/24
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。