So-net無料ブログ作成

「ファースト・マン」★★★☆ [映画日記]

notitle.gif


主人公はニール・アームストロングですよ「地球は青かった」って言う人。(←それはガガーリン!)


ニール・アームストロングは、人類で初めて月面に降り立った人なんですね〜。


土足で上がり込んだ人ですよ!


月面に足跡を付けて、「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」って言う人なんですよね〜。


今回の作品は、ニール・アームストロングがNASAでのミッションを経て、月面着陸に成功するまでを描いた伝記作品ですけども。


まずは訓練シーンが過酷。

人が乗ったロケットを度々打ち上げるのですが。


「アンタら、そんなガラクタに乗って宇宙に行くの?!」って思うくらい機材が雑でビックリしました。


内装とか、トタンをネジ付けしただけ、みたいな。


まるでプレハブ!


コクピット内に、ハエが一匹入ってきている場面もありました。


もしかして壁に隙間があるんじゃないの〜?


吹き込むんじゃないの〜隙間風!


そんなんじゃアンタ、ハエどころか、ムカデまで入ってくるんじゃないの〜?!


建て付けが悪そうで、打ち上げ時も相当揺れてますよ、ガタガタガタガタガタガタガタガタ〜!


なんかもう、めちゃめちゃ怖いです。


富士急ハイランドの新絶叫マシーン「高飛車」なんて比じゃないヨ!(←そりゃそうだ)


いっぺん宇宙まで出たロケットでは問題発生。

機体の制御が効かぬとき、飛行士が試してみたことは…。


なんと「電源入れ直す」!


それでもダメなら、「もういっぺん電源切って、入れ直す」!!


ボロ車かい!!


そんなロケットに命を預けるなんて…。


ボクちゃん、ロケットなんて絶対乗りたくナーーイ!


まーね、時代が1960年代ですし、機材の安さは仕方ないですけども。


訓練では、ときどき事故が起きて、そのたびに宇宙飛行士が死んでますよ。

犠牲の量もハンパない。

「みんな、よくそんな危険な仕事をやってるね。そしてお国も、よくそんなバカな事業を続けてるね」という疑問の中で進行するお話。


NASA従業員たちのお仕事ぶり、交流場面もありますけども。

基本、ニール・アームストロング個人について、心のドラマが描かれていたと思います。


夫として、父として、宇宙飛行士として責任を果たすことの難しさ。

とくに仕事については、優秀であり続けることとは、どういうことなのかが、何気なく伝わってくるお話でした。

時に弱さも見せるところも良かったです。


によるのための、おとこ映画だったと思います。


原作は伝記なので、お話に大きなオチもないのですが。

全体に流れる古臭い情緒と、キャラクターの心理描写にグイグイと引きつけられて、一気にラストまで。


アカデミー賞監督デイミアン・チャゼルの手腕に、確かなものを感じました。


当時、宇宙飛行士が見たであろう、ロケット搭乗時のエレベータからの景色、コクピットの小窓からの景色なども再現。

情緒に臨場感をプラスした、独自の映像になっていたと思います。


デイミアンは、手がける作品ごとに、ジャンルを変えてきますけども。

毎回共通するのは、センスのある音楽使いだと思います。


今回の場合、神経をすり減らす、おそろしい場面が多いのですが。

その節々には、素敵な音楽が流れて「月旅行へのロマン」を演出。


観ている間は、壮絶→ロマン→壮絶→ロマンのリピート。


えずき→うっとり→えずき→うっとりのリピートですよ!


結構なハンドルさばきでした。


ニール・アームストロング役はライアン・ゴズリングでしたけども。


これが意外とハマってない。


イケメンすぎる!


セクシー宇宙!!


まーね、ニール・アームストロングは米国では英雄だろうから、これくらい華のある配役でいいのかな。


サービス・キャストだったのかもよ!


First Man -Digi/Bonus Tr-

First Man -Digi/Bonus Tr-

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Backlot Music
  • 発売日: 2018/10/05
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 6

M

宇宙船には絶対乗りたくない←まったく同感です!
ゴズりんは繊細な演技をしていたと思いますが、やっぱり「ラースとその彼女」や逃がし屋の「ドライヴ」の方が光っていたのは何故。チマチマした話のほうが似合う俳優です(誉めています)。
そして話のオチは映画外ですがアームストロング夫妻が離婚していた、って事でしょうか。ラストシーンの二人、再会の感涙にむせぶでもなく微妙でしたよね。
by M (2019-02-13 14:52) 

のむら

Mさん。
僕もゴズりんは、チマチマした作品の方が合うと思います!またチマチマした作品に出てくれるといいな。今回の場合、女性受けする要素が全くない物語だったので、あえて女性受けするゴズりんをキャスティングしたのかな〜、と後になって思いました。そうそう、あの夫妻は、けっこう年月が経ってから離婚したそうですね。言われてみればラストシーンで涙がもなく、微妙な空気が漂っていたかも〜。
by のむら (2019-02-13 22:22) 

かつかつ☆

管理人さん、おはようございます(^-^)
ゴズりん&監督(名前覚えられない)と言えば「ラ・ラ・ランド」が思い浮かびますが歌と踊りないんですよね・・・。(って当たり前だ!)

私もゴズりんはチマチマした映画の方が似合いますね(^-^)

by かつかつ☆ (2019-02-14 07:50) 

のむら

かつかつ☆さん。
ホント、「ララランド」と同じ監督が撮ったとは思えない、「ララランド」とは全く違う作品でした。この作品の中で歌って踊る場面があったら、それはそれで面白いですよね〜。
by のむら (2019-02-14 22:32) 

あも

宇宙船ガタガタでしたよね?!マジで怖かったです。
文明発達後のコンピューターでピピピのピできる宇宙船で迷子になったサンドラ・ブロックの方がマシ!と思うくらいの怖さでした。ゴズリングは孤独な男が似合いますね。

エンディングロールの曲、中毒性があって、あの曲だけ聴きにまた行きたいです。こんな気持ちは、「かぐや姫の物語」のお迎えシーンの謎の音楽以来です。


by あも (2019-02-20 16:16) 

のむら

あもさん。
ガタガタしている宇宙船、怖かったですよね〜。僕は今回の作品を観て「ホントに月に行ったのかな?」と、ちょっと疑いを持ちはじめています。だって、あんなガタガタの宇宙船で月まで行けるのかな?!サンドラブロックのコンピューターでピピピでも大変そうなのに〜。曲使いは監督のセンスがモロに出てましたね。「かぐや姫の物語」の謎の音楽、懐かしいです!
by のむら (2019-02-20 21:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。