So-net無料ブログ作成

「アリータ:バトル・エンジェル」★★★☆ [映画日記]

alita.gif


未来が舞台の、サイボーグ・アクション大作ですけども。


長年、ジェームズ・キャメロンが練り込んでいた企画ですよ。


温めていたんですよ、ペンギンが卵でも温めるみたいに!


お尻に敷いてたんですよ!!


おそらくは、別の仕事でお忙しいキャメロンさん。

製作と脚本は自分でやって、監督業はロバート・ロドリゲスに託したわい。


「おまかせコース」ですよ!


ラテン系が目立つキャストに関しては、ロドリゲス風味を感じましたけども。

それ以外の世界観やビジュアル、ドラマ性は、ものすごくキャメロンっぽいです。


「キャメロンが監督した新作」と言われたら、普通にそう思うかも〜。


簡単にバカされるかも〜!


本来、ロドリゲス作品って雑ですけども。(←良い意味で)


雑味が魅力ですけども!(←ホメ言葉)


今回は、さすがに丁寧に仕上げてきました。


後ろでキャメロン先生が見張ってっからね、背後霊みたいに!


実写とCGサイボーグの合成クオリティがスゴくて、アラを探しても見当たらない。


まるでゴミが見当たらない浜〜!


ロドリゲスのお仕事にキャメロンへのリスペクトが感じられました。


主人公アリータはサイボーグで、全身がCG製のキャラクター。

妙に目がでっかくて、予告編では「変な子」と思ってましたけども。


「フン、あの子。ブサイクのくせにカワイ子ぶっちゃってさ〜」と思ってましたけども。


本編で見ると、でっかい目が気にならない。

そして、自分のことをロボットだと自覚していて、人間との会話や対応も自然。


果物やお菓子を、ものすごく美味しそうに食べるアリータが、かわいい〜。


「かわいい」と感じさせる場面を入れてくるところは、さすがキャメロン先生だと思いました。


「この先、どんどんロボットが進化したら、アリータみたいになるのかも」と思わせる、リアルな質感がありました。


ルンバの成れの果てですよ!(←掃除機ですが)


原作は1990年代の日本の漫画「銃夢」ということで、SFとしては古いタイプ。

インターネットのない未来観ですよ。


「昔のSF映画は、みんなこんな感じだったな〜。SNSも炎上もなくて平和だわい」と、懐かしい気持ちになりました。


そして、イマドキのサイバー映画では、あまりお目にかかれない、鉄の感触が素晴らしい。

バラバラになった体の金属パーツを組み立てる、みたいな、作業っぽい場面が、今の時代だと逆に新鮮でした。


「部品映画」なんですよ「ネジ映画」


レトロ感に、熱量のあるドラマを合わせて、おっさん臭ささがたまらないSF作品に仕上がっておりました。


出演者はアカデミー賞クラスがズラリ。

悪役の1人に、マハーシャラ・アリさんを押えているところがエライです。


この作品の中で、マハーシャラ・アリさんだけが今風でした。


トレンディ俳優なんですよ!


劇中では、アリータが人間の男子ヒューゴに思いを寄せますけども。


ヒューゴ本人は夢を追っているだけで自覚はないけれど、見事にアリータの人生を邪魔し続けてました。


とんだ足手まとい!


女をダメにするタイプでした。



アリータ:バトル・エンジェル(オリジナル・サウンドトラック)

アリータ:バトル・エンジェル(オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト: ケネディ・リッケン,マティアス・ラーソン,ロビン・フレドリクソン,トム・ホーケンバーグ,デュア・リパ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: CD

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 2

すだち

すみません、見終わってしばらくするまで「いやーやっぱキャメロン監督だわー」とか思っていたくちです。それはさておきとても良かったです。なんの予備知識もなく見たので基本設定や人物描写・相関・ヒストリー等ちょっとややこしかったですが段々わかってきて、見終えてみればすごく面白かった。CGや映像も期待通り綺麗で繊細で迫力もスピード感もあってIMAXで楽しめました。アリータがまたとても魅力的。ああいう見た目可憐で暴れたら屈強なヒロインがキャメロンは好きでうまいなぁと改めて思いました。(でも監督じゃないw)これ、続編来るんでしょうか。つい期待してしまいますが、キャメロンといえばTVシリーズのダークエンジェル(懐)みたいに諸般謎のまま打切り…とかになるのかしら。いろいろお忙しそうな方ですしね~
by すだち (2019-03-03 09:08) 

のむら

すだちさん。
IMAXにピッタリのSF作品でしたね。あの「アバター」っぽいフンイキ・・・ロバートロドリゲスっぽくなかったですよね〜。ホント、キャメロンっぽい映画でした。さすが、SF娯楽作のプロだけあって、物語の盛り上げ方とか上手いですよね〜。イマドキの映画にある、軽くてノリノリのテンションとはまた違う、昔ながらの娯楽作という感じでした。キャメロンのことだから、3部作くらいの構想にしてあるでしょうけど、大ヒットという感じじゃないから、続編の製作は難しいかもしれませんね。
by のむら (2019-03-03 14:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。