So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「アリー/スター誕生」★★★ [映画日記]

AStarIsBorn.gif


ウエイトレスがスター歌手になるお話ですけども。


芸能界を上りつめるんですよ、ズブの素人が!


メインの男女2名がキラキラした白人だし、フンイキや音楽も含めてアメリカっぽいです。


バタ臭いわい!


しかし良いと思う~。

ステキなバタ臭さでした。


やっぱ、たまらん脂身は!


ヒロイン役を演じているのは、レディー・ガガですけども。


序盤、下働き役で登場する地味ガガが良い~。


素朴でかわいい、雑なガガ!


夜はゲイバーで歌い、芸を磨くガガでしたけども。


バラ一輪を手に、店内を練り歩きながら歌うというスタイルは、梅垣義明さんが歌う「ろくでなし」ほうふつでした!


そんなガガは、店で大物シンガーに出会ってから運命が変わり始めるのですが。


出世の道が開くんですよ、観音開きで!


大物シンガー役のブラッドリー・クーパーも、お歌は下手じゃありませんけども。

どうしてもプロのガガに比べたら聴き劣る。


仕方ない!


「ブラッドリー・クーパーも大変だな、恥かいてと思いました。


やがて、ブラッドリー・クーパーのコンサートに飛び入りで出演することになるガガ。

車で会場に着いて廊下を抜け、ステージ裏から、だんだん演者に近づいていく過程がドキドキ。


ステージに上がったときは観客の大声援が入るタイミングもバッチリで大興奮~。


そんな「スター誕生」シーンは、劇中で一番の名場面になっていたと思います。


中盤以降のガガは髪も化粧もゴージャスに。


「ケバくなったよね」と思いました。


同時に、普段のガガっぽくなってしまい、映画の世界観からは少しズレてきたわな。


ハミ出たんですよ!


前半の地味ガガが懐かしかったです。


製作と監督も、なんとブラッドリー・クーパーが担当しているんですね。

初監督作で、このクオリティは上出来~。


とくに、臨場感のあるライブ演出が素晴らしいです。

歓声と拍手の音量がデカくて最高でした。


音響スタッフは、結構、右に回してると思います、ツマミ!


演技面ではアップが多いです。


スターは顔で悦ばせんの!


鑑賞中は、顔→歓声→顔→歓声・・・の連続で「スターの世界」を表現。


ブラッドリー・クーパーに、こんなにも映画力があったとは驚きでした。


恋仲になるという設定のブラッドリー・クーパーとガガ。

ベッドシーンやイチャイチャする場面にも違和感がございません。


ガガの本職は歌手ですが、腰を入れて演技をしていることがよく分かりました。


まーね。

物語自体は凝ったものではなく「王道感」の漂うもの。


観る前に予想した筋書きが8割がた命中~。

クライマックスからラストシーンにかけては100%的中~。


この調子で年末ジャンボも当たってほしいです。



A STAR IS BORN SOUNDTR

A STAR IS BORN SOUNDTR

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: INTES
  • 発売日: 2018/10/05
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(13) 

nice! 6

コメント 13

M

年末のご挨拶をした後でまたコメントするという…すみません。
ろくでなしは、そっちですか!確かに不遇の地味ガガのほうが素敵でしたね。アリーが華やかになる程ジャックがやさぐれていくという…。シャロウを初めてコンサートを歌う二人が本当に輝いていて、思わず涙しました☆
by M (2018-12-30 14:26) 

のむら

Mさん。
またコメントいただけて嬉しいです!シャロウを初めてデュエットする場面、素晴らしいですよね。曲調が盛り上がる感じで、僕も感激しました。アリーは突然、髪をオレンジに染め、また突然踊り出して派手になってビックリしました。あのマネージャーは、あの後、ちゃんとクビになったんでしょうかね〜。いろいろ芸能界の怖さも描かれてましたね。
by のむら (2018-12-30 16:02) 

sakaya

実は今日見てきました。
ブラッドリー・クーパーのライブ後にバーで歌うガガがやたらうまいという(それでもちゃんと後半より粗削りにしてましたけど)。
ブラッドリー・クーパーはアクターズスタジオでなんですかね?Youtubeのコメント欄で見たらあそこは歌も仕込むとか。俳優さんで中々あそこまで歌えないのでは?
アリーが売れ線の歌うたいだすところなんかはテイラー・スウィフトが頭に浮かんじゃったり。
シャロウの初セッション場面はアリーの純粋さとジャックが昔を取り戻した感じがあって一番いい歌唱なのかもしれませんね。
年末映画にぴったりでした。
by sakaya (2018-12-30 17:44) 

のむら

sakayaさん。
今日観たんですか!ホヤホヤですね。バーや初ステージなど、とくに前半は見せ場が多かったと思います。中盤、売れて、中身のない歌を歌っていたガガですが、それはそれで良かったです。ガガにピッタリの作品でしたね〜。
by のむら (2018-12-30 20:25) 

