So-net無料ブログ作成

2018年、なんかスゴかった「実話を元にした映画」ランキングを発表してみる。 [ランキング]

いや~大変大変。


元・貴乃花親方と嫁の景子ちゃんが、離婚して大変~。


スゴイね、あそこんち!



人生、いろいろトラブルがあるけれど。

その度にフンドシを・・・いや、まわしを締め直してがんばんなね!


そんな感じで~。

日本にも、映画化できそうなくらいネタが豊富なご家庭もある、ってことで。


2018年も、いろんな実話を元にした映画を観ましたよ。

良かった作品をランキングにしておきます。



1位「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」

スパルタ母ちゃん他、面子の「キャラ立ち」が尋常じゃありませんでした。

I Tonya/ [Blu-ray] [Import]

I Tonya/ [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray



2位「オンリー・ザ・ブレイブ」

結末が衝撃的すぎて、お口が開いたままになりました。

オンリー・ザ・ブレイブ [Blu-ray]

オンリー・ザ・ブレイブ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: Blu-ray



3位「15時17分、パリ行き」

ほとんどの出演者が当事者本人、という配役が前代未聞。

15時17分、パリ行き [Blu-ray]

15時17分、パリ行き [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



4位「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」

男女混合テニス試合の映像クオリティが高すぎて、手に汗握りました。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

バトル・オブ・ザ・セクシーズ 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



5位「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」

「霊もの」ですが、主演したヘレン・ミレンの顔が一番怖かったという節も。

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷[Blu-ray]

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



6位「グレイテスト・ショーマン」

映画としては「まずまず」ですが、曲は最高で今年一番サントラを聴きました。

グレイテスト・ショーマン 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

グレイテスト・ショーマン 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



7位「ボヘミアン・ラプソディ」

圧巻の口パク・ライブ場面が、ライト客の心にクリティカル・ヒット。

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2018/10/19
  • メディア: CD



8位「デトロイト」

「差別もの」ですが、ショッキング・ホラー映画みたいなノリが若いです。

デトロイト (通常版) [Blu-ray]

デトロイト (通常版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray



9位「ゲティ家の身代金」

大富豪の暮らしぶりを見て、2~3万円でいいから分けてほしいと思いました。

ゲティ家の身代金 [Blu-ray]

ゲティ家の身代金 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray



10位「ホース・ソルジャー」

「アフガニスタン戦争」を描いてますが、アメリカ人が好きそうな、イケメン英雄譚でした。

ホース・ソルジャー[Blu-ray]

ホース・ソルジャー[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray




2018年の総括は。

毎年のように製作されていた「ピーター・バーグ監督&マーク・ウォールバーグ主演の実話映画」が、ひと段落。

しかしマーク・ウォールバーグは、別監督の実話映画「ゲティ家の身代金」に出演。

「実話監督」乗り換えキャンペーンの好例を見た気分でした。


2019年の見通しは。

まずは、「ラ・ラ・ランド」監督&主演コンビが放つ、宇宙飛行士ニール・アームストロングを描いた「ファースト・マン」が楽しみです。


こちらのお写真が、「ファースト・マン」劇中のライアン・ゴズリングらしいのですが。

何をおやりでしょうか?!↓

j1.jpg


クリスチャン・ベールが、デブ&ハゲになって大熱演しているという政治エンターテインメント「バイス」は、アカデミー賞に食い込みそうな勢い。
アカデミー賞会員は、肉体を改造した演技に弱いですしね。
自前のデブ&ハゲが大好物ですからね!
こちらのお写真が、劇中のクリスチャン・ベールですけども、原型が無くてショック〜。↓

j2.jpg


シアーシャ・ローナンちゃん主演「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」にも期待しています。

エリザベス1世役を演じたマーゴット・ロビーが、どんな演技をしているか気になります。


マーゴット・ロビーは、スキャンダラスな実話映画「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」での演技で、アカデミー賞にまでノミネートされたお方。

「実話女優」No.1と言っていい逸材なので、がんばってほしいです。


こちらのお写真が、「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」に出演している2大女優のツーショット。

背景が銀座っぽくて、まるで「夜の女」ですな〜。↓

j3.jpg



nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 2

sakaya

あれ?えっらい年下と結婚したのは元若乃花の前妻じゃなかったっけか?複雑すぎてわからないです。でもゲティ家とか思うと~複雑怪奇なご家族は存在するんですよね。

今年はあんまり映画見られなんだ。年末年始にこのランキングの中から何か観られるといいんですけどね。

10大ニュースも期待してます。
by sakaya (2018-12-26 19:53) 

のむら

sakayaさん。
間違えました、えっらい年下と結婚したのはお兄ちゃんの元妻でした、すみません!よく知ってますね〜。読んでますね〜ネット記事!今回の記事の中では、圧倒的に「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」がオススメです〜。
by のむら (2018-12-27 01:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。