内幸町

のむらさん。
私も観ましたよ!
ALIASに出ていた人がドライバーとスローン役の人って何の役?出てましたね。懐かしい~。アリーのお友達役の子って歌手なの?https://www.youtube.com/watch?v=L4sg2TnOO64
紅白みんな観てるんだけど途中で寝てしまった。
by 内幸町 (2018-12-31 23:37) 

sakaya

おお内幸町さんだ。
野村さん、内幸町さん、オフィシャルサイト不親切ですね。キャストのページが見つからない。
アンソニー・ラモス。英語のwikiで見たら俳優さんみたいだけど、舞台でミュージカルとかやってる人みたい。CD出してるような情報はなかったですねー。でも彼いい役でしたね。
映画でSNLが出てきたときは内幸町さんを思い出してしまいました。
by sakaya (2019-01-01 08:59) 

のむら

内幸町さん。
そうそう、ブラッドリーのエイリアス時代からの友人たちが何人か出演してましたよね!彼らが出てきたときは、ブラッドリーもいいやつじゃん、と思いました。ブラッドリーが製作していたドラマにも呼んであげてましたしね。

sakayaさん。
アンソニーラモスという人はノーマークでしたけど、ハリウッド実写版ゴジラにも出るようだし、ただいま絶賛売り出し中のお方みたいですね〜。今回もおいしい役でしたよね。

by のむら (2019-01-01 15:00) 

内幸町

のむらさん、Sakayaさん

あけましておめでとうございます!
Sakayaさん思い出していてだきありがとうございます!

https://www.youtube.com/watch?v=L4sg2TnOO64
笑顔でかわいい子でしたね。癒されました。

明日は、レディースデイなので’アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング’を観てきます!2018年の映画のベスト10を教えてよって友達に言われて考えていたら’わたし結構映画観てるんだ!’って自分でもびっくりしちゃった(笑)
ピカチュウの実写版の話を聞いたらドラゴンボールの実写版を思い出してしまいました。チケット貰って行ったら私が貸切りしたみたいに空いていて大丈夫なんか?って最後まで不安な気持ちでした(笑)

by 内幸町 (2019-01-01 22:45) 

それいゆ

あけましておめでとうございます!!
新年一作目に見てきました!!

ブラッドリー・クーパーは、小汚くてもハンサムなのですが、
「ほんとは臭いんだろうな〜、加齢臭に、酒臭さ、そしてオシッコ漏らし…。あー、無理無理!ブラッドリークーパーでも私ムリ!!!」
て思いながら見てました。

あ、もちろん新年映画として王道でよかったです。
脂身さいこー!
by それいゆ (2019-01-02 13:01) 

のむら

内幸町さん。
あけましておめでとうございます。内幸町さんが観ている映画の量、相当のものだと思います。ベストテンを考えるときは、選ぶのが大変なんじゃないかな。アイフィールプリティ、僕も観たいです!あんまり、正月っぽい映画でもありませんが、今それくらいしか観る映画がないんですよね〜。

それいゆさん。
あけましておめでとうございます。正月にピッタリの作品を観ましたね!今回のブラッドリーは、臭いタイプの白人男性でしたね。とくに小便場面は大変でした。臭みと共に、痛々しくもありましたしね。しかし、長髪はバッチリ似合ってましたよね。見た目は最高でした。
by のむら (2019-01-02 14:33) 

ちびまま

のむらさん
お久しぶりで、あけおめ、ことよろ、でございます。予想通り(!)主題歌賞しかひっかからなかった本作品を拝見してまいりやした。ブラッドリー・クーパーは十分歌手としてやってけそうですね。ハリウッド・スターの底力にあらためて感服。話の展開は分かりすぎなので、あのコンサートの群集は金払ったエキストラなのか、ガガ様の歌を聞かせるからとタダで集めたのか、はたまた合成かなどや、親父の運転手グループが面白かったけど、母親はどしたか、とかやや説明不足のところが気になり、更に客観的視点が少なすぎで、一夜にして大スター!の興奮が十分に描かれていないことが一寸不満。TVや新聞芸能欄のニュースになったり、パパラッチに追いかけまわされたり―特に結婚式なんて絶好のネタでしたよねぇーどんだけ凄いスター誕生なんだかが実感できないんですよね。同じ鼻でか先輩のバーブラ・ストライザンド版(相方は本物の歌手兼俳優だし)に軍配をあげたいと思います。
*諸事情推察できますが、携帯でコメントしようとすると立派な告バナーが立ちはだかって阻止しようとしてました(笑)
by ちびまま (2019-01-08 09:47) 

ちびまま

更につけ加えれば、ラストの熱唱の前の自己紹介で、アリーといわずに「ミセス・アリー・〇〇です」(何だったけ?)というのが前2作でも泣かせどころなのだけど、肝心のファミリーネームが短くてインパクトがなかった(笑)シュワルツェネッガーとか、ながーい名前の方が分かりやすかったと思うが(笑)
by ちびまま (2019-01-08 11:22) 

のむら

ちびままさん。
今年もよろしくお願いします。オチの名前、前2作でも同じオチだったんですね。今回の作品は、とっても今風に出来ていて、ブラッドリー自身が監督していただけあって、全体的に若々しかったと思います。僕も、ガガ父の運転手グループや、ブラッドリーの兄運転手とか、運転手関係が面白かったです。あと、白人主義ではないと言い訳するかのように、黒人家族とのふれあいシーンがねじ込まれていたのも、ちょっぴり強引で楽しかったです。
by のむら (2019-01-08 22:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